管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日は、もう二度と見られないと思っていたものが見られたり、絶対ないと思っていた物を見つけたりと何だかじんわりと幸せな日でした。
たまには立ち止まって探してみるのも良いものですね。
何をと書いた時点で、良い話っぽい空気がぶち壊しになるのであえて明記しません。
が、そこはそれ所詮腐の国の人だから。

ところで、某所での流れが素敵過ぎるのですが…。
各キャラの家のトイレ話から、吉川家のトイレは人が住めるくらいに広い→遊びに来たダイチが感動→何故か矢村兄妹がトイレに居候――って何事ですか!!!?
まぁ、カンジ程の度量と敷地面積の広さを誇っていれば訳ないですよね、2兄妹同居なんて。
それにしても、すれの飼う発言からナチュラルににゃんこ兄妹を想定している自分って一体…。
弟妹たちに毛繕いしてやってる猫ダイチ見てカンジが感心したように
「オスでもそういうことするんだな…。
ウシロがやってるの見たことないから、てっきりしないもんだと思ってた」
とかいってみたり。
で、猫にとって「毛繕い=信頼の証」と聞いて、さりげなくダイチの毛繕いしてやればいい。
「あ、悪ぃ。嫌だったか?」
「そうじゃない。両親を亡くしてからこんな機会無かったから、懐かしくなって…」
「だったら俺がいつでもやってやるよ。人の手だから、お前の親御さんみたいにゃいかないけど」
「…ありがとう」
――とか。
そして何となくいい雰囲気になったところで、文字通り背後からのうしろ猫パンチがカンジの頭に炸裂。
あ、そろそろ自重のお時間でしょうか…?
ちなみにカナちゃんは矢村兄妹とすぐに打ち解けて仲良くやってます。

以下、フォローになってるのかなってないんだか。
スポンサーサイト
 
【続きを読む】

 

 

 

 
コイル10話…うっかり夜中に見てたらちょっと怖い。
癒されに来たのになぜ…。
とりあえず前半で止めておきます。
ところでハラケンは天然黒なんですか!?
何気にデンパとのやり取りに萌える。
まだちょっとしか見てないのでキャラ掴めないんですけど、何気に期待株。
それより、またしても順を追って観ようとかそんな気はないんですかと自分に問いたいですが。
画面にデンパ居ないと見る気が大幅ダウンするのです。
元祖黒客とコイル探偵局が合併すればいいのになぁ。
10話の会話からして、ハラケンはデンパのこと誘ってたんじゃないかと妄想してしまうのですが。
あ、探偵局にですよ!
でも鎌かけたりするところが間男くさいなぁ…とか、思ったりなんかしないんだから!(笑) 

 

 

 

 
2525でサブタイトルにつられて思わず見てしまったコイル12話。
だって、「ダイチ、発毛す」だったんですもん。
それは気になりますって(笑)。
結局、なんだかんだでA・Bパートと続けてみてしまいました。
よい意味でぶっ飛んだアニメですね、これ。
最初は用語の意味とか世界観とか人物関係とかさっぱり判らず、敷居高いなと思ったんですが、予想斜め上の展開に引き付けられて、ついずるずると。
毛ネタはもういい!って思うくらい連発してくれましたし、狂戦士少女にMADばあさんにフリーダム親父と強烈なキャラクター目白押し。
なのに最後はなんだか考えさせられてしまうという。
とりあえず折角だからと、その前の回も観てみる。

――で、結果。…電波にもっていかれた。
なにこの子、よい子すぎるよ…!
あんないい子に噛み付こうとした魚が許せない。
友達のために即座に土下座して頼み込んだり、世間じゃ抹消対象になってる魚の心配までしてる。
突っ込みもアフターフォローも万全で、なおかつ言うべきときにはちゃんと主張できる(しかも他人のために)。
あと、仕草がいちいち可愛いところも、も…萌ゆる。
きっと私だけなんでしょうね。
いいじゃないですか、ぽっちゃりでも。
むしろ癒し系ぽちゃは正義! 

 

 

 

 
カウンタ殆ど回っていないので安心してたら、実はサーチから飛んでこられる方がちらほらいらしたんですね。
勘違いアニメ雑感はまだ耐えられるとしても、いきなり美少女戦士ネタを目にされたにはもう…。
なんというか、申し訳ない気持ちで一杯です。
自分が外しているのは自覚しているんで、こいつ馬鹿だと嘲笑われる分には甘んじて受け入れますが、不愉快な思いさせてしまったらと考えるといても立ってもいられません。

そんな訳で、美少女戦士ネタは追記部分から削除しました。
あの話はやたら名前連発なので、知らずに飛んできた人がいきなりあれを見る可能性もあるので―というか、「かんじ・うしろ」であの記事見ちゃった方、本当にごめんなさい。
なので一応の防御策です。猿知恵にも劣る浅はかさですが。
 

 

 

 

 
僕らの総集編の挿入歌「Lost Innocent」、やはり名曲過ぎる…。
今日ずっとBGMとして流していました。
総集編の台詞まで覚えてしまいそうです。
今日のタイトルも曲の一部分から。
最初がカコ編あたりまでの歌詞で、2コーラス目がダイチ・ナカマと続く。
映像がまた、その歌詞に合わせて流れるから感動もひとしおです。
そしてラストの答えは、残された子供たちに託される訳ですね。
逃れようのない運命の、その先にあるもの。
それが全てに於ける幸福ではないとしても、でも何かしらの救いを示唆して欲しいと思います。
そんな訳で総集編挿入歌「Lost Innocent」はこちらから。
ずっと見てたらマキちゃんが好きになってきた。 

 

 

 

 
同じ作者ということでなるたるアニメも見てきました。
ネタバレっぽいものもあるので追記に。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
2525にぼくらの総集編フルver上がっていたので観ました。
(よく考えたら、7・8話観てなかったんですけど)
まぁ、普通に総集編でした。
ただ、前半の各話の切り方が微妙で、おや?と思ったんですね。
そうしたらば、後半で来た…!
挿入歌にあわせて流れる戦闘シーン、子供たちの最期の瞬間。
ダメだ、曲との相乗効果で何度も観たはずなのに泣ける…。
切なくて悲しくてやるせなくてどうしようもないけれど、それでもやはりこの物語好きだなぁと思った。
なにやらこの先の展開には不穏な噂が流れてたりしてますが、アニメがどういった結末を用意するのか、見届ける勇気をもらった気がします。

あと、とりあえずコエムシはそこに正座。
いいっていうまで立ったら駄目の刑。 
【続きを読む】

 

 

 

 
一部地域ではアニメ総集編ですね。
放送地域じゃないので、配給頼みです。
アニメといえば、ダイチ編が恋愛物になる可能性もあったとか。
良かった、そうならなくて本当に良かった。
しかしあの話をどう恋愛ものに持って行けるのか気にならなくもないですが。
それでストーリー成立させたら、ある意味神かもしれない。
まぁ、そんなことになったらナカマとウシロ扮するジアース仮面(@衣装製作ナカマ)が、「ダイチに代わって鉄拳制裁!」とかスタッフを闇討ちすることでしょう。
ちなみに「このearthは地球じゃなくてダイチのアース」、とか「地球の平和はどうでもいいがダイチの平和は俺が守る!」とか台詞まで考えてる自分がとてつもなく可哀想です。
主に頭のほうが。
なんというか、ウシロとナカマ好きな方には平謝りするしかないですね、すいません。
でも正直そんなネタばっかり考えちゃうんですけども。

来週の16話は13話までの流れに戻ってくれるといいなぁ。
アイキャッチは既にキリエの椅子じゃないとか、ありえすぎて泣ける…。 

 

 

 

 
最近癒されにいってた所が無くなってる…!
うわぁ、ショックだ。
復活は見込めそうにないのかな、今メインのはずなんだけどなぁ…ってかメインでいいのかな?
なんか自信なくなってきた。
そんな感じでよろよろとしていたら、小説版2巻の件の回想シーンの抜粋を発見。
萌えた!というか普通に泣けた。
やさぐれる前のカコはすごく面倒見のいい子だったんですね!
カコとキリエの二人の会話のテンポがすごくいい感じです。
かみ合わないようでいてちゃんと成立しているというか、上手く言えないんですけど…。
そして、何気にキリエが突っ込みキャラだった。
キリエのやんわりとした切り返しに、カコがぶっきらぼうだけど暖かく返すところとか、いいコンビだなぁと思いました。
ほんの数行のやり取りでこんなに幸せになれるだなんて思わなかったです。

さて、某所で見つけたもの。
ダイチ一位おめでとう!!…ってこれ喜んでいいのかな?(笑)
かなりアレなタイトルなのでリンク先反転で。(あと、ラストは背後要注意です)
【ガチホモ検定】ガチホモの俺が選ぶ男キャラベスト30【アッー!】
なんか色々すみません。
ベスト4からのシンクロ率の高さにびっくりです。 

 

 

 

 
そんな訳で(笑)今更ながら5・6話を見てきました。
関さんの義手が実はこんな理由だったなんて…!なんという小物演出。
なんだかとっても、もののあわれを感じてしまいました。
それにしても、こんな序盤から軍の介入があったんですね。
とばしてたから14話から突然降って涌いたような気がしていました。
あと、軍施設での席順がもの凄くツボにはまってしまいました。
ダイチの両隣をナカマとカンジがしっかりキープ、隣に座り損ねるウシロとか。
絶対カンジ邪魔とか思ってるよ!
カンジといえば契約の場面でもちゃっかりダイチの後に契約板に手をついたり、林間学校でも常に仲睦まじくしてたりと何かとおいしい気がします。
そのたびにウシロはやきもきしてるけど居候の身だから、カンジには頭上がらないとか妄想した。
以上、閑話休題。

ここに来て明らかになるカコの家庭の事情。
父親いないって、この子もか!
ずっとお調子者キャラだと思っていましたが、違うんですね。
友達もいなくて家族からも疎まれて、どこにも居場所がなかった。
でも、本当はちゃんと心配してくれる友達も、自分を愛してくれる家族もいたのに。
それに気付くことなく逝ってしまったのが切ないです。
ほんの少し落ち着いて回り見れば判ることだったのに。
水族館のイルカを観て自分と重ねるところはなんだか胸が一杯になりました。
あのイルカ、9話でちゃんと助かっていて良かった、本当に。
今回は、何もなさないまま終わるなんて嫌だという焦燥感が痛いほど伝わって今迄で一番リアリティがあった気がします。
あぁこの子、本当にもっと考える時間上げたかったよ。
そうすれば、たとえ運命が変わらなくてもこんなに辛い思いをすることはなかったのに。
願わくば他の世界で幸せを掴んでくれんことを。
 

 

 

 

 
やっとこ15話視聴完了。
いつも動画は2525経由で見てるのですが、アニメ本編は初見コメ消してるんですね。
でも今回、出所男が将棋盤取り出したところで、耐え切れなくなってコメント表示してしまった。
ダメだ、これ突っ込み無しでは観られない…。
何故か恐ろしくクローズアップされている務所帰りのタモツ氏。
とうとう軍人ですらないというか、893ですか。
一体どこに向かっているんでしょうね、このアニメ。
何故13話までの流れを引き継いでくれないんだろうか。
と言うか、キリエ編のネタ思いつかなかった末の暴挙でしょうか。
タモツ氏の位置づけはウシロ兄妹に父性を感じさせる役なのかどうなのか。
この人がウシロ守って、それでウシロ覚醒とかそんな展開は見たくないですが。
でもタモツ氏のキャラはいいんじゃないでしょうか、憎めなくて。
自重しては欲しいですけどね、いろいろ。
出会っていきなりぼっちゃん呼ばわりプラス抱擁とかありえないと思います、製作様。

ところで、タモツストライク!とかは置いといて、今回一番衝撃だったのは実はキリエなんですが。
(ウシロの突撃自宅訪問とかはもう突っ込みません…orz)
羊羹切らないで~のセリフは、母の弱さに対する諌言だと思ってた。
死ぬよりもっとやらなくちゃいけないことがあるでしょうって。
生きたいと切望しながらもそうすることが出来なかった人仲間たちをずっと間近で見てきたから。
そしていずれは自分も。
だから、彼が戦わない理由を母の生きられないような地球の存続に対する疑問からだと語ったときは、なんだか力が抜ける思いがした。
何でそんな理由を与えてしまうんだろう?
姉妹たちを守るために潔く死を選んだダイチを、生まれてくる弟の未来のためにあえて自らの手を汚したマキを。
彼らの愛する地球はそんなに簡単に滅ぶべきものなんでしょうか?
前回の助かりたいと願う子供たちもそうですが、なんだか自分たちの生命にしがみつくばかりで、散っていった仲間の想いを考える人がいないのが寂しい。
死んだ者より今生きている人のほうが大切というのは尤もな話なんだけど、なんだか違う。
何かこう釈然としないのは、救うことで命の尊さを語ろうとして、却って消えゆく命をぞんざいにしている様に見えてしまうからだと思う。
――あくまで私の主観ですが。
また以前のように子供たちに焦点を絞ったストーリーになることを祈りつつ…。
うん、ちょっとダメっぽい気がします(笑)。 

 

 

 

 
――なんだかキリエに色々持っていかれている気がする。
アニメの不遇ぶりから逆に加速してしまいました。
これは…ある意味感謝すべきなんでしょうか、新たな萌をありがとうって。
とても報われないものを背負った気がするんですけれども。
小説2巻の活躍ぶりを人様の感想越しに悟りつつ、どうしようもなくカコキリ妄想が駆け巡ってしまいます。
本当に仲良かったんだあの二人…。
キリエに優しいカコとか見たかったなぁ。
でも小説はかなり鬱展開ならしいので、遠巻きに眺めるというスタンスで行きます。
ダイチ出てなくて良かったかもしれない。

ふと思うのは、この子の順番がもっと後で、この地球の存続が他の世界の犠牲の上に成り立つことを知っていたら、どういう答えを出すのだろうということだったりします。
マキのように割り切るのかもしれないけれど、対戦相手の地球の子供に妹弟たちを重ねてしまったら動けなくなってしまうかもしれない。
ヒーローとしてのアイデンティティを失うことなく戦うことが出来たのは、過酷な運命の中のひとつの僥倖だったのかもしれない。
でもやっぱり早すぎるとは思います。それこそもう切実に心の底から!

そういえば、「生き残るために他の地球を犠牲にしても良いのか」という命題は原作のキリエ編に描かれているようですね。
アニメ……。 

 

 

 

 
もの凄く微妙にテンプレいじってみました。
微妙すぎてさっぱりわかりません!

そういえば明日からでしたっけ、夏休み。
夏休みといえば、ぼくらのでは林間学校。
結果的にはひどいことになってしまったけれども、行くまでは皆それなりに楽しみにしてたりしたのかな。
ダイチのところは多分、双葉ちゃんが申込書を見つけてきて、叔父さんに相談したんじゃないかと思う。
ダイチから参加の申込書受け取った先生は、最初吃驚してそれから「楽しんで来い」って満面の笑みで肩叩いたに違いない。
どこでも愛されるダイチであってほしいと思います。
あと、内申のために無理やり親に言われて参加することになったキリエと、それ見てなんか面白そうってついて来るチズと、だっせーとか笑っときながらチズが行くとなると目の色変えて名乗りを上げるカコなんかも容易に想像できたり。
この3人は同じ学校っていうのがなんかいいな。
実はカコとキリエも何だかんだで気が合ってたりすると萌ゆる。
表面上は冷たく接しているけれども、それは安心感の裏返しだったりとか。
後の面々ではコダマは帝王学の一環、モジは傷心旅行とかかな?

林間学校でのダイチは普通に年相応で、カニと戯れたりなんかしてるのが微笑ましかったです。
事件の後、叔父さんが迎えに来るとこで、ポンってダイチの頭に手を置くシーンが一瞬だけどすごく好きです。
普段は兄として父の代わりとして気を張り詰めてるダイチの、少年らしい部分が見えた気がしました。
それがまた叔父さんの前というのも、頼りにしてるのが判って感慨深いです。
…ちゃんとほんとうの家族になって欲しかったなぁ。 

 

 

 

 
アニメ15話…なんか観るのが不安になって来ます。
どうやら、製作決まった時点では連載マキ編までだったらしいですね。
ということはこれから先はアニメオリジナル展開なのかな。
原作未読なので(多少のバレは知ってますが)、どこが違うとかそういうのは殆ど分からないんですが、主題はあくまで過酷な運命に立ち向かう子供たちであってほしいと思います。
ハッピーエンドを激しく切望しているので、勿論子供たちには救われて欲しいですけど、その救済は上から与えられるんでなく、自分たちの手で掴んでほしいというか…。
とりあえず、まず15話観ろって話ですね。
杞憂に終わればいいのですが。
まぁ、認知研が契約解除の方法見つけたわ!これでみんな助かるのね、ばんざーい!という展開になっても、ぶっちゃけぼくらの観に何の影響もないんですが。
だって、ダイチの周辺はなんの揺るぎもないので。

ところで、ここの大人の人たちはどのあたりまでが、負けたら人類滅亡って事実を知っているんでしょうね?
もしかして田中さんと関さんだけなのかな。
何にせよ真相知ったらジアースで明るい未来計画なんて暢気なこと言っていられない気がするんですが。 

 

 

 

 
いつものように2525巡回していたら、すごい物を見つけてしまいました。
なんていうか、理屈じゃない感じるんだ!的なMADです。
おかげでワクワクさんに洗脳されてしまいそうだ…。
とりあえずここからどうぞ。

何となく誘導された先がワクすれだったとか、もう今日はあきらめてワクワク言っとこうかと思いました。

ついでに。ぼくらのキャラ人気投票所でのワクとダイチのワンツーフィニッシュに喜んでみたのですが、ずーっと下のほう見るとドラムに負けているウシロ(@2票)の勇姿が…。
もの凄い作為を感じて笑ってしまいました。
 

 

 

 

 
今回は14話。
繋ぎみたいな内容ですね。
そして田中さん大活躍。
…えっと、これ子供たちが死を目の前にしてどう立ち向かうかを描いた物語ではないんですか?
今回やたらと、軍需産業とか何とか言われて、妙に違和感を覚えてしまいました。
そして、とうとう子供たちの疑心暗鬼が表に出てきた…!
未契約者をあぶりだす場面は、本家バトロワの灯台組を彷彿とさせます。
哀しくも綺麗なお話では終わらないんでしょうかね。
それにしても、キリエの存在感のなさは凄い。
なんか、あの放置振りが生々しくもあるんですが。
予告見ると、この子がやらかしてしまいそうでちょっと怖いです。
大人しいけど芯の通った良い子だと信じたい。
あと、認知研帰りの公園で戯れるばかっぷるには、さすがに空気読め!と思いました。
キリエ君が哀れすぎる…。
なんだか次回みるまでじりじりしますね。

続きはいつもの妄想で。 
【続きを読む】

 

 

 

 
10・11話見てきました。
出掛ける前だって言うのに涙腺崩壊、どうするんだこれ…。

ナカマ、けなげで可愛い。
結局お客さんを探してもらってどうしたかったのかなぁ。
最初、衣装のお金にするのかと思ったんだけど、断わっていたしね。
ちゃんとするの、休憩したかったのかな?
理解力なくてスミマセン。
でも、周りの大人が暖かくて救われた。
ナカマが可愛いっていわれるとこっちまで幸せになります。
て言うか、ほんとに可愛いんですけど。
ポニーテールって、髪下ろしたときとのギャップに萌える。
ってあれ、私ポニーテール萌だったのか!?
それはさておき。
この子がもの凄く愛されて育ったのが判るだけに、この後のことを考えるとやるせない。
何で、こういう子ばっかりがって…本当に理不尽ですよね。
あと、彼女がダイチのこと思い出してくれたのが嬉しかったです。
あんな風にはなかなか覚悟決められないよね。
それでも立ち向かうナカマは偉いと思います。
しかし、今回思いっきり時間足りない感が出ていたのですが。
いじめっ子とのエピソードが消化不良な感じで惜しいです。
もっと余韻が欲しかったというか、ラストの電話、ここで入れなくても良くなくない?(笑)

モジ編。孤児設定は反則だと思います。
ずっと3人一緒ではいられないって、そんなこと…。
自分の思いを自覚し、なおかつ二人の気持ちも悟っている――モジの立ち位置が切な過ぎました。
それでも表面的には穏やかに流れる季節。
そして転調。
友人の発病、ジアースとの出会い。
ナギが居なくなっても、彼女は立場が優位な僕を選ばない。
ここでぞくりと来ました。
ツバサの想いって慈愛でもあり、ある種の傲慢でもあるんじゃないかな。
その上で成り立つ恋情が果たして本物かどうかとか。
けれでもモジはそこまで理解した上で好きなんですよね。
なんだか三者三様のエゴのぶつかり合いがすごいと思いました。
最後に、このまま流れてゆけば幸せな二人を見送るはずだったモジが、ナギの中で生きる。
究極の終焉ですね。
これからは正真正銘、三人一緒の生活が始まるのかと思うと胸が一杯になりました。

だから何故ナカマ編を、もっと…(以下略) 

 

 

 

 
なんかニュースとか見てると今度の台風は凄いらしいですね。
私明日どうしても外出なきゃいけないんだけど、大丈夫なんだろうか?
帰れなくなったら笑うしかないな…。
まだ距離あるみたいなんで大丈夫だとは思うけれども。

矢村家のことを考えていてふと思ったんですが、あのお家に昔はパパとママと子供4人が住んでいたんですよね。
ちょっと手狭すぎやしませんか?
父親の失踪後に引越したのかなとも考えたんですが、ダイチが親父の帰る場所って言ってるので、そのまま住んでるってことですよね。
というか、回想シーンまんまあの家でしたよね。
私、てっきり父親の失踪で収入を断たれて生活苦しくなったのだと思っていたのですが、実は、ダイチのうちが貧しいのは元から!?
コエムシへの質問で報酬とかいってたのは、長年染み付いた生活苦からだった!
…すいません。
以下、腐要素は殆どないですが、あまりにも根拠ないので追記にしました。
まだまだ続く矢村家捏造。 
【続きを読む】

 

 

 

 
日付変わってるけど、こっそり改ざんしておきます。
ぼくらの知ってから1週間です。
まだそんなだったんだ…。妄想かっ飛ばしすぎて、もっとながいことハマっているような気がしていました。

今日は2525の手描きぼくらの1話に爆笑してました。
ラスト30秒のキリエの人気は異常。
そういえば、はじめてオープニング見て一番インパクトあったのがキリエだったのを思い出した。
何かやらかしてくれそうだと思ったのに、原作はどうか知りませんが、
アニメの彼は恐ろしいくらいに空気と化していてびっくりしました。
14話ではどうなったんでしょうね?予告にも出なかったんですが。
ちなみに当初、他のキャラは面子が多すぎて識別できなかったです。
9話見た時点でも、ダイチとウシロぐらいしか判らなかった。
そして、ナカマは何となく世話焼き委員長タイプかと思ってましたが、
1話みてその冷めっぷりにちょっと惚れそうになりました。
コダマは眼鏡かけてから急に気になりだした。
眼鏡っ子大好きなんですけど、何故かウシロのメガネには萌えない、むしろときどき彼が眼鏡キャラであることすら忘れる始末。

そんな感じで一週間。
各所で萌え投下されててなんか幸せな今日この頃。
 

 

 

 

 
ぼくらの、ダイチ戦後のマコちゃん視点で散文。 
【続きを読む】

 

 

 

 
ちょっ…!
よそ様で見つけたお兄さんとダイチに色々持っていかれています。
――衝撃過ぎて言葉にならないよ、凄いよ萌えたよなんだろう、やっぱ相手が年上っていうのも燃えるなぁ。
というかダイチがもう色っぽすぎてどうしよう!
脳内妄想を凌駕するもの凄い萌にふらふらしてます。
いや、もう眼福といおうかなんといおうか、あああ。
とりあえず、自分の中では今日は祭りです。
いまだに某掲示板には繋がらないですけど、そんなの吹っ飛んでしまいました。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
さっきぼくらのアニメ12・13話見てきました。
現在視聴済みの回が9、1~4、12・13って、どんだけアウトローなのかと。
どうにも気になった回だけチョイスしてたらこんなことに。
というか、カコ編とチズ編が妙に怖そうなんで観れないっていうのもあるんですが。
そもそもアンインストール聞かなかったらこのアニメに出会うこともなかったわけですが。
最近こんな調子でニコニコ発の萌えが甚だしいです。
それはさておき。
12話、もうぼろ泣きでした。
マキちゃんええ子や…!パパもママもいい人だし。
なんでこんなに幸せな家庭を壊しちゃうかな本当に!
養子のマキちゃんに、さらっと「最初の子はお前」なんていっちゃうパパが素敵過ぎました。
ここですでに涙腺決壊してる訳ですが。
それにしても、戦闘を重ねれば重ねるほど過酷になってきますね。
対峙する相手も人間で、守るべき大切な人がいて。
それでも譲れないものがあるからと前に進むマキちゃん、強いよ。
今回はひたすらマキフィーバーでした。
ウシロに掴みかかる所も格好良かったよ!
そして、ウシロは下着を持って一体どこへ出かける気だったのかと(笑)。
カンジ止めなきゃ良かったんだよ。
何話かすっ飛ばしてみたら、パイロットの子達が仲良くなってきていて余計にこの先の展開が切ないです。
あと、内閣府とか訳判らなくなってきたので、飛ばした10・11話も見ようと思います。

エンディング、新バージョンの見ました。
曲はいいんだ曲は。
なんだろう、あの作画…。
というかダイチorz
いや、彼に限ったことじゃないんでしょうけど、何故にあのポーズ?
画質のお陰で表情までは読み取れなかったのが幸いに思えてきました。
いや、雰囲気を感じ取って目をそらしてみました。
でもみんな仲良しって感じで、すこしほのぼのしてみたり。
カコ・チズ・キリエの並びとか、カンアンらぶらぶ(笑)とか。
コダマがやけに脱力してるのも気になりつつ、ココペリもいる!
あぁ、もういっそこれ全部ココペリのゲームで、全勝したらみんな元通りとかにならないかな?
うん、無理なのはわかってるけどさ…。
むしろココペリのゲームがこれだったらいいのに。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
タイトルに深い意味はありません。
あってたまるか!(笑)

にちゃんに繋がりません。
あれ、私何かしたかな?
メンテ中かとも思ったんですが、さすがに丸一日はないですよね。
このところ日課になってるダイチスレ覗けないのがフラストレーション。
シスプリMADがどツボ過ぎて、変な方向にまたギアが入っています。
嫁かぁ…。
全宇宙が欲しているのか、そうか。
あと、コダマがいとしいです。
モジワクも切望しています。
ねーよ!という方向にばっかり走る私を誰かとめて欲しいと思います。

あとたにぐちがとうとう聖少女にまでなってしまって、作者の方GJというほかにありません。
本当に凄すぎます。 

 

 

 

 
座布団もといダイチ熱が収まらないのでついこんなものをこさえてしまいました。
どんなダイチでも大丈夫な方のみどうぞ…→

――だ、大丈夫ですか???
いや、あの。某掲示板のキャラ板のぞいたら同じこと考えてる方もおられたので、ちょっと羽目をはずしてしまいました。
これでもダイチは漢の中の漢だと思っているんですよ!
説得力ありませんね…。
あと、うしろはキャラ壊してナンボだと思ってるので、こっちに関しては謝罪無しの方向で(笑) 

 

 

 

 
ま た か よ !
痛恨のログイン時間切れorz
長々とぼくらの語りしてたんですけどね。
あれですか、ナカマコさんの呪いですか、そうですか。
コスプレ娘とか言ってごめん、ほんとにごめんなさい。
でもネタにはします…ごはっ!

アニメ4話まで見ました。
今のところ男子はモジ・ワクあたりが好感度高いです。
あと、実はコダマも嫌いじゃなかったりする。
地味なちび眼鏡っ子が好みというのもありますが、親父さんへの愛情が本物だった辺りもいいな、と。
善悪はどうであれ、自分の親を誇りに思えるのは立派。
でも、ラストはやるせなかったなぁ。
ワク編のすれ違い親子関係も切なかったけど。
女の子では、アンコ・マキ・コモの仲良し3人娘がよいです。
あんこ可愛いよ、あんこ!
コモ様にはちょっと未来への希望を託してみたい。
頑張って運命に抗ってほしい!

続きはちょっと腐要素入るので別記に。 
【続きを読む】

 

 

 

 
今日も今日とて、「アンインストール」が頭の中でエンドレスになってるわけですが。
一人で机に向かって鼻歌歌ってる姿は不気味だ。
それはさておき。
ちょっと今はぼくらのマイブームというか、ダイチにふぉーりんらぶなんですけども(笑)。
公式プロフ見ると、身長150cmってなっててびっくりしました。
てっきり170cmはあると思ってた。
そうか、まだ13歳だったんだもn…えええ!?
去年までランドセル背負ってたとは思えない成熟振りです。
いや、まぁいろんな意味で…。
ダイチが脱ぐシーン、アニメオリジナルだったんですか…。
なんというか、スタッフGJ!
ダイチがストイックすぎて逆に色々掻き立てられる私は、彼に代わってジアースに乗るべきですね。

そんな感じでかっ飛ばしてみたらあんまりだったので、以下追記に。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
やたらアンインストールと打ちまくったので、アンインストールつながりで「ぼくらの」見てきました(笑)。
神回といわれている9話。
だいちーーーー!!!
クライマックスとかじゃなくても泣けるんですけど。
つうかダイチがええ子過ぎました。
んで、おじさんもいい人だった。
哀しい切ないやるせない。
コエムシでしたっけ、お前何とかしろ!(出来るのかは知らんが)
なんかもやもやしすぎてつい書きなぐりに来てしまいました。
はい寝ます、すいません。 

 

 

 

 
エアーマン調に。
それはさておき、ウイルスソフトの更新アナウンスが来てました。
1年に一回のことなので、さっさとやってしまおうと思い更新サイトに飛んだのですが、ここで固まる。
どれ落とせばいいんだ…。
以前から入れてたソフトの豪華版が出ていました。
値段うんぬんよりも、前のソフトがどうなるかが気になってDLボタンが押せない私。
さすがに自動でアンインストールしてくれるよね…?とか、誰も聞いていないのにつぶやいてみたり。
そうこうする内に日付が変わる直前だ。
勢いでDLする!
よっしゃ、自動アンインストール発動…れ?…終わらん。
そんな感じでうかつにパソ動かすことも出来ず、画面同様固まる私。
おまけに恐ろしい睡魔が襲ってくる。
混濁した意識の中、アンインストール完了の文字を確認し、最後の力を振り絞って再起動ボタンを押し、そして闘死。

朝起きたらセットアップ完了の状態でスタンバっててくれました。
しかし、目覚ましをあわさずに寝た私は遅刻寸前だ、どうする?
あかうんとをとりますか?  「はい」・「いいえ」
スタンバイ状態で家を出るわけにもいかない。
倒れるときは前のめりだとばかりに思い切って「はい」を押す。
超適当にメルアドとか登録。
いっけ~~~~~!!!!
…って、スキャン始めちゃったよ。
絶対間に合わないので、「はいはい終わり終わり」で家を飛び出す。

だ か ら 更 新 で き な か っ た ん で す よ 、昨 日 は !orz 

 

 

 

 
ずっとここの所、人なんてこなかったのに、きょう立て続けに客人が。
何でしょう、検索エンジンが拾っていったんでしょうかね…?
まぁ、基本つぶやきブログなので風の向くまま気の向くままに垂れ流してますけど。
本当に訪問者に優しくないです、ここ。

さて、今回ののBGMは…現在大人気のにこにこ組曲。
もの凄く偏ったところでしか判らないんですが、それでもイイ!
めっちゃノリノリで聴いています。
字幕職人さんもすごいですね。
アンインストールのくだりとかラスト近くのDQ→FFの流れとか熱いです、すごく。
魔理沙の入りも格好いいですね。
とにかく熱いです素敵です!
そりゃ人気でますよね、一週間で50万とかありえんPV数です。
オーケストラver.とかあったら神だと思います。

相変わらず2525に入り浸っている毎日ということで…。 

 

 

 

 
やばい、日付が変わったどころか1時を過ぎてしまった。
早く寝ろ!
昨日も久々に通販希望の手紙かいてたら2時半だったし。
お陰で午前中は壊滅状態でした、意識が。
そういう事情なので本日はここまでにいたします。 

 

 
Copyright © 2007 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。