管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ここ2~3日はお天気のせいか、比較的涼しく過ごしやすい日が続いております。でも、多分また暑くなるのだろうなぁという気もしますが。

最近、パソコンのフリーズが酷くてもうフラストレーションが溜まりにたまっております。
動画再生しようとしたら、ほぼ100パーセント止まるという。でもって、何をやっても動かないので、強制終了。そのうち、立ち上がりもしなくなるのではないかと戦々恐々しています。6年以上使ってたら潮時なんだろうかと思いつつ、騙し騙し使用継続中。
ダメなら駄目で、ノートの方を使えば良いだけなんですが、画面小さくて何だかんだで使いづらいという。

そういえば他所様のレポで、「もっと手を引いてあげてよ」というのを見て、全くもってその通りだと同意すると同時に、あの斬り込み隊長もかくやというあの人が、自分のフィールドであるにもかかわらず、彼の扱いに困っていたらそれはそれで美味しいんじゃないかと、そんなどうしようもないことを考えてしまった次第です。
果たして依存しているのはどちらかっていうね。
たぶん現状は、それぞれが別の場所でそれなりにちゃんと過ごせることが分かっていて、だからといってそれを憂慮することはもうないんじゃないかと思ってみる。
躍起になって必要性を示したくなる時期は過ぎちゃったのかなぁと寂しくなる反面、実際はそうあるべきなんだろうなぁとか考えてみたり。
でも、ちゃんと収めるべきところはお互いの隣であってほしいと思います。

…我ながら、思い込みっていうか妄想激しいなという自覚もありつつ、それでも時折振り返ってしまいます。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
…そういえば、細かい所作に苛立ったり、いたりいちいちそれに対して抗議したりするのって、とどのつまりそれだけ相手のこと見てるってことなんですよね。
今更ながらにそんなところに気がついて堪らない気持ちになった。
もう、そこに関しては公式が病気というか、もはや斜め上どころではないですね。鉄板ですね。ああもう。不満が惚気にしか聞こえないあたりは流石かと。
数年前の番組の選曲からして、フィルター掛けたら大変なことになります。
何で揃いも揃って切ないのばっかりなんだ…。うっかり妄想があらぬ方向に駆け出しそうです。
大事だから踏み込まないっていうのと、失うことが怖くて動けないのと。
重ならないからこそもどかしくも愛しいんだなぁとしみじみ。
たまたま見つけたサイト様で言及されていた彼らに関するあれこれが、もう本当に全く持って同感過ぎて、そういう風に感じさせる何かがあるのかなぁと思いましたのこと。

でも、最近の動向全くわからないとかそんなオチ。いや、疲れるので捕捉に奔走したりはしないですけど。
でも、たぶん折に触れてずっと気にかけちゃうんだろうなぁという予感はします。
 

 

 

 

 
先日の小ネタに拍手を頂戴いたしまして、恐悦至極でございます。
いい加減、台詞ばっかり並べてるんじゃないと反省しつつも、何か書いとかないと行事関係総スルーする気満々なので、苦肉の策ということでとりあえず載せてみました。
本当に思いついたものをそのまま並べただけなので、温度差とか矛盾とか色々あり過ぎなわけですが。
ちなみに、以下は全くもって何一つはがねとは関連のない事柄を繰り述べているだけなので、華麗にスルー願います。

つべで何気なく過去動画とか漁っていたらちょっと舞い戻りそうになってしまいましたが、なんとか踏みこたえました。
あれ、何時ぐらいの映像なんでしょうか。
ラストのきゃっきゃうふふなのは、なんというかまぁ、そこで踊らされるとかそういうのではないのですが、判明した事実については大いに納得するところであります。周りの人の証言…ことに先輩の話が的を射すぎていて、さすがというかなんと言うか。いや、私が何の事実を知ってるのかというと全く分からないんですけどね。
でも、流れてくる諸々で薄々そんな感じはしてたので、なるほどなーと。
最初の診断ではさほどでもありませんが、振り返るとものすごく典型だと思います。
あと、いつも保護者然とされておりますが、テンパった時の駄々っ子具合みてると、何だかんだで珍獣にあやされてるといいますか。プライド高いけどふとしたところで揺らいじゃうとか、仮面かぶって平静に見せてるところが二面性ですよね。
あと、関係ないですが、あんまり駄目出しされない位置にいるというのは、隣にいる人がすっごく緩衝材になっていてくれてるんだと思う。
でもって、今でもそんな感じだったらいいのになぁと。
いつぞやかの変なブームで大変に色々と狂わされた気がしているので、余計にそう感じてしまうのかもしれない。
そして、いつも珍獣扱いされてるあの人の才能は、本人の意識しない部分で発揮されているのだと信じてる。極限状態の中で「やって、あん中やったら俺が死ぬんが一番ええと思った」とか素で言える人は稀有だと思います。
そういう無垢な部分をもっと大事に伸ばしてほしかったなぁ…余計なお世話ですけど。
明るさや前向きさの中に、途方もない虚無を抱えていて、しかしそれに気付かないゆえの危うい無邪気さが、たぶん一匹狼然とした孤高の若者の心に馴染んだんだと解釈してます。対極にいるように見えて、実は両者ともに底なしの闇を抱えているような、そんな印象でした。

さんざんっぱら勝手なこと垂れ流しておりますが、現実はもっと単純で明快なんだと分かっております。
ええ、そこはもう分別付くようになりましたから!まぁ、妄想は別腹ということで。妄言多謝。
 

 

 

 

 
もしくは独りよがりとも言う。

とある動画を見てものっそい萌が再燃してしまったので、その迸るテンションでなんか感想というか、妄想というか戯言というか、そんな感じのものを書き殴っていたのですが、どう考えてもアウトなので、あえて何ぞやということは省いて上げさせていただきました。
いつになくダメダメな方にかっ飛ばしているので、可哀相な子がいるなぁと生暖かく放置していただければと思います。
ヒントというか、この国で一番距離が近い二人です。…かなり以前のことなので、今がどうだかは知りませんが、未だにそうだったらいいなと思います。

ということで、ピンときてうわあ…と引いちゃった方は即座に退避願います。多分、分かる方はいらっしゃらないと思いますが。
というか、後生なのでそうであってほしい。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
案の定というか、部屋の掃除していたら一日過ぎちゃったというか、本(それも薄くて高価なの)をいい加減しかるべきところに収納せねばと色々整理していたんですが、読みふけっちゃって全然捗りません。
でも、本当に懐かしいやら何やらで。好きなものは何年たっても好きなんだなぁと改めて思ったりしました。
おかげでスペース無いっていうのに殆ど手放せなくて、泣く泣くお別れするのとか、見納めとかでさらに時間がかかり…。
整理方法とかで、一定期間手にしなかったらそれは要らないものだって切り捨てるみたいなことを目にするのですが、私の場合何年かスパンで波が来ちゃったりするから、判断に困ります。
無いならないで諦めがつくんじゃないかとも思いますが、処分しちゃったものに限ってその事実を鮮明に覚えているっていうね。本当に始末におえないです。

そして今日は年に一度の頂上決戦があったので、毎年恒例の素人が好き勝手なこと言ってる感想とかを書いてみました。
年々分かる人が少なくなっちゃうので、最終の10年目は思いっきり端折って決勝だけにします。
それでも内容が痛いことこの上ないので、後生ですので分かる方も分からない方もスルー推奨で。
一応毎年やってることなので見逃してやってください…。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
なんとなくついてたテレビ見てたらちょっと、なにこれ萌える…!というものがあったので。
具体的には諸事情により明記いたしませんが、やりとりがいちいち萌える。
全然次元の違うものと自分比べて落ち込むんですよとか、感情表現が下手で、嬉しい時も喜んだり出来ないから自分が同調しやすいようにオーバーアクションしてるとか、ずっとポーカーフェイスやったらいいんですけど、落ち込んでるときはそうって分かる顔するんで、引きずられるこっちも大変だとか、なんだろうこれは…。
でもって、人気投票というかパートナーにするなら誰がいいという質問で、がっつりその相手を選んでたり。
何か端から見ててもよろりらくるわ。
けど、選ばれた側はほかの人選んでたという。
曰く、アイツに票が集まるのは予想できたから、負けた気がするので自分は入れないって。それって、本当は相方選びたかったってことじゃないですか。
周りからは、何それって感じで笑われていたけど、そういう心の機微も分からんではないので堪らなかったです。
…でも、多分相手は生半可な気持ちで手を差しのべてる訳じゃないと思う。

凄いなぁ、掛け合いの息の合いっぷりも流石なんですが、よくもまぁ、あんな言葉の応酬を即座にできるもんだなと感心したり。
とりあえず、痴話げんか乙って感じでした。
個人的には「心の扉ガタガタいうてて開いてまいそうで怖いんやろ!」の返しが聞きたかったです(笑)。

それにしても、もう11月ですか。いつの間にはろうぃん終わったんだろうか…orz

 

 

 

 

 
録画していたエムワソりたーんずを見ました。
やはり芸人さんは格好いいなぁと。おおよそ格好良さとは真逆の方向にむかいつつも、ひたむきに笑いを追及する姿に物すごく惹かれるものがあります。
そういえば、今年で10回目なんですね。気がつけば毎年見続けている自分がいるという。
一時に比べれば自分の中での熱狂的な部分はなりを潜めておりますが、そのほうが客観的にネタを見られるので良いかなぁと。
ホントにね、漫才ははらはらしながら見るものじゃないですしね。

舞台裏の密着映像は、見ていて本当に目頭熱くなってきて困りました。
優勝コンビの決勝進出が決まったときの涙とか、それを周りの仲間が祝福したり、優勝したわけでもないのに泣くなとかいって、ああホントにあったかいなぁと。それで実際優勝しちゃうんだもんな。
勝負は時の運というのはよく言ったもので、あの舞台に立つ人たちの地力の差ってほとんど均衡しているので、それで勝敗が決まるとしたらば、いかに場の空気を自分たちのものにしうるかというあたりだと思うのですが、初出場の彼らの9年分の鬱積したものを笑いに変える力は素晴らしかったなぁと、そんなことを思いました。
そして、去年彼らの一度目のネタを見逃したことをめちゃくちゃ後悔しました。
探せば今でも見られるんだろうけれども、あの流れの中で見届けてこそだと思うので。
まぁ、とりじんは勝負には負けたけれどもある意味伝説だと思いますが。うん、例に漏れず大好きです。

舞台裏といえば南海のやまさんが振り返って相方さんに声かける場面に、普段は見られないコンビ愛的なものを垣間見られてうわーっと取り乱したら、母から「この人たちって本当は仲いいの?」とか聞かれて文字通り二の句が継げませんでした。
このタイミングで聞かないでほしい、頼むから。
とにかく芸人さんは格好いいなぁ素敵だなぁというお話でした。

タイトルはにしださんのネタ始める前の一言から。この人のこういう咄嗟の一言は天才的だと思います。
 

 

 

 

 
検索ワードランキングとかぴくしぶとか、みんな好きすぎるだろうと思いましたが、私も例にもれず全部持っていかれてしまいました。
今年のエムワソ、さしたる訳もなく一部見逃してしまったのですが、とり人ネタでお腹いっぱいになったので結果オーライだったかなと。
優勝は妥当だと思います。上手かった。
でも、とり人は民族博物館とモンローを超えるくらいの会心の作品だと思ったので、ラストイヤーにきちんと語り継がれるほどのネタを出してくれた飯に感謝したい。
お疲れ様でした。
…と思ったら、今特別番組のインタビューで実は来年も出られると言う発言が。
各方面の思惑を裏切って、どんなに格好悪くてもいけしゃあしゃあと出場してほしいなぁなんて期待してしまいます。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
おんらいん。一週とばしてたんですが、今回だけは見なくちゃということでスタンバイしてたんですが、ナチュラルに時間間違えてました。
22時始まりだったんですね。何故か22時30分からだと思い込んでた。
おかげで冒頭見逃してしまいました。
そんなわけで、ふっとのおんらいん・ごとーさんお誕生日バージョン感想です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
昨日、割とほうほうの態で帰ってきたのですが、ふっとのおんらいん見て癒されました。
ラスト20分からしか見られなかったけど、それでもほっこりした。
数年前と比べて格段にトーク時の雰囲気が良くなっていると思う。
ごとーさんが目に見えて優しい。
リアクションに対するダメだしも、何だか暖かかったし。
掲示板の煽り書き込みに対するいじり方もすごく自然な感じでしたし。
とかほのぼのしつつ、ラスト1分というところでのノソちゃんの、実は今日、着てるブランドがおそろいという発言に物凄い爆弾投下されました。
そのタイミングでいうのか!っていう。
本当にこの番組、オアシスです。
 

 

 

 

 
気付いたらカウンタ2000超えてました。
雨だれ石を穿つというか、なかなかに感慨深いものです。たとえその殆どを自分で回していたとしても。
それはさておき、以下は恒例のおんらいんの妄想雑感です。 
【続きを読む】

 

 

 

 
油断してたら冒頭みのがした、おんらいん!です。
生配信ってどうやったら保存できるのかと、模索中。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
…は、ノソちゃんテーマでいいと思います@侍途中。
尋問に「続けていくつもりです」と答えた後の、がんばれー!って野次はごとーさんですよね。
何だかとても温かい気持ちになります。
寛大な男だって言われてたけども、まぁその辺は別に許す許さないの問題じゃないと思うんですが、腐ィルターかけると、そういう問題なのかとか何とか。
嬉々としてノソちゃんを問い詰めておきながら、最後にそれか!って感じでよかったです。
以上、某番組感想でした。 

 

 

 

 
さんざん探しまわってようやく見つけました、おんらいんの過去ログ。
といっても全部ではないのですが。
つべに上がってるのとリアルタイムで放送見たのを差し引くと、ほぼそろっている雰囲気。
しかも、先週放送分のもあって、それがまた有難かったり。
ただネックは、専用プレイヤーをDLして、会員登録をしなければいけないということ。
海外だし言葉わかんないわで、何だかんだと足踏みしています。 

 

 

 

 
前回の記事でも触れてました夏フェス(ライヴ スタンド '09)の記者会見動画を見てきました。
感想をと思ったのですが、思いの外はっちゃけてしまったので追記送りです。
3次萌ってどこまでがセーフなのかと首をひねりつつ…萌とか言ってる時点で絶対アウトですよね。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
さて、今週もおんらいん@ふっと。
例によって追記から恒例のレポ…というか妄想感想です。
相変わらず番組見てないと意味不明な感じですみません。 
【続きを読む】

 

 

 

 
木曜日はおんらいんの日…ということで、観てきました。
恒例のレポ…ですが、段々内容が酷くなってきてる気がするのが杞憂だといい。
いつまでここで垂れ流せるのやら心配になってきた。
そんなわけで、以下レポっぽいものです。 
【続きを読む】

 

 

 

 
ふっとのおんらいん観ました。
昔は2時間あった放送枠が、この4月から短縮されちゃったのは寂しいですが、映像つきで延々フリートークが聴けるのは嬉しいですね。
ラジオだとコーナーが色々とかCMとかあるので、フリートークって長くても30分もないから。
それが80分ぶち抜きってお得以外の何物でもないですってば。
でも、こんなにフリーダムで良いのかなぁというのはちょっと思う。他の曜日をチェックしていないからどんなものか解らないけど。
そんな感じで、ざざっとレポ。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
あれ?ブログの記事投稿画面がおかしい気がする。
何故か、アイコンが全部テキストになってるよ。えらい行数になってて見にくいかも…。
とりあえず、天使と悪魔なふたりの番組を録画し損ねたことを報告いたします。
どうやらオート電源オン/オフ機能が働かないらしいです…って、それじゃ録画予約できないじゃないかorz
そして、昨日がおんらいんとかのたまっていますが、見事に日付間違ってたし。
まぁ、そんな日もあるさということで。

いい話まとめサイトにてふっとの項目を眺めて癒されてきました。
4年ほど前かな?に放送されたっていうノンちゃんにとって相方とは、というテーマの隠し撮り番組があったらしくて、その内容が神過ぎた。
前にもここで書いた気がするんですけど、改めて見てもやっぱりいいなぁと。
何だかんだでお互い大事にし合ってるんだなぁというのが伝わってきて、幸せな気分になりました。

追記ががっさりと保存されてなくてちょっと凹んだ…。 

 

 

 

 
ラッシュCMのノソちゃんが可愛すぎる件。
今までから女装ノソちゃんを推していたんですが、これはもう私が見た中で間違いなくベストといって良いほどの出来だと思いました。
色々なキャラ物を演じてるんだけども、乙女仕様が一番好きかも。というかハマり過ぎる。
外見じゃなく(笑)雰囲気で可愛いに持っていくところが凄いです。
本当に仕草が女の子なんですよね。むしろリアル女子よりも女の子らしいっていう。
CMは、雰囲気からしてごとーさんとカップルという設定なんでしょうね。
なんとも微笑ましいふたりです。
おっとりでちょっとどんくさいのん子ちゃんと、口は悪いけど面倒見のいいテルくんと。
なんかねー、普通に別腹で萌えてしまう。
一度でいいから、のん子ちゃん主演でラブコメ風ミニドラマやって欲しい。相手役は勿論相方さんで。
そんなことをついつい夢見てしまいますよ。 

 

 

 

 
まぁ後発って言っても、最初にはまってから6年近くたってるんですが…。

おんらいんは、有料会員登録しても再放送が見られるだけなんですね。
無料でアーカイブのあったムゲンダイに比べると、格段に扱いが悪くなっていると思う。
というかぎゃおが太っ腹だったのか。
とりあえず、つべにあがってる数回が唯一の視聴手段だということは分かりました。
月980円のミホーダイは、せめてアーカイブを用意するべきだと思いました。
まぁ、サーバが大変なことになるのは分かりますが、だって毎月千円近くとってたらそれくらいのサービスは期待してしまう。
dangoは年間2000円だったのになぁ…どこもかしこも使い勝手が悪くなってるよ。
そんな感じでまぁ、主につべで過去動画を漁ってるのですが、うん萌える。
以下、拾い物動画のちょこっと感想。 
【続きを読む】

 

 

 

 
昨日の夜は、ふっとのおんらいんを観てきました。なんか90分間ずっとによによしてた気がする。
そんな感じで、以下レポです。 
【続きを読む】

 

 

 

 
ジャイマク見て、つべで動画漁っていたら睡眠時間が三時間切ってしまった件。我ながら馬鹿すぎる。
ジャイマクはノンちゃん の置物ぶりがすごかったです。その分相方が頑張ってましたけど。
知名度バトルのバランさんが不覚にも格好よかったです。単なる名前当て調査なのに、リベンジ的なシナリオが出来上がっているよ。でも、結局一勝一敗でしたが。
ところで、バランっていうと竜騎士の方を思い出すんですが。ホントにどうでもいいことですね。
ノンちゃんは、ゲストさんの登場時のフレーズを真っ先に言い当てる所が何だかお笑い大好き少年に戻っているように見えて微笑ましかったです。
もしかして、憧れの芸人さんのひとつだったのかなぁって思いました。

あと、つべで見つけた、懐かしのまじっすか動画が、がっちり萌え袖のノンちゃんが反則かと思いました。
そして、シャボン玉で戯れるふっとがメルヘンチックで癒されました。
何だか雰囲気かわいいコンビです。
さて、今日は22時からネット放送っと。 

 

 

 

 
そういう仕様で済みませんと、最近のフリーダムぶり見てるとそうとしか言えない。
そして今回はナマカテな訳で。
何の対策にもなってないかもしれませんが、気持ちだけ追記表示にしてみました。 
【続きを読む】

 

 

 

 
さて、今年もやって参りました、漫才頂上決戦。
毎年かぶりつきで見てたんですが、今年は最初の3組を見逃すという失態をやらかしてしまいました。
今回、そろそろ知ってる人たちが減ってきてなんかテンション下がってたせいでもあるんですけど、でもふた開けてみたら、決勝3組はみんな面白かったです。
そんな感じで、今回は決勝の3組のみざざっと感想をば。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
オ笑ヒ好きとして毎年放送時間には、コタツにスタンバってかぶりつきで見てるわけですが、今年ほど展開の読めない年はなかったと思いました。
いい加減、メンバー出尽くしてマンネリ化してきたんじゃないかとか。
終わってみればスター誕生だったんですけど。
そんな感じでまた煩いところを見せてますのでスルー推奨で。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
ノソちゃんオタオメ!
今日初めてラジオのHP行って散髪後のノソちゃん見ました。
本当に坊主にしたんだ…。
夏位の長めがよかった私としては、ちょっと残念だったりもしますが。
でも、相方が髪切ってあげてる写真見て、なんかどきどきしました。
なかなかないですよね、こういう光景。
番組の企画といってしまえばそれまでですが、ゴトゥさん凄い楽しんでそうだ。あと、髪きる手つきにも萌えた。
何気に優しい。
しかし、ノソちゃん失恋で髪きるってどこまで乙女なんだろう。
今日が幸せなお誕生日になるといいな…。
できればゴトゥさん込みで。
 

 

 

 

 
ちょ…っ!
ほんばんデス!!!
ゴトゥさんが女装(←ポイント)ノソちゃんを口説いてあろうことか耳にキッスって本当ですか!!!
もうなんてことを…!
なんで放送しないんだtv osaka!!!
うわー、見たすぎる。 

 

 

 

 
感動するほど更新してなかった。
あっ晴れな放置振りです。
まぁ、ぼちぼち埋めます、多分…。

今日は「ほんばんデス」だけど、やっぱりどうしても見られないことが判明しました。
女装ノソちゃんが見たかった!切ない。
ノソちゃんといえば映画XX。
相方の著名人コメントに萌が迸ったのですが。
他の方々が映画の感想いってるのにこのヒト一人だけ相方のこといってました。
それも言うに事欠いて格好いいですって。
少なくともゴトゥさんには映画ノソちゃん、格好良く映ったんですね。
それだけでご飯3杯はいけそうです。
なんだかんだで相方大好きなんだなぁとしみじみ思いました。
 

 

 

 

 
めっせ弾を見ました。
なんというユルい番組!
司会者も進行間違えるってこれは。
ぐだぐだな中に、ゴトゥさんのちゃきちゃきした突込みがテンポよく入ってて、小気味良かった。
実は昔暗かったというゴトゥさんの話がここでも。
先輩のめっせは、暗いの二人では成功しないだろうと思っていたらしい。
そしたらゴトゥさんが見る間に変わっていって。
危機感というのもあるだろうけれども、今までの自分をかなぐり捨ててでも守りたかったのかなと思うとたまらない。
結成当初のあの人の苦悩と迷走、そして努力の先に掴んだものって大きかっただろうな。
そこまでしてでも一緒に居たかったと言うか、ともに歩む大義名分が欲しかったというか。
置いてきたかけがえのない友情、それ以上の何かを作るために日々走り続けていたんだと思う。
もう、友達にはもどれないから、それなら進むしかないって。

芸人同士で仲がいいというのは結構普通にあることで、この二人もその中に入るんだとそう思ってた時期もありました。
でも、多分それらの括りとは一線を画していたのだと、なんとなく考えるようになっていて。
お互いが仲の良い友人の一人というのじゃなく、唯一無二の存在だと認識していったっぽい。
かつてお酒が飲めなかった二人は、仲間たちが居酒屋へ行くのを尻目に、ファーストフード店で朝まで語り明かしたというエピソードで確信に変わりました。
で、そういうバックボーンがあって、今の彼らがある、と。
現在、プライベートで一緒になることを頑なに拒む二人は、昔を思い出して戻りたいと思わないよう、敢えて予防線張っているようにも見える。
あと、単純に戸惑いとか。

なんか悶々と考えすぎて、すでにCP萌だか何なんだか分からなくなっていますが、そんな不器用な二人が大好きです。 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。