管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
よそ様でフナイタン萌え分が補給できたので舞い上がっております。
ちょっと、何か凄いときめいた。
ほっておいたら、うわーとかぎゃーとか奇声しか発しないだろうのでクールダウン。

ジャンケン編のラストバトルでの星争奪で、最低条件として星6個で終わらせようとするフナイに対してカイヅは星4つしか認めなかったわけだけども。
カイヅはもしかしてリピーターが星4つ必要って知らなかったせいなのかなぁと思いました。
下船後のフナイは、ゲーム開始で借りた1千万と利息の400万の借金を抱えてしまうことになるのだけど、カイヅ的には星一個を500万で売って、後は自分で何とかしろって感じだったのかなぁと。
でなきゃ、あれは厳しすぎる。
フナイの星6個残すって言うのは、欲をかいたわけではなく、実は自分が開放されるぎりぎりのラインなんですよねー。
そんなことを改めて気付いてみたりして。
でも、あのあたりのルール説明はうろ覚えなので、それが本当に正しいのかよく分からないんですが。
余剰の星だけじゃなくて、生還に必要な星も船側は買い取ってくれたんだっけかな。
それなら、100万借りて序盤のうちに生還した人たちは、結構美味しいんだろうけど。
というか、あいこ作戦でも終わってもよさそうな感じなんだけど…。

まぁ、まどろっこしいことを書いてますけれども、カイヅに潜在的に船井を少しでも生かそうという意識があったりすれば、そこから可能性見出せたりできるかなぁと思っただけでした。
というか、これでも充分にまどろっこしいですね…。
何かさぐりさぐりの状態です。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
うっかりカイヅと坊ちゃんに洗脳されてしまいそうな今日この頃。
というか、わんこな坊ちゃんが意外と可愛く思えてきたようです。
でも、堕天は読んだこともないので、坊ちゃんのキャラクターはよそ様のサイトでしか推し量ることは出来ないんですが。
年下でさん付け呼びなのがいいです、坊ちゃん。
で、ふと気付いたらそれって脳内設定の船井じゃないかというところに落ち着きました。
坊ちゃんと船井じゃ持ってるもの全然違うんですけどね。
あと、とりあえず主人公は全シリーズ通して総攻でいいんじゃないかと思いました。
誰かカイヅ総攻アンソロとか出してくれないかなぁ…。
このままfkmt萌が続くようならば、冬みけ行きたいなぁと呟いてみる。
きっと、パラダイスに違いないんだ…!(規模的な意味で)
あと、2月のカイヅオンリーinおおさかとか。
うんうん、好きだったらね!…最近自分の持続力に恐ろしく自信が持てないorz 

 

 

 

 
fkmtサイト様を巡っていたら、マキバオーのイラストを見つけてすごく懐かしくなりました。
最初ギャグだと思って見てたら、めちゃくちゃ熱くてそして泣ける作品です。
2525で素晴らしいMAD作品があったので、ここにリンクはっておきます。
とにかくみんな一生懸命で格好いいんです、馬だけど。

ちなみにアロー君が大好きです。
まぁ、嫌いって言う人の気持ちも分かるし、犯した罪は贖えるものではないけれども。
ひょろっこくって繊細なとても競走馬には成れそうもない子が、己の存在で大切な人たちを苦しめてることを知って、守られてるだけじゃ駄目なんだって一念発起したんだよね。
やり方は間違えたけども、ホントは優しい子なんだよー!とこんなとこで叫んでも…。
あと、アマゾンは美人だと思います。
名前で牝馬と間違われそうですけど、牡馬です。地方のアイドルです。
メンコで麗しい顔を隠してるのが勿体無いくらい、クールビューティ。でも根は素直なよい子です。
淡白に見せかけて、仲間大好きなのが素敵。
アンカルジアさんは可愛い。
リボン自慢したり、女の子らしい一面も見せつつ、しなやかに強い。
世界編では物凄い活躍してくれたんですが、愛しのアロー君が留守番だったもので、あまり記憶が定かでないです。
ベアは神格化しないほうが良かったなー。
史上最強の駄馬って称号は美味しいと思います。
…と、書いてみたところで見事にメインの三頭にかすっていないことに気がついた。
まぁ、いつものことです。

マキバオーから派生して、一時は競馬中継とか見てました。
ほんの1年ほどですが。
大好きな競走馬がレース中に斃れてから、もう10年です。
出会ったのが秋天ならば、その最期を見送ったのも秋天。
きっかけは、栗毛の関西馬でサイレンス産駒で更に脚色が逃げってもう、リアルアローちゃんじゃないか!だったんですけど。
デビュー戦でまさかの柵くぐりとか、奔放なところが可愛くて仕方がなかったんですが。
ひたすらマイペースに走っているようで、他を寄せ付けないハイスピードとか。
…あんなに強くならなくても良かったんだけどなぁ。

いつもにもましてとりとめもないことになってきました。
なんとなくスズカちゃんの10回忌にあててとか、そんな感じで締めておきます。 

 

 

 

 
ようやくKONOZAMA様からアバドソ王が届きました。
14代目の新しい捜査をと思ったんですが、何だか、カイ船ばっかり描いてるんですけど。
正直、こんなに落書きしたの久しぶりです。
小話にするとらぶいちゃが書けないので苦肉の策なんですが。
でも、ぜんっぜん萌えないorz
どこかにカイ船無いですか、無いですね。スイマセン。

以下、その時の産物のごく一部です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
そういえば、14代目の新作が発売されましたね。
実は、ノクタン付きのを予約してました。
発売日に届いてなくて、KONOZAMA様、とうとう駄目だったかと思ったんですね。
でも、次の日も届かない。
ちょっと気になったので、配送状況を確認したらばクレジットカードの情報間違ってて配達出来なかったというオチ。
ごめんなさい、疑って。
そんなわけで、よそ様のプレイ日記を取りあえず回避しつつ、待っています。
これはあれですか、神様が先に前作クリアーしろって言ってるんですか?
でもオープニングのお目付け役はフライングしてでも拝みたいと思います。 

 

 

 

 
そういえば、昨日フナイ10代説の裏づけは無いって書いたんですが、ひとつだけありました。
坊ちゃんがティーンなら、フナイだってアリだろうと。
…すいません、それだけです。

マイナーすぎてフナイ取り扱いサイトさんなんて無いだろうと思っていたのですが、トニーサイト様で高船を見つけました。
確かにフナイ、たかださんの名前は覚えていましたもんね。
でもなんか、フナイが幸せなのってむず痒すぎる。
リリカルとかそんな…なんかあわあわします。
私の頭が可哀想なだけなんですが。
真っ向からバイオレンスな妄想しかしてなかったので、非常に申し訳なくなりました。
えーっとぽややんなフナイタンとかもアリなんでしょうか?
それはさておき、ますますフナイの年齢が分からなくなってきた次第です。
若いんだか中年なんだかどうなんでしょうね…。
そんなことを気にかける人間なんて居ないんでしょうが。
あああ、でもやっぱり10代だったらいいなぁ、としつこく呟いてみます。

あと、エンドーさんととねがわ先生の組み合わせだと、ものっそい先生が幸せっていうのに萌えました。
その安閑を選ぶのもよし、敢えて波乱の道を選ぶのもよし。
なんにせよ、先生が幸せになればいいです。
何かフナイとの扱いの差に、全私が涙しそうです。 

 

 

 

 
ふにゃい萌え。
奴はにゃんこだよね!…などと、唐突に可哀想なことを口走る位には変なギア入っています。
カイ船好きだけど、報われないフナイがいい。
何かものっそい可哀想なフナイ萌え。
具体的にどう可哀想かっていうのは、ちょっとかなりアレな感じなので自重。
とりあえず、不毛なことばかり考えてる毎日です。
エスポ編はフナイとの対決がメインなんですが、あいつカイヅのこと好きだよね。
最初は、ライバルかもと警戒しつつ近づいて、結局取るに足らない奴だと失望ついでにだまくらかして終わったと思ってたら、いつの間にか新たな仲間とゲームの鍵を握るまでに持ち直してきてて。
その時何となく、隣に自分が居ないことが面白くないのに気付いたりすればいい。
で、あわよくばとチーム離散を狙ったけれども、相手は応じない。
それからは、もうひたすらカイヅを嵌めるべく奔走するフナイ。
策を講じて買い占め戦略を破綻させたり、意地悪してをカードばら蒔いたり。
でも、結局は逆にカイヅに追い詰められることに。
最後の対決もさ、さっさと他の人に星譲渡の条件付けて、カード消費しちゃえば良かったのに。
それで勝ち抜け出来るのに、なんでカイヅを待ってるのかな。
柱に凭れつつ、声掛けられて振り向く表情が好きです。
何か切ないような、ちょっとばつ悪い感じで。
それでも、ちゃんと呼び掛けに応じるんですよね。
可愛いやら健気やらでもう堪らないです。
絶対待ってましたよね、あれ。

ところで、自分の中でフナイ=ティーンエイジャー説が浮上しているのですが。
えげつない騙し戦略を考える一方で、相手の反撃にはとことん打たれ弱い。
狡猾に見せかけて、意外に世間知らずだったりするのかもとか。
自分の策には絶大なる自信を持っているんだけど、一度それが狂うようなことになると、もう立て直し出来ないような。
第三の男、Xの存在にしても、あれだけ頭が回るんならもっと早く気付いてもいいだろうに。
でもその詰めの甘さと、アドリブに弱そうなところがいい。
…結局、ティーンの裏付けないのか、私!
とりあえず、あのなりでカイヅより年下だったりしたら個人的にとても萌えるなぁというお話でした。 
【続きを読む】

 

 

 

 
何か横道ばっかり逸れている気がする今日この頃。
ネットの世界というのは広大なもので、なんとふないタンの希望の船攻略アドベンチャーゲームなんていうのを見つけました。
凄い…。
5分ほどでクリアーできるのですが、割と分岐がシビアで、タイミング逃すと稼げなくなっちゃうという。
逆に焦ってもし損じるし。
初プレイは、辛くも別室行きは免れましたが、700万の借金で下船。
今のところ最高が4100万なんですが、どうしても闇に舞い降りた天才が攻略できません。
あと、ゲームオリジナルのキャラクターも。
天才様はおいといて、あのオリキャラが何か悔しいので勝ちたいんですが、全く攻略法が見えてきません。
あと、いしださんに会えるのかどうかとか。
先生にはとりあえずブラボーする方向で。
カイヅとは仲良くしたいのに、以下に非道に立ち回るかを要求されるこのゲームでは、裏切りがデフォなのです。
いい人でいると別室行き。
なので心を鬼にして、序盤のカモはカイヅにしてます。

…と、プレイしている人しか分からないネタで恐縮です。 

 

 

 

 
絶賛、不毛な方向に萌え継続中です。
読んだ漫画の感想とか書こうと思いつつ、脳が文章を考えてくれません。
そのうちこっそり、箇条書きとかで上げるかもしれないけれども。
時期外しまくりですが、覚え書きとしてやっぱり置いておきたいので。

ちなみに超不毛なことに至った原因はこれ
あかん、デレツンな難波の内弁慶が可愛く見えるorz 

 

 

 

 
かいじのいしださんが可愛くて仕方がない件。
あの、人のいい笑顔とか、目があった時の乙女のようなポーズとか堪らないです。
いつもは恐がりで情けない感じのおじさんなのに、ここぞというときは男を見せてくれて。
こういう穏やかだけど芯の強い人って大好きです。
もう出てこないなんて切ない。
ひょっこり、無事だったんだとか言ってかいじの前に現れてくれないかなと夢見てます。

それにしても、いしださん聖域とかいわれてる中、一人また茨の道つっばしっているのですが。
ごめん、私ものっそい汚してるよ。
11話のかいじに壁に押し付けられるシーンでドキドキしてしまったんですもん。
どう考えてもヒロインです。
本当のヒロインだったら途中退場しないかもなんですが。
どっかで復活してほしい。
叶わない願いだと分かってるけれども。

脳内では普通に生存設定で垂れ流しているわけですが。
出会いから別れまでが、恐ろしくタイトなので何処を弄ればいいのか分からないのです。
希望の船から絶望の城までの4ヶ月をどうにかするしかないのかな。
でも、あそこは再会の方が萌えるとかなんとか。
最早なんでもありな世界に突入しそうな勢いです。 

 

 

 

 
期間限定という文句につられてアカギテンプレをDLしてしまいました。
でも、使い道がないというか、さすがにここに使う勇気はありませんでした。
観賞用に持っておきます。

毎晩アニカイ見たり、2525でカイヅMAD漁ったりしてます。
いしださんの動画って、全然ないんですね。
どうやら一時の大量削除の時に消されている模様。
私に動画編集のセンスがあったら、「こんなにちかくで」MAD作るんですが。
カイ←石で。
希望の船最後のところとか、どう考えてもいしださん、カイヅに惚れるよね、とか思います。
カイヅにしたら、悔し紛れに捨てたも同然のお金の使い道として、いしださんを助けただけなんだろうけど。
でも、いしださんにとっては本当に救いの神だったんだろうなぁと。
で、それからずっとカイヅのことをまるで希望の光でもあるかのように縋るいしださん。
鉄骨編のうわごとの様にカイヅくんカイヅくんっていうのは、やはりそういういきさつがあったからで。
もう何回見てもいしださんの最期のシーンは泣ける。
あんなにいい人が居なくなるなんて、辛すぎる。
折角カイヅも振り向いてくれたっていうのに。

カイヅは呼び捨てがデフォルトなのに、対いしださんだけはずっと「さん」付けなんですよね。
てっきり鉄骨渡りのあみだで名前知ったのかと思ったのですが、実は希望の船の別室で既に名前呼んでました。
で、その時もさん付け。
一緒にいたもう一人も、明らかに年上だったのに呼び捨てでした。
なんかなぁ…ちょっと気になってたりしてたのかな、と深読んでいます。 

 

 

 

 
どこかに可愛いいしださんはいませんか…?
どうも聖域とか言われてる中、一人でヨゴレやってる気がしてきて申し分けない限りですが。
カイヅといしださんを推してみる。
たとえつりばし効果といわれても。

あと、なぜだか最近ふないが可愛く見てきて本格的に、自分大丈夫かと思えてきました。
…たぶん平気、なはず。
 

 

 

 

 
もう次号発売かというタイミングで、しれっと88話感想とかいってみます。

今回ばかりは、さすがに傲慢に絆されてしまいました。
「あれ」は好きなんだ、そうか…。
ラス姉も言ってましたもんね、ホムにも感情はあるんだって。
夫人の存在が、偽りの家族ごっこに信憑性を持たせていたのかなぁ。
お父様は夫人を人質にしても何の意味もないと取り合わなかったけれども、なかなかにこれは効果的かもしれないですね。
となると、大佐組は激戦必至ですが。
それよりも、おそらく家庭内で水面下に繰り広げられていたであろう、擬似父子による夫人争奪戦が恐ろしく熾烈な気がしてきました。

グリリンに対する従者二人の反応がかわいくてほんわかした今回。
二人とも戸惑ってる戸惑ってる。
おじいちゃんの反応がどうにもツンデレに見えてしまう私は、ちょっと眼科に行ったほうがいいのかもしれません。
当の強欲若は傲慢包囲網のどさくさにまぎれて逐電中ですが、優秀な従者が見つけて連れ戻してくれることを信じています。
でないと完全にかませ犬になってしまうよ、グリリン。
なぜ傲慢にはあんなに恐れて、お父様には勝算あるのかがわかりません。
ボスが手下を放って行っちゃ駄目だよ…というか、早まって死に急がないでほしい。
とりあえず、グリリンには首に縄つけてでも団体行動を乱さないように躾けないといけないと思います!

さて、久々に登場した傷一行。
スカーの成長具合が物凄くまぶしく見えました。
うっかり昔テロ支援とかのたまったのが申し訳ないです。
力で道理を通すのじゃなくて、もっと別の方法で国を変えようとしてる。
そしていつの間にか、自分が一人っきりじゃないことを認めて受け入れているですよね。
はっきりと彼の口から「仲間」って言葉が出てきたのってこれが初めてじゃないですか?
ものすっごい今適当に言ってますけど、多分無かったと思う…というか言いそうに無かったから。
中央の地下で殲滅戦の真実を知り、ドクターと出会ってから半年あまり?
その間に頑なに復讐を貫き通していた心が溶かされていったんだなぁと今更ながらに思いました。
もともとは素直ないい子だからねぇ。
ところで、今回ヨキさんが見当たらなかったのが気になります。
単にコマの都合で省かれてるだけだといいんですけど。
どこかで野たれてないかと心配です。
なんとなく、ヨキさんには参謀として開花してもらえたら良いなぁとか期待してしまう。
でも、ここに来てそれは無いかなぁ。
スカー一行の不確定要素って扱いも、それはそれでいいんですけど。

最後の最後にキンブリーさん復活。
どうやらイシュ人のスラムを襲撃しているっぽい?
今度はスカーが己の因縁にけじめをつける番なのかなと、見守りモードのドクター共々、いやが上にも期待が高まります。 

 

 

 

 
もはや何年ぶり?ってくらいにお気に入りフォルダを整理したりしましたが、かえってカオスになりました。
大好きなサイトさんって閉鎖してもブクマ消せないです。
そんな訳でジャンルだけ増えて全く整理できていないという。
なんとなく片付けられない人の片鱗を見ました。
萌にしても、増える一方で好きなものは時間たっても好きだったりするから、そりゃあ収拾付かないだろうなぁと。
腐の世界に足を踏み入れたきっかけは3594なんですが、未だにその時はまっていたカップリングは好きだし。
この世界って、捏造のスキルがあったら本当に何でもありなんだなぁと思う今日この頃です。
 

 

 

 

 
どうでもいいお話ですが、なぜいつもアニメ放送時期をはずしたりとか、ブームが過ぎたジャンルにばっかり嵌るのだろうかと。
カイジは二期製作決定だそうですが、好きな人たちはもう出番ないしあまり関係がないというか。
ストーリーを楽しむという意味では、物凄く期待できるのですが、萌えも欲しい。腐の国の人だから。
そんな訳で、どうでもいい前置き終了。

以下、恐ろしくどうでもいいCP語りです。
今度は、自重しない方向で。 
【続きを読む】

 

 

 

 
……凄い、燃える。
なんか萌えじゃなくて本当に燃える。
カイジ格好いいよカイジ!
とりあえず、Eカード終了までおさえました。
でも、この後見るのが辛い。最後は切ないし、先生もおっちゃんもいないし。
そんな訳で、22話までで止まっております。

とりあえず、ざざっと感想。
妄想控えめのつもりですが、ネタばれ満載。 
【続きを読む】

 

 

 

 
テンプレ探してたら、夜もふけに更けていました。
別目的で借りてたブログを転用しようといじってたんですが、他のとこのブログは慣れないせいか、いまいち勝手が分からない。
別に引っ越す予定も、閉鎖する気もないです。
だってここ、使いやすいから。
一応、別ブログは自分的備忘録にする予定なので、ここには繋いでません。 

 

 

 

 
そんな気分。
そして、今日も今日とて2525して参りました。
先生補給。
会長の卵割り機ネタが面白すぎて、自分でも何回リピートしてるのかと呆れるほど。
あそこの先生は不憫なんですが、なんかツボ。
おとぼけエンドーさんも良い味出してます。
実は昔、ちょっと遠とねとか好きだったこともあるのですが、今も好きですけど、改めて二人並べてみると物凄い癒しオーラがあるなぁと。
とりあえず、エンドーさん可愛い。

とねがわ先生の土下座のシーンについては、もう色々迸っているのですが、ただ謝罪のつもりでしたのじゃないだろうことは、流石に舞い上がった頭でも分かるわけで。
多分、対戦相手の覚悟を認めたからだろうなぁと。
たった一夜にして、今まで築いてきた地位も、価値観も全て突き崩されるんだものね、しかも自分がずっと見下してきた何もなさない(と思ってきた)若造に。
なんかね、その後の彼がどうするのかとか気になって仕方ないです。
このままで終わって欲しくない!
でも、まぁ原作での再登場はほぼありえないと思っておりますが。
とりあえず、そんな感じでまだぐるぐるしております。 

 

 

 

 
久しぶりなような気がするけど、どうも気のせいでは無いようです…。
ちょっと、ふらふらとしておりました。
ああ、2525。
何ゆえにあの人の土下座の回だけ残っているんでしょうか。
いや、全編見たかったけれども、もうあれだけで八割方満足してしまいました。
あとは、夢見て過ごせそうです。
最後にあの子のこと見るんじゃない。何か堪らなくなるから。
で、あの子も泣くんじゃない。切なくなるから。
そんなことをぐだぐだとぐるぐると。
fkmtカテはまだ作るつもりはありませんが、先生と駄犬は暫く追っかけていそうな予感がしてきました。
よそ様で見かけたリベンジャー先生が素敵過ぎてどうしようもない今日この頃です。
そして、こんだけ書いておいてあれですが、多分本編で一番感情移入しそうなのはいしだのおっちゃんだと思います。
 

 

 

 

 
最近急に寒くなってきたせいで、もっぱら家の中では布団を引っ被って生活しています。
おかげで知らぬうちに寝こけていることが往々にしてある…。
未だに扇風機とか片付けてないのですが、あれが視界に入るだけでも寒いです。

もうすぐ、14代目の新たな捜査が始まるっていうのに、まだ旧作でうろうろしているのは如何なものかと思いつつ、前述の理由で遅々として進みません。
11話に入り、焦燥に駆られて禁断の猫じゃらしを使ったのですが、あれがまた予想以上に素敵アイテム過ぎてぐらぐらしました。
ぬこ可愛すぎる!どうしてくれようこの黒猫!!
で、ここぞ!というところで在庫切れ…また、ストーリー進めずに猫じゃらしドロップを狙う日々に入りそうです。
多分すっ飛ばしていったらすぐに終われそうなところまで来ているんだろうなぁと思いつつ、多分あと10時間は余裕でプレイしていそうな気がする。
そんな近況です。

 

 

 

 

 
いや、戯れ言です。
さすがに雑記からサルベージする気力も、記事を見返す勇気もないので。
でも、開とねは萌えました。
わんことツンデレの組み合わせは、凡夫ととっぽい刑事を思い出します。
そして、ホントに私ツンデレ好きだなぁとか改めて思って、脱力しました。
ツンデレって言葉が出来る前から好きだったとかもう…。
素直にいえないけどちゃんと想ってるよって言うのがだいっすきです!
ごくたまーに優しいとかもう最高。

最近各方面に萌が拡散しすぎて収拾ついてません。 

 

 
Copyright © 2008 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。