管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
某社の作品で秦末期の話描かれてるのを見つけました。この辺りは以前小説で読んだ筈なのにあまりにもはるか昔だったため全然覚えてなくて、普通に展開にわくわくしてました。癒し系だと思ってた後方支援の彼が、存外に腹黒役人になってたけど、全く問題なかった。可愛いから。
でも、信頼関係に燃えてた人たちが、調べてみたらがっかりな末路をたどっていたりして、うっかり熱を入れるのもどうかという感じです。うあー、見なきゃよかった。刎頸の決別酷すぎる。
個人的には、ちんぺーさんとか好きなんですが、お兄ちゃんの献身具合とか、某三傑に比べてすごく人間臭いところとか。前述の小説の最後に相手を追い詰める策のところとか、両者の対比が印象に残ってる。物凄い現実主義者のイメージがあるのだけど、あそこでの一瞬の躊躇というか揺らぎ具合がいいと思う。

とりあえず、功労者だろうと忠臣だろうと結構シビアな目にあったりするので、有名な後漢からの物語よりも色々と油断ならないなぁという印象。
でも、そんな世知辛い史実を時にほっと息をつかせつつ描いてくれるところに一縷の望みを託したりしてみます。
しかし、全部描こうとしたらとんでもなく長編になる気がするんですが、どこまでされるのかなぁとちょっと思ってみた次第でした。
そういえば、登場人物のデザインが全員元ネタあるらしいのですが、その辺に疎いのでGXのコクピット恐怖症の人しか分からなかったです。県令の某監督に気付かなかったのは大変に不覚でございました。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
銀戦車拾ってヤッホーとばかりに20階で帰還したボスは、二刀流に気を良くして紙防御で再び迷宮に挑むのであった…。
どう見ても死亡フラグです。本当にあり…(以下略)
今までは失うものが無かったので、ゲームオーバーしても大したリスクも無かったけど、今回はかなり怖いです。一応スペアにイギたん持って来たけど、合成してもそんなに防御上がらないし微妙です。そして、今回も忍び寄る餓死フラグ。
その前に20階まで来てまだ防御0なのが深刻ですが。2回攻撃で囲まれなければ何とかなるけれど、開幕モンハウ来たら詰みだなと思ってます。しかも、モンハウ出やすい能力ついてるってどんな博打かと。
タイヤ拾ったーと思ったら使えないアイテムがぎっしりつまっていて何だかとってもがっかりしたり、それよりも食料が欲しいと切望したり。
そんな感じで、言うほどボスは前進していません。

さて、久しぶりに某社の話をば。
二年間追いかけていた作品がひとつ完結しました。連載間なしの頃から読んでいたので感無量です。
斜め上を行く設定というよりは、良い意味で王道ファンタジーという言葉が的確な作品でしたが、最終回まで本当に丁寧に描かれているのが読者としては大変に有難かったです。
読後の安堵感と一抹の寂しさははがねの時のそれに似ているかも知れない。
…それにしても、作者さんの所に雑誌編集者からスカウトの連絡が来たりとか、それを葛藤の末辞退する作者さんとか、作品外でも物凄い展開過ぎて。正直、最近某社作家さんが軒並み商業に行かれて好きな作品が読めなくなる切なさを嫌というほどに味わっていたので、選択の成否はさておき非常にほっとしました。
とある有名漫画家さんは大好きなことを仕事にする幸せについて説いておられましたが、それもひとつの真理ではありますが、最良の選択であるか否かはその人次第ですし、そこから背を向けることが臆病だと断ずることはあってはならないと思います。
作者さんがこの先臍を噛むことがないことを切に願います。
それにしも、自分が好きな作品がプロの目からも認められるのって、なんだか良いものですね。
自分の感覚が云々というのではなくて、良いなって思ってくれる人が沢山いることが単純に嬉しいというか。
そんなしみじみとした感慨のあとに、ものっそいお茶を濁してゆくことをお許し下さいませ。
腐った目線からの感想とかです。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
天候のせいもあるかもですがすっかり秋めいておりました。
台風一過。あまりにもずっと風がきつくて、一日雨戸閉めてたら昼夜の感覚が掴めなくて困りました。それでもちゃんとお腹は減るんですけどね。
そんなこんなで引きこもってボスゲとかやってました。今使ってるパソコンだと非常に動作が鈍いので、新しい方に落としたらば7は非対応でした。何だかんだでxpって頑張ってますよね。一つ前のマシンがmeだったのですが、ホント碌な目にあいませんでしたよ…今となっては懐かしい話です。

以下、某社の感想とか。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
えーっと、テキストページ拡大するといちいちページトップまで戻る仕様、何とかならないんでしょうか?
以前はそんなことなかったのに。記事が長引くときは、思いっきり連打して使っていたので、今ものすごく使い勝手が悪いです。
元に戻るといいのですが…。

またしても、随分と更新に間が空いておりましたが、記事自体はちまちま書いておりましたので、一緒に上げておきました。
平日って、書いても見直したりしないんで、結局まとめ上げがデフォルトになりつつあります。
最早日記でもなんでもない気がするけれども、言わなきゃばれないと思うので無問題、と開き直ってみる。

相変わらず某社に入り浸ったりして、創作物を読み漁ったりしているんですが、本当に面白い作品が多くて、燃えたり萌えたり忙しいです。
中には久しく更新されていないものもあったりして、続き…とガックリすることもしばしば。

以下、某社作品の感想です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
あっついですね。暑いの苦手なので大変にへたっております。パソコンの熱で部屋が更にヒートアップ。扇風機の無力さを身をもって実感中。
…いや、きっともっと過酷な環境の方もいらっしゃるんだってことは分かってる。でも、言わずにはいられない。暑いです。

先日の取るに足りないような記事にも拍手を頂戴しまして有難うございます。…以前の記事を下げちゃったので改めてお礼申し上げます。
まぁ、なんでしょうか妄想するだけで終わるのでとても非生産的だなと思いつつ。別に萌えが無くなったとかそういうわけではないんですが、でも自分の文章読み返すのがものっそい苦痛で仕様が無いです…。

以下は非常に燃えたので、某社の感想をちょこちょこと。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
某社、完全復活してた。跡地からもどうやら新天地に飛べるようになったらしく。
完全に全てのデータが戻った訳ではないらしいけれども。
ここ最近の更新ラッシュには嬉しい悲鳴です。展開的には喜んでもいられない訳ですが。
そんなわけでざざっと感想をば。

人食べる人の話で中2さんが退場されてしまった…orz
ネタキャラとして絶大なる支持を得ていたのに。現実世界で遺体の搬送とか真面目に凹む。
黒幕と思わせた教授が、訃報を耳にしてふと回想するシーンが、個人的に一番印象に残ってる。
まだ希望に満ち溢れてて「一人でも多くの命を…」っていうの。今の彼も態度は素っ気ないけれど、その思いはあの頃から少しも変わってはいなかったんだなぁと思うとまた辛くなる。
理想だけでは過ごせない世界だとしても、それでもそうやって生きてきたことには意味があるんだと信じてます。この後はきっと主人公が何とかしてくれる。
そういえば、憧れの教授に実は頼りにされていたらしいところに少しだけ救われました。完全に相手にされていないかと思っていたので。
次からは戦闘大好き王子の再出陣ということで、主人公とのコンビ復活に期待しつつ、見守りたいと思います。
…それにしても、主人公が嫌う上から目線が、元々は侮蔑ではなくて、瞳孔開いたそれというのがね。単なる負けず嫌いではないんですよね…。

あと、某あついまんがは、ひたすらにしばはらさんだった。
体力の限界や後発から追い抜かれてゆく恐怖やら、なんの不安もない若造が幸運までも手にすることへの理不尽さに憤り。それでも、理不尽の矛先を応援する姿が熱い。
えびちゃんにとっては、しばはらさんって実は心の師匠的な位置付けにいると思うので、あの叫びは大変に色々なものを呼び起こしてくれたんだろうと思う。
そふぃちゃんにしてもそうだけど憧れのひとを追い越して勝負の舞台に上がるところや、相棒への全幅の信頼やら符合する部分の構成が見事すぎます。まさに彼らの為に用意された一戦だと思った。
どちらの気持ちも非常に分かるので、一方にしか軍配が上がらないのが惜しのですが、ここはしばはらさんに免じて、えびちゃんを応援したい。
…それにしても、本当にすごい作品だなぁといつも思います。
この勝負、実は主人公どころか春夏秋冬の誰一人として勝負の舞台にいないだなんて信じられない。それだけキャラクターがみんなしっかり出来てるってことなんですよね。…ありまでみついさんの見せ場があればいうことないなと呟いてみる。
 

 

 

 

 
未だに初期段階の構想が思い出せないけど、それはさておいて。

半ば恒例と化した某社の感想をば。


女子高生祓屋さん。何故か急に4話から萌えてきた。
自称主人公と前回のゲストキャラと思われた子が、意外にも仲良くて、ちょっとコレいいなぁと。
確か、主人公的には第一印象良くなかったはずなんだけども。
彼的には、背に腹は変えられないって選択だったのかもしれないけれども、いけ好かないって評していた相手の意外な面倒見の良さに、認識を改めてくれれば良いと思いました。
また、相手の子が良いツンデレ具合で美味しいです。
文句言いつつも9時近くまで補習に付き合ってくれるとか。しかも彼らは、友人関係って訳ではない。
…何だかんだで良い子ですよね。
手伝うんじゃなくて、ちゃんと分かるように教えてあげるのが更に親切といいますか…。

いや、物語中で決定的にこれだ!って事件があった訳でもないのに、そんなさりげない日常のヒトコマに大変にときめいてしまったというお話でした。

自称主人公の、霊を自分に取り込むことで、弱体化ってある意味最強スキルでもあるなぁとちょっと思いました。
 

 

 

 

 
久しぶりに、某社感想。ちょっと吐き出さずにはいられなかったので…。


モザイク必須ヒーローの展開がヘビー過ぎて見ていて辛い。
今までは、ピンチでも何とかなるさと思ってみられたんだけど、それは戦闘員の皆さんだったからで、今回の場合は、身体能力が優れているとはいえ、ごく普通のお嬢さんだから。
彼女に対する、周囲の暗黙の危機感が最悪の状態で形になった気がした。
正しいことを逃げずに遂行することは勿論止められる理由なんてないのだろうけれども、正義感でどうにかなる世界じゃないのだと思い知らされた。
それにしても、完膚無きまでの叩き落としっぷりに、お腹の中がぐにゃぐにゃしてきましたよ。うう、キモチワルイ。
…個人的にクライアントは彼女の造形に興味を持っているので、それを害なうやり方は好まないと思うんですよね。だって、文字どおり骨も残らna…。
そこに一縷の望みを託してみたりして。
でも、夢落ち以外の回避方法が思い付かないです訳ですが。
徒労感は拭い去れないまま、それでも、無事でいて…!と祈らずにはいられない。
 

 

 

 

 
そろそろ二月も終わりですね。暦の上ではもう春とか。
昨日は動物舎が燻っているのを通りがけに目撃しちゃって、凄くショックだったり。後で知ったけど2~3頭だけ連れ出せて、あとは駄目だったらしいです。夢を売る稼業だけに、ものすごくやりきれないものがあります。

以下は、ざざっと某社の感想を垂れ流しております。

一撃必殺ヒーロー。
人気作だけどずっと見ていなくて、今日なんとなく読んでみたら最新更新分まで一気に見てしまった。
序盤の流れのほうが好きだけど、みんなが集まって鍋囲んでるところもすごく好きです。
何かね…主人公、パーソナルスペース侵略されて迷惑がってるけれども、たぶんきっとあれはあれで幸せなんだろうなぁと思う。
趣味でこなしてきた日常に何の意義も見出せなかった頃に比べたら。それで、その生活に風穴開けてくれたのが押しかけ弟子だったんだなぁと思うとね、なんだかたまらない気持ちになる。
弟子がまた、馬鹿正直でわんこ属性で師匠大好きで、あーもう見てるこっちが恥ずかしいわと。
逃げ腰師匠との温度差も大変美味しゅうございました。
なんかホントに可愛い二人だなぁと終始によによしておりました。
あとは、お爺ちゃん師匠と破門された怪人志望の弟子も好きです。弟子は残虐なんじゃなくて優し過ぎるだけなんだって気付いてあげて欲しいなぁと。あと、ボロボロの弟子は、守ろうとした少年と再会して欲しいものです。
馴れ合わなくていいから、遠くからでも見守ってて欲しい。

…えーっと、やっぱり腐の国に長いこと居住しております故、そういう方面でも大変に楽しませていただいた訳ですが、何気にネット上で同じこと考えている方もいらっしゃって吃驚しました。
どの辺までならはっちゃけていいのかとか、またいらぬことを考えそうになりましたが。
とりあえず、某しぶの申請とかチキン過ぎて出来ようはずもないわけで、それ以前に挙動不審すぎて却下されるわ!と思った、しょっぱい冬の終わりの出来事でした。

ついでに…チップ争奪遊戯、第一部完結乙。
てっきりマネーの頭文字かと思っていたら、マーダーだったとは。成り行きで組まされて、でも少しずつ愛着わいて、利害よりも彼らを選んだというところでこんな落とし穴なんですね。いや、本当に周到というかなんと言うか。
過去エピソードの挿入のタイミングも見計らったようで、感情移入させておいての突き落としっぷりが酷いけど見事という他なくて。
構成のしっかりしている作品ってやっぱり凄いなぁと。
空気とか役立たずとか人でなしと散々な言われような主人公が普通に好きなので、なんとかひっくり返して欲しいところです。

それにしても、楽しみにしてる作品が軒並み休載していって寂しいことこの上ないですね。
でも、ある休載作品のおまけのくらうど(笑)さんがお茶目可愛かったので良しとします。

最後に…前回のうだうだしい記事に拍手いただき、申し訳ないやらなんやらで。あんな鬱陶しいものにお付き合いさせてしまって大変に恐縮です。でも、ありがとうございました。
ちなみに、今でも脳内ではわりと傷医者の二人はぴんくな雰囲気だったりしております。
まったくもって、箸にも棒にも引っかからない報告ですが。
 

 

 

 

 
某社の感想。人を食べる人の話。
久し振りの日常話で癒されました。かどくらさんが可笑しすぎる。
先回りして相合い傘阻止とか、そこまでくるとヒロインより主人公が好きなんじゃないかと思ってしまう。いや、むしろ大好きだろうと。
それにしても、そろそろ話は折り返し辺りまで進んでいるのかと思いきやまだ3分の1位だとか、どれだけのボリュームなのかと思いました。
どうやったらそんなに壮大なストーリーを構想して更に効果的にエピソードを組み入れられるのかと、本当にひたすら感動してしまいます。
才能あるって凄いなぁ。
一筋縄ではいかない主人公と幼なじみの関係とか、事件の全貌とか、かどくらさんのスタンドプレイ(笑)とか気になることが山ほどあって。
殊に、周りから主人公との仲を意識させるような揺さぶりをうけたヒロインと、そんな桃色な気持ちとは裏腹に主人公が彼女の家族に対して少なからず抱いているであろう復讐の念。その相反する感情を同時期に物語に差し挟んでくるところとか、本当に圧巻です。
ただのラブコメでは終わらせてくれそうに無いんだなと覚悟したところに、癒し系かどくらさんだし。
もう、続きが楽しみすぎます。
番外編のおじいちゃんと外道さんも気になる。

 

 

 

 

 
うっかり、某社の作品見てたら夜も更けて…。
一次創作って殆ど興味無かったのに、ここのお陰で楽しみが凄く増えてます。本当に皆さん、上手いなぁとしみじみ。
で、今日も今日とて手当たり次第に読みあさっておりましたよと。

以下、感想。 
【続きを読む】

 

 

 

 
あー、なんだか三連休が無為に過ぎてしまいました。恒例といえばそうなんですが。
そういえば、携帯においておいても仕上げる見込みがないと思って、書きかけの小話をこっちに移してからかれこれ一年近くなるんですが、そこからちゃんと仕上げたのって、ほぼ皆無に近いんじゃなかろうかと今更ながらに気づいてしまったり。…多分、あそこからは上げていないはず。
八割方出来ているのもあるのだけど、ちょっとジャンル的に普通に投下できそうにない代物だったりとか(ぐーぐる先生が怖いので)、もうどっから手をつけていいのか分からないくらいいい加減に書きなぐってるのやら。
誰得?程度のものなら普通に投下するんですが。いや、まぁそれもどうかと思うんですけど。
鉄は熱いうちに打てって、本当に全くその通りだと思いました。
ちなみに、ここで一番需要が多いであろう(といっても世間的にはどマイナーなんですが)傷医者は投下数との割合でみると少なかったりします。
それでも皆無じゃないあたりが、ダメダメなんですけど。

そんなとりとめのないことを垂れ流しつつ、この休日をすっかり持っていってしまったものについて。
また某所の作品なので、全くもって内容はさっぱりな感じですが。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
…けど、実際どういうことなんだろうかと思う秋の空。
空気が澄んでいるという意味だとすると、冬の方があてはまる気がするのだけども。
以下は馬も肥ゆる秋ということで、某あついまんがの感想をば。
こじつけもいいとこだなと思いつつ。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
辛抱堪らなくなって、思いっきり殴り書いちゃった某社の夢食べる子達の小話。
一応普通に見える感じに気を付けたつもりだけど、なんか色々だだ漏れな気がするのでこっそり投下しておきます。
メインの親友ズで。誰得すぎて眩暈がしてきた。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
いつの間にか台風が来て、そして去っていた。
朝夕は日増しに秋めいてきてる訳ですが、日中の暑さを何とかしてほしいと思います。

さて、以下は某社のうぇぶまんがことをば。 
【続きを読む】

 

 

 

 
すみません。レースに入ったせいか、最近更新が早くて嬉しい限りです。
でもって自重できなかったので、以下某あついWeb漫画の感想もとい妄言を垂れ流しております。申し訳ございませんが、さくっとスルー願います。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
某社の回し者じゃないんですけどね…。
なんか色々と面白い作品が多くってついついあちこち見て回ってしまいます。でもって、全く伝わらないであろう感想とか垂れ流しております。
読んでみようという奇特な方はいらっしゃらないと思いますが、ネタバレありますので一応追記にしておきます。
該当作品にリンクを張る勇気はありませんでした。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
なのに、その手の感想ばっかりなのは何故なのか…。

PBRS。くろうささんが格好いいなぁ…。さりげなく鬼っ子をぽーっとさせといて、肝心の想い人にはさっぱり届かないというのが不憫というかなんというか。
忘れちゃったのなら一から再構築できるのじゃないかと思うけども。しろうささんの中でクロさんの位置付けってどんなものなのか甚だ疑問でもありつつ。あの子、身体は女の子だけども内面がどうなってるのかよく分からないので。
生前のクロさんがほも野郎とか言われたことを考えると男…なのかな?
なんとなく存在からして性別云々は既に超越しちゃっている気がします。
天使から魔王まで虜にするってどんだけかと…。
クロさんの、転生したしろうささんと再会した時の、弱過ぎるとか散々攻撃しまくった後にかわいいんだよ!とか言っちゃうのがすっごい好きで。でも言葉通りの意味とは誰も捕らえていないだろうと思いますが。
最近、王女のお陰で兎さんの恋路が何かと取上げられるのが嬉しいです。
クロさん、恋心が絡まないと本当に格好いいんだけどなぁ…。

あと、路上ライブのゆーきさんが、見事に路銀稼ぎ上げたところに笑わせてもらった。器用貧乏かと思っていたけども、普通に多才じゃなかろうか。作詞のセンスは無いようだけど。YU-KIさんパネェです(笑)。
何気にその足元で健気にトライアングル鳴らしてる小々ちゃんが可愛かったです。「HEYHEY」って合いの手入れてるよ。この子のツンデレぶりが好きです。
この人たち両想いなんだと思うのにね、馬鹿と突っ込み役が板についてて全然そんな感じがしないというか、本人たちは自覚がない所が可愛らしいというか。周りから散々いじられてるのにね。

なんだろう、主人公パーティよりもクロさんのチームのほうがわくわくしてしまう。
どんどん大所帯になってるのは、包容力のせいなんでしょうか?むしろもふもふ的な魅力かも知れないけれども。

余談になりますが。
ファミリー的な集まりとか物凄く好きなので、つい戦力分析…というほど大仰なものじゃなく、バランスのいい集まりとか見るとわくわくします――というかぶっちゃけ回復補助のいるチームって燃えるのです。
そういう意味でもクロさんのところのが凄く好きだったり。
同じことははがねの傷一行にもいえますが、あの一行はほんとに萌えでもありも燃えでもあったから。もっと共同戦線張っているところ見たかったなぁ。
個人的に廃鉱の町から北の集落潜伏あたりのメンバーから客員の弟君とウィンちゃんをのぞいたのが一行だと勝手に認識してますが、実はそのメンバーだけで行動したことはなかったんですね。
そういう意味ではここに置いてる小話のほとんどがパラレルになっちゃうということで。
ちなみに、一行の定義で弟君とウィンちゃんを仲間外れにしてるという訳じゃなくて、あの二人はあくまでも主人公組だからって意味なんですけども。
メイちゃんは…って言われると完全に趣味ですとしかいいようが無いですけども。
最終回でこそあの四人で揃っていたけれど、あの子は傷一行の娘さんだと思ってます。アメ国を訪れる際はイシュ地域を経由してくれているといいなぁ。
 

 

 

 

 
ということで、某熱いまんがが2ヶ月ぶりに更新来てました。幸せ…。
なんか、毎回思うけれどもキャラクターの描き方がものすごく上手いと思う。どんなに悪どく見えても憎めないというか、どこか可愛げがあるというか。
ふじかわさん、妻子いるのによそに愛人作って、しかも振られそうになってとにかく次のレース見に来いと大見得切って…とか、おいおいとか思いながら読んでたんですけど、レース始まったらこれが惹きつけられるのなんのって。
でも、ちゃんとオチがついているのがね、また凄いなぁと。何も知らない奥さんとお子さんが来てどうすんのかと思いきや、ねぇ(笑)。愛人グッジョブ!スカッとしました。
いや、ほんとふじかわさん愛すべき馬鹿だった。
だるこさんは最後に爆弾落としていくし。カミヤマ狙いって途方もないですね。どうなるんだ有馬!と思わずにはいられない。今後の展開が楽しみすぎます。

以下、見直したら存外にはっちゃけていたので追記送りに…。 
【続きを読む】

 

 

 

 
もうすっかり周りは初夏の装いで、ついこの間新年の挨拶したと思ったのにって、なんだかホント歳をとると月日の経つのが早くなるってその通りだなと身をもって思うわけですが。
来月最終回のはがねが気になって仕方なかったりとか、怒涛の更新きた某web漫画サイトの作品に引きずられてたりとか、復活してたサイト様の影響で花ぽの波が来たりとかいろいろいろ。
もう、なんかよくわからない事になっています。

とりあえずひとことだけ。
PBRS、サナタンがあっさりお姉さんを見送ってたのが凄く納得いかなかったんですが、そうか後追いする気だったのかと。すごいな、全然そんな不安定な素振り見せてなかったのに。
ホーサナはなんというか、お互い全く自覚がない(というか本当にその気もないのだろうけれど)ところがたまらなく好きだったりするので、たとえ別れても時々思い出したりとか、すごく後になってからそういえばあいつのこと好きだったのかも知れないとか思い返すぐらいでいいと思います。
サナタンが実は舞踏会とかに憧れていたので、お見送りになれないドレス着て盛大にすっ転んでくれたりすれば私が嬉かったりしますが、それよりも最後に決着をっていって決闘申し込みそうではある。そんな二人も大好きです。
ほーそんが、憔悴したサナタンの心配をする部下にあいつは強い女だってきっぱり言ったり、独り言という名目の盛大な叱咤をしたりとか、認めているがゆえに甘やかさないスタンスが好きだなぁと。
サナタンにどこまで伝わっているかは不明ですが。
そんな感じで有終のサナタンを見送る準備をしています。
あと、くろうさぎの元魔王は絶対想い人と幸せになるべきだと思う。
何気にライバル多いですが、あれだけ誰かを想えることってなかなかできないと思うので、多分気持ちの上では彼の圧勝かと。
ついでに想い人も攫って行けばいいのにと、こちらも一筋縄ではいかないんですけど。

――ひとこと?

 

 

 

 

 
にーと社さんを知ってから、オリジナルのweb漫画をちょこちょこ読むようになりました。
そして、世の中には隠れた才能持っている人がいっぱいいるんだなぁと。割と気まぐれに覗いているのですが、ホントに面白い作品が多くて吃驚しました。
今回は、その中でちょっと萌え語りをば。公式でCP人気投票やってたから大丈夫だよね?ということで…。やってなくても垂れ流しているとかいうつっこみは無しの方向で。

今更ながらにPBRSのロクサナの可愛さに気づいた。
元連隊長同士でくっつけばいいのにとか思ったのにどこにもないっていう。
今までノーマークだったのですが、実は登場時からほーそんとの絡み多かったんですね。リノちゃんがほーそんにとって娘だというのならろくさなさんは嫁でいいと思いました。
ご飯食べに行こうとしている三人の後姿が家族にしか見えなかったです。
全部片付いたあとにろくさなさんは目覚めるんだろうなとか、その時はお城に駆けつけた部下たちが見守ってるんだろうなぁとか思うのですが、どうにかしてほーそんとのフラグを切望いたします。
なんかホーサナの不器用で初々しい感じを妄想すると堪らないです。
…うん、世間はホーリノだって分かってる。
ほーそんにも多分凄い隠し設定があるんだろうと思うし(個人的には全く何もない普通の人を希望してますが)。
でも、せめてこの調和の国編が終わるまでは、夢を見ておきたいと思いました。
ああもう、ロクサナの可愛さをどう表現すればいいのだろうか。

…ところで、最初ろくさなをどめにかと勘違いして書いていた私のだめっぷりときたら。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
最近、某あついまんがが更新ラッシュで嬉しいような描き手さん大丈夫?とちょっと心配なような。何ヶ月も待つのなんてざらにありすぎて、そういうのに慣れてしまった模様です。

それにしてもほんとに展開が熱すぎてもう。
そして、今回しばはらさんがかわいくて…!私のおじさんセンサーに反応しまくっていたのですが、どうにも相手がいないとか何とか訳のわからないことをぼやいていたのですが。若手に名前呼びしたところで、ちょっと萌えてしまいましたのこと。
ふみおちゃん年上が好みだからちょうどいいですよね。先生といいしばはらさんといい、彼の周りにはツンデレの素質のある方ばかり居合わせているのもおいしいと思います。
うっかり本命は誰なんだとか考えてしまう私の可哀相さときたら。

そんな繰り言はさておき、かつての天才振りをとりもどしたふじかわさんと曲者ダルコの勝負の行方とか、いい感じに小者臭の漂うおだっちとかいろいろと目が離せないMCS。
そしてそのレースを一心に見つめるみついさんとか…!
みついさん大好きだ!!!…え、そこなの?(笑)
以前、同期の友人のことを真意が読めないとか何とか独白されていましたが、余程みついさんの方が読めないです。
この人の目指しているものってなんだろう。
めでたくおだっちにライバル宣言されてしまったことですし、今後物語に深く関わってくれるといいなぁ。
もしかして、普通にふゆとおだっちの仲を何とか円滑にしたいとかいう理由で勉強会に誘ったのだとしたら、お人好し過ぎると思うのですが。
そうであってもいいし、別な理由があってもいいし。
おだっちはふじかわさんに完敗したあかつきには、みついさんの誘いに応じて勉強会に顔出しそうではある…というか、そうなってほしいという願望です。

 

 

 

 

 
早くも後編来てる。うわー、ここにきてまたさらに登場人物増えるとか、なんか凄いです。
で、一見悪役?とかみえる人がどんどん可愛げが出てきてみんな愛いです。
そして今回もみついさんが頑張っていてくれて個人的にうれしかったり。
今までは何となく出番といえばおおつかさんのお守り的な立ち位置が多かったんですが、おだっちと絡んできたり、過去にはふじかわさんと何かあったっぽくて、いろいろ気になります。
それにしても、新キャラの外人さんに律儀に相手の国の言葉で話したのってみついさんだけだなんて。みんなフリーダム過ぎます。おおつかさんなんて、通訳いるからばっちり翻訳されるというのに、まるでお構いなしに皮肉を言ってしまえるのがさすがというか。
たどたどしいフランス語でこたえるみついさん萌える…!
関西組は年末最終決戦までお預けのようですが、みついさん祭りのお陰で寂しさもまぎれるというものです。
おだっちとふじかわさんのマイル対決も楽しみになってきました。
どう決着つけるのかな…。
 

 

 

 

 
久しぶりに覗いたら某WEB漫画サイト様に更新来てた!
やはりキャラクターの使い方が凄く上手いなぁと思いました。みんな生き生きしてる。
個人的に同期キャラの解説役かと思われたみついさんがクローズアップされてて嬉しかったです。
若手にモテモテ(ホントに本編でそう表現されてた)でなんかによによが止まりません。
勉強会はこの人の発案なのかな?なのに何ゆえ場所がおおつかさん家なのかと…いや、おいしいからいいんですけどね。
最初みついさんは既婚者だからなのかと思ったりもしたんですが、だったらさすがにおおっぴらにコンパとかやらないだろうしなーとか考えて、単純に寮暮らしなのかなということで落ち着きました。
おおつかさんフリーだから、さっさと寮生活脱出しちゃったっぽい。一方でみついさんはなんか寮長とか引き受けてて経済的には余裕でマンション暮らしできるけどもまだ寮にとどまってるとか。
というか、そんなところ掘り下げても仕方ないわけですが。
なんだかんだでこの同期コンビが大好きです。みついさんの面倒見のよさが堪らない。そりゃあモテるわと。

あとは、初めてかみやまパパが可愛いと思ったりしました。娘さんとの殺伐とした会話にどっと疲れているパパに、どこの家でも年頃の娘と父の会話なんてそんなものと言い切ってしまうさわむらさん素敵です。伊達にお嬢様の相手してるわけじゃないんですね。
言葉は少ないのに的確に意見してるところが凄い。ほとんどモブキャラだと思っていたのに、とんだ伏兵です。

次はMCSということで、そろそろ関西の方々の動向が気になるところです。
サニコテ元気だったらこれ走ったんだろうなぁと思うとなんか切ない…。
 

 

 

 

 
にーと社のweb漫画を読み耽っていたら睡眠時間がタイトになってしまいました。
お盆休み中は早寝早起きの規則正しい生活をしていて、何故、明けたとたんこんなことになってるのかと問いただしたい。いろいろと失格くさい今日この頃です。
あああ、そういえば、つかの間の休息が終わってしまったんでした。今更ながらに押し寄せる悔恨のやり場に四苦八苦しています。
それはさておき。
読んだ作品は、桃太郎のパロディみたいでしたがキャラクターがすごく生き生きしていて、殊に鬼さん達がいい味出してました。
最愛は白兎ですが。フラウタン可愛いよフラウタン!黒兎には何としても本懐を遂げていただきたいものです。
黒×白ウサギに萌えました。
自らの広大なる守備範囲を披露したところでお開きといたします。
我ながら突き抜け過ぎだろうと思う、本当に。 

 

 

 

 
遅い梅雨が明けたかと思いきや、今度は台風とか。何だか最近の気象というやつはどうなっているのだかとかなんとか。
未だに某競馬漫画に持っていかれている日々を送っているもので、某所の7000レス読破とかまぁ、色々やらかしてしまったりしたわけですが。
そして、やはりサトシのスルーぶりに頭を抱えることになったりしました。
いや、まぁかませ役って言えばそうなんですけどね。これからもあの子たちにスポットとまでは望まないので、ちょっとは報われて欲しいと思いました。もう新聞の隅っこでいいから勝たせてあげて。
本編では現在、大塚さんと三井さんが絶賛蜜月中(←妄想)なので、こっちはとても充たされているんですが。
柴崎さんも可愛いなぁ。フユパパとは騎手時代仲良しだったりしたら個人的にとても嬉しいです。…というか、あれだけ込み入った話するんだから絶対特別な存在だったんだろうと思うんですけどどうなのかな?
「わが子可愛さと言ったら軽蔑するかい?」→「わかんないよ。僕子供いないし」のやりとりなどは、本当もうどうしようかと思いました。
柴崎さん独身なのって、もしかして…いや、なんでもないです。

あとは関西騎手独身寮の響きにときめきを禁じえませんでした。
それなんていうパラダイス?
で、実際にそういう施設があるのかどうかと調べてみたらば、在りました。
入り口にくりちゃんバスのバス停とか物凄いローカルネタに吹いた。私一度も乗ったこと無いけど、くりちゃんバス。あの思い切ったネーミングにはかなり度肝を抜かれました。
ああもう、なんという親近感。
うん、実際トレセン行ったところで沖くんやらサトシやらは居ないのは分かってます。分かってますけども。独身寮…素敵な響きです。

 

 

 

 

 
更新しようと思ったら、編集画面までたどり着けない件。
どれだけ日頃の行い悪いのかと思いました。
アクセス集中って、FC2さん、一体なにがあったんだ…!?

ついでにものすごいドサクサで、復旧待ちの間描いてた落書きを上げてみます。
絵板使ったの何年ぶりだろう…。 

 

 

 

 
あああ、未だに戻って来れないだなんて。
そんな訳で、まる一週間悶々としておりました。
明日はいなずま放送日じゃないですか。前回の感想上げてないって言うのに…。
頭の中でナツサトナツのきゃつきゃうふふ妄想が止まりません。
むしろぐるぐるしてるといったほうが正しいのかも知れませんが。
夏←聡がマイブーム過ぎてどうしようかと。何気に当初のイメージから逆転している辺り、迷走ぶりがうかがえるというものです。
うっかり、聡幸せになれ!とかそんなことを呟いてしまいそうな日々です。 

 

 

 

 
そんなわけで自重してない某熱い漫画カプ語り。
自分一人だけで盛り上がっています。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
いなずま感想を書こうと思ったら聡夏落書きをしていた件。しかも深夜の2時半まで。
絵描いたの何ヶ月ぶりだったか、というくらいご無沙汰だったのですが、なんか異様に楽しかったです。
放っておくとネコミミ付けたくなるのは自分でもいかがなものだろうかと思いつつ…でも公式でも付いていたから大丈夫、なはず。
そういえば、はっぴゃくいちの板に、にーと社のwebマンガスレッドがあってびっくりです。
ほぼ、宣伝だったけど中に同士がいてうあああ!ってなりました。
サトナツではなく、大塚と三井の方ですが。この同期コンビも良いですよね。
沖くんには聡じゃなく、新田くんのようで…。うん、こっちのほうが脈ありそうですよね。
でも私はライバルよりも仲間萌えなんだから仕方がない。聡のスルーされっぷりにはちょっと泣きそうになりましたよ…。どんだけ不遇なのかと。
最新作を読み返して柴崎さんにもときめいた。でも、やはり大塚&三井の同期コンビが半端なく良い。仲良し過ぎるだろう、このふたり。
関西組はエビちゃんと仲良くなったら可愛いなぁと思います。 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。