管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
昨日攻略してなかったので今日は半日ぐらいかかずらかってみました。
で、現在4章です。
3章はお使いたらい回しがなかったので結構早く終わった気分。
そして、清氏はやっぱりアイドルでした。
あの従業員に囲まれるシーン、お約束なんだけどなんか感動しました。
で、幼い頃(…だよね、多分)兄に欲しいとせがんだボタンを託されて、それで生きる気力を取り戻す。
いや、想われてるんだね清さん。
外見あぶらギッシュだけど、内面は乙女。
最近そんなんがブームなんですか、私!
と、それはさておき。
プーチンがようやく姿を現しましたね。
しゃべりが雑魚くさいのですが、ヤタのおねえちゃんが探偵社に駆けつけるぐらいの実力者なんですか。
…正直全然見えない。
今度はそんなプーチンさんを追うことになりそうですが、その前に金王屋の爺さんが新たな依頼もって来ました。
その直後、金王屋へ行くと店主が息乱して戻ってきてて可愛いの。
この人ツンデレだよね。
買い物ランク上げてじいさんのいろんな話聞きたいのですが、いかんせんうちのライドウ守銭奴なもので、アイテムは拾うものだと思っています。
ごめん、じいさん。でも好きだ。
その証拠に、新世界にはソーダ一滴マグ1マッカすら譲り受けてません。
何の自慢にもなりませんが。
そんなこんなで現在、大タラスクに乗るところまで来ました。
なんかあのアイコンに納得行かない気持ち満載ですが良しとします。
あちこちにある封鎖用の軍船があからさまでむかつきます。
今教会にどうやって行けばいいのか皆目見当が付かないので、先に修験堂の分社巡りしようと思います。
今回仲魔作りまくってホウオウ、モコイ(2回目)、オシチ(2回目)、アンズー。
新規封魔組は、グール、サティ、ラミア、オボログルマです。
レベルは38。ランクは人中の獅子王…ですが実は次ランクの忠誠度もたまってたり。
そんな感じでプレイ時間24時間越えてた…!
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
以前からやろうと思ってて放っていたしばたじゅんさんの曲集めてCD編集していました。
ライゴウイメージアルバムです。
本気で自分馬鹿だと思いますけどね…うん、いいんだ私が幸せだから。
というか、もう浴びるほど曲聴いててどっぷり柴田ワールドにつかっていました。
やっぱいいなぁ。
デビューしてもうずいぶん経つのに全然しらなかったって、どんだけミュージックシーンに疎いんだ、私。
あとは5月に鬼束さんのシングルが2年半ぶりに発売されるのが楽しみだ。
基本音楽は女性ボーカルのが好きです。
そんでほとんど音楽聴きません(ダメじゃん)。

久しぶりに雑記カテゴリなんで語っておこう。
闇に舞い降りた天才さんの麻雀漫画のね、雀荘みどりの893とその代打ちに萌えた。
竜崎さんと矢木さんだ、って名前出しても大半の人が首かしげそうですが。
斯くいう私も全然眼中になかったんですが、ちょっと足延ばした先でこの二人について触れられていて、それ読んでぐわっときました、萌が。
竜崎さんが乙女で矢木さん大好きで、矢木さんがニヒルで格好良いんだよ。
一見、竜→矢なんですけど、矢木さんもなんだかんだで竜崎さんのこと想ってるのでちゃんと矢竜でらぶらぶなんです。
13歳のアカギ少年に組のカネ巻き上げられて、その後この二人がどうなったのか物凄く気になる。
か、駆け落ちとかしないかなぁ。
組を追われた矢木さんに、「お前だけのせいじゃない」とかって、竜崎さんもついて行っちゃうの。
なんか矢木さんってしたたかなイメージあるんで、代打ちの職失っても竜崎さん一人養って上手いこと世の中渡ってゆけそうだ。
竜崎さんは付いて行ったはいいけど、結局矢木さんにおんぶに抱っこになっちゃって
負い目感じて慣れない家事とか頑張っちゃうといい。
勿論最初上手く行かないんだけど、矢木さんはちょっと笑ってそんで残さず食べてくれるんだよ。
竜崎さんは乙女なんでその間ずっときゅんきゅん惚れ直してるといい。
あー、なんだかんだで砂吐くほど幸せらぶな二人が見たいなぁ…。
ありえない?そんなの知ったことか!(笑) 

 

 

 

 
…っはぁ。
まだまだ宵のくちだというのになんだかとても疲れてきました。
一旦解散!

ダンジョン攻略もストーリー進めるのも全然問題ないんですが、ネックなのは合体ですよ。
もうスキル継承考えると知恵熱が出る。
んで、そのまま捕獲した仲魔つれてると弱点連発で敵にごり押しされて、一人で闘わなくちゃならないし。
何のための仲魔なのかと。
えっと、回復役?(笑)

レベルがゴリゴリ上がっているのに、今ここで封魔できる悪魔では上位悪魔作れないんです。
作れたとしてもスキル継承が美味しくなかったりとか。
オオクニヌシとサティが作りたいです。
このあたりのレベルの仲魔って結構終盤まで使えたりするのかな?
そんな感じで疑問ばっかりが積み上げられてゆきます。
合体指南サイトとかないのかなぁ。
うん、自分で考えるのがいいんだろうけどね、おばちゃん疲れるんやわぁ。
思えばペルソナ1・2の合体は楽だった。
カード放り込めば魔法覚えるんだから。
楽しくないわけじゃないのでまた魔斗量子界駆け抜けてきます。
現在レベル33.サマナーランクは1ランクアップの稀なる降魔器量です。
やっぱり大正妖都の純情が一番好きだ(笑)。 

 

 

 

 
さて、体が睡眠を訴えて仕方なかったのでライドウ攻略はお休みです。
そんなわけで今まで集めたfes情報とつっこみをば。

fes発売から一週間以上経過しましたね。
そろそろ皆さん後日談をクリアーしてる頃でしょうか?
取りあえず私は某サイトのプレイメモで食いつないでいる状態です。
というか、順平の過去イベント以外特に気になるものもないくらいには打ちひしがれたらしいですよ。
まぁ、そのイベントも最近っぽい雰囲気だったしね。
中学生ずんぺが見たかった身としましては、一体何を期待しろというのか。
あぁ、でもじゅんぺの回想のあるフロアが夜の路というのがいいなぁ…。
ちなみに真田は力でした。力の路カイーナ。
ほら、いいでしょう夜。

真田といえば、ガキさんのSEES加入エピソードがもう物凄いことになっていたんですが。
自分の方が召喚技術不安定なくせに、それでもアキを守るために無理やり押しかけたそうです。
…さぁ、どっから料理してやろうかというか、もうまな板の上の鯉じゃないですか、ガキさん!
一部の層にえさ与えすぎです!!
この人は漢気というより単純に過保護な気がしてきました。
そしてホントに微量に、というか対アキに関してのみ天然が入っていたりするような気が。
そこはあんた足手まといになるとか考えなかったんでしょうか…可愛いヤツだなぁ。(え!?)

それはさておき、順平の回想ですよ。
実はSEES加入直前というのが一番彼の中で父との軋轢が苦しい時期だったんだなぁと。
ホントに親父さんの暴力から逃れるために夜の街にひとり出てきていたんだ…。
仲間たちと楽しげに笑う同級生や流れ行く人並みを眺めながら一人何を思ったんだろう。
不幸なんかじゃ決してない。自分より苦しんでる人はたくさんいるしそれもちゃんと判っている。でも、そしたら自分ははたして幸せなんだろうか…って。
不幸に浸るのではなく、どこか釈然としない自分がいる。
未来を悲観してるんじゃない、でも希望を持つこともできない、そんな真綿で首を絞められるような息苦しさを感じる日々。
そして4月8日。
小さな出会いはやがて大きな変化となって彼に訪れる。

繁華街のベンチにたたずむ彼の姿はその波に飲み込まれるほんの一瞬前の姿だった。

…やってくれたなぁ、スタッフ。
何故彼がこの場面を思いそしてその後の運命を駆け抜けたのか。
まだ見ぬその出会いがどれほどの意味を持っていたのか。
とても、ジンときました。 

 

 

 

 
ゲームやってる日はメモ書いておこうかなという話。
しかし、とっかかかりが遅すぎて23時とかになっててどうすんのよ状態。
いや、やりましたよ。寝たの2時ですけど。
今週は本当に来る日も来る日も2時睡眠で、朝5時半起きでこの人そのうち倒れるんじゃね?とかも凄い他人事ですけど。
やっと明日金曜日なので今日限りの辛抱よ!とか言い聞かせてみる。
その前に早めに切り上げるとかしたらいいんですがNE!

閑話休題。
3章に突入です、というか実は前日の時点でフライング修験場とか入ってたんですが。
此処でしばらくレベル上げ&仲魔探ししようと思って息巻いていたのに、わずか3階層目で入室拒否されてしまいました。
レベルが足りないんだってさ。余計なお世話。
仕方が無いから探偵社に戻り、さらに久々の大道寺家へ。
執事からカフスボタンを受け取る。
…よかった、まだ間に合ったんだ。
それにしても…此処の当主と弟は仲が悪いって話だったけれども、清氏を見た感じいがみ合ってる風には見えないんですが。
実は兄貴が黒幕側についてるとかなのかな?
そんなこと考えながら、ようやく紡績工場に行って、ますます清氏のアイドル振りが判明してゆきます。
そんな感じでマトリョーシ界へ。
オキクムシ…仲魔だとあんなに微妙だったのに、敵になると強いよ。
ボス戦で死に掛けました。
ほうほうの体で脱出してきました。
そこでタイムアップ。
レベル30、サマナーランク変更なし。
以上です。 

 

 

 

 
テンプレの変更に時間がかかってしまいました。
太極図とかって何となく陰陽道っぽい?陰陽師≒召喚師?とかそういうあやふやな理由からの乗り換えです。
でもなんか可愛いですよね。
にゃんこも考えたのですが、オンマウスで回るマスコットに惚れ込んでこれにしました。

それはさておき恒例のプレイメモ。
2章が終わりました。
新たにリャナンシーとオキクムシを作成したのですが、これが意外に使えない。
火炎弱点なものだから、ジャックランタンとオルトロスが跋扈する異界銀座はさながら地獄でした。
なら、召喚しなかったらいいんですが、この人忠誠とか滞りなく上げていかないと気が済まないらしいですよ。
そんなしみったれ根性で辛くも乗り切る。
赤マント追っているとき、うっかり単独行動中の仲魔が奴とエンカウントしてしまい、逃げるに逃げられず瞬殺という哀しい目にも遭いました。
ちなみにその仲魔はオバリヨン。どう逆立ちしても勝ち目ありません。

で、当の赤マント戦はディアラマ+回復高揚持ちリャナンシーで対抗して辛勝。
あの雄たけびがガード不可なもので、タコ殴りにされました。
でもこっちも死なないし向こうも死なないしで泥仕合の雰囲気がぷんぷん漂ってるし。
勝負がついたところで、ニート鳴海登場。
美味しいとこもっていく人ですね。
ここでは真面目な飯田が怪人にされてしまったことに憤懣やるかたないゴウトさんにびびっと来ました。
「済まない取り乱した」ってすぐ言うんだけど、この人何年生きても熱いお人なんだなぁって感動した。
そんな余韻に浸りながら、大道寺邸とか一切行かずに2章を終える。
…なんかやり残した感満載です。

さて、そんな訳で。
現在レベル28、サマナーランクは1upの新十八番今弁天(意味不明)です。 

 

 

 

 
今日も今日とて…以下略。
業魔殿でひとしきりうなっていました。
イカした仲魔が作れない。
とりあえずレベル上げしてスキルを身につけさせないといけないのですが、忠誠度MAXで連れまわすのがなんか効率悪く感じてしまう、どうしようもないプレイヤーです。
とにかく合体優先で考えてたのでストーリーほとんど進みませんでした。
佐竹の口利きで遊郭行って、さらに依頼を受けてオボログルマ倒して探偵事務所に戻ったところです。
そういえば引きずられるようにプレイしていたので、一連の事件の繋がりとか考えてなかったなぁ。
飯田のおっちゃんが赤マントってこともありえるの?
というかなんであの人、憲兵に捕まっていたんだろう?
妹さんの旦那の事件はこの人が黒幕っぽい流れなんですけど。

それはさておき、遊郭に行ったときお姉さんがこの仕事は体力勝負、1日に何回も客取らなきゃ云々とか、風呂ではチンピラが布団ではマグロ、玄人相手のほうが…とか言う発言を普通にしていたりするんですが、小さいお子ちゃまがパパママに何でーとか聞いたらどうするんでしょうかねぇ。
そのあたりは15歳以上しかプレイしないという強みを生かしたということなのかな。
なんにせよ少し面食らった一幕でした。
あと、わんこに将来の夢を聞かれるシーンがあって、うれし恥ずかし「猫と穏やかな老後」とかって答えちゃったりしたんですが、よくみると「隠やか」になってるー!!!
どっかで隠れて生活するのかよ、おい。
ああぁ全く、夢の内容よりもそっちの方が恥だよ。
今度入力するとき間違いの元だね。ホント馬鹿だ…orz

そんな感じで現在レベル26。サマナーランクは変更無しです。 

 

 

 

 
昨日結局2時までやってた。
そして総プレイ時間は12時間を越えました。
まだまだ2章です。
異界深川でことの外手間取りました。
仲魔を単独行動にして牢への扉を開けてくるというのですが、どこにあるのかわからない。
本当は単純に近くの塀の鍵外すだけだったんですけどね。
うっかりモーショボーで異界1周してるし。
ここでようやく逃走の仕方を知りました。
でなきゃ死活問題だったし。
それまでついLRボタン同時押しとかで逃げられると思ってたし、実際そうしてたし。
それなんてFF7?

大國湯のイベントではついてが勝手に録画ボタン押してました(笑)。
やはり日本男児、堂々としてらっさる、というかぶっちゃけ隠さないのが漢!みたいな。
やくざも怯むほどのご立派さまって、若干17歳でそれってどうなんだろう。
天は時として二物も三物も与えるものなんでしょうか?ブツだけに…。
もう突っ込みどころが多すぎて、帽子を取らないとかその辺なんてどうでもよくなってました。
しかしあそこでチンピラに負けたらどうなるのか激しく気になります。
負けようがない気もしますが。
(だって奴ら完全に負け犬だったし/笑)

念願の火炎半減つきフロストを作り、赤マントに快勝し、車夫の人捜しを請け負ったところで終了。
現在レベル24、モダンなんちゃらとか言う称号(大正妖都から2ランクアップ)。 

 

 

 

 
やっと一章完遂しました。
プレイ時間7時間越えてる…!
ライドウはP3より早くクリアできると思っていたんですが、単純計算しても90時間はかかりますね。
うわー…。当初の予想では50時間ぐらいでクリアできると思ってたんだけど、甘かった。

さて、未だに「大正妖都の純情」です。この呼び名好きだ。
あとレベルは18。
フロスト作ろうと思ってるんですが、どうせなら弱点強化しようと思って今、ランタンから作り直しです。
いや、最初のランタン、雷属性にしちゃったから(苦笑)。
アギ使わんとジオでしかも電撃高揚ついてました。
手持ちの仲間が雷属性ばっかで正直使いづらかったです。
そういうのも考慮しなきゃダメなんですね。
結構奥が深いなぁと。
あと、2章に入ってタヱちゃん出てきたんですが、私、鳴タヱにすごい萌えるんですが。
いいコンビですよねー。
鳴海さんは結構タヱちゃんを可愛いと思ってて、わざと葵鳥さんて呼ばないで名前呼んでるんじゃないかな。
で、突っかかるタヱちゃん見てまたほわーっとしてるの。
彼女からの名刺は鳴海のコレクション。
そんな感じでこれから銀座調査に行ってきます。 

 

 

 

 
久しぶりに肉体労働したらとてつもなく疲れました。
疲労にアルコールは効きますね。
今かなり眠いです。
昨日も睡魔に負けてほとんど進まなかった探偵稼業。
コントローラー握ったまま意識を失っていました。
…変な合体してセーブしてたらやだな。
今日も今日とて寝そうですけど、お風呂入ったら始めます。

ところで、いまだ序盤のせいかCP萌の波が来ないのですが。
いや、始まる前から召喚師と目付け役で刷り込みされてたんですけど、いざゲームやってみるとそれはそれ、これはこれと思ってしまう。
うちの14代目は猫よりも悪魔合体に命を賭けた守銭奴です。
だから猫まっしぐらな14代目はよそ様の子ということで割り切ってしまいました。
これからどうなるかは判らないですけどね。
それにしても大正20年、現在よりもずっと薄暗いイメージがあったのですが、ゲーム画面眺めていると存外に明るいですね。
あと鳴海さんが全く持って動かないことに愕然としています。
…だからニートなのか?
所長、捜査しろよ!!(笑) 

 

 

 

 
今日も今日とて元気に探偵修行中。
戦闘にも少し慣れてきまして、銃の乱射は大分少なくなりました。
でも相変わらず防御のできないサマナーです。
ゲームね、楽しくて仕方ないんですけど、意外なほど萌えていない。
普通にゲームを楽しんでいます。
やや心が動いたといえば金王屋の主人とヴィクトル。
なんだかんだと世話焼く爺さんの姿が目に浮かんできて微笑ましい気分になった。
爺さんは業魔殿の前におむすびの差し入れなど置いておくといい。
ヴィクトルは食べなくても平気なんだけど律儀に全部食べて「ごちそうさま」とか置手紙しておくといい。
それ見てきゅんとなるじじい。
…とか、書いてたら萌えてきた(笑)。

ストーリーはまだ全然進んでなくて、1章まだ終わってません。
これから初めての合体に挑むところですが、いろいろ法則ありそうなんでまず勉強。
転倒合体の便利さにくらくら来てしまいました。
でもレベル低いから3種類ぐらいしか新しいの作れないよ。
あと1レベル上げてリャナンシーでも作るべきなんでしょうかねぇ。 

 

 

 

 
そんな感じでfes発売日までの90日間のつれづれをブログに書き留めてみたわけですが。
2月19日がずっと空いていたのはそういう訳だったのよ、ということで。
最後なんだからと、空いていた2日間を埋めてきました。
ついでに上記の日は2ヶ月のブランクを置いてひとまず完結させてきました。
ところどころおかしいところあるけど今は置いとく。

さて、これからどうしましょうという感じですが、ぼちぼち書いていきます。
誰もこないけどもういいや。
自分の備忘録的なカンジで今一番萌えたり燃えているものを語ってゆこうと思います。
そんな感じでのっそりと、これからもよろしくです。 

 

 

 

 
そんなわけで今日から始動です。
電源入れて流れたオープニングムービーにわくわくする。
あああ、やはり14代目は格好いい!
にゃんこは可愛いし、一頻りうっとりしていました。
そしていざプレイ。
葛葉の里の雰囲気がとても好きです。それ以上に平伏してるライドウ萌え!
と、思ったてたら名前聞かれて愕然とする。…決めてない!
いったんリセット(バカ)。
何とかひねり出して漸く再開、修験場へ。
敵怖っ!ゾンビ怖っ!!
へっぴり腰で堂内を進む14代目候補。
全然格好良くありません。
にもかかわらず何故か襲名試験に合格したようです。
長老方の賛美の声が生暖かく聞こえて仕方がありませんでした。
そんな恐縮した空気の中登場したのが我等がアイドルにゃんこ略して「にゃんドル」業斗童子!
上目遣いが大層キューツなお目付け役です。
舞い上がりながらいざ帝都に。駄菓子菓子。
帝都は怖いところでしたよおっかさん。(誰!?)
道具は高いわ、回復にも金掛かるわ、世の中カネですか!…そうですか。
いや、攻撃をガードできなかったり、銃乱射しまくる自分が悪いんですけどね。
まさかこんなに貧困にあえぐ生活を強いられることになるとは思いもしませんでした。
悪魔退治で得られる円の少なさと、1発30円からする弾丸に、150円の傷薬。
回復施設は1ポイント一円のふっかけぶり。
トリッシュが可愛く見えてきました。
そして、面白いほどに封魔できない駄目サマナー。
開始1時間半で修験場のウゴパク一体ってどういうことですか!
そんな感じでかなりボロボロのライドウさん。
オープニングムービーの格好良さはどこにもありませんでした。
ちなみに
3回説教部屋送りにされてます。
計算すると30分に1回の割合。死にすぎだよ…orz
そんな感じで異界開きまで進みました。
で、弾丸使い果たし、MP切れ起こしてちょっとつんだ予感。

はじめからやり直そうかな…。 

 

 

 

 
密林からPS2が届きました。
昨日注文したところなのに、早すぎるよ…!
そんなわけなので、fesより一足早くライドウ祭り始まっちゃいそうです。

ところで、初めて新型バージョンみたんですけど、ちっちゃいですね。
吃驚しました。
実は買うならシルバーだとずっと前から思っていたのですが、成り行きで白になったんですね。
でもいざ届いてみると殊の外可愛くて、一気にお気に入りになりました。
ただ本体小さいのにコードがごてごてしててちっともコンパクトじゃないのが惜しいかなぁ。
今はまだうれしくて本体眺めてほくほくしていますよ。(ゲームしろ!) 

 

 

 

 
とうとうPS2買ってしまいました。
しかも買ったソフトがライドウってどういうことですか!
なんかホント逆転満塁ホームランって感じです。
アクション苦手だけど頑張ります。
ゴールデンウィークはライドウ週間にします!(不毛な…)

プレステ買おうと思ったのはこれで3度目なんですが、まさに3度目の正直というか、タイミングが合ったんだなぁというか、ちょっと感慨ひとしおです。
そんな大げさなものじゃないですけども。
今はしまう場所が無いってんで途方にくれていますよ。
でもちょっとしやわせ。
早く書生とにゃんこに会いたいなぁ。 

 

 

 

 
今度は大正20年にさまよい始めていますよ…。
半日しばたじゅんさんの曲流しながらライゴウ小説を読むふける。
人として如何なものかと思いますが、これがまたぐっと来てしまって。
ぼろぼろぐすぐすしながら読んでました。
殊に離れてからのライドウさんのモノローグが切なくて哀しくて、うう…。
基本はライ→ゴウテーマなんですけど、『君が思えば…』が思いっきりゴウトさんソングなんです。
君はライドウで。
離れ離れな二人なんですけれど、ちょっと救いというか優しくて胸がきゅんとなりますよ。

ところで、業斗童子の性別ですが、中の人は男性ですけど依り代の猫ってどっちだったのでしょうか?
私オスだと信じて疑わなかったのですが、実は雌猫だったりしたら一寸、否かなりイイですよね。
発情期にオス猫に追い回されるゴウトさん、貞操の危機!とか。
というかゲーム的にもフォルムは雌猫のそれであってほしいと思うのですよね。
で、ふぁんぶっくとやらにその辺りが書かれているというのを小耳に挟んでどうにもほしくなった訳ですが。
ゲームやってないのにまたかよ私、と今は思い止まっています。
いや、ゲームもやりたいよ…。
でもアクションっぽいので無理くさい。
続編がでるという噂も聞いたんですが、またライドウとゴウトのコンビで帝都を駆け回ってくれるのかなぁとドキがムネムネしてきましたよ。
とりあえずそんな変なテンションです。

猫つながりということで、今日血眼になってひこにゃんグッズ探しちゃいましたよ。
花見しろ!と。
ピンバッジとぬいぐるみと占いつき昆布茶を買ってしまいました。 

 

 

 

 
髪切りに行って、美容室で聞いて気になったのでちょっと探してみました。
しばたじゅんさん。
独特のボーカルですね。
聴きながら思ったのは、年中帽子の14代目書生みたいということでした。
貴方っつうのはいわずと知れたお目付け役の黒猫で。
柔らかな声はどこか少年くさくもあり。
ライドウの歌声ってこんなけだるげなカンジな気がする。
同年代の子達に比べるとどこか澄んだような。
変声期?スルーの方向で。
でも、残された彼が愛する人を思って口ずさむのはきっとこんなうたなんだろうなと。
なんだか胸がいたくなりました。
にゃんこと書生は絶対運命黙示録で。 

 

 

 

 
セリム(笑)。

のっけからスミマセン。
正体バレてない頃のほうが大物感漂っているのは何故なんでしょうね。
いまや、名前のあとにカッコ笑ってつけずには居られなくなってしまいました。
今までのが全部演技だとしたら、とんだ醜態ですよプライドさん。

ところで今回はそんなはっちゃけた事実とか二の次で、ひたすら熊大尉への萌を叫んでみたいのですが!
ネタくさいですが私は本気です。
本気なんで、追記に。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
帰りに水路のところで、2羽の鴨が泳いでるのを見ました。
そういえば昨日もいたっけ。
車が通り過ぎたのに驚いたらしく飛び去っていったんですが、飛びたつのも一緒。
仲良しでいいなぁ…とほのぼのしていたら、「なんだかコビメッポみたい(はぁと)」とか思ってしまいました。
何故!?
というか、そこまでいろいろ侵食されているのか、私。

実はコビメポ奮戦記で窓作りたくて、昨晩あたりからちまちま動きだしました。
で、改めてアニメ68・69話を見るわけですが、もうリビドー!
コビーがかっこいい!何回観てもときめきます。
なんでこんなに同じ映像見続けているのにいちいちドキドキするんでしょうね。
でもホントにかっこいいんですもの。
だめだ、なんだか知らないけれどものすごくどストライクだと思いました。
もう王子さまでいいです。
いや、私のじゃなくて、メポのということでひとつ(笑)。 

 

 

 

 
先日の映像編集ソフト探しでウィンドウズのアップデートとかやってたんですが、
それから微妙にパソコンの調子が悪い気がする…。
おまけにホットメールがタスクバーから開けない。
正直、不便極まりないです。
何がどうなってそんなことになったんだか皆目見当がつきません、
というかなんでOutlookが起動しているんだろう。
いらない…激しくいらないよ。
元に戻るまですっきりしない日々が続きそうです…。 

 

 

 

 
もうあれかなぁ…、ここ、今日の萌えとかそんなん報告する場でいいのかな。
当初の目的からは外れているけども、発売10日切ってまだ戻れていないんだから仕方が無い…よね?
そんな感じで、つらつらと今日も垂れ流します。

恒例の追記です、どうぞ。 
【続きを読む】

 

 

 

 
451話の感想を眺めつつ、ちらほらアブロラへの暖かいコメントを見つけては嬉しく思う今日この頃。
良かった、一人じゃなかったよ、私。
先日の感想で、名前を間違えていたのでこっそり直しておきました。
昨日からフリーの映像編集ソフトを探していたのですが、深夜3時とかまでかかって探したのに、改めて今日みてみたらば、インストールされていたという…。
なんだったんでしょうね、あの苦労は…。 

 

 

 

 
雑記にしようかとも思ったのですが、最近使ってないカテゴリがあったので思い切って統合してみました。
そんなわけで、外伝的なものしか取り扱わないかとは思いますがとりあえず、この名前で。

さて、このたびは葛葉の14代目にごっそり色々持って行かれたのでその報告をば。
正確にはお目付け猫に、なんですが。
例によってゲームとか一切していないんですが、P3目当てで訪問したサイト様で猫大好きライドウを見てしまってから妙に気になりだしまして、探しまくったらこれだ!というサイト様に出会ってしまって。
そこからはもうずるずるずると。

と、普通に語りに入ろうとしたのですが、ちょっとやばそうなので追記にしときます。
ネコでもいいという剛毅な方は続きどうぞ… 
【続きを読む】

 

 

 

 
最新号のoOPなんですが!
エロ…じゃないアブ様!!というか、ローラ!!!
やられた、すっかりこの二人のラブコメ想像するくらいには、やられました。
イノシシだけに猪突猛進なローラが男前可愛い。
え、可愛く無いですか?
ひそかにベール身に着けてたり、衣装とかファンシーじゃないですか!
あれだけ一生懸命なんだからアブ様振り向いてやればいいのに(笑)。
多分、ほかに格好いい男見つけて追っかけ対象代わるとか言うオチなんだろうと予測しつつも、この二人が最後はくっついてくれることを夢見てしまいますよ。
アブ様のピンチに駆けつけて身を挺してかばうローラと、そんな彼女の姿に心打たれるアブ様とか!
ただ、ワンピに限って恋愛フラグが立つことはありえないんで、やっぱりギャグオチですかねぇ。
とにかく、力関係とかすごい対等な二人に萌が。
アブ様のほうが強いのにローラに手を上げないとかだったらさらに萌えますけど。
あと、クマシーの健気さにもぐっと来ましたよ。
主人にしゃべるなと怒られても、言わずにはいられないクマシー。
そして、それを耳ざとく聞きつけてしまうペローナ。
愛じゃないですか、それは。
むしろ愛であればいいと思いました。

それにしても、訪問者の目的に一切かすらない感想ですね。
他にあるだろう、私!!(笑) 

 

 

 

 
何それ、って自分でもわかんないですけどそんな気分です。
ぐたぐたというか、ずぶずぶと思考の淵に沈んでいく感じ。
うっかり送ったメールが後から考えるとものっそいヲタ的内容で、あぁ自分オワタ!みたいな。
もういい、忘れよう、それが一番いいんだ。
…とりあえずOPBESTかけて少し浮上しました。
うん、なんかホント冒険っぽくていいなぁ。
かねてからコビメポ奮戦記のMAD作りたいと思ってるのですが、音はBeleaveがいいなぁとか。
ただ映像編集ソフトが無いのとやり方すら判らないのと。
誰か作ってくれないかな。 

 

 

 

 
そんな日もありますよね。
ちょっと今日は人に酔った気分。
二次会誘われてたけど帰ってきちゃった、だってふつかめ。
当然いえるわけが無いからここで報告。
ブッチしたわけじゃないんですよ、と。

それにしてもおじさんたちが頑張っているのに、小娘(※:精神年齢)が何もしていないってなんだかすごく肩身がせまいというか針のむしろというか。
そろそろ本気でやばいというよりほぼ手遅れの状態なので、例年よりは早いんですけれども警報発令しとくべきだと思いました。
問題はどうやるかなんですがね…。
失敗もこれだけかさむと、対策の立てようもなくなります。
とりあえず去年買った服が夏に着れるようにならなくっちゃ!
そんなつぶやきでございました。 

 

 

 

 
とうとう発売15日前。
早いですねぇ。
予約云々に関しては目をそらしつつ。
様子見でもいいかなぁとぼんやり思っています。

ところで、またなんだかジンチドの波がざぱーんと来ているんですが。
ジンチドツーショットのイラスト見てるだけでどきどき。
もっとくっつけ!とかオッサンばりに冷やかしたくなります。
でも、ダメージ受けるのジンだけかと思うとそこがまたイイ。
チドリは一緒になって茶化してくれそうだね。
限られた時間しか生きることを許されない子供たちが身を寄せ合うようにして生きているのがストレガなんだと思うと切ない。
敵として対峙する彼らですが、その心の内には抱えきれないほどの悲哀と生への渇望が隠されているんじゃないかなぁ。
自分たちが真っ先に切り捨てたと思っていた感情に実は一番振り回されているのではないかと。
いつもストレガを考える時に思うのは、死を恐れないタカヤやチドリに対して人一倍生への執着が強いのがジンなんじゃないかと。
それは生活面の面倒を一手に引き受けていたというのもあるだろうけれども、
ジンはいざとなったらタカヤの意思に背いてでも、彼とチドリの命を救おうと思ってたんじゃないかなぁとか。
勿論そのときは自分も一緒に生きる。
それぐらいの気概のある子だったらいいのになぁ…。
あれ、私またキャラ読み間違えていますか?
確かラスト近くで、ジンはタカヤのために自分の命を投げ出したような気がする。
するけども…本当は死を選ぶより、どんなに無様でも、這い蹲ってでも生にしがみ付いて欲しかったし、それが理想だったんだよという妄想でした。
 

 

 

 

 
たまたま電車まで時間があって、たまたま財布に使ってない図書カードがあったので、
これはもう神様が買えっていっているんだと勝手に解釈してみました。
でも書店に行ったはいいけれど黄色の表紙探してもぜんっぜんみつから無い。
そして、やっと見つけた本を手に一言、これなんてゴールド?(笑)
よそ様でなんで「金」だって言われているのかようやく判りました。
私、内容が金なのかと思ってた。
内容はまだざっとしか見ていませんが、ウソプの章読んでプレイバックW7編でまたじわーっと来るものがありました。
「能力者でも無く驚異的な力を持つわけでもない彼の戦いはまさに命がけ」というあたりでこう、ぐぐっと拳を握ってしまいましたよ。
それでも知恵と技術を駆使して戦うウソップ。
格好いいですよね。
晴れて三人目と相成った彼ですが、まだまだ迷いつまづきながら成長していってほしいと思います。
何者にも負けない強さなんて無くたって立派なヒーローになれるんだって、世のちびっ子たちに夢を与えてくれるといいな。
そんな感じでちゃんと読んだのウソプの章だけだということが判明したところでお開きといたしましょうか…。
最後に、こびめぽの急成長ぶりが、成長期のもほどがあると各所で突っ込まれまくっていますが、ルフィのじいちゃんの死ぬほど鍛えられたという一文で激しく納得してしまった私がおります。
あらゆる不可能を可能にする、それがモンキー・Dクオリティ。 

 

 

 

 
最近内容が完全に一般向けじゃないですね。
追記で隠しても、検索でしか入れないから意味ないんですよね。
うすうす気づいてたんですけど、、改めて考えると切ない。
反転文字使うとかすればまだましかも知れませんが、自分が読みにくいとか嘯いてしまうんですけど。
昨日は結局オンリー行きませんでした。
どう考えても交通費のほうが高くつくし、滞在時間よりも行き帰りの時間のほうが長い、しかもべらぼうに。
上京は夏あたりを目標にするつもりです。
それか冬。
そんなカンジで家にくすぶって、結構な量の文字打っていたら、今日肩が詰まって仕方ないです。
睡眠時間3時間だったし。
人としてどうかと思いました。
とりあえず、このブログをちょこちょこ弄ったので、気が向いたらそちらも更新してゆこうと思います
…というか気が向かんでもやれって感じですがね!
せっかくお題借りたんですしね(笑)。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
前々からやってみたかった質問に思い切って挑戦しようと思いました。
というか、これはまず押さえておかなきゃならないだろうと思うのですよ。
そんな訳で、レッツ質問!
その名も「コビメッポスキヤネン3世へ何個か質問」…ネーミング、素敵過ぎる。 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2007 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。