管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
山さんは卒業後も野球続けるのかな?
いくら強豪とはいえ、県大会初戦敗退のチームに推薦枠がそれほどあるとは思えないし、これからも続けようと思ったら自力で場所を手に入れないといけないんだろうなぁ。
そんな岐路に立たされる山さん。勿論、タケちゃんと同じ道という選択肢は無いし。
先に行く方が、追いかけてくれなんて言えるわけないし、ましてや相手の才能を潰してしまうことにも成りかねないのに、言える筈がない。
むしろ許されるなら、自分が待っていたい。
…って、それは浪人という選択肢ですか?
かろうじて接点があるとしたらば、大学で同リーグに所属、対戦あたりかなぁ。
自力で入るにはもう恐ろしい程の難関ですけども。
そんなことをつらつら考えてしまいました。
否応なく遠距離恋愛ですよね、このふたり。
まぁ、南マ程じゃないですが。そしてジャンルすら違う訳ですが。
山さんにしてもタケちゃんにしても、人知れず煮詰まっていそうだなぁという妄想でした。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
なんか瞬間的に山タケの波が来たわけですが。
もうどうにでもなれ的な迷走具合です。
でも、山さんが格好良くて仕方がなくて。
お気楽でいつも飄々としてて、でも肝心なところはちゃんと見ていてくれる、みたいな。
気分は乙女タケちゃんです。…うん、すっごい妄想ですけども。
あー、3年生が引退しちゃって、次期主将がタケちゃんで頑張ろうって矢先にエースが腑抜けちゃって、かずさんだったら上手くやれるんだろうなぁとかぐるぐるしちゃって、周りといえば皆ずんたの心配ばかりするし、自分も相当煮詰ってるけどキャプテンなんだから、俺がしっかりしなきゃとかってずっと思ってたりして。
こころとは裏腹に体は元気だし、調子も悪くない。だけどいつもどこかしっくり来なくて。
そんなタケちゃんのことに唯一気が付いて、さりげなく肩を貸してくれるのが山さんだったらいいなぁと言う妄想でした。
つか、きっかけが引退後って我ながら微妙すぎる。
それはさておき、ゆるーい先輩な山さんと生真面目な後輩タケちゃんの凸凹コンビぶりが良いなぁと、他所様で拝見しつつ思ったわけです。
でも、正直原作における山さんの性格設定ってどんなだったかあまり記憶にな…い、かも。

振りは、好きCPがマイナー方面に恐ろしく拡散してる気がしてきました。 

 

 

 

 
のんびりと塔攻略中。
現在80階です。
長かった攻略もあと残すところ20階ですね。
ペルソナレベルは全員80を超えているので、この調子でレベル上げしていけばMAXまでいけるかも知れません。
でも、きどっちを育てていないので、最強ぺるそな付けられないんですが。
それをいうならば、封神具がさっぱり出ない以上、上位陣は全く作れない訳なのですが。
普通に作れるのってあと2、3体なんですよね…寂しい。
中には、帰還アイテムで封神具を手に入れることが可能なものもちらほらあるのでその辺りを目指して育てるかなぁ…。
と、つらつら考えつつ最終スタメンを一切考えていないことに気付きました。
foolは外せないとして、あと何にしようかと。
ラクシュミが攻撃にも使えたらよかったのにとか何とか。
そして、pspリメイクが楽しみで仕方がない発売一ヶ月前でございます。 

 

 

 

 
遅ればせながら、のりかずキャラソンを聴きました。
キャラクターソングというより、物凄く正統派な作品でした。
中の人、歌上手いな…アニメっぽさが全然感じられなかったです。
歌詞は素直に捉えればよみちゃんの事なんだろうけれども、穿って見た瞬間破壊力が増しますね。
もっと傍にいたかったとか、ああもうっうわーぐはーって感じです。
で、2曲目の最後ではまさかの親友同士の掛け合いが。
アニメで紀ちゃんがカズキって呼ぶことがあんまりなかったものだから、何だか物凄く新鮮でした。
名前呼び合ってるのって、いいなぁ。
ほんの短いやり取りの中に、日常の様子が垣間見られて大変おいしゅうございました。
桐室キャラソンの時は、それぞれ別収録だったらしいので、今回もそうだろうなぁと思っていたのですが、台詞の掛け合いがあるって事は、二人同時収録なのかなぁとか。
そんなところもおいしい思ってしまうキャラソン哉。
ライブにも出演決定だそうで、別作品の映画の舞台挨拶といい、中の人たちのセット扱いが嬉しい今日この頃。 

 

 

 

 
本誌は見ていないんですが、ARC始動ですか。
先月によしだ先輩が捕手だと判明してから、実はシオが控え投手だったら萌えるなぁと思っていたのですが、それがどうやら現実になっているようです。
シオヨシってば、公式でめおとですか!?うわー…。
とりあえずあれですか、部活後ふたりで特訓とかやっちゃったりするんですか?
部活のときはもっぱらよしだ先輩はおーたがわ君の面倒見てると思うので、シオの相手は練習終わった後だと思うんですね。
先輩、俺様だけどそーゆーとこは他人に任せられない性分だったりするといいなぁと思うので。
別に特別レッスンに他意は含んでおりません。ええ全く。
以下は、先月よしだ先輩のポジションが判明したときの妄想していた小ネタです。
捏造もいいところですが、例によって書き逃げます。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
タイトルは、ぺるそなリメイク版OP?曲より。記事の内容に一切関係ないんですけど。
めでたくリメイクを購入して、PSPも手に入れたらP1カテゴリ新設します。
という訳で、今日も今日とて。

公式に新ムービーが来てました。
まーくんの変なポーズは、落下物を避けていたからなんですね。
それをさっ引いても、やたら重心低いんですけども。
直立のなんじょうくんとの対比かなぁとか勝手に思っておきます。
リメイクでなにが楽しみって、新規ムービーですよね。
どのシーンに入れてくれるのかと、想像するとワクテカが止まらない。
今のところ、病院の地震とマキちゃん復帰のシーンが確定、と。
山岡さんのシーンはやはり新たに3Dキャラを起こさないと駄目だから難しいかなぁ。
あと、個人的にでヴぁ・ゆがでの真実との対峙~歯ぁ食いしばれまでのシーンはムービーで見たかったりします。
まぁ、実際ムービーシーンってどれ位あるんでしょうかね。
PSPソフトってやったことがないのでどんなものか想像も付かないです。

ところで、前回姫南好きだとほざいておきながら、華麗にスルーしてしまったので、なんか自分が物凄く消化不良です。
南マが本命なんだけど姫南もブラマも好きなんです。で、エリマキでありつつマキ姫も好きとか。
節操なくて済みません。
どうでもいい話ですが、リメイク版のBGMをエンドレスリピートしてます。
公式よ、盛り上がったところで再生止めないで欲しい…。
何この「続きはサントラで!」的なノリは。まんまと乗せられてる人間がここに一人orz。 

 

 

 

 
某実況動画さんの姫野ちゃんピックアップに物凄く感激しました。
あああ、NPCでは姫野ちゃんが大好きだったんですよ!
エンディングで登場しなくて一番寂しかったのが、彼女でした。
私の中では、この子も卒業式後、皆と一緒に遊園地に行ってます。あと、とろ君も。
2の脂ののりまくったとろ君はあれですが、学生時分だったらトロアヤはありだと思いました。
罪のときのとろ君はちょっとフェアじゃないと思っちゃうんですよね、ってそんなことはどうでもいい。
姫野ちゃんがすきなんですというお話でした。
ちなみに、姫野ちゃんはお家が貧しくて弟たちのために家計を助けてバイトしてる、内気で健気な女の子です。
世界で一人だろうけれども、こっそり姫南CPを推してたのを思い出しました。
語呂的にこっちのほうがいいかなというだけで、姫野ちゃんが左という訳ではありません、断じて!決して!!
ところで、姫野ちゃんといえば、「楽園の扉」が外せないと勝手に思っているのですが、結局あの本の内容には一切触れられていなかったのが少し残念に思った部分でもあり。
出来れば、マキちゃんの描いた絵も、もっとちゃんと見たかったです。
リメイク版の追ダンジョンが楽園の扉だったらもう天にも登る気持ちになろうかと思うのですが。

以下は、姫野ちゃんに関する根も葉もない妄想なので、颯爽とスルーしてください。 
【続きを読む】

 

 

 

 
久しぶりすぎて何を書いていいのやら。
とりあえず布団から帰還しました。
いつの間にか、塔70階まで登っておりました、やりすぎだろう私。
プレイ時間も40時間越えてたし。
そんな感じで、メンバー入れ替えようにも思い入れが出てきてしまって、結局仲間になった順でそのまま進めています。
エリータン可愛いよエリータン!
以下は、どうでもいいプレイメモ。


fool3体とも作りおおせたし、あとは地道に塔を登るだけかなぁと。
ナルカミがね、以前もそうだったんですがいきなり出来るんですよね。
青合体のfool発生確率は128分の1というシビアな確立のはずなんですけどね、狙ってないとこでいきなりこうポーンとね…嬉しいんだけど、この合体じゃスキル付かないじゃないかという独り言。
あと、封神具は一向に出てきません。
ヤマオカはあきらめるしかなさそうな気配。
拾いに行こうにも、出現階数が60ってことは、まるまる10階分そのために登らなくちゃいけない訳で。
それを、宝箱から出るまで延々とね繰り返さなくちゃいけないという。
ちなみに10階登るのに5時間ぐらいは余裕でかかります。
61階だったらレストルームからすぐなのに。

amazonのページを開いては新型psp何色がいいかなぁとか考えてしまう私の明日は何処…? 

 

 

 

 
久方ぶりの更新で恐縮です。
辺境ブログだし敢えて説明することも無いかなぁと、かなり虚しくなりつつも取りあえずは…。

先週末からネズミの国に行っておりました。
が、最終日にグロッキーと化してしまいまして、吐くわ下すわで(すみません…)もう、ひどい目に遭いました。
おかげで春ミケにも行けず、ホテルでひたすら唸っておりました。
運悪く、同行者と別れた直後だった為、完全に異郷の地で一人ぼっちとなってしまい、無事に家に帰れるだろうかと本気で先行き不安になりました。
で、現在はと言いますと無事に帰途につき、絶賛療養中です。
今週末位には通常営業出来れば良いなぁと思いつつ。
無駄にぺるそなの塔攻略が進んでいる辺り、自重する気はないのかと問い質したい気持ちです。

以上、なんとも情けない近況報告でございました。 

 

 

 

 
昨日の記事、実は半分寝ながら書いてた。
伝わりにくさはデフォルトなのであまり変わらないかも知れないですが…いえ、あの、すみませんでした。
相変わらず、ぺるそなリメイクの煽りを食らってわーわー言うております。
南マが愛しくて仕方がないらしいです。
でも、世間的にはあまり注目されてないみたいですね、今回のリメイク。
知らない人はあえて手に取ったりはしないのかも。けど、いい作品だと思います。
萌え抜きにしても…って私が言ってもあんまり説得力無いかもですが。
ぼっちゃまことなんじょうくんの成長が本当に素晴らしくて、うん。大好きです。
当時は「歯を食いしばれ!」のシーンは直球過ぎてちょっと恥ずかしくもあったのですが、改めて見ると本当に良いシーンだなぁと思いました。
ぼっちゃまが、大人の言い分を主張する場面はね、仲間の覚悟を試すとかそういうのじゃなくて、寧ろ自分の足場を確かめたかったのではないかなぁと。
幼い頃から財閥の嫡男として帝王学を仕込まれて来ているから、最大多数の最大幸福?(うろおぼえ)大を生かすには小を切り捨てるのもやむを得ないという考えは、その辺りから来てるのかと思います。
本当はもっと馬鹿みたいに友達の為に突っ走りたかったけれども、今まで培ってきた諸々が邪魔をして上手く走れない。
まーくんはそんな葛藤から無意識にぼっちゃまを引き上げてくれたのかな。
それが、あのぼっちゃまを殴るシーンで。
とにかくこのふたりは正反対で、でもお互いに影響しあっていて、何だか本当にいいコンビだなぁと思うのです。
すごく微笑ましくて癒されます。
罪罰のまーくんのいないぼっちゃまは、クリープを入れないコーヒーのようでした。 

 

 

 

 
公式更新来たーー!
ということで、戦闘シーンが上がってました。
やっぱり曲がオサレですね。
そして割とさくさく進行してるような。
戦闘時の掛け声は変更なしっぽいですね。
ハード持ってないけど、サントラ目的で買うのもいいかな、とか何とか考えてしまいます。

今追っかけているPS版の実況動画がレイジルートなんですが、彼がパーティーに入ると、なんじょうくんと合わせてツンデレ分が二倍になるんですが。
両者に突っかかられるまーくんがちょっと大変そうだと思いました。
キド君は、終盤にかけての豹変っぷりが物凄いので、これからが見ものだなぁと思います。
実は、全台詞集とか見つけたので、この先のレイジルートについても情報があるんですが、いやはや本当にすごい破壊力です。
お前らなんか関係ないって姿勢を貫いていたのが、最後には俺が守ってやる、になるんですもんね。
ところでですね、レイジルートはエンディングがまたなんというかその筋にはたまらない感じなのでそのあたりも特筆すべきかと。
今更だけどネタバレど真ん中なので追記にしておきます。
エリーたんの時、思いっきりそのまま書いちゃったんですけどね。
まぁ、それは置いといて。以下エンディングより、ツンデレイジさんの成れの果て。 
【続きを読む】

 

 

 

 
30階のボス撃破しました。
そして、その戦闘で主人公がお亡くなりになってしまいましたのこと。
…復活アイテムをほとんど持ってなくて、戦闘中に使い果たしてしまったそうです。
でも、魔法一撃で瞬殺ってあんまりだと思いました。
まぁ、所持ぺるそなに耐性付いてなかったから仕方ないのですが、何ゆえに狙い打ち?と、復活直後に直撃食らったときには流石に思いました。
経験値的に、恐ろしいほどのビハインドです。
うん、主人公はどうせパーティ外せないからどうにでもなるよ。
悲しくなんかないんだからねっ!…このパターンそろそろどうにかしようと思いつつ。
レストルームで、ぼっちゃまに防具を買いました。
そして、未だに装備してなかったまーくんとぼっちゃま用に銃も購入。
復活アイテムも仕入れておきました。
そろそろ復活もちのぺるそな作らないとなぁと思った矢先、foolも出来て、えらく順風満帆です。
そのうち全滅するんじゃないかと思いました。

公式のサウンド聞いてると妙にテンション上がって来たりして。
発売当初から70年代テイストとして作られたキャラクターに、オサレど真ん中のサウンドがマッチするのかどうなのかと少々不安でもあり、でも確かに音楽はいいんですよね。
リメイクにあたっての希望としましては、罪罰みたく会話ウィンドウのキャラに表情つけて欲しかったかなぁとちらっと思いました。
あと立ち絵の3D化。
それだけやったら、いっそ別作品出せって事になっちゃうかなぁ。
すいません、ただ山岡さん別離後のぼっちゃまが見たいだけですorz
両の腕で自分を抱きしめてうつむいてるぼっちゃまはとても反則だと思います。
鉄壁のガードが全部外れたあの瞬間は本当にもう、なんとも言えなくなりますよね。
あれが物語序盤とか、本当にどこまで翻弄してくれるのかと。
そんな諸々を含め初代は物凄く思い入れのある作品なのです…と無理やりいい話っぽく締めくくってみる。 

 

 

 

 
南条家のおぼっちゃまがまたお逝きあそばしてしまったorz
私、今度レストルームに行ったら防具買うんだ!って不穏なフラグを立てつつ、未だに30階をうろついています。
目当てのスペルカードが拾えないので。
あっさり先に行っちゃった方がいいのかなぁと思いつつ、これで何回月齢廻ったよと。
とりあえず坊ちゃまのポジション、後衛に変えようと思います。
ヒロインと一緒か。それでいいのかぼっちゃま!
未だに初期ぺるそな付けてる私が悪いんですけど。
一方でまーくんが交渉で経験値貰ったりしてるので、ますます差が開いちゃってるよ。
そんな近況です。
このレベルだと初めてのfoolが作れるんですよね。
…いかん、またレストルームにこもりそうな気配が。

自給自足もままならないので、相変わらずプレイ動画見たりして萌を補給しています。
南マはね、もうね、公式のエピソードでかなりお腹いっぱい胸いっぱいなのですよね。
改めてこんなに良い関係だったのかと思い知らされて、本当に嬉しいやら吃驚だわで。
いやはや、眩しいくらいです。青春っていいなぁ。
で、何ゆえにこの二人の組み合わせがマイナーなのかと本当に不思議で堪らないわけですが。
まーくんの外見ですか、そうですか。
製作サイドは、本当はもっと男前なイメージでまーくんを設定していたらしいですが、キャラデザ担当の人が嬉々としてそれをひっくり返したと言うエピソードがあるようですね。
結果的に私はそれで良かったと思うのですが。
だってあんなに性格男前で、爽やか好青年ってとかなったら、多分感情移入できない。
だから、もう人気なくってもいいやとか思えてきて。
でも、個人的にはすごく可愛いと思うんですけどね、まーくん。
それでいて内面はめちゃくちゃ男前で。本当にいい子ですよ。
…と、こんなところで叫んでも詮無いですが。
と言うか、タイトルが坊ちゃま向上委員会なのに、内容はまーくん布教委員会と化してる件。
ええもう、望むところです! 

 

 

 

 
あれ?何だかすっかりペルづいてきた雰囲気ですが。
今日も今日とて、自分しか楽しくないようなプレイ記録と懐古です、はい。

携帯アプリの方もちょこちょこ進めているのですが、まだ30階です。
さっきやってたらなんじょうくんがdyingになっちゃってショックでした。
RPGやってると、みんな同じくらいのレベルでなきゃ嫌なので、あああ遅れちゃうよと。
ちなみに主人公が一回戦闘中に逝ってしまわれましたが、序盤なのでそれ程影響ないらしく。
今はマキちゃんとまーくんがツートップでございます。
携帯版は、しくったからってリセットが出来ないのがつらいですね。
今回レアアイテム拾ったので、このボス戦は何が何でも生還しなきゃなんですが、ここのところ2回続けてぼっちゃまがあぼーんされてるので心配です。
ヒットポイント少ないよ!SPも!何でこんなにパラメーター不遇なの、ぼっちゃま!!!
女の子より貧弱なのは、日本一を目指す男子として如何なものかと思いました。
やまおかさんが草葉の陰で泣いていらっしゃるよ…。

そういえば、以前PS版やってるときのメモが出てきました。
一体いつのよ?と言う突っ込みはさておいて。
合体にゾンビ画家混ぜて、潜在復活+魔法継承ウマーは鉄板ですよね。
そんなヤマオカでした。自信作です(笑)。
ゲーム終盤で、まだレベル40台だったので、とにかくヤマオカだけは降魔させなければと必死でレベル上げしてました。
勿論、最後にはつけましたさ。
結局63、4くらいまで上げたのかな?
ブラウンが毘沙門天降ろしてるのは覚えてるので。
何がいいたいかと言うと、PS版をもう一度やりたいなぁと言うことですが、難易度的にどう考えても無理なことは分かってます。
仕方がないので、性懲りも無くプレイ動画みて色々補給していますが。
ネタバレも何も一回クリアしてるんだけどね。
基本的に2週目は絶対と言っていいほどやらない人間なのですが、うっかりPSP版買ってたら笑うしかないなぁと思います。 

 

 

 

 
…だっけかな?初代のキャッチ。

あんまりプレイ動画のイベントシーン見ちゃ駄目なのは分かるんだけど、どうにもこうにも坊ちゃまが格好良すぎる件。
いい子だなぁ、本当に。
そして、想像以上に南&マコンビが素晴らしく。
いいなぁ、青春だなぁとによによしておりました。
本当に仲いいんだろうなぁ…。
ぶつかり合うのもある種のコミュニケーションといいましょうか。
正反対な部分をお互いに認めてて、でも口には絶対出せないところが可愛らしく。
あと、エリマキコンビも可愛いし。
エリールート美味しいなぁと思いました。
ブラウンも好きなんだけどね。
どっちか一人選べとか言われても困りますよね。
雪の女王編(序盤のタナトス強行軍で魂抜けて放置)では、桐島嬢をメンバーにするつもりだったのですが、坊ちゃまのあまりのまーくん心配ぶりに引きずられて、うっかり再びなんじょうくんを迎え入れちゃったのも懐かしい思い出です。
稲葉が心配だ。馬鹿だからなぁ奴は―とか言われた日には、そりゃぁ連れて行くしかないでしょう。
本人居ないところでデレないで頂きたいものです。否、いいぞもっとやれ!(笑)
相変わらず脳内カオスです。 

 

 

 

 
このタイミングで新型PSP発売ですか…。

9人の仲間が今再び動き出す!…テンション上がりますね、このキャッチ。
公式でムービー見ていて気付いたのですが、坊っちゃまが姐さんのこと名前呼びしてる…!?
この時点では確かまだみんなそれほど親交あった訳じゃないはずで、ましてやあの坊っちゃまがクラスメートの女の子を名前で呼ぶなんてって感じでかなり意外な気がしたんですが。
坊っちゃまは、デフォルトが苗字呼びの方が個人的に萌えます。
それにしても、女の子はエリマキとゆきアヤでしっくり来るのですが、男子は奇数なので何かと困りますね。
基本三馬鹿トリオ推しなので別にいいんですけども、この三人具合がまたね。
別時間軸で南マでありブラマなんですけども。
初代の本命は坊っちゃまなんだけど、ブラマにおけるブラウンがすごく好きなので。
ぺ倶楽部見てると男子内でのまーくんの人気者振りにはによによしてしまいます。
坊っちゃまツンデレだし、ひでひこ君は何気に意識してるし、編集部のコメントがいちいち煽ってくれてて堪らないのです。
ひでひこ君の項でのコメントで、でもなんじょうくんはまーくんの方が好きみたいだぞとか。
製作側の狙いに反して、まーくんの人気が出なかったのかなぁとか下世話なことを考えてしまいましたよ。
まぁ、あの戦闘ボイスのぶっ飛びぶりからすれば無理もないかもと思ってしまうのですが。
CDドラマの方は可愛かったんだけどなぁ。
今回のリメイクで、また初代ぺるそなも注目されればいいのですが…。
ただ、P3P4とはゲーム的にかなり毛色が違うの難しいかもしれませんね。
キャラはこれでもかって言うぐらい濃いんですけどね。
発売まで2ヶ月近くあるので、今は様子を伺っています。 

 

 

 

 
2525で女神異聞録ぺるそな、ならぬマシンガン動画を見ておりました。
武器攻撃オンリーで、魔法は回復・補助一切使わないという恐ろしい縛りプレイ動画です。
ボス戦に40分とか、文字通り死闘でございました。

それはさておき、本題へ。
たまたまその動画がエリールートだったのですが、流れで見ていたエンディングで度肝を抜かれたわけです。
なんじょうくんがマークって呼んだよ!!!!
しかも、他のメンバーが出て行って二人っきりのときに!
私、ブラウンルートしかやってなかったから全然気付きませんでした。
じゅうン年ごしの真実。
公式の破壊力は凄まじかったです。
そして、なんじょうくんはやはりツンデレでいいんだと思いました。
もう、桐島嬢グッジョブです。
あの二人をくっつけるために、マキちゃんと共謀して主人公を連れ出したに違いありません。
というか、あれはエリーエンドじゃなくて完全に南マエンドですよね。
遅れて出て行った二人がどこにしけ込むのかと、もう気になって仕方がないです。
とりあえず、坊ちゃまが死守した第二ボタンは、クリーニング屋の息子にあげればいいと思います。
いやはや本当にご馳走様でございました。 

 

 

 

 
現在21階です。
ってあれ、この間から一階しか進んでない。
満月時に傷薬混ぜて合体したら最上級魔法を覚えられるって情報を仕入れて、試していたら恐ろしく時間が経っていましたの事。
本当は、21階以降は桐島嬢からひでひこ君にバトンタッチするつもりだったんですが、件の合体でできたマハグラダイン付きファレグさんがあんまりに男前すぎたので、桐島嬢に続投願いました。
何だかメンバーチェンジのタイミング難しいですね。
どうにもセベク編固定メンバーが愛しすぎるので、誰も外す気がしたいため、残り1枠を5人で持ち回りということに成りかねないという気がしてきた。
いや、本当どうしようかなぁ。
主人公外せないというのがすごくネックだと思いました。 

 

 

 

 
公式にキャラソンvol.3の情報来てましたね。
やはりというか、トラック3・4はオフボーカルバージョンですか。
そりゃそうですよね、いくらなんでもこれだけ仕様変えるわけにはいかないですもんね。
でも、何となく売り上げ的に他に特別仕様のものをつけないと厳しいんじゃないかとか思ってました。
余計なお世話ですよね。
それにしても、ラジオをいつまでやってくれるのかと、そろそろ終焉の足音が聞こえてくるようで、戦々恐々としております。
次回はメイねえさんじゅうはっさいで確実として、次があるのかとかしんやさんはもう来ないよね…とかまぁいろいろ。
ホワイトデーだしねぇ、キャラソンのお披露目にはちょうど良いかと思うんですが。
キャラソンといえば、予想通りのダーツネタが入りそうな予感。
タイトルの英語が私でも分かるレベルのものっそい簡単さで、意味は良くわかっていいんですが、どうなのよ?的な。
うんすごく分かるよ、かずちゃんの最期のところなんですよね。
vol.1・2の流れからして、1曲目はシリアスで2曲目は穏やかな日常を描いた曲になりそうで、どちらも楽しみではあるのですが。
そういえばDVD3巻でキャラの対比表が掲載されていたそうで。
のりちゃんの方がちょこっとだけ身長高いという理想どおりの展開にちょっと踊ってみたりしました。
中の人と逆なんですねー。ついでにあっちのほうもぎy…

ところでチケット取れなくて首を傾げていたんですが、そりゃぁ土曜日のWDなんてカップルで溢れかえってるに決まっているわorz
今頃気がつきました。ねずみ王国恐るべし。 

 

 

 

 
そんな訳で、自重のふた文字がちらつき始める今日この頃。
南マが見たくて仕方ないんですが、どこにもありません。
うん、全盛期ですらほとんどお目にかかれなかったんだから無理もないんですけどね。
自家発電しようにもうろ覚えすぎて儘ならないらしいです。
唯一の癒しはぺるそな倶楽部です。
桐島嬢の視点に激しく同意しました。
何気に事件前からお互い気にしてた模様で。
お蔭様でぼっちゃまがツンデレにしか見えません。
なんというか、やはり何年たっても好きだなぁとしみじみ思いつつ、携帯版異聞録は20階のボスの前で足踏みしています。
一旦戻るべきか、突撃するべきか。
負けたら10階からこっちのデータ全部消えるもので異様にガクブルしております。
この調子で、ボス戦前毎回うだうだする気なのかと、ああ本当にもう。
システムについては、ようやく勘が戻ってきた感じです。
しかし、攻撃を魔法頼りにしていたら、魔法無効の悪魔が出てきてお手上げ状態になったりしました。
…だって武器、ドロップしたのしか揃えてないし。
そんな感じで気がつけばもう3月だなんてありえない。 

 

 
Copyright © 2009 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。