管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
なんとなくパラレルやったって全然伝わらないんじゃないかとか、元ネタの原形もとどめてないとか、ぐたぐた考えてみたのですが振り返ったところどう考えても、ちゃんと二次創作してるほうが稀だということに気づいたり、所詮自己満足だしいいのかな…とか思えてきたので懲りずに某学園パラレル小話を投下してみます。

今回は(というか今回も)主人公と教頭先生です。
一期アニメ見てたらこの二人に可能性を見出してしまったのこと。
スポンサーサイト
 
【続きを読む】

 

 

 

 
うっかり2525でウテナ決闘曲とか見つけた勢いでプレイバックしてしまった。
音楽もストーリーも演出も文字通り革命的でした。
7話のラストでものすごい衝撃受けた当時。今でもじゅり先輩大好きです。
でもって、しおりちゃんも実は嫌いではない。むしろ好きです。愚か者代表みたいにいわれるけれども。
あの二人が幸せになる未来っていうのは想定できないものかなぁとか考えていました。
しおりちゃんが最後じゅりさんに並ぼうとしたところに色々託したい気持ちでいっぱいです。
たぶん普通に友達からやり直すんだろうなぁ…それが一番彼女たちにとって幸せなんだろうと思うし。
近づけば近づくほどに傷付け合うという関係も美味しくはあるのですが。いっそらぶらぶになっちゃってもいいんじゃないかと。何が「いっそ」なんだか不明ですけど。

あと、わかばちゃんの決闘に泣きました。あのわかめ馬鹿!と全力で思った。こんないい子捨てるなんて…というか、終わりが見えているはずのあのままごとみたいな生活がいとしくて仕方なかったです。
わかばちゃんもそれが永遠に続くとは思っていなかったんだろうけれども、でもわかめあれはないよな…と。
それにしても、決闘場で彼女が親友に放った一言が痛かった。物凄くよくわかるだけに。
さすがにあんな激情を持ったことはないですが、でも、ちらっとは思いますよね。眩しい世界では見えないことどももあるんですよ…。
基本的にハッピーエンドが大好きな人間にとって、この心の底をえぐるようなストーリーは辛いのですが、それでも惹きつけられてみてしまうという感じで。綺麗にまとめているようで物凄い皮肉こもってるなぁと感服させられます。
喉元に何か痞えたようなとりあえずのグッドエンド。その人たちの心は決してデュエルでは救われないんですよね。

とりあえず、ままならない恋を全力で応援するという不毛な行いを日々の糧としております身にはなんら問題はないわけですが。
 

 

 

 

 
そういえばもうすぐGWでしたね。
なんかすっかり意識の外にありましたが、GWといえばスパこみか…とか思うあたりで休みの認識を完全に誤っている気がします。
東へは冬に行ったので今回はなんとなく見送りムードです。これだけ茨道歩いてるとオフへの希望ってなんだろうかと思う。たまに思いがけない見つけ物とかあるのでつい出かけちゃったりするのですけども。
東にしろ西にしろメッカまで行こうとしたら片道3時間は余裕でかかるわけですが、それでもつい…で済ませてしまう時間感覚のおかしさときたら。
移動距離と待ち時間と滞在時間が恐ろしく割に合ってないですよね、ほんとに。けど、濃度からしたらそんなこと瑣末に思えるほどなので、やっぱり年に何回かはああいうところに足を運んでしまうのですが。
まぁそんなことはどうでもいいとして。

ぐーぐる先生が以前にも増して仕事熱心すぎて怖い。
たまに、そうくるか!っていう方面からの漂着があって、書いた本人も自覚無いから吃驚したりして。
うわー、なんか各方面にごめんなさいって感じです。
こんなところで謝っても仕方ないんだけど。
わりと未必の故意的に垂れ流している節があるので、そのうち叱られるんじゃないかという気がしてきた。
でも、まだやりたいことあるのでもうちょっと自由にしていたいものです。某パラレルとか(笑)。
 

 

 

 

 
タイトルは某童話の後日譚映画みた感想。うっかり赤いお姉さんに感情移入しちゃったら後味悪くて仕様がなかったです。
それにしても、初めて3D映画観たんですが、帰ってから恐ろしい頭痛に悩まされました。これがいわゆる映像に酔ったというやつなのか…。
普段健康優良児(…児?)なので慣れないことにひっくり返っていましたが、でもはがねの54話はしっかりチェックした。
増田氏の思い出がきっらきらし過ぎて眩しかったです。ちょっと大佐中佐好きだった頃を思い出した。
嫉妬はやはりドクター好きですよね…と思ったり、豪腕少佐のお茶目さに微笑ましくなったり。BGMまで悪のりし過ぎです。
ついこの間25巻を読んだところなのでまたお別れの足音が近づいて来るのだと思うと辛いですが。
そんな感じでざざっと書いてみました。
 

 

 

 

 
追記からははがねの傷医者小話です。学園パロではないですが、イロモノ注意です(またなのか…orz)。
一応これの続きですので先に見ていただく方が理解しやすいかと思いますが、読まなくても傷医者的にはなんら支障はございません。むしろ同じノリで見ちゃうとちょっと痛い目を見る感じです。
大したことはしてない(笑)ですが淫靡な表現が苦手な方はどうかスルーしていただきたく…。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
自分でもまとまっていないことをぐだぐだと書いていきます。
清々しいくらい傷医者方向に特化されております。
痛々しいことこの上ないのは自覚済なので、馬鹿なこと書いてるなぁと笑って見逃して頂ければと切に願います。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
昨日はちまちまブログをいじっておりました。
このテンプレートも使い始めてもう3年くらいになります。そろそろ変えてみようかと思うこともあるけれど、くるくる回る陰陽マークに愛着が出てきてなかなか踏み切れません。
益もないお遊び要素とか好きなので。
あと、ちょいちょいカスタマイズしているところがあるんだけど、同じ様にしようとしても出来ないっていうのが一番の理由かも知れない。
HTMLとか全然解りません。だからサイトとか無理。…いやそれ以前にもっといろいろ無理がありすぎるのですけど。

それはさておき、この度は記事ごとに編集画面に飛べるリンクを張り付ける作業をしていました。
記事件数が下書き入れると千件をこえる今となっては、急に修正入れたくなってもその該当記事の編集画面を探すのも一苦労。結局、まいっかですませてしまうことになるので。
ちなみに全記事表示にある件数は、なぜか大幅に水増しされています。
とりあえず、全部の記事に編集画面への直リン張ってたら楽かな…と思ったのだけども。前述のとおりタグやらなんやらを解さない未開人にはたった一行の命令文に辿り着くのもえらい労力で。
テンプレのソースを眺めては、それらしき箇所を張り付けての繰り返し。一時は、不可抗力でここ消しちゃったりもしてました。
結局、夜のうちには上手いこといかず、そのまま寝ちゃって、朝になってようやく完成したという。
出来た…でいいんですよね?たぶん。

まぁ、付けただけで満足しちゃったら駄目なんですけどね。
 

 

 

 

 
そろそろ原作ベースに戻らないとと思いつつも、またしても学園パラレルネタが降ってきたので投下してみます。
小ネタですけど。
いい加減耐性付いちゃったよという豪気な方は追記からどうぞ。 
【続きを読む】

 

 

 

 
実はちょっと某所を覗いていて恐ろしく最低な可能性に気付いてしまったのですが…。
思わず戒律とかを調べてしまいました。
細かいことは良く分からないのですが、基本的にそういうことは禁じられているようですね。あの戒律が厳しいといわれる作品内の某宗教でもそれは定められているに違いないと思われる。
ということは、やはり可能性としては十分にありえるわけで。 
【続きを読む】

 

 

 

 
にーと社さんを知ってから、オリジナルのweb漫画をちょこちょこ読むようになりました。
そして、世の中には隠れた才能持っている人がいっぱいいるんだなぁと。割と気まぐれに覗いているのですが、ホントに面白い作品が多くて吃驚しました。
今回は、その中でちょっと萌え語りをば。公式でCP人気投票やってたから大丈夫だよね?ということで…。やってなくても垂れ流しているとかいうつっこみは無しの方向で。

今更ながらにPBRSのロクサナの可愛さに気づいた。
元連隊長同士でくっつけばいいのにとか思ったのにどこにもないっていう。
今までノーマークだったのですが、実は登場時からほーそんとの絡み多かったんですね。リノちゃんがほーそんにとって娘だというのならろくさなさんは嫁でいいと思いました。
ご飯食べに行こうとしている三人の後姿が家族にしか見えなかったです。
全部片付いたあとにろくさなさんは目覚めるんだろうなとか、その時はお城に駆けつけた部下たちが見守ってるんだろうなぁとか思うのですが、どうにかしてほーそんとのフラグを切望いたします。
なんかホーサナの不器用で初々しい感じを妄想すると堪らないです。
…うん、世間はホーリノだって分かってる。
ほーそんにも多分凄い隠し設定があるんだろうと思うし(個人的には全く何もない普通の人を希望してますが)。
でも、せめてこの調和の国編が終わるまでは、夢を見ておきたいと思いました。
ああもう、ロクサナの可愛さをどう表現すればいいのだろうか。

…ところで、最初ろくさなをどめにかと勘違いして書いていた私のだめっぷりときたら。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
あんまりにも思考があさっての方向に行くので、ちょっと軌道修正の意味もこめて既出の内容含めて原作の傷医者に思いを馳せてみたりしました。
単純に自分の覚書というかなんというかそんな感じです。そして何の萌えの足しにもならないこと請け合いです。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
のっけからすみません。
追記はまたしてものはがねの学園パロ小話になります。今度は主人公登場です。生徒という設定です。
あんまりな感じなのでネタとして流していただけると幸いです。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
なんだか久しぶりになってしまったアニメ感想。
各方面皆さんがんばっているんだけど、一番印象に残った場面がヨキさん顔近いだった私って…。
まぁ、そこは置いておいてと。
とうとうご健勝なキンブリーさんが見納めになってしまいましたね。
最期のところがやたらじっくり描かれていたような印象を受けたのですが。なんだかんだで愛されキャラだったのかなぁと。あんまり淋しくなかったのは別方面からの燃えのお陰ですが。ええ、萌えじゃなくって。

それにしても量産型人造人間の怖さっていったらもう。動きと声付きでさらに迫力が。
現実に突きつけられたらこんな絶望無いと思うとホントにこの作品の皆さんは強いですよね。殊にメイちゃん。一人でよく頑張ったと思います。
豪腕姉弟も格好良かったし、やはり姉さまのアレックス呼びがたまらないと思う私はどこへ向かうのか再来、という気分でしたが。ミジンコと髪の毛一本だったらどっちが大きいんでしょうかね。ミジンコの方が縮まっている気がしたのですが、実際はどうなのかよく分からないなぁと思い直したり。話の流れ的に姉さまは弟君を見直してるのは確かだと信じてやまないのですけれども。

地下に乗り込むエド組。すっかりチームワークばっちりで、でもってみんな格好良かったです。なんか今回の感想ってほんとそうとしか言えなくて。退路を絶って敵と対峙する所も意思が一つになってて良いなぁと。考えてみれば最初は皆敵同士だったのにねと今更ながらに感慨深くなったり。

最後に…と思ったけれど、ちょっとあれな雰囲気の感想なので追記に送っておきます。
なんとなく感想では自重するつもりだったのですが、ちょっと魔が差しました、すみません。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
気づいたらいつの間にやら地元の桜も散り始めていて吃驚です。どんだけぼんやりしているのかと。
妄想はもう生業となっているので何時でも全開なんですが、大抵思いつくのはメモ取るのもままならない時なので、最近はざっかざっかと浮かんでは消えしています。
この鳥頭どうにかならないのかと思いつつ、でもどうせ覚えてても消化できないからちょうど良いのかもしれない。

そういえば、もふもふくまちゃんの記事に拍手頂戴してました。ありがとうございます。
くまちゃん可愛いですよねくまちゃん!あのもふもふは正義だと思います。船長もきっとメロメロだと信じて疑わない。
でも、本編がやるせなさ過ぎて、単純に萌えとか言っていられない現状が辛いです。ほんとにどうしてこうなった、としか言いようが無い。
まさか、兄ちゃんも親父さんも居なくなるなんて思わなかったよ…。
再会した腐れ縁船長ズは相変わらずなノリだったのでそこだけは和みました。
そいえばオカマの日をスルーしてしまったために某所の一日限定企画を今年もまた見逃してしまいがっかりです。
そして、また来年もきっと忘れているに違いないと思います。

ぐーぐる先生が、適当にCP名入れるとやたら上位にここを表示してくれるお蔭で、なんか迂闊なこと書けない気がする今日この頃。でも、気がするだけで、実際は自重しないと思われますが。
先生、こんな辺境地で熱心に仕事しなくていいのに。いや、全く無視されるのもちょっと淋しいので程ほどに働いてくれるとありがたいかと。
そうやってうっかり流れ着いちゃった方には、ものすごい肩透かしっぷりに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 

 

 

 

 
ずっと制限記事のお知らせをトップに持ってくるという暴挙を続けるわけにはいかないと泡食って更新したらば、ものすごくカオスになってたという。

昨日はお花見に行ったのですが、満開の桜に一陣の風が吹き抜けて花弁を散らす様が本当に綺麗で。
小さいころは桜がきれいだなんて少しも思わなくて、大人がお酒を飲む口実にしてるだけなんだと思ってた。
高校の時、通学路に桜並木があって満開の桜の下歩きながらふと見上げたとき、本当に間近にみっしり花の付いた枝が被さってきてて、それを見たとき何のてらいもなく普通にしみじみ綺麗だなぁと思って。
それ以来ご他聞にもれずこの時期はなんだか好きです。
そして、桜の季節になるとそれを題材に小話書きたくなるのですが、毎年まとまらずにそのうち桜が散ってしまうというループにはまり込んでいます。
今年はぼんやり桜を眺めながらふたり並んで桜見てるスカマル想像して萌えてました。何があるわけでもない。ただ一緒にいるだけでいいんだよというか。
なんかよくわからない世界に突入してる気がします。
あとタイトルが思わせぶりなわりに何の意味もないというのが、さすが当ブログクオリティだと…すみません。
 

 

 

 

 
最近、某あついまんがが更新ラッシュで嬉しいような描き手さん大丈夫?とちょっと心配なような。何ヶ月も待つのなんてざらにありすぎて、そういうのに慣れてしまった模様です。

それにしてもほんとに展開が熱すぎてもう。
そして、今回しばはらさんがかわいくて…!私のおじさんセンサーに反応しまくっていたのですが、どうにも相手がいないとか何とか訳のわからないことをぼやいていたのですが。若手に名前呼びしたところで、ちょっと萌えてしまいましたのこと。
ふみおちゃん年上が好みだからちょうどいいですよね。先生といいしばはらさんといい、彼の周りにはツンデレの素質のある方ばかり居合わせているのもおいしいと思います。
うっかり本命は誰なんだとか考えてしまう私の可哀相さときたら。

そんな繰り言はさておき、かつての天才振りをとりもどしたふじかわさんと曲者ダルコの勝負の行方とか、いい感じに小者臭の漂うおだっちとかいろいろと目が離せないMCS。
そしてそのレースを一心に見つめるみついさんとか…!
みついさん大好きだ!!!…え、そこなの?(笑)
以前、同期の友人のことを真意が読めないとか何とか独白されていましたが、余程みついさんの方が読めないです。
この人の目指しているものってなんだろう。
めでたくおだっちにライバル宣言されてしまったことですし、今後物語に深く関わってくれるといいなぁ。
もしかして、普通にふゆとおだっちの仲を何とか円滑にしたいとかいう理由で勉強会に誘ったのだとしたら、お人好し過ぎると思うのですが。
そうであってもいいし、別な理由があってもいいし。
おだっちはふじかわさんに完敗したあかつきには、みついさんの誘いに応じて勉強会に顔出しそうではある…というか、そうなってほしいという願望です。

 

 

 

 

 
映画から原典に入ってくれる人もちょこっと見かけてなんだか嬉しいです。
映画のわんこ探偵も可愛いですが、原典の沈着かつどこか病んでる探偵も素敵なので是非!とか思ってしまいます。
正反対な助手についても言わずもがなで。
主にぴくしぶと手風呂で萌え補給していたのですが、いつの間にか映画版専用のサーチさんまで出来ていて、皆さん仕事が速いなぁとおもいました。
今のところ助手探偵も探偵助手も同勢力ってところなのかなぁ。二人とも可愛いですもんね。
もう一度見に行きたいと思いつつ日が過ぎ、近くの映画館は今月14日が最終と相成ってしまいました。
あわよくば帰りに寄ってやろう位の心意気はあったのですが、平日にレイトショー行く根性もないので、そこそこの時間に乗り込めず、毎回敗北を味わっています。
そういえば、田舎の宿命か吹き替え版の上映をついにやらず仕舞いでしたね。
字幕を追うのに必死で、画面に集中できないので出来たら吹き替えも観たかったんですが、なんというか…うん仕方ないけどね。
毎度毎度はまるものが、マイナー通り越してねーよ!って感じなので、このたびは大船に乗った気持ちで見ていられます。作品が溢れている幸せってほんとに素敵だなぁと。多分、満足するのも早いはず。
逆にどこにも無いものはいつまでたっても好きだったりするから。初めてやおい萌えしたCPは今でも好きだし、10年ものとかもあるし。そういえば原典のふたりもそれくらいずっと好きだなぁと。
節操なく萌えてしかも捨てられないからどんどん萌えが増えていくんだよとか自覚はあるんだけども、なかなかにどうにもならないもので。そして、ここのカテゴリがもりもり増えていくわけですね…はい。
と、何の話をしているのだか。
とりあえずS・Hもう一回みたいよとかそういう感じで締めくくっておきます。
 

 

 

 

 
一日前の記事について。どう考えても普通に公開するには抵抗があったので、申し訳ないのですが限定公開にさせていただきました。
いきなり該当記事に飛んできてしまうという事故回避と、私が恥ずかし過ぎるというのが理由です。

ちなみに、これの続きになります。
たいしたことはないのですが、むしろ残念すぎるクオリティーなのですが、こういうボーダーライン的なものがよくわからないので大事をとって18歳に満たない方はスル-して下さ…い…orz
パラレルでこの有様ってどんだけキワモノに走っているのかと。しかも一週間以上悶々として書いてたとか…。

閲覧用のパスワードにつきましては追記に書かせて頂きました。
暇で仕様が無くてかつ心の広い方向けかと思われます。
 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2010 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。