管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
何故かネットが繋がらないので、仕方がないからとペルソナやっていたら95階まで上り詰めていました。
やりすぎだろうと思いました。
サブパーティーで登っていたため、途中一回ボス戦をこっちでやってしまい、数少ないイベントシーンを見逃してしまいました。
でも、リセットしてまた10階分やり直す気は起こらなかったので諦めました。
召還レベルなるものは84まできてるので、頂上が見えてきたかなという感じで。
そうすると、バランスを取るため全員MAXにしなくちゃいけないんだけど。
そんなことを考えながら塔を登っていたという近況報告。

シリーズ的にはPSPでP3が出るそうで、まさかの主人公性別選択性という。
しかも、ずんぺのコミュが新設されるとか…!
女の子コミュが完全に恋愛イベントだった旧作から考えると、ずんぺルートも存在するのかなぁ…そうすると千鳥はジン・シラトさんに譲ったりも出来るのかなぁとか、物語が破綻しそう妄想までさせていただきました。
ジンにはチドリと幸せになってもらいたいなぁ…というジンチド者の呟き。
あと、七夕イベントは女の子選択でもゆかりちゃんと同室ならば、ゲーム的に神だと思います。
そこはさなだ先輩も空気読んで欲しいものです。
fesは収録されないのかなぁとか、まぁ主人公の性別が変わるととたんに夢が広がるとかどうかしてると思うのですが。
女の子とのコミュは、同性でやったほうが絶対に楽しいと思うのですが。いや別に百合要素を探しているわけではなく。
ゆかりっちを旧作のずんぺポジションに持ってくることだけは止めて欲しいなぁと、それだけが気がかりです。
あと、慶介先輩は女の子主人公に対しても、臆面無くお兄ちゃんって呼んでってのたまうのか…あの人ならやりかねないな、うん。

そんなことをぐたぐた語っていますが、旧作一切プレイしていないという件。(2525でプレイ動画見t…ry
いつものオチですみません。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
例のファンブックとか、P3wikiの情報でちょっとときめいた箇所がありまして。
小田桐君と平賀先輩の幼馴染設定ってfesの後付けだと思っていたのですが、彼らの持つアルカナの解禁ペルソナが同じ北欧神話から来てたりするんですね。
さすがに、神話上の因縁となるとそれ程深いわけじゃなさそうなんですが、でも接点はあるっぽっかったり。
更に、ゲーム上でそのペルソナの属性が全くの対になってるところを見ると、最初から何かしら関係があるという設定だったのかなぁとか考えてみたりして。
運命アルカナって女神様系なんですよね。皇帝は、まぁその名のとおりって感じで。
うっかりお似合いだなぁとか思ってしまいました。
あと、コミュイベント未だに全部見られていないのであれなんですが、二人とも父親に対する屈折した想いを抱えているという共通点があるらしく。
きっと二人とも小さいころはお父さんがヒーローだったんだろうぁ。
それが事件で裏切られたり、ふと窮屈に感じたり。
本当は昔も今も変わらず信じていたいのだけど。
二人のコミュイベントは背景に、そんな父への葛藤があるような気がします。
だから、余計に幼馴染みには相談できなくって、主人公に出会うまでずっと一人で抱えてきたのかなぁと。
SEESメンバーにして、父親の存在がバックストーリーに組み込まれているキャラクターが多い気がするP3。
というか、家族愛なのかな?
そして、主人公の家族は既に他界していると…。
この辺りは対比として設定されているのだろうなぁと。
そして、ラストを考えると、主人公の人生を想わずにはいられなくなりますが。
なんというか、イエス・キリスト的な…。

ところで、しつこく幼馴染み二人について。
小学生の頃から知っているということは、かなりの確率で二人はご近所さんだったということになりそうですが。
ということは、小田桐父の事件も耳に入っているはずで。
その辺り、大病院の御曹子的にはどうだったのかなぁと思います。
厳格と思われる彼の父親のスタンスがどうだったのかとか、気になります。
反対押し切って付き合っていたんでしょうか。
親同士も知り合いだったりすると美味しいんですけどね。
事件のあと小田桐くんが月光館に編入してくるのだけど、その後押ししたのが平賀先輩の家だったりしてとか、なんか妄想が尽きない訳ですが。
まぁ、垂れ流すだけならタダなので。
そして、今となっては事実を確かめる術もなく。
つくづく時間差ではまる事の不便さを痛感しています。
…いや、それ以前にものっそい茨なんですけど。 

 

 

 

 
2525の視聴履歴が、すっかりp3プレイ動画で埋め尽くされております。
なのに、どこにも運命コミュが無いんですが…。
もしかして、人気ないから皆スルーしてるんでしょうか?
かく言う私も、ランク1→2イベントでドン引きしましたが。
いや、天然というレベルを超えてるというか、その…女の子に触診とかいうのは不味いですって。
あああ、何だか物凄く小田桐くんの苦労が垣間見れた気がしました…。
先輩は、ランク上がってからが真骨頂だと勝手に思っているのですが、根拠はないんですけどね。
葛藤してるとことか見たかったなぁ。
小田桐くんの方は、台詞集を上げてくださってるサイトを見つけたので、そこで補完しました。
格好良かったです。
でもなぁ…君と学外で話すのは初めてだっていって、何も知らない無印プレイヤーが親友気分でいるところをフェスで叩き落してくれるんですね。
というか、平賀先輩とは休日ふつうに遊びに行ったりしてるんだろうか?という疑問もありつつ。
先日手に入れたフェスのファンブックでは、小田桐くんの日記の少なさに割りと打ちひしがれたりしたんですが。
見落としてなかったら、3回ですよね。
平賀先輩もそんなに多くはないけど、5回はあったから。
で、その内容も何だかとても興味深かったり考えさせられたりだったので、小田桐くんのは少し物足りなかったり…あの修学旅行前のを除いては。
実は、彼も鹿好きだったんですね。
なんというか、結局似たもの同士だったのかとほっこりした気持ちになりました。
先輩がね、今度は汚れない服で行こうねって書いていて、それだけでご飯3杯はいけると!
でも、平賀先輩の日記で一番衝撃だったのは、「来年また一緒に受験って言ったら小田桐くん怒るかな?」でした。
公式で言われちゃったよ。
先輩、ホントいちいち小田桐くんのことに言及してくれて堪らないです。
仲良しなんですね、ええよくわかります。 

 

 

 

 
フェスファンブックをね、密林で探したらばお取り寄せになってたので、それじゃあとばかりにナナワイさんとこを見てきたんですね。
そしたら、2日以内に発送ってあったので思わずポチってしまいました。それが今日届くのです。
もう何やってるのだか。でも、楽しみ。
2年遅れで盛り上がっているので、一人ぼっちぶりが半端ないです。
もっと早ければ、萌えを拾うことも出来たのかな。
とにかく、あの幼馴染み設定は反則だと思わずにはいられない訳です。 

 

 

 

 
まぁ、自分の中でしか流行ってないんですが。

切羽詰まった小田桐君と、天然だけどこんなときだけ冷静でいようとする平賀先輩がぐるぐる回っています。
…なんだかなぁ。

平賀先輩コミュでのあれこれは、何となく小田桐くんに言いたくて言えなかったことかなぁと思ったのです。
お兄ちゃんぶりたいところとか。しっかり者の幼馴染みは何でも先手打っちゃうからね。
フェスでは晴れて同級生?というとこまで行きそうなんですが、これをどう受け止めたらいいのやら、未だに迷っていたり。
慶介さん的にはありなのか?と。でも、同じ時間に居られないもどかしさは多分どちらも感じていただろうからなぁ…とか。
あと、小田桐くんは、高校まで追いかけたって解釈していいのだろうかとか。
1年の時間の壁を帳消しにすることで、晴れて素直な感情でお互いが向き合えるのかなぁと。
そんなことを悶々と考えておりました。
まぁ、なんだ。今度は仲良く受験勉強すればいいんじゃないでしょうか。 

 

 

 

 
見切り発車過ぎるだろうと、参考文献がP3クラブのみという現実にいっそ清々しさすら感じられますが。
あのほのぼのイベントと、このギャップは何さとか、ものっそい誤魔化しっぷりに石を投げたくなることも多々あるかと思いますが、書いちゃったので投下しました。
自己満足すぎてごめんなさい。 
【続きを読む】

 

 

 

 
p3fes発売から2年、今更な新事実に驚愕です。
ちょっ、小田桐くんと平賀部長って幼馴染だったの!?
なにその追加設定。
通常版で触れられてなかったのは、諸々の事情で省かざるを得なかったというよりも、むしろ修学旅行にコミュキャラ出すにあたって、二人一緒に出しとけばイベント考えるの一個減るじゃんとかそういう深い意味のないセット扱い説が有力なんでしょうが、その意外性に萌えた人間がここに。
うわー、fesの追加要素とは盲点だったよ。
p3サーチ様のカテゴリで、何故この二人のCPがあるのか不思議だったけど、ようやく合点がいきました。
それにしても、何故こんな需要のないところから…。
小田桐くんはユーザーからの人気絶大だから引く手数多だろうに、なにゆえ天然先輩と組ませたんだろうか。
結果、物凄くおいしかったからいいんだけど。
というか、この凸凹コンビぶりが、マイつぼにクリーンヒットしたんですが。
かかか可愛いじゃないか、この二人。
思わず、2525に走って修学旅行イベント見に行ってしまいました。
許容されている先輩が羨ましい。
なんだか二人一緒にいるとほのぼのする組み合わせですね。
お茶請けにしても、鹿のことにしても、小田桐くんは先輩に甘過ぎると思います。
見てるこっちが恥ずかしい。
で、慶介とかさらっと名前呼びな事実に更に爆弾投下されました。
相手が年上なの忘れてるんじゃないのか?
コミュランク的には、親友になってるかもしれない同級生の主人公に対しては名字にくん付けなのに、何ゆえ平賀先輩は名前を呼び捨てているのかと。
幼馴染み、なんて美味しいんだ…! 

 

 

 

 
初めてよそ様でみつゆかを見つけたよ!!
やっぱみつゆかいいですよね。
なんか世間では逆ばっかなんですけども、まさかゆりでも少数派とは思わなんだ。

みつゆかといえばfesの主人公を失って壊れそうなゆかりを、遠からず近からず絶妙の位置で見守っているみつるが格好良かったです。
というか、ゲームまだやってないんですけどね。(またか!!)
情報は行きつけのサイトのプレイメモから。
最後の方で「今度君が傷つくことがあったら、そのときは身を捨ててでも味方する」というようなセリフをゆかりに言うんだよね、みつるさん。
なんかこれなんて愛の告白?とか思いました。
それより普通に感動するし…ゆかりも自分のことをこんなに思ってくれる人が傍にいてくれるんだから、辛いことあってももう大丈夫だよね。
そんな感じで、後日談はみつゆかだな、と勝手に判断しておきます。

そしてじゅんぺ。
よい具合に成長してくれてたみたいで嬉しい。
対立する仲間たちの間に立って、傷付けたくないから自分が防波堤になる!みたいなところが男の子だなぁと思いました。
結局シナリオ上まけちゃうことになるんですけど、その心意気はしかと受け取ったよ。
とりあえず、どこかのプロテインにはつめの垢を煎じて飲ませてやりたい…というか密かに精神面で逆転した今回のシチュエーションは凄いおいしかったりとか、なんだじゅんぺの卒業まで待たなくてもよかったのかというか…!!
だんだんわけ判らなくなってきましたが、単刀直入にじゅんぺの成長分と真田の切羽詰り具合がプラスマイナスで、限りなく対等になってきているというのが嬉しいのです。
欲を言うなら真田がその距離感に気づいてくれれば言うこと無しだったんですが、まぁそれはおいおい(笑)。

そんな感じで引き続きお手上げ少年を応援する心意気です。
最近めっきり忘れ物の君にHOIHOI持っていかれてますけど(笑)。 

 

 

 

 
fes隠しイベントの詳細を見てきました。
ネタバレとか一切気にしてないです。
むしろゲームせずに情報だけ仕入れる気満々です。
そんなわけで、例の追加イベントですよ。
大いなるネタバレなので追記にしときます。 
【続きを読む】

 

 

 

 
さて、体が睡眠を訴えて仕方なかったのでライドウ攻略はお休みです。
そんなわけで今まで集めたfes情報とつっこみをば。

fes発売から一週間以上経過しましたね。
そろそろ皆さん後日談をクリアーしてる頃でしょうか?
取りあえず私は某サイトのプレイメモで食いつないでいる状態です。
というか、順平の過去イベント以外特に気になるものもないくらいには打ちひしがれたらしいですよ。
まぁ、そのイベントも最近っぽい雰囲気だったしね。
中学生ずんぺが見たかった身としましては、一体何を期待しろというのか。
あぁ、でもじゅんぺの回想のあるフロアが夜の路というのがいいなぁ…。
ちなみに真田は力でした。力の路カイーナ。
ほら、いいでしょう夜。

真田といえば、ガキさんのSEES加入エピソードがもう物凄いことになっていたんですが。
自分の方が召喚技術不安定なくせに、それでもアキを守るために無理やり押しかけたそうです。
…さぁ、どっから料理してやろうかというか、もうまな板の上の鯉じゃないですか、ガキさん!
一部の層にえさ与えすぎです!!
この人は漢気というより単純に過保護な気がしてきました。
そしてホントに微量に、というか対アキに関してのみ天然が入っていたりするような気が。
そこはあんた足手まといになるとか考えなかったんでしょうか…可愛いヤツだなぁ。(え!?)

それはさておき、順平の回想ですよ。
実はSEES加入直前というのが一番彼の中で父との軋轢が苦しい時期だったんだなぁと。
ホントに親父さんの暴力から逃れるために夜の街にひとり出てきていたんだ…。
仲間たちと楽しげに笑う同級生や流れ行く人並みを眺めながら一人何を思ったんだろう。
不幸なんかじゃ決してない。自分より苦しんでる人はたくさんいるしそれもちゃんと判っている。でも、そしたら自分ははたして幸せなんだろうか…って。
不幸に浸るのではなく、どこか釈然としない自分がいる。
未来を悲観してるんじゃない、でも希望を持つこともできない、そんな真綿で首を絞められるような息苦しさを感じる日々。
そして4月8日。
小さな出会いはやがて大きな変化となって彼に訪れる。

繁華街のベンチにたたずむ彼の姿はその波に飲み込まれるほんの一瞬前の姿だった。

…やってくれたなぁ、スタッフ。
何故彼がこの場面を思いそしてその後の運命を駆け抜けたのか。
まだ見ぬその出会いがどれほどの意味を持っていたのか。
とても、ジンときました。 

 

 

 

 
とうとう発売15日前。
早いですねぇ。
予約云々に関しては目をそらしつつ。
様子見でもいいかなぁとぼんやり思っています。

ところで、またなんだかジンチドの波がざぱーんと来ているんですが。
ジンチドツーショットのイラスト見てるだけでどきどき。
もっとくっつけ!とかオッサンばりに冷やかしたくなります。
でも、ダメージ受けるのジンだけかと思うとそこがまたイイ。
チドリは一緒になって茶化してくれそうだね。
限られた時間しか生きることを許されない子供たちが身を寄せ合うようにして生きているのがストレガなんだと思うと切ない。
敵として対峙する彼らですが、その心の内には抱えきれないほどの悲哀と生への渇望が隠されているんじゃないかなぁ。
自分たちが真っ先に切り捨てたと思っていた感情に実は一番振り回されているのではないかと。
いつもストレガを考える時に思うのは、死を恐れないタカヤやチドリに対して人一倍生への執着が強いのがジンなんじゃないかと。
それは生活面の面倒を一手に引き受けていたというのもあるだろうけれども、
ジンはいざとなったらタカヤの意思に背いてでも、彼とチドリの命を救おうと思ってたんじゃないかなぁとか。
勿論そのときは自分も一緒に生きる。
それぐらいの気概のある子だったらいいのになぁ…。
あれ、私またキャラ読み間違えていますか?
確かラスト近くで、ジンはタカヤのために自分の命を投げ出したような気がする。
するけども…本当は死を選ぶより、どんなに無様でも、這い蹲ってでも生にしがみ付いて欲しかったし、それが理想だったんだよという妄想でした。
 

 

 

 

 
fami通情報を見てきました。
衣装チェンジに寮内隠しカメラにパーティキャライベント、そして過去編。
fesが3年に優しいのはよく判りました。
舞い上がってた自分が悲しいよ。
でもプロモのわんこずタッグが余り物ではないらしい過去編には少し期待しています。
意外な接点、コロマルと順平。
パッケージイラストで近くだったのもそのせいなのかなぁ。
ただね、3年の過去はキャラグラ新たに描き起こされてるのに2年はそのままって、それなんて人気の差?
ちっちゃいゆかりや、中学生順平だって見たいよ!みたかったのに…。
ガキさん…いいなぁうらやましいよ。
出番少ないのにリスペクトされまくりで。
アキ効果ですか?ヤツの加護ですか。
とりあえずfesにいろいろ夢奪われてゆくような気がして切ないです。
お祭りなのに追加されてる萌要素に全然乗り切れません。
むしろやりきれない思いです。
もう少し様子見たほうが良いのかなぁ…。 

 

 

 

 
3日ぶりくらいにかつて日参していたP3スレッドに行ってきました。
流れ早すぎているのまにかダト落ちしてました。
ざっと読んだ限りではそれ程目新しい情報はなさげですね。
2週目の引継ぎ要素は主人公のレベルってことでいいのかな?
クリアどころかまったく手をつけていない私が心配することではないですね、とりあえず。
というか、今までゲームにおいて2週目をやり遂げたことのない人間なんですけれども。
ストーリーのわかってしまった世界に魅力を感じないというか、
アイテムコンプとかキャラ育成へのこだわりだけではゲームできないんですね。
もっとこう、心揺さぶられる新しい展開が待ってるとかならいいんですが。
いっそ異聞録みたいにまったく別のシナリオ用意してくれるといいんだけどなぁと思います。
でもなかなか無いですよね、そういうゲーム。
デュープリとかは、主人公によってシナリオ変わったかな。
それぐらいしか思いつかない…。
ものすごくシナリオ重視のRPGとかしてみたいなぁ。
PS以降でシナリオが完璧だと思ったのは初代ポポロ位ですね。
FF7はずいぶん嵌ってましたが、中盤以降は失速した印象でしたし。
主役のキャラが変わったのが大きかったんですけど。

そんなことよりP3発売まであと23日と迫ってきているというのに未だに予約していないというのはどういうことなんでしょうね…。 

 

 

 

 
ドラマCD発売日でしたね。
軽くスルーしてました。
出来としてはまぁ良さ気ならしいですが、別に無くてもかまわないかなぁと。
別に接点が少ないからと言う訳ではなく。
ただ、嫌というほどギャップは叩きつけられそうな気がしていますが。
そういえば、.comの優先予約の確定今日まででしたっけ。
予約の移行していないわ…。
ちょっとここに来ていろいろ不安になってきたので考え中です。
オンラインでの供給もめっきり減ったものだから、目移りしてしまってます。
このブログの明日はどっちなんだろう? 

 

 

 

 
相変わらず音楽が神です。
辛抱たまらずにアレンジCD買ってしまいそう…。
待ってれば、データだけ拾えそうなんだけども、うんどうしよう。

PVはまだあんまりコマ送りとかして観てはいないんですが、
防具のグラフィック反映って言うのが予想以上にパンチ効いていました。
ハイレグのは見なかったことにして、メイド服が予想以上にいい感じでした。
なんか普通に可愛い。
私服で戦闘というのも新鮮な感じで良いんですが、私順平あたりは制服姿がすごい気に入ってるので使うかどうか微妙です。
真田は、私服アレ過ぎるし…。
真田といえば、女子の水着があるということは、奴のブーメランもあるということですよね…!
怖いもの見たさで装着させてしまうかも。
でも戦闘時、あまりの痛々しさに目を背けるやも知れません。
順平のは是非、浮き輪つきで!(←邪魔だろう…)
あとは、アレだ、ガキさんに水着が用意されているのかが気になる。
まさか水泳帽に繋ぎの水着なんてことはないよね!?
うっかり想像できるのが嫌です。
順平の甚平姿はすごく似合ってました!
…PV感想といいつつ、衣装の話しかしていないってどういうことでしょうね。
それと最後の一言のお陰でカテゴリ別になっちゃうんですけど、もはや最悪としか言いようがないですね。
続きは、下からどうぞ。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
自分以外でカウンタがまわるとすぐ判ってしまう寂しさ。
ちょってでもメジャーな単語が入るとすぐ引っかかっちゃいますね。
昨日はOPvol45で。

それはさておき、P3Fesの予約特典ですよ…。
栞のサンプル画像が発表されてましたが、正直かなり微妙。
いや、確かに理解はするんですがね、さすがに服と同柄なのはどうかと…!
正直、ストラップのほうが実用性があるような気がしてきました。
どうしよう、knstに乗り換えようかなぁ。
ベスよりゆかりちゃんとおそろいのほうが燃える人です。
どうせならずんぺのシルバーアクセ型携帯チャームを!
はい、言ってみただけです。 

 

 

 

 
相変わらずギリギリです。
ホワイトデーなんですよね、今日。
やっぱりうっかり記憶の彼方においてゆきそうになっていましたが。
何となく朝気づいたので、ネタをひねってみました。
今、P3で一番熱いジンチドです。
どこまでマイナー突っ走ればいいんだと悲しくなりますが、とりあえず。

タイムアタックだよ、とほほ…。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
今日は乗りに乗ってたらじんちどw.day話でも書こうかと思っていたんですが、
ちょっと某所でのふたりにやられてしまいましたよ。
おかげで妄想吹っ飛んだ…。
いつもあえてここだけ明言しないのは、あまりの本気ぶりに自分が可哀相になるからだと思います。
躍起になって可能性模索したり捏造も厭わなかったり。
そんな感じで2ヶ月たちました。
いろいろ好きな事はあるんですが、一番真ん中にあるのはやはりあのひとたちの事共なんですね…。
そしてfesまで後1ヵ月半きりました。
早いんだか地道に時が流れているというのか。
とりあえずもう少し頑張れそうな気がします。 

 

 

 

 
にわかに代行屋さんの屋台骨少年ブーム。
一人だけ毛色が違うというか、普通の感性持ち合わせてそう。
自傷するチドりんに本気で怒ってくれたりしないかなぁ…。
でも、その頃のチドリには何故怒られるのだか判らないという。
あと、何の含みも無くスキンシップされて判っちゃいるのに焦りまくるジンとか。
すいません、うっかりジンチドが熱いです。
というかジン→チドリですけども。
チドリは順平に出会って初めてジンの言わんとしたことを理解できるんですよ。
でもありがとうという機会はなかったっぽい。
でも、もしまた昔みたいに話せるひと時があったとしたら、さらっと「私ジンのこと好きだったみたい」とかこぼして、ジンの時間を数秒間止めてしまえばいい。
ジンはおのれのヘタレぶりを後悔するよりも、そのあまりの意外性に声もなかったらいい。
そんで、オチは過去形だったということで。
結局チドりんはジンの淡い想いには気づかないままだったという感じで。
ぶっちゃけジンチドでいちゃいちゃしててもいいんですけれども
そこまで完全捏造するのもどうかと思うので。
だってそうなる可能性をまったく見出せないですもの。
順チドはどっちかというとソウルメイトとか同胞意識というイメージがあって、
一方ジンチドは淡いコイゴコロみたいなイメージです。
どっちがどうというわけでなく両方美味しくいただけますがね。
ちこちこ探してみたら意外にジンとチドリのコンビ取り上げられてるところがあって嬉しい。
ジンは振り回されて何ぼだと思います、はい。 

 

 

 

 
あなたと出逢えてよかった~ 今ひとり瞳を閉じる~♪
何となく口ずさんでしまった今日は本編卒業式の三年前ですよ。
>ずっと忘れない離れてもくじけない生きてゆく今日から
>やさしさと勇気をくれたよね
とかさぁ…、うんmyじゃなくてyourなのかなぁとか一人で飛ばしております。
終わりだけど始まりで、そもそも離れるというほど遠くにも行きそうに無いんですが。
でも今までが近すぎたからやはり寂しさはあるのかなぁというか、
折角の最後の1ヶ月ちょっとを何も知らずに浪費してしまったこととかその辺を後悔しつつ。
最後の最後まで結局あの人に面倒かけちゃったんだなぁと、
落ち込みつつもどこかあったかくなる胸とか!
そんな感じの卒業式ですよ。
あえて主語は省きます。
というか恥ずかしくていえないですよ(笑)。
…ちょッ、カテゴリカテゴリ!! 

 

 

 

 
2月も今日で終わりですね。
妙に早かったこの1ヶ月。
なんだかんだでこのブログも続いています。
まぁ、存在意義についてははなはだ疑問ではありますが。
とりあえず儀式的なものとして書いています。

今回はCDドラマのジャケット絵が発表されてますね。
まぁ、言うことといえばひとつだけなんですけれどね、うふふ。
…いないですよね。
vol2に回されているのは判っているんですけどね、なんか釈然としないような。
―っ、別にハミったから拗ねてるんじゃないんだからね!

昨日の今日でなんかまだ引きずってる雰囲気がありますが。
プロモのあの組分けは何なんでしょうかね。
やっぱりものすごい余っちゃった感が出てるんですけど!
でも覚醒ペルソナ格好良かったんでいいです。
あと、余ったついでに中立だといいなぁとか思っています。
それより何よりあの展開予想が間違いであることを祈っています。 

 

 

 

 
アマゾンにあるfesのプロモを見てきました。
やっぱり音楽がすごくいいですね。
なんかぐっと来ました。
…でもね。
後半のfesパートはあれは一体何なんでしょうかね。
ちょっと思っていたのと全然違う感じでものすごく戸惑っています。
ていうかなんで仲間同士で戦ってんのさ!
想像以上に凹んでいる人がここにいるんですけど。
まぁ、そういう意図で編集されてるのかもしれませんが、
それにしたって戦っているという事実は変わらないわけだし。
なんか復活を賭けてとかごにょごにょと聞こえてくるんですけど
本当にそんなストーリーだったら私fes見ないことにする。
一緒に1年近く戦ってきた仲間がだよ、そんなまやかしのせいで決裂するなんて信じたくない。
だいたい何のためのペルソナ覚醒なんだよ、乗り越えてきたんでしょう?
今更過去にしがみつくとかそんなのありえない。
そんな展開用意するなんて真っ当な大人のすることじゃないと思うんですけれども。
ふと、某EVAの劇場版を思い出してみたりしましたが。
同じ轍を踏むことの無いようにと願います。
難解かつ後味の悪さが良作のバローメーターではありえないのだから。
本編が鬱ENDで、さらに追い討ちとかやめてほしいですよね。
私この間のん気にfes展開希望まんがとか描いてたんですが
公式とのあまりのかけ離れっぷりに上げる機会失ってますよ…。
まぁ、今はこれがただの杞憂であることを願っております。
fes=お祭りなんだからね、楽しまなくっちゃ!

あと、最後に一言だけ。
以前、順平に弾丸を避けろとか無茶いってた真田先輩。
今回のプロモで本当に避けちゃったよ、この人…! 

 

 

 

 
先日からじわじわ来ていた順チドの波が、こうドパーンとはじけた感じです。
よせばいいのにうっかり台詞集とか見ちゃったものだからもう…。
じゅういちがつにじゅうににちでもうぐっすぐす言ってました。
切ないよチドリ。
飾らないまっすぐな言葉に胸衝かれちゃって、たまんなかったです。
なんか言葉にならないな…困ったな。
初めて大切なものに気づいて己と向き合ってやっとたどり着いた願いなのに、それを叶える時間がほとんど残されていないことを知っていて。
そしてたどり着いた結末が肉体を失うことで得た永遠で。
彼女のその短い生を哀れむ人が多いけれども、彼女の残されたわずかな選択肢から選び出した最上の未来で。
けれどもそんな運命ひっくりかえして別の形で出会っていたら当たり前に得られていたかもしれない共に生きる時間とか
なんか考え出すと切ないやら何やらで。
心から幸せであれと祈らずにいられないのです、果たせないことかもしれないけれど。
もう一人の命じゃないって重いよね…。
でもふたりでいると考えたらそれは幸せなことなのかな。
でもやっぱりちゃんと幸せになってほしかったな、そんな叫びでした。

下は勢いで描いたチドリ。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
パケ絵、先日アペンドのほうがいいって書きましたが、
ロゴとか入ってるの見ると通常版もいいですね。
普通に通常版格好いいですよ。
ただfesの文字が順平の頭にかかってるのがちょっと…(笑)。
しかし通常版といいアペンド版といいほんとに順平とゆかりって
重要キャラの位置占めてるじゃないですか。
fes主役のアイギスに次ぐ高待遇。
いやがうえにも期待が高まるというものですよ。
後日談には新ムービーも追加されるみたいですしね。
それにしても、情報出るの遅いですね。
まだ2ヶ月あるから仕方ないのかもしれないけれど、なんかいろいろ気になります。
とりあえずfesはダンジョン系RPGでFAなんでしょうか?
実はダンジョン苦手なんですけどね…そんなこといってられませんね。
でなきゃ本編のタルタロスでアウトだし。
多分引きずられるようにプレイすることと思います。
あぁホント2ヶ月って長いですね。 

 

 

 

 
メニューに絵文字エディター機能というのがあるのでなんぞやと起動してみました。
オリジナルの絵文字が作れるらしいということでなんとなく作ってみた順平。

zunpe

…何これ?帽子だし単純と思ったのが間違いでした。
帽子、難しいよ帽子。いやそれ以前の問題ですけどね。
下は作成中に爆睡かましたので後日改めて一から作り直した真田。
あの日寝といて正解だったかもしれない。

sanada sanada

とりあえず真田が順平より出来がいいとか悔しいので(笑)、テレッテリベンジいきたいと思いました。
でも使い道ないですね、この絵文字。 

 

 

 

 
うっかり日付が変わりそうです。
何だかものすごいデ・ジャヴ。

久しぶりにP3くらぶをざかざかと読んでいたら、妙なところにギアが入ったりしてしまったりしましたよ。
後半の解説がテレッテとチドリだなんて嬉しすぎるじゃないですか!
チドリはツンデレ可愛いなぁ…。
ネタバレ防止のつもりが、ふたりの掛け合いがたのしすぎて、ついつい読み進んでしまいました。
チドリといると順平、ちゃんとボケ拾ってもらえて凄く生き生きしてるね。
真田や美鶴はクラッシャーだし、天田少年やゆかりっちはスルーだし、風花ちゃんはまともに取りそうだもんね。
そんなところも順チドはバランスが取れてていいな。
まぁ、突っ込み要員なら荒垣さんがトップレベルかと思うけれども。
…目の付け所そこなの!?

そういえばアレンジCDの試聴更新来てるらしいですね。
disc2は封印してるので聞いていいものかどうか迷っています。
というか、今更ネタバレもなにもn…(ry
 

 

 

 

 
fesのパッケージイラストの発表されましたね。
某所でUPされた携帯画像しかみてないのでアレですが、アペンドのほうが好みだ。
というか、私に選択権なんて無いわけですが。
それにしても通常版もアペンドも順平の扱いよくてなんかうれしかったです。
いや、まぁゲーム中でも良かったら言うこと無いんですけど。
せめて表向きだけでも、とかって華持たされてるんだったら切ないな。
fesでどうなってるかは正直かなりドキドキものなんですが。
大分諦めはついているようです。
あと何ですか、あのコロマルの可愛らしさは!!
アペンド版好きな理由の半分はコロちゃんですよ。
(…ほか、ずんぺとか構図とか)
まぁなんですか、正直申しますとアペンドの構図で通常版のメンバーだったら言うこと無しだったらしいですよ。
欲を言うと前半分と後半分でシャッフルしてお隣同士とかさぁ…。
まったくもって、己の欲望に走りすぎです。
 

 

 

 

 
地雷踏まないかどうかびくびくしながら、アレなサイトを回る前にするべきことがあると思うのです。
何しているんだろう、私(笑)。
ちょっと逆方向に耐性つけてみようかと思ったんですが、
上手くいきそうでいかなかった気配。
えぇと、やっぱりなんと言うか比重的に偏ってるとだめみたいです。
おんなじじゃないとだめ、どっちでも。
そんな感じに脳みそが大分腐り落ちているのが分かるのですが。
いかんせん年季入っているので今更修復は不可能。
でも実はこのジャンルは、自分の中ではさわやか系。
あの人のせいとかそんな風には考えたくないですが、十中八九そうです。
その筋ではhんたいとかどえすとか言われていますが(それもどうかと/笑)
スイックというイメージから抜け出せません。
なのでやっぱり青春です、あおはるです。
こっぱずかしいぐらいにリリカルです。
そんなふたりに幸あれ。(主語はふせてみる)

回りくどい前置きはおいといて
2011年の今時分、順平のお話です。
ふてぶてしいまでのパラレル連発ですいません…。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
明日バレンタインなんですね。
すっかり忘れていました…。
今朝、なんかそれらしい事をしてみようかなぁと思い立ったのですが、
勿論告白であろうはずも無く、二次創作等を考えてしまいました。
とことん人としてだめな感じです。
ネタはとりあえず出来上がっているのですが、
お笑いにしようと思っていたのが存外に甘ったるくなってしまったので
どうしようかと思案しています。
内容が読む人を選ぶというか、ぶっちゃけるとカップリング物で
しかも女の子同士なんですけど…。
ますます駄目な感じですね。
とりあえずお風呂入って考えます。 
【続きを読む】

 

 

 

 
かつて結構話題になってた囲碁漫画の主題歌集を聴いています。
うっかりP3テーマに聞こえてくるから不思議。
「Get Over」なんかはもうあのこのテーマだろうとか思ってしまいます。
勿論妄想から始まって夢とか希望とかまで詰めこんでいますが!
どうしようなんか泣きそうだ。
とりあえず歌詞検索してみてください。ついでに聴いてみてください。
どこかでこの電波が拾われることをほんの少しだけ期待しつつ。

今日もP3考察とは名ばかりの妄想を紙面に吐き出してみました。
当然恐ろしく偏ったところに特化されているわけですが。
もうそれでいいんじゃないかと開き直っています。
一部抜粋というよりは一部引用というレベルですが、とりあえず大手を振って書ける内容ではないので「続き」にしてみました。
かつて無いくらいに痛々しく妄想していますのでご注意ください。
(自分的にはまだまだ序の口だったりしますが。)
 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。