管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
探したら家にぺるそなのPS版の攻略本がまだ残ってました。
懐かしいなぁと思いつつ眺める。
どうにも罪罰とシステムがごっちゃになっているようです。
相性の善し悪しで消費SP変わるのは罪罰限定でしたっけ?初代は使えさえしない模様。
あと、初代だけの状態異常もあって、人獣化とかびっくりしました。
公式で犬耳!?って変な所に突っ込み入れつつ。
コンタクトコマンドの対高慢モンスターへの有効策を唯一男性キャラで持ち合わせているのがまーくんなんですよね。
しかもそのコマンドが「見つめる」。
どうせなら、某坊っちゃまに行使すればいいと思いました。
きっと「土地か株か好きなものを言え」って答えてくれるはず。
結局は、裏と表が逆の10円玉貰えばいいですよ。
坊っちゃまのサイン入りブロマイドがネタか公式か分からなくなっている今日この頃です。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
ぺるそな、本当にちょこっとずつすすめています。
現在10階って書こうと思ってたんですが、ボス前にセーブしようと外に出たら、それまでのコンティニューデータ消える仕様だったのを忘れていました。
保険のつもりが、また塔を登り直しです。
まだ五階分なので序の口かな。
初期ぺるそなは何処まで使えるのかと首を捻りつつ、PSPリメイク版の3Dまーくんのキャラ作りっぷりに思わず笑ってしまったり。
ポーズおかしいですって。
みんな直立だと動きが無いのは分かるのですが。
どうせなら、色物ポジションはひでぴこさんと二分していればいいのに。
そんなゆるい感じですが、実はプレイ時間すでに7時間越えてるという驚愕の事実。 

 

 

 

 
18回はいやって言うほど聞いてたのに、打って変わって19回目は一回しか聞いていないなぁと思いつつ。
もう、あの人ブログの妖精でいいやと思います。
共演者ブログのあちこちに出没してますね。
タイミング的に収録の反省の意味での芝生だったのかなぁと、某所の解釈に大いに頷く今日この頃です。
それにしても、現実と夢想世界のギャップに、我に返ったとき自分の事ながらドン引きするんですけど。
計らずも全く別のジャンルの作品で、自分の妄想が具現化されていたのには吃驚しました。
もしも漫画とか描けるんだったら、そういう構図やりたかったよと、もう力いっぱい思いました。
そして、何だかとて萌えました。
ちょっと得した気分です。 

 

 

 

 
昨日は、にゃんこの日だったそうで。
毎年過ぎてから気が付きます。
でも、猫耳が好きって訳じゃないんだから!って中途半端にツンデレしておりますが、何気に猫耳率の高いんですよね、ここ。
もともとコンテンツなどというものもないんですが。
というか、来月は夢の国に行くことになりそうなので、慌てて調べてたら丸一日過ぎてたという。
初心者の手には余りますね、あのワンダーランド。
あわよくばその足で春ミケにとか目論んでしまうのは、人として如何なものかと思いました。

以下、中の人ことをぐだぐだと。 
【続きを読む】

 

 

 

 
衝撃の放送から一週間ですか。
本当に混沌とした7日間でした…。

冬みけで拝見したあの方は、プロフィール通り小柄だった訳ですが、168なんですよね。
調べてみたら、こちらは165ということなので、小柄なあの人よりも更にちまっとしてるんですね。
意外なところで萌え拾った感じです。
例の動画では、ちらほらとかわいいというコメントが付きはじめて、妙に安堵しています。
良かった、自分だけじゃなかった。
まぁ、萌えと豪語できるのは自分一人だけかもしれないけれども。
とりあえず、二人並んだら可愛いんだろうなぁと思った次第です。
けど、小粒でもどちらも騒がしいぞと。

ところで、ラジオのゲスト出演は二本録りの二本目にあたる今週と、来月のホワイトデーとキャラソン発売直前の21日がかなり鉄板かと思うのですが。
今月末放送分の収録時期には、前回の反響が聞けると思うので、ここはプロデューサー的にもその次の出演を考えてくれるだろうと。
で、タイミング的にはやはり前述の頃が最適かと思うので、是非実現して欲しいものです。
ああ、本当にそうなったら素敵なんですけどね。

そういえば、昨日がのりかずキャラソンの録音日だったそうで。
良い曲って言われてるってことは、ネタ系ではないのかな?
そして、気になるのはお二方の歌唱力だったり。
一方はほかの番組で歌ったりしているし、大丈夫だとおもうのですが。
兎にも角にも発売が楽しみです。
お陰様でデュエットとという形式が倍率ドン!で萌える。

それにしても、全然公式繋がらないんですけど。
ラジオの更新は来てるみたいなんですけどねぇ。
どれだけみんな殺到しているんだっていう。
いや、大人気で嬉しいです。 

 

 

 

 
先月パケ代割引プランに加入して、今月解約するのを忘れておりました。
折角なのでまた、ゲーム落としてみました。
初代ぺるそなとペル罰。
一度にふたつも落としてどうするんだった感じですが、異聞録リメイクの場つなぎにしようかと思って。
とりあえず、初代のほうを起動してみました。
主人公の名前を入れないといけないので、適当にショッカーとか入力したら、表示されるたびに妙な脱力感を覚えるのですが。
「ショッカーたちは塔に向かった」とか言われても(笑)。

それにしてもペルソナは2の印象が強いので(3と4は未プレイ)、悪魔合体とか武器の射程範囲とか、物凄く勘が狂うというか、昔はそうだったっけというか。
武器も剣と銃があったんですよねー、そういえば。
南条くんのために、モップは強化すべきでしょうか?
そんな感じで、この中断データ継続するの?ってあたりでうだうだしています。
…なんせ、主人公ショッカーだもんなぁ。
ちなみに好きなペルソナはヤマオカとナルカミです。 

 

 

 

 
ここ最近の日課が、例の動画のコメントチェックになっています。
一体何回聴く気なのかと。
やはり、怒られたあとの「スイマセン、えへへ」が最強…いや、最凶かと思いました。
ラジオだけだと、うっかり可愛いとか思ってしまう恐ろしい罠が潜んでいるので、気を確かにもたなければなりません。
そういう時はこあさ師匠の写真でクールダウンが最適。
大百科、誰一人としてあの写真に突っ込まない訳ですが。
言い得て妙過ぎる。 
【続きを読む】

 

 

 

 
2525でらじお対策室の18回目が祭りになってますね。
なんかシリーズ過去最高のコメント数とか。
…あの爆弾のせいですね。何だかんだで受け入れられてて良かったです。
めでたく大百科にも登録されてましたが、画像が間違ってるし(笑)。
どこもかしこもネタだらけですね。

それにしても…。
14日は、実はのりかずネタを考えてたりとかしたんですが、途中ではがれん92話を読んじゃって急遽某姉弟を書き始めたりとかしてたんですが、導入部分が終わった時点でうっかりラジオ聞いたら全部吹っ飛んだらしいです。
なんてこと。
そして、勢いであれを書いちゃったと。
もう自分がどこまで突っ走るのかと怖くなってきました。 

 

 

 

 
正直、カテゴリ分類に困ったので、苦肉の策でここに。
もはや何者だとも語れない…。
一つ前の記事が大丈夫でしたらば、追記からどうぞです。 
【続きを読む】

 

 

 

 
バレンタインですねぇ。バレンタインなんですね。いや言ってみただけです。
今日はがれいラジオ更新日ということで聞いてきました。

………しんやさん来てるーーーー!!!
なんというバレンタイン(笑)。
とりあえず、予想以上のおかしさでした。
テンション高い、というかまさにウザい!
まぁなんですか、聞いてるこっち側もテンション上がった来たので、後は追記で垂れ流します。
そして先に謝っておきます、すみません。 
【続きを読む】

 

 

 

 
新番組予告。配信先同じで配信日も一緒でパーソナリティも一部被ってるってことは、対策室ラジオは次回がラストってことでしょうか?
あまりにもいきなりなニュースで吃驚しました。
のりかずキャラソンの告知でしんやさんが乱入してカオスにしてくれるまで終わっちゃ嫌だ…orz。
どうなるかはまだわからないですけど、思わず呟いてしまいました。
そういえばかずちゃんの中の人のCD企画、どうなるんでしょうね。
油断してたらすっかり支援するの忘れてましたが。
でも、100通は余裕だと思います、多分。 

 

 

 

 
いつも思うのですが、ここがほとんど感想じゃない件。
今回のサブタイトルは弟君頑張るでも良かったんじゃないかなぁ、というくらい弟’sが頑張ってましたね。
戦闘シーン、熱かった!
アルはなんていうか、しなやかに強い子だなぁと思いました。兄さんとは逆な感じがする。
兄さんの方は、まっすぐにつらぬき通す強さというか。
でも、正反対だからこそ補い合ってうまくやってるんでしょうね…って物凄くいまさらな感想ですね。
萌とかではないんですが、何となく弟君は考え方とか女の子脳な気がします。
女々しいとかじゃなくてね、穏やかだけど芯が強い、そんな感じ。
あと、何気に吹っ飛ばされてるキンブリさんがツボでした。
本人は紳士的な態度を貫いてるつもりでも、どこか隙があるというか、プライドさんともどもなんか憎めない人たちです。そしてこのタッグ、何気に似たもの同士?
傲慢さんといえば、今回はさりげなく嗅覚利用してましたが、やっと気が付いたのねと思ってしまうあたり、自分の中ではネタキャラポジション確定の模様です。
風下だったら分からないとか、そんな不確定な能力のためにグラちゃんは…、と思うとやるせないですが。

そして、もう一人の弟君、豪腕少佐。
本当に、本当にっ!姉上のピンチに颯爽と登場してくれて萌…じゃない、燃えました!!
やったらキラッキラしてて、息もぴったりでいい姉弟だなぁと思いました。
お互いに安否を気遣い合ってるところにときめいた。
姉様は今度からもっと弟のことを見直してくれるといいな。
思いっきりツンデレそうですけど。
今回の戦闘シーンで思ったのですが、あの姉弟がガチで戦ったら絶対弟のほうが強いですよね。
家督争いで少佐が負けたのって態となんじゃないかなぁ。
姉様も薄々気づいてたりしたら、悔しいやら情けないやらで大変なことになりそうです。
全てが片付いた後には正式にリベンジマッチしろとかいってきかない気がする。
でも、あの家督云々からして周りを欺くための作戦なわけだから、そりゃまぁ、勝つのが当然の結果なんですよね。
それでも、やっぱり納得のいかない姉様だと良いなぁ。
姉様が弟を嫌いだという理由には、自分にないものを持ちながらそれを腐らせている(と少なくとも姉様には見える)というのがあるように思います。
価値観の違いって言えばそうなんだけど、必死で足りないものを埋め合せて生きてきた姉様にとっては度し難い行為なんだろうなぁ。
殊に敵前逃亡なんて絶対あっちゃならんことだと。己の信念として。
それ故に無邪気な妹のように憧れとしては見られないのよ、軍人だから。
再会直後は姉と呼ぶなといいながら、今回は登場からずっと姉様呼び炸裂なんですが、その辺はどうなんでしょうか姉様!とちょっといやかなり気になってはおりますが…。
というか、私はこの姉弟をどうしたいのかという気がしてきたので、このあたりで自重します。

最後に。まさかのドクター登場に、ヨキさん何やってるの!と思ったりしないわけではないのですが、怒涛の展開過ぎてトリ頭には処理しきれませんでした。
それにしても、ドクター強くなりましたね。
その手にしてるのは、まさにかつて自らが造り出した罪の証そのものなんですよね。
巡り巡って戻ってきた辺りに因縁やら運命やらを感じずにはいられないのですが。
兎にも角にも、ドクターが再び立ち向かってくれるのが嬉しくて仕方がないわけで。
あの石を使うときどんな想いだったのかとか、かつてのドクターだったら絶対にこんなことしないだろうなぁとか、そうやって変わってきた中にはあの人との関わりが大きいんだろうなぁとか色々。
アニメのあれはね、うん、実はちょっと引っかかっていたところでもあるので(え、そんなにあっさり石使っちゃうの?みたいな)原作でちゃんと心境の変化を描いてくれたのが嬉しかったです。
この人、もう大丈夫だよね?折れたりしないよね??と未だについつい周り見回しちゃったりするんですが。
石を手にしたドクターの今後の行動が物凄く気になります。
次号、あっさりアルタンに返してたりして…。
ハインケルさんの予想を上回る活躍ぶりから考えて、まだ何かやってくれると信じてるんですが。
ところで、ラストのあれですが、むしろ噛み付いてるほうにフラグが立ってるようでちょっと心配です。
でもドクターがいるから大丈夫ですかね。
キンブリさんは、あの人はただ諾々と敗北するようには思えないし、というか気づいたらこの人もいなくならないで欲しいと思うし。
まだスカーとの決着ついてないし。
いろんな物ひっくるめて、待て次号!ですね。

…あの姉弟は大丈夫だと思います。どんなことがあっても、もしぶとく残ってくれそうな人たちなので。 

 

 

 

 
萌燃費の良さには定評があります。
のりかずキャラソン、公式にも発表されてますね。
個人的にすごく気になるのが、収録内容の所。
1、2曲目がキャラクターソング@デュエットというのは分かるのですが、3番目の内容未定って何なのかと。
普通は、ここオフボーカルが来ますよね?よみかぐ・きりしつはそうだったし。
何かしら特別なものがあると期待していいのでしょうか?
裏切られる公算大ですけどね。
のりかず学校生活のミニドラマとか付いたら神なんですがね…。費用の問題があるのなら、いっそキャストはその二人だけで、女生徒がみんなオカマになってても良いから!
なんて、言ってみただけです。
あとね、中の人のトークという皮を被った漫才とか。
うん、夢は寝てから見ますね。 

 

 

 

 
PSPで異聞録の発売が決まったそうで。
えーと、4月29日ですね。メモっとこう。
別にゲーマーとかじゃないんですが、FF7とこの異聞録は物凄くはまったゲームなので、思い入れも格別なものがありまして。
今回の携帯機移植でこのゲームに触れる人が増えればいいなぁと思いました。
ちょっとトレーラー見てきたのですが、音楽がめっさオサレになってるー!(笑)
10年以上も前の作品だから、ちょっと今の世には合わない部分もあるかもですが、どこまで手が加えられてるのかとか気になりますね。
願わくば前作から大幅に改編されんことを。エンカウントはもう少し減らして欲しいですが。
とりあえず、キャラクターはそのまま使ってもらえそうなので安心しました。
某ifのチャリさんの悲劇はもう見たくないです。立ち位置的にまーくんが危ないと思っていたので…。
そんな感じで、ハードも持ってないけどなんとなく楽しみにしていたりします。
多分マップは、相変わらずだだっ広ややこしいのでしょうが。 

 

 

 

 
とてもどうでもいいことですが、がれい本編をのりかず前提のりよみののりちゃん視点で追っかけてると物凄く精神的にキツイものがあるのですが。
のりちゃん、割と何でも自分のせいにするとこあるような気がするから、8話ラストから11話あたりは筆舌に尽くしがたい思いでいっぱいだったことでしょう。
思いっきりのりかずフィルターで見ると、婚約解消で完全にのりちゃんは自由になるわけで、それを望んでいたはずなのにいざそうなってみると、何処にも行けない自分に気づかされたり。
婚約が枷なんじゃなくて、根本的に二人のどちらかを選ぶことなんて出来ないんだっていう。
よみちゃんを追い詰めた原因に自分が関わっているのだから、そんな彼女を切り捨てるなんて出来るわけがないし、追い詰めてしまったという自責の念もあるし、そうやって手から零れ落ちていって初めてその存在の大きさにも気づかされたしりして。
もう絶対に手を離すものかと決意して、彼女の汚名を晴らしてやることこそ自分に出来る償いだと信じて、そのための調査に没頭していた矢先に、あの悲劇。
そういう流れからしても、単純に親友を選ぶことが出来ないのは当然かと思いました。
助ける助けない云々よりもまず、あれ以上よみを追い詰めちゃいけないって、そう考えたんでしょうね。
よみを殺してとめるなんて言語道断だし、親友だけ助けて逃げるわけにも行かず、恋人に全身全霊を賭けて対峙するには、相手の変貌はあまりにも衝撃が大きすぎて。
そんな感じで、負い目があるが故に最善の方法が何だったのかなんていう、冷静な判断を見失ってしまったのかなぁと。
あと、自分だけ傷つかないで居るのが許せなかったんじゃないかと。
結果、許婚だけでなく親友の分も色々背負わないといけなくなったわけですが。
なんと言うか、本当に皮肉だなぁと。
…とか、神妙になってたところで中の人が全部ひっくり返してくれたわけですけど。
どう見ても苔です。本当にありがとうございました。 

 

 

 

 
さるさるさん、やっとクリアしました。
結局、新天地にたどり着けなかったのがくやしいので、ちょこちょこやっていこうと思います。
それにしても200年近くかかるなんて、終盤ぐたぐた過ぎたなぁと反省。

ところで、このゲームは子供に自分で名前をつけることが出来るのですが、語感の似た子が生まれたときにちょっと名前変えてみたりしたんですね。
かずちゃんもじってつけた子がしんやさんとペアになってたりしてえらくテンションあがりました。
一緒に作業することが多いとカップル誕生するみたいなんですね。
で、ほかの組は別の相手と余暇したりしたらペアの相手がかわるのに、この組はすごく一途で、かずちゃんがおばあちゃんになって、他の子と組ませようとしたけど、結局ずっとこの二人ペアのままでした。
間にできた子供にかぐちゃんの名前付けました。
なんか幸せになりました。
かぐちゃの子はよみちゃんにしてみたら、ここでめでたくクリアと相成りました。
そんな感じで。
でも、意外なほど命名機能とペア表示に萌えました。
冷静に考えるとしんやさんはのりちゃんじゃない訳ですが、細かいことは気にしないでおきます。
まぁ、ネックはグラフィックと能力値を見る前に命名しなきゃいけないところかなぁ。
愛があれば多少の低パラメーターは目をつぶりますけど、外見がかけ離れていると少し哀しいかも。
今度はきりあやとかまさくどとかつけてみたいと思います。 

 

 

 

 
出来ることなら、こう…首根っこ掴んで揺さぶったやりたいです。
うん、また行ってしまったんだ海に。
で、結果。今度こそ、死ぬかと思った。
燻製の技術も覚えたし、食料ストック100以上あったし、これなら大丈夫と漕ぎ出したのがかれこれ、ゲーム時間の20年前。
海竜に追い回され、嵐に逢い、彷徨の結果完全に現在地を把握できなくなってしまいました。
北と南は海の果てにぶつかったので、ひたすら東に向かったのはいいですが、陸地が一向に見えず。
再び襲い来る海竜に、餌場を追いやられ4人の餓死者を出してしまいました。
もう駄目かと思ったところで、第二の餌場を発見。
ここでしばしの立て直しを図り、ようやく航海を開始したところで念願の大陸を発見しました。
いつの間にか、部族のメンバーも様変わり。
新天地で心機一転をと上陸しました。
そのときの心境を、某P氏に代弁してもらうと以下のとおりです。

あ、ありのまま、今起こったことを話すぜ!!「俺は新大陸を目指して船出したと思ったら、いつの間にか元の場所に戻っていた」何を言ってるのか分かるらねーと思うが、オレも何をされたのか分からなかった。頭がどうにかなりそうだった…地殻変動とかプレートテクトニクスとかそんなチャチなもんじゃ断じてねぇ…もっと恐ろしい左右のマップは繋がっているを味わったぜ…(AA略)

分からない方には全く意味不明なもので済みません。
でも実際、上陸して周辺見渡した時、上記の元ネタのAAが脳内を駆け巡りました。
えーっと、これって何て言うんでしたっけ。
徒労…?多分泣いていいんだと思います。 

 

 

 

 
…だったらいいなぁと。タイトルはよみかぐキャラソンから拝借。
名曲です、ほんとに。

ネタに窮しているのではなく、むしろ妄想は脳内には溢れ返っておるわけなんですが、なかなかよい具合に捻り出すことが出来ずにもどかしい気持ちで一杯です。
のりちゃんがね、ようやく好きになって来ました。って、今更感満載なんですが。
やはりかずちゃんの最期を思うと、どうしてもこの人さえしっかりしていてくれたら…!って考えてしまうのです。
だけど、のりちゃんも苦しかったんだって最近は思える様になりました。
背負っている宿命の重さは余人の想像を絶する程のものがあったんじゃないかと。
そういうところで、よみちゃんと気持ちが繋がってたんだろうなぁとか。
そうだとしても、終盤の彼にはもう少し何とか踏ん張って欲しかったけれども。
もしも、かずちゃんの対策室入りのきっかけがのりちゃんだったらと思うとやるせなさ倍増ですよね。
退魔師の過酷さを身近で思い知らされてるから、本当は止めなくちゃいけなかったのに。
その辺の葛藤とか色々考えてしまうのですが。
友人の気持ちを尊重したいとか言い訳しつつ、本当は自分が傍に置いておきたいだけなんじゃないかとか悶々としてればいい。

あと、室長と対策室に入りたてのかずちゃんも想像してみたりして。
厳密にいうと、あやめさんはこの時はまだ室長じゃないんだろうけど。
のりちゃんがね、かずちゃんとの出会いがきっかけで、変わったりしてね、昔は家の事や理外の存在を認めようとしない外部との軋轢とかで結構尖った子だったのが、身近な人には気さくに話をするようになったりとかしてね。
そういう変化を目の当たりにした周りの大人は、安心する反面、別の懸念を抱くわけで。
昔、大切な人を亡くしているあやめさんは、ことに複雑な思いで眺めていたんだろうなぁとか。
追記からそんな妄想を思いつくままに書き散らしてみました。

と、伝わりにくい妄想はさておいて、2525で見つけたがれい動画をここに張り付けておきます。
これは、噴出さざるを得ない…!
ちなみに件のファッションセンターには入った事がない、というか地元にあるのかすら謎です。 
【続きを読む】

 

 

 

 
キャラソン第三弾のジャケ絵が公開されてるという情報をみて飛んで行ったら、中の人のブログだった件。
相変わらず更新マメだなーとか思いつつ。
それはさておき。二人ともちゃんと格好良く描かれてる!で、まさかのかずちゃんメイン!?
というか、トミオカ前面に出すぎな気がするんですけど。
確かにあの武器はもっと活躍して欲しかったけれども。
のりちゃんのポーズみてると、「行け!カズキ」って後方で指示出してる感じで、自分も戦えよって思っちゃいました。
実際はチビちゃんに命じてるんだろうけども、位置関係からすると、完全にかずちゃんがのりちゃんの使い魔的ポジションです。
だったらもう、それでいいじゃんという気持ちにもなろうかというものです。
原作ではよみお姉ちゃん復活フラグがバンバン出てきてるらしいので、のりちゃんの前にはかずちゃんが現れて欲しいです。
もう、カテゴリAでも何でもいいから。…でも百歩譲って登場したとしてもカテDだろうという悲しい現実。
かずちゃん悪霊化については、生前の彼の性格からするとありえない気がしますが、よみちゃんの前例が有るから、どう転ぶかなんて分からないですよね。
何より、原作のりちゃんの飄々とした部分を打ち砕く唯一の存在が、かずちゃんなんじゃないかと思ってたり。
誰にも話していない分、そして誰とも共有出来ない以上、よみちゃんへのそれよりも根が深いんではと思うのです。
原作での退魔師としてののりちゃんの実力が、群を抜いているというあたりにもなんかもやもやしますよ。
実は、零の悪霊化したよみちゃんと対峙した時も、彼女を抑えるだけの力を持っていたってこと?
なのにあまりの衝撃で立ち尽くすばかりで、結局友人を救えなかったっていうことなんでしょうか…。
だとすると、なおのこと地下水路での一件は悔やんでも悔やみ切れなかったろうなぁと。

ところで、のりちゃんの中の人が実況してるカードゲームの動画を見つけたんですが、ルール全然分からないのに実況のノリの良さについ、最後まで見ちゃいました。
器用な人ですねぇ。そして暑苦しさとウザさも十二分に伝わりました(笑)。 

 

 

 

 
はるみけがやばい。
のりかず本が存在するというのなら、それだけの為に東へ駆けつけたい気持ちですが、その前に今月おおさかでfkmtオンリーが二つもあるという事実。
どっちかにも絞れないしもうどうしたらいいのって感じ。
茨なものにばっかり足を突っ込んでいると、萌を求めて文字通り東奔西走する羽目になります。
落ち着け自分、とは思うんですけどね。
敢えての自宅待機もありですか。
こればっかりは本当に押し迫ってくるまで分からないので。
計画?何それ美味しいの状態です。 

 

 

 

 
よみかぐキャラソンを聞いてきました。
日常を歌ってるんだなって思いつつ、歌詞を見るとせつなさみだれうち。
歌いだしの10秒待ってる→5分かかるけどきっと待っててくれるってあたりが、短い言葉で二人の関係を表現していて上手いなぁと。
幸せであればあるほど切ないって言うのは、もう先に決まった避けられない運命が示されている以上、どうしようも無いことなんだけど。
イメージソング集に続きこっちもすごくクオリティ高かったです。
制作陣、力入ってるなぁ。
これは、桐室とのりかずも期待せざるを得ないです。ヒロイン二人と違って、素材少ないけど、きっと良いものを提供してくれると信じてる。 

 

 

 

 
主に自分の妄想の。

2525トップにあった動画を何気なくクリックしてみたらば、何だかとても癒されました。
男子3人でぱふゅーむの振り付けを曲に合わせて踊るという動画なんだけど、ネタかと思いきや殊の外ちゃんと踊っているのが、微笑ましいなぁって思いました。
狭いところにきゅうきゅうしてるところも可愛い。
気が付いたらアップロード動画全部見てるとか。
で、新作わーい!と思ったらメンバー卒業ですか。
なんか最近そーゆーフラグ立ててるところに吸い寄せられるように乗り込んでる気がしてきます。
別に無くなるのが前提で応援してるわけじゃないのに、何でそういうことになるのかな。
とりあえず解散はされないみたいなので、復活を待っていようと思いました。
ちなみに、さいもえは踊れる白タンでも歌える仮面タンでも無く、ナイスアシスト眼鏡タンです。
ピアノ弾けるとかすごいと思う。
でもそれぞれが上手い具合にバランス取れてて、みんな可愛いんだって。
本当は動画貼り付けようかと思ったんですけども、うかつな事口走ってたら、申し訳ない限りなの自重します。
素人さんに萌とか本当にどこまで突き抜けるつもりなんだろう、私。 

 

 

 

 
自分用にアニメののりかず妄想解釈をあげつらってみました。
読みにくくってすみません。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
突然ですが、がれいでのりかず小話。
というか、のり→←かず。相互片思い。
この二人はどんなに頑張ってもらぶいちゃ出来ないだろうなぁという気持ちで書きました。
でも、そんな切ない友達以上恋人未満の二人が好きです。 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2009 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。