管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
もう日付変わるけどとりあえず落書きが出てきたのでそれらしく貼り付けておきます。
以前ネタにしてた魔女っこウシロ。
こっち
が全体でこっちがアップ。
ダイチが描けなさ過ぎて泣ける…。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
ここにシムねた書いたら、久しぶりにシムピがやりたくなりました。
重いゲームを立ち上げたら、自分の作成キャラが一人もいない。
家引き払ったあと、新居に入れるの忘れてた!
jojo素材、3部だけじゃなく4部と5部もあるのでテンション上がりました。
やり方思い出したら付け加えようと思います。
そして案の定、ぼくらのは無いようです。
自作する腕と時間があれば…。
子供たち15人で共同生活とか夢だけ見ていました。 

 

 

 

 
そういえば巡回してるGDサイトって2件しかない…。
2年半ぶりにこのジャンル戻って来て2ヶ月。
なんかあんまり変わらないなと思いました。
流行り廃れは当然あるとしても、それを取り巻く環境はあんまり変わってない。
――というか、相変わらずラソキング壊滅してますね。
探せないじゃないの。
かつてのように自分でサイト持とうなんて野望はさらさらないので、入り口辺りで静観しています。
請求って後で知らん振りするわけにもいかないからしんどいと思います。

…何がなんだか。 

 

 

 

 
つべで見つけたジャイマクサマーホラーアワーで萌えた。
怪談話に怖がるゴトゥさんがノソちゃんの肩にしがみついてるの。
その後、顔見て怖っていじってるのがほほえましかったです。
汗のビビリ企画でもそうだったけど、ゴトゥさんいっつもノソちゃんとこ行きますね。
普段邪険にしてるのに、そういう時は真っ先に頼りにしてるのがいいです。
このツンデレさんめ!
ビビリ企画は二人とも怖がりだからリアクションが激しいのなんのって。
で、怖いとき座布団ぎゅってしてるノソちゃんに対して、ゴトゥさんはとにかくノソちゃんにくっつくくつく(笑)。
とりあえず誰かと触れ合ってると安心するんでしょうかね?
なんか可愛い…。
とにかく怖がりまくる二人が愛らしい企画でした。
ご馳走様です本当に。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
2525でSIMS動画を見て無性にやりたくなりました。
自分でキャラクター素材作れたら、もう最強の萌ゲームだと思います。
ただ、その難易度が高すぎるのがネックですね。

シムシリーズは、人間観察ゲームです。
ゲーム内でシムと呼ばれるキャラクターを作り、住居や家具を与えてその生活を観察するというもの。
オリジナルのシムを作成してゲームに使用できることから、好きなキャラを住まわせることも出来るのです。
さらにこのゲーム、同性でもカップルにすることが可能なので、腐女子の夢を具現化できたりします。
種類としては大別すると旧作のシムピと新しいSIMSがあって、前者はスキン作成が比較的簡単で(私にはとても出来ないけど)、素材も豊富。
後者は素材がまだ充実してないけど、動きとか自由度が格段に上がっているという感じです。
1年ほど前の印象なので、今は状況変わっているかもしれないけれど。

ちなみに私が持ってるのはシムピの方。
ただ動作が遅すぎてすっかり起動しなくなってしまいました。
使用キャラクターは忍足と樺地だったんですけど。
何故この二人なの?という疑問はおいといて、とりあえずシムの動きが面白くて見てるだけでも十分に楽しいです。
カップル成立すると、出来ることが格段に増えるのでさらに嵌ると思う。
ソファーに並んで座って肩に腕を回すところの動きがすごく好きです。
コミカルだけどかわいい…。
あと、海外サイトなんかを探し回るとラブベッドなるものも配布されてたりして。
これはもう大人向で、アレでナニなやつです(笑)。
結構作り込まれててびっくりしました。

…ちょっと矢村家辺りを観察したいな。
ウシロは妹弟たちに「お兄ちゃんを僕にください」と土下座するといい。
まぁ、素材無いんでしょうけどね…。 

 

 

 

 
帰宅途中、天使を見た。
エンジェルなので英語しゃべってました。
もしかして、またハロウィン?
ちゃんと羽根もワッカも付いてて、衣装も凄くこってました。
思わず後姿を凝視してしまった。

最近、フリーゲームの「でぃあぼろのぼうけん」が気になっています。
ジョジョ5部のボスが主役のシレン系?RPG。
ひたすらダンジョンに潜って、アイテム集めてというものなんだけど、敵が今まで作品に登場した人物でアイテムに登場スタンドがそれこそもう山のように出てくる。
ファン作成だからその辺妥協がなくて凄いのです。
そして何より仲間キャラにペシたんがいること!
並み居る強烈キャラの中で何故この子なのか、もしかして愛されてるのかな…とかそんなことを思って舞い上がりました。
マンモーニ版は果てしなく使えないけど可愛い。
ペシと二人で冒険という夢が膨らみます。
兄貴イベントもあるみたいだし、ちょっとこれ、もう飛びつくしかないのでは!?

唯一ついえることは、先に攻略中のらいどう終わらせよう、ということでした。
今週ぜんぜん出来なかった…。 

 

 

 

 
この生活だとラジオが聴けないのが切ないです。
ラスト30分だけ滑り込みで聞いて、そのまま床で寝てしまいました…。
1時間ぐらいで起きたけれども。
そういえば昼の番組でふっとが出ていたという情報を聞いた。
昔は暗かったゴトゥさんの話で、きゅーんとなりました。
やはりふっと大好きだ。
そして、コンビ組む前のふたりを妄想してやまないのですが!
「一人しかいない友達と組んでしまうのもどうかと思ったけど」ってゴトゥさん、実はコンビ組む前に少し立ち止まったりしているんですよね。
孤独なノソちゃんを放っておけないからなんだろうけど、そこが堪らない。
ゴトゥさんは今でこそ大勢の後輩とか引き連れてわーって遊びに行ったりしてるけれども、静かにまったりすごす相手はノソちゃんだけであって欲しいのです。
ノソちゃんは人見知りもあるけれども、今も昔も変わらず親友はゴトゥさんだけだと思っているといい。
表には絶対出さないけれども、お互いのこころの大切な場所に相手の居場所がある、そんなふっとでいて欲しい。

なんかいつにもましてイタイ空気が漂っていますが、cpというより絆とかに萌えるのです、この二人は。 

 

 

 

 
連日タイトなカンジなので。
11月もコンビでトーク無いと知ってがっくりの無限。
今観てるジャイマクが面白いので少し中和してみます。
でもやっぱり、二人のまったりトークを見ておきたいと思うのが人情。
某所でezちゃんねるの週間ゲストという情報を得て、ほんの2分ほどの番組に夢見てしまいます。
来週は六角形(英語訳)。 

 

 

 

 
今日はアウトだったんだけどもういいです…。

2525で8月にやってた「うたうま」見てきました。
二人ともかわゆいなぁ、と相変わらず呟いてしまう。
ゴトゥさんのマイク両手持ちとノソちゃんのぺこっとおじぎが大好きです。
優勝決まったときの抱擁シーンにきゅんきゅんしました。
そういえばあの番組きっかけだったんだなぁと思い出した。
次のすぺさるも出てくれないかなぁ。 

 

 

 

 
滑り込み。
日付が変わる前に帰還できたことにほっとしつつ…、休日分のゲームレポをば。

ストーリーはさっぱり進めていません。
とりあえず次行くところはメッセージ聞いたのですが、どこか分からない。
なんとなくぶらぶら回ってそこでとまっています。
ちなみに10話、軍事施設潜入前です。
レベルは68、サマナーランクは1ランクアップ…ですが申告まだです。
新規封魔組はショウテン、ネコマタ、スカアハ。
作成悪魔はヤマタノオロチ、クダン、トール、フツヌシです。
なんか合体するごとに仲魔のラインナップが微妙になっています。 

 

 

 

 
2525で萌補給中。
番組も良いけど、今はデーブイデーが見たくてしょうがないです。
03年のは以前に見たことがあるのですが、04の方が…。
夫婦ネタがめちゃくちゃ気になります。
借りるのなんか恥ずかしいな…それ以前に何処にも置いてない気がする。
それはさておき。
去年放送された林間(カタカナ変換)の最強芸人対決を観ました。
ピンでハリウッド映画出演かコンビで深夜冠番組か選択を迫られるノソちゃん。
この時のゴトゥさんが格好良かった。
一言、お前が決めたらいいんちゃう、って。
そこで終わっとけば良いお話なんだけど、その後ノソちゃんがごね倒すという。
自分で結論出せず、いっぺんお前が決めてとか言い出す始末。
でも仕方なくゴトゥさんが、じゃぁ冠。というと…うんって。
とりあえず、ノソちゃんがゴトゥさんに甘えまくっていることが分かるVTRでした。
コンビ仲の危機みたく扱われていたけど、私はお母さんと駄々っ子みたいで可愛いと思ってた。
あぁいうのが結構日常茶飯事なふっとだったら萌える。 

 

 

 

 
今日のdameyo、なんとなく見ててなんとなく録画してみて良かった。
自分GJ!
コーナーでもの凄く萌えました。
ノソちゃんはおとめちっくキャラが本当にはまり役です。
今日はいっこーさんのモノマネで登場でしたが、「右だけー!」といって右のほう肌蹴るところよりも、やり終わった後に位置確認しながら戻すところにどきどきしました。
で、隣のゴトゥさんの視線がまたなんとなくその動作を追っているようにみえてじたばた。
乙女ノソちゃん仕様のとき、ゴトゥさんつっこみ優しい気がする…。
探し人がプラモデルのお店にいるので行って見る二人。
プラモ大好きゴトゥさんの少年のようなはしゃぎっぷりが可愛いかったです。
で、ノソちゃんの相変わらずおっとりした受け答えが、なんかしょうがないなって思いつつ付き合ってあげてるみたいでした。

入り口は言ってすぐに尋ね人見つけたのにそっちのけで、ショーケースに張り付くゴトゥさん。
「うわー、ごれすげー!」
「なにがすごいん?」
「イデオソや、イデオソ!!!」
「でんせつきょじん、いでおん…」
「知ってるか、お前これ?」
「―知らん」
「何で知らんねん、お前同年代やろ!?」
「おれ知ってるのウルトラマソぐらいや」
「…こっち分かるやろ、お前ホラ!」
ちょっと離れたケースに向かい、ノソちゃんを呼びよせる。

――と、そこでコスしてるノソちゃんが通行人に本人と間違えられこのやり取りは終了してしまいましたが。
口調はぶっきらぼうだけど、ちゃんと分かりそうなの探してあげようとするところが優しいと思います。
で、この一連の流れがもの凄く自然で、二人の普段の様子を髣髴とさせるような。
なんかいいなぁ…とほのぼのしました。
あと、背中開いた服着たノソちゃんは少し色っぽかったです(笑)。
 

 

 

 

 
のんたむの無限をようやっと見てきました。
コンプレックスの塊な二人に癒される。
何も自信喪失することないのに、と思うのですが、だって可愛いんですもの。
モテない云々のくだりはものすごく気持ちは分かる気がします。
理想ばっかり並べてるうちは無理なんだと思う。
気の持ちようで状況なんて全然変わってくるものだから。
でも当分は今の不器用な二人のままでいて欲しいと思います、切に。

たむさんはフットの折衝役としては最適な位置にいる人だとおもうので、のんたむの組み合わせは今後も定期的にやって欲しいですね。
でも、そろそろ久しぶりにコンビ二人だけのトークも見たい訳なんですが。
一応来月も出演予定はあるけれども、土壇場で今回みたいに変わっちゃうんじゃないかとか心配してしまう。

それにしてもホントにノソちゃん軍団出来たら、ゴトゥさん面白くないだろうなぁ…。
遊び仲間の後輩取られたとかこぼしつつ、たむさんの相方に、「一体どっちに焼いてはるんですか?」とか苦笑されてればいいです。
何でお前そんなに余裕やねん…とか、くさって居ればよい。
これきっかけでたむさん架け橋になって、ふっとこんびでーとを実現させてくださいとか突っ走ったことを思ってしまいます。
色々すみません。 

 

 

 

 
今日、ここ十年弱で5本の指に入るくらいの衝撃あったのですが。
なので、すぺさるうぃーくなのにラジオ聴取お休みです。
でも、ゲームは進めてみる。
なんのこだわりかというと特に何でもないんですが。

昨日分の報告。
レベルが65になった、以上。
修験場で百鬼夜行にあって、見事玉砕しました。
石化+物理コンボで、あっという間に懺悔室行き。
ステータス異常の怖さを思い知りました。
それまでネビロス道場でもまれてたんですが、ノーセーブで突っ込んだため経験値がすべて水の泡です。
仕方ないので次は精神無効付のトート先生を相棒に突撃。
…先生、呪殺弱点だった。
回復役がすぐにフリーズするのでこれまた苦戦。
20分にもわたる長期戦の末、やっと抜け出しました。
まぁ、そんな感じで良く考えたら1時間やって百鬼夜行しか結果残してなかった…。

そういえば最近避難所にリンク切れメッセージがでないのが不思議だったのですが、ログ辿ったらサーチに引っかかってることが判明しました。
伏字を検索ワードにするとは恐るべしです。 

 

 

 

 
ナマリバイバルから1ヶ月以上経っているという事実にちょっと吃驚。
早々に撤退するかと思っていました。
情報源にと見ていた某本すれは、度重なる嵐で番組情報どころじゃなくなって、先日は相撲対決見逃してしまいました。
なんか物凄く本末転倒な気がしつつ、それでもまだ一日一回は覗くようにしてましたが、
今日というか今やっと避難所見つけました、万歳。
個人クレジットの萌すれチェックしてなかったから知らなかったよ。
ついでに話題になってた情報ブログらしきものも見つけました。
これで少しは補足率上がるかな…。
とりあえずジャイマク始まるまで、ゲームちょっと進めることにします。

普段小ネタは一気に書くのですが、昨日はどうにも睡魔に負けて途中放棄してしまいました。
で、朝起きたらオチ忘れていたという…。
あんなに短いネタで忘れるって、どんだけトリ頭なのかと!
あああ、ものすごく終わらせられない感が漂ってる…。
記事の後ろに書くのもなんなのでこんなところに失礼。 

 

 

 

 
ぼくらのハマりはじめの頃に考えていたのは、ウシダイするならジアース内しかないということでした。
最終回の放映も終わった今となっては、居候先に自分の椅子がないという悲しい事実が判明してるわけなのですが。
ウシロ、実はコクピットには毎回強制送還がデフォだっただなんてそんな…(笑)。 
【続きを読む】

 

 

 

 
いつ振りのレポなのかも定かではありませんが、とりあえず、ざーっと。
現在9話終了。
異世界ではマージャンはおろか、探偵社でセーブもできないという不便さ炸裂でした。
で、探索→捕獲→合体で志乃田と筑土を行ったり来たり。
その度に往復160円の電車賃に切なくなる守銭奴14代目。
中盤以降からうすうすそんな気がしていたんですが、猫の言動がだんだんよく言えばくだけて、悪く言うとお馬鹿っぽくなってるんですが。
でも手塩にかけて育てた弟子を前にふんぞり返ってるかと思うと可愛いと思います。
面と向かっては褒めないけどそこで汲み取って、みたいな。
もう一人の14代目との絡みは本当にシンプルでびっくりしました。
あれだけの出番で、二次創作ではメインの一角担ってるとか凄いです。
転送の儀式では、地面から生えた手がちょっと怖かったですが、とりあえず現世に帰還しました。
そして、所長の不在に絶望した…麻雀、できない。

現在のレベルは65。サマナーランク、未申告ですが一つアップです。
新規仲魔、封魔組はガシャドクロとタラスク。
作成組はオオヤマツミ・ムスッペル・パワーです。 

 

 

 

 
ノソちゃんカワユス!!

のっけからすいません。
ジャイマク水泳大会の再放送をみて、そのテンションで書き殴ってしまいました。
ふっとの二人がジャージ姿で並んでるの見るだけで萌える。
なんかちまっとしてて可愛らしいのです。
競技のほうは、ノソちゃんが相撲とかリレーで頑張ってました。
投げのとき格好良かった!
ゴトゥさん、一人だけ飛び込みできないとか、なんというへたれキャラ。
一方で高所恐怖症のノソちゃんがざばーっと飛び込んでて、なんだかお互いに苦手分野を補ってる感じにほのぼのました。
あと、先輩二人にいじられてる06年エムワソチャンプの男前の方がなんか女子っぽくてどきどき。
なんかイケナイコトされてるみたいに見えてしまった…orz
某スレで知ったのですが、本放送時にはあったゴトゥさんのねこみみ騎馬戦がカットされてて、ちょっと残念な日曜の午後。 
【続きを読む】

 

 

 

 
風のうわさでらいどう続編が出ると知る。
必死でソース探したんですが、まだ明言されてはいないんですね。
それより攻略途中のを何とかするべきだと思いました。
そして、実に5ヶ月ぶりにps2を稼動させる。
…次どうしていいの分からなかった。
仕方がないので不本意ながら自分のレポから探してきました。
昔書いたものは正直振り返りたくないんですが。
9話の角柱集めの途中でした。
上手いこと合体できなくて知恵熱出して攻略止まっていたんだったとか、やり始めるとじわじわ思い出しました。
スキルコンプしたネビロス先生をリスト登録しないまま合体に使ったという悲しい出来事も。
とりあえず今日はライドウプレイをちょっと進めてみようと思います。
我ながら何の報告なんでしょうね。 

 

 

 

 
最近朝晩めっきり寒くなりました。
昨日もラジオ聴きつつあまりの寒さに布団にもぐりこんだら、途中で寝てしまいました。
まぁ、オープニングトークが一番楽しみなのでそこ押さえられたらいいかなぁと。
昨日の話題はボクシングつながりで、そういえば二人だけで最後に出かけたのは、タツヨシの引退試合だったとか。
二人ともそのときのことをちゃんと覚えていることにちょっと感動。
あと、格闘技好きだったというのも初めて知った。
なんか友達だったころのエピソード聞けると嬉しいです。
ノソちゃんがチケットとって、バイクをツインテール(笑)して行ったそうな。
席は隣同士…ホントに普通に友達だったんだなぁ。
時期的にはコンビ結成間もなくということでした。

そういう思い出話を聞くにつけ、1ヶ月もコンビ結成の話を切り出せなかったかわかる気がします。
お互い一度コンビというものを経験してるから、このさき友達関係が変質してしまうのも分かっていて、それ故の迷い、というか。
夢はもちろんかけがえのないくらい大切なものだけれども、今の関係を捨て去るには忍びなくて…。
お互いへの友情を切り捨てることへの葛藤とか何とか。
この辺りのことを考えると非常にたまらない気持ちになります。
 

 

 

 

 
巷で話題のうそこめーかー、今更ながらやってみました。(参照サイト
まずはこの二人。

ウシロとダイチ
ウシダイ相性


ウシロの空回りっぷりには大いに笑わせてもらいました。
でもちょっと報われてるところが良い。
ダイチはもう生活かかってるから仕方ないと思います。
コエにも報酬のこと聞いてたし…。
それでも気にしてたり好意は持ってたりするんですよね。
というか、何でこんなに私だけ幸せな結果が出ているのかと逆に不思議になるくらいツボ過ぎです。

ちなみに、ウシロとカンジ、カンジとダイチもやってみました。
結果はこちら

カンジのポジションが揺るがなくて凄いと思いました。
ダイチ、何気にひどいですね。
あと、カコキリもやってみたんですが、こっちはあんまりな結果だったので敢えて触れないことにします。
実はウシロとキリエが凄いことになってましたが、カオスになるので割愛しました。 

 

 

 

 
ここのところ2525のジョジョソンがマイブームです。
殊に暗チもとい兄貴とマンモーニが。
もともと好きだったんですけど、なんかまた火がついた感じ。
何気にあにぺし扱ってるサイトさんがあったりして、吃驚感激。
連載中に見つけられなかったから感慨もひとしおです。
2525でも暗チ、結構人気あって幸せ。
そんなわけでお気に入り替え歌の自分用メモをば。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
最近あちこちでハロウィン企画とか目にして、そういえばそろそろなんだなぁと思いました。
しかし、実生活で祝ったことがない私。
一体世間では何をしているのだろうかと。
そういえば以前10月の最後の日にハゲヅラやら殿ヅラやらをかぶった外国人の一団を見かけたことがあって、本場ハロウィンの(おそらく)間違った印象を植え付けられたりしました。
そんなこんなで、勝手にハロウィンで妄想してみました。
例によって時間軸とか完全無視です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
久々に電コ語ります。
19話。神展開!凄かったです。
どきどきしながら一気に見てしまいました。
もう、ヤサコもフミエもいい!
そしてメガばぁがめちゃくちゃ頼もしかったです。
でも繋がるのがアナログ電話回線だけで、どんなに結界張っても破られて。
ようやく少しずつ光明が見えはじめた時にさらなる危機が…。
子どもだけの夜はまだまだ長い。

とにかく手に汗握る展開の連続でした。
で、子供たちがそれぞれに頑張っていて、アニメだっていうのに必死に応援してる自分に気付いたり。
デンスケも良く頑張った。
いまはいなくならないでー!と叫ぶことしか出来ないけれど。
イサコとハラケンもお互い抱えてるものがおんなじという奇妙な親近感で結ばれていてなんか良かった。
あと、フミエの優しさにぐっと来た。
怖くて仕方ないのに、眼鏡をはずせばその恐怖から逃れられるのに、それでも外さない。
漢前です。
単身めがしやに潜入するヤサコも格好良かったし、ちゃんと姉の声にしたがってこっちに帰ってきた京子も強かった。
そして、ここぞ!というところで次回へ引き…ちょ、そこで終わるの!!?

それにしてもデンパとダイチ出ませんね、見事に…。
ヤサコの電脳体がずれてるとき、デンパさえいれば、とか思ってしまいました。
まぁこの子達は直接都市伝説云々には関わっていないから仕方ないですよね。
そう思うと、部外者ながら必死でヤサコたちのために戦うフミエちゃんって凄いなぁと思いました。
今後どういう展開に持っていくのか、楽しみなアニメです。 

 

 

 

 
先日落してきたアプリ「ウェイトレス奮闘記」、真ENDまでたどり着けました。
というのも、前日午前3時までずっとやってたから。
いやでも手が早くなるというものです。
ちなみに充電一回では足りず、二回してしまった…。
一体何をやっているんでしょうね。

感想。
主人公の告白イベントが上手い具合にはぐらかされていて、まだまだ判らんぞ的な取り方も出来るのが親切だと思いました。
自分たちの夢をかなえるために、今はまだその先は聞かないとか、やってくれますね。
後日談も相手の男より先に紹介されるライバル子ちゃん。
なんか扱い良すぎて嬉しい悲鳴です。
もうこのゲームは主人公×ライバルでいいと思います。
あいめぐ萌!
あと、オタク青年がバイト辞めてデザイナーの道進んだとかそれはなんという大輔明フラグかと思いました。
愛ちゃんに言ったのと同じこと明にも言ったに違いない。
んで、こっちが本命なんだ!と勝手に決め付けてみる。
オーナーとそのライバルとか、会計名手と子守ロボとかとにかく美味しい組み合わせが多くて50円でこれはお得すぎだろうと思いました。
ええ、主に腐視点ですけども。 

 

 

 

 
アニメ終わってからのほうが妄想CPの糖度が高いんですが。
それまでは完全に空回りだったのに、最近はなんだかんだで相思相愛っぽいです。

それはさておき。
最終回のウシロ、けっこう頑張ってましたよね。
でも、しっかり食事とったりうっかり転寝してるところが、詰め甘くて大変よろしい(笑)。
どうもアニメ版のこの子は、多分にご都合主義要素が含有されてるわけですが、その方が可愛げがあって好感が持てます。
保さんの前で涙を見せるのはちょっと残念でしたが。
あのオープニングで使われてた夕暮れの中を走るシーンで、一人泣いてほしかったです。
…と、なんだか最終回版のアニメ雑感をやたら小出しにしてるわけですが。
脳内ではこっそり朝チュンシチュエーション、絶賛垂れ流し中だったり。
そういえば、長野県には後平と書いて「うしろだいち」と呼ぶ地名があるそうですよ。
とうとう、ぐぐってしまいました。
案の定、地名しか引っかからなかったんですが。
ここだけヒットするよりは何倍も幸いかと思い直してみます。
いずれにしても世界でひとりだという現実は理解した。 

 

 

 

 
小説3巻の表紙のコダマが格好いい!!
本意気で戦ってるコダマが見られる小説版…おいしいですよね。
例によって未だに遠巻きに眺めています。
ところで、コダマのあの眼鏡の入所経路が気になるわけですが。
アナザーワールドにココペリは居なかった気がするんですが(そもそもジアースでもないらしいし)、まさか元から眼鏡っ子なんですか…!!?(←取り乱すところおかしい)
ぼくらのメディアミックスつながりでアニメDVD、3巻パッケージに矢村兄妹来ましたね…。
大変に話題が遅いですけど。
前を向いている妹弟に対して、ひとり後ろを振り返っているダイチの視線が、一緒に未来を歩けないのを暗示しているようで切ない。
私思いっきり勘違いしてたんですが、表のパッケージは原作者のイラストじゃないんですね。
つい最近まで知らなかったです。
そして気になるのが役者オンパレードの4巻。
果たして誰が表を飾るのか?

アニメ最終回については実はウシロとダイチは一緒にジアースの中で眠ってるんだとか考えると、無性にテンション上がったりするんですが。
この際、ジアース破壊したじゃんとか言う突っ込みはなしの方向で。
もうあれですよ、一緒の墓に入ってくれを実践してたりするからもう。
孤島のブログからこっそり呟きいてみる。
「アニメはウシロ×ダイチでFAですか!?」
あぁなんというか、戦い終わったウシロのとこにダイチが来て、守ってくれてありがとう、とか言ってくれないかなぁ…。
その後の世界では、一番近くに居るからいちばんに出会うとか訳分からない自分設定垂れ流してみます。
アニメ終了後はこの二人上手くやっていけそうな気がするんです。
終わってしまったもの(それこそもういろんな意味で)にそんな主張したところで不毛もいいところですが…。
もうっ、これからって時に!そんな気持ちでいっぱいです。 

 

 

 

 
BGMは木曜恒例のふっとラジオ。
今回は聞きながら書いてるわけですが、正直打てるわけがない。
さっきまでラジオ聴きながらやの字SS読んでたんですが、途中で挫折しました。
さすがに無理でした…(笑)。
ラジオねた。
三十路超えてパパママ呼びなノソちゃん。
衝撃でした。
そして、ゴトゥさんに「ママって言って」と迫られる。
腐女子的には羞恥ぷれいキボンだったのですが、意外に淡々と応じてました。
もう5年目なんですねこの番組。
実は第一回放送はばっちり聴いてました。
当時のゲストアーティストさんとまだ親交あるらしいところにほのぼのしたり。
なんか昔知ってるとお得な感じがするという出戻り組の呟き。 

 

 

 

 
うっかりジョジョリバイバル。
5・6部しか読んでないんですが、いつかは全部読んでみたい漫画です。
展開に妥協がないのが凄い。
創造の上を行くストーリーとぶっ飛んだキャラクターによるぶっ飛んだ言動の数々。
絵柄的に人を選ぶかもしれないけれど嵌ればどっぷり漬かれること間違いなしだと思います。
昔1巻で挫折した自分を叱り付けたいよ…!

さて、なんで急に舞い戻ったかというと、やはり2525の影響な訳で。
マイリストに入れてた兄貴ソングが削除されちゃってたので、新しいバージョンを探しに行く途中で、じりじり来て、件の兄貴ソングでどかーん!と。
おかげで「God knows…」はこっちの歌詞が浮かんでしまいます。
あと、アクエリオンの主題歌の替え歌も秀逸で、こっちは暗チ全員の歌なんですが、ラストに泣いた。
で、やっぱり口ずさむとき替え歌の歌詞になってて、サビの「あーいーしーてーるぅー」のところを思いっきり「こーろーしーてーたぁー」とか歌ってるんですが。
これ、声出したらやばい。
つか人前で歌うの禁止。ダメぜったい!(笑) 

 

 

 

 
昨晩、寝たの午前三時半で起きたのが六時。
朝はなんだか、ふわふわと地に足がついていない感じでした。
で、夕方にはものすごい疲労感が。
もう、椅子に座ってるのも億劫になる程。
睡眠って大切なんだとしみじみ思いました。
でも基本4~5時間睡眠とかなんですが。
その日の夜は当然限界よろしくで、気を失うみたいにばたっと眠りについて朝までそれっきり。
おかげで翌日は少しましになりました。 

 

 
Copyright © 2007 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。