管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ようやっと家もデジタル放送の仲間入りをはたしました。BSとかはまだ映らないのですが。
これであの忌々しいテロップとおさらばかと思うと清清しいですが、そんなにテレビ観ないのであんまり関係ないといえばそうなのかもしれない。
とりあえず、今までブラウン管のテレビだったので、最新式の画面の薄っぺらさにちょっとカルチャーショックでした。一体どこの未開人かと。

全然関係ないですが、巡回先のサイト様でちらっと触れられていたCPが両方とも被っていてちょっと笑ってしまった。懐かしすぎるというかその単語自体物凄く久しぶりに聞いたなぁと。例によってはまった時期が遅かったため、大半がジャンル撤退した後だったというおまけ付でしたけど。
最後のほうの逃亡劇は完璧に主人公側じゃなくて追われてる側に感情移入してました。見事出し抜いたかに見せたところであの終焉は結構ショックでしたというか、元カノよりも部下に同情を禁じ得ないです。飽きたら自分のところに戻ってくるとか思っていたんだろうなと思うと切ない。
そして、CPの片割れ(もしくは両方)が作品内で臨終というのは、何も最近に限った傾向ではなかったのかと改めて思い知らされました。
じゃむぷっ子だった時は比較的安全圏だったのですが(最近はそうでもないみたいだけど)、ちょっとそこから離れると高確率で物語内で退場されるのは何故かと。…別に狙ってるわけでもなんでもないんですけど。
多分程よく脇を固めているほうに目がいくから悪いんじゃないかと思う。主役級はわりと安泰ですもんね。

閑話休題。
先日のものっそい恥ずかしい小話に拍手を下さった方が複数いらして吃驚しました。どうもありがとうございます。でもって、まことに恐縮です。
追記にレスさせていただきましたのでどうぞ。
スポンサーサイト
 
【続きを読む】

 

 

 

 
もうやらないと思っていたのに、性懲りもなくやらかしてしまったので三度のご案内です。
下の記事ははがねのスカマル年齢制限つきの小話になります。
望むところだというチャレンジャーな方は、4月馬鹿あたりにパスワードの詳細を記載しておりますのでそちらを参照下さい…というか、むしろ探さないで下さい。

いろいろと謝ることが多すぎて書ききれないのですが、すっごい残念です。でもって、ドクターがアレ過ぎます。
察してやってください。
 

 

 

 

 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
 

 

 

 

 
今日は珍しく夜に時間がとれたので昨日に引き続き作業してましたが、それにしても、清々しいほどに進まない。
当初の予定より増えたといっても、量的には大したことない筈なんだけど。
そんなこんなでうだうだしていたら、どうも無駄にご心配をお掛けしてしまったようで。
すみません、元気です。某ばかっぷるの精神攻撃がひどいですが、いたって健康です!

そんなわけで、以下拍手レスです。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
今日は非常に懐かしいものを求めてネットを彷徨っておりました。
少し気になったことがあったので、それを調べるために。
…なるほど、うん。
この道における自分の価値観のルーツを垣間見た気がしました。
一見すると無造作に見えることも、実は無意識下におけるものすごい防衛本能なんだなと。
薄々お気付きの方も居られるのかも知れませんが、それについて私が語れることは大変に過小でありますれば、知らぬ存ぜぬと素通りして頂ければ幸甚に存じますです、はい。

それにしても…確信的なところが全く無かったとはいえませんが、ほんの一片と思ってたのが全部ひっくるめてだなんて、なんか駄目すぎるだろうよ、私。
記憶はごく一部を除いては本当に無いに等しいのに、そんなに染み付いているのかとちょっと凹んだ土曜の夜でした。

…そんなことばっかりしてるから、せっかくの休みにちっとも作業が進まないんですね、分かります。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
某選手権は2年前のかの大会と面子ががらっと変わってて、時の流れを感じました。
にわかなんでその後については一切追っかけてなかったから仕方ないと思いつつも、ちょっと寂しかったです。
胃薬のお兄さんはお元気でいらっしゃるのだろうかとか、ふと気になったりして。
まぁ、久しぶりに覗いたら公式がブログ閉鎖とか軒並み秋風吹いてますね…。

それはさておき、某所のアンケートの選択肢、一つしかない所がなんともはや。
どれかひとつだなんて選べないです。
もうこうなったら、いい雰囲気のところを放置プレイで一人寝させて、寂しさに耐えかねて思い切って誘ってきたところを、一気にいちゃいちゃで、最後に添い寝のサービスつきでいいんじゃないでしょうか?
…すみません調子に乗りました。

以下は取るにたらない妄想とかそんな感じなのでスルー推奨です。 
【続きを読む】

 

 

 

 
某社の感想。人を食べる人の話。
久し振りの日常話で癒されました。かどくらさんが可笑しすぎる。
先回りして相合い傘阻止とか、そこまでくるとヒロインより主人公が好きなんじゃないかと思ってしまう。いや、むしろ大好きだろうと。
それにしても、そろそろ話は折り返し辺りまで進んでいるのかと思いきやまだ3分の1位だとか、どれだけのボリュームなのかと思いました。
どうやったらそんなに壮大なストーリーを構想して更に効果的にエピソードを組み入れられるのかと、本当にひたすら感動してしまいます。
才能あるって凄いなぁ。
一筋縄ではいかない主人公と幼なじみの関係とか、事件の全貌とか、かどくらさんのスタンドプレイ(笑)とか気になることが山ほどあって。
殊に、周りから主人公との仲を意識させるような揺さぶりをうけたヒロインと、そんな桃色な気持ちとは裏腹に主人公が彼女の家族に対して少なからず抱いているであろう復讐の念。その相反する感情を同時期に物語に差し挟んでくるところとか、本当に圧巻です。
ただのラブコメでは終わらせてくれそうに無いんだなと覚悟したところに、癒し系かどくらさんだし。
もう、続きが楽しみすぎます。
番外編のおじいちゃんと外道さんも気になる。

 

 

 

 

 
大丈夫だ、問題ない。
――ということで。各所で某シャダイの勢いがものすごい事になってますね。
発売前のゲームでオンリーイベントとか前代未聞じゃなかろうかと思う。準備期間のタイトさも含めて。
まぁ、このタイミング逃したら二度と無いかもという危機感も孕んでるのかもしれませんが。そこは来年発売されるゲームの出来次第というか。
あ、私は買わないですけど。アクションとか無理すぎるし、そもそもハード無いし。…とかいいつつ、ハードもないゲームソフトも所有しているという矛盾。それでも購入フラグじゃないと言い張ってみる。
とりあえず、トレーラー見てきて案の定笑わせてもらいました。あの主人公フルボッコシーンは宣伝上必要なんでしょうか?
あと、大天使様が無駄に格好良くて、うっかり萌えてしまいました。堕天されるのか否かは不明ですが、その辺の妄想は大変幸福なことに皆さんが山ほど提供してくださるので、全然寂しくないのですが。
メインが今のところ二人しか出ていないから、必然的に王道です。でないと、絶対に裏街道をひた走る自信がある…。
それはさておき、障害のある恋路を全力で応援したい所存ですので、そういうエピソードがあれば美味しいなぁと思いました。

申し遅れました、学園のはろうぃん妄想に拍手くださった方、ありがとうございました!
またしても、明後日な話題の後で恐縮です。
しかも、相変わらずのネタ投げっぱなしなので、当然のごとく先のことはほとんど考えていない訳ですが。ホント、いい加減ですみません。
私なぞが妄想するものより、ご覧いただいた方が想像して下さる内容のほうが限りなく萌えるであろうことは明々白々ですが、言い出しっぺの法則というのもありますし、不肖ながら補完を試みようとして七転八倒している最中でございます。
しかしながら、あんまりにもいい加減にしか考えていなかったので舞台設定からして矛盾との戦いが苛烈すぎる…orz
最近、ネタは思い付くけど、流れが作れなくて小話にならないものが脳内にごろごろしてます。
まとまるまでメモ取っておこうとしましたが、そうすると話の希薄さが浮き彫りになるので、自分を騙すためにも流動的なまま寝かして置くのが得策かと思いました。
結局内容がないのは同じことなんですけどね。
 

 

 

 

 
あんまりにも画面から伝わる圧力がすごいので、ようやっと地デジ化に乗り出しましたよと…。
使ってるテレビが全然悪くなってないし勿体ないのですが、なにやらポイントとかなんとかいろいろあるようで、買い替えるなら今らしいです。
ちなみに、ご存知の方は最早かなりの少数派と成り果てているかと思いますが、現在のアナログ放送画面は右上にアナログの文字が出るなんていう生易しいものではなく、画面下にデジタル化を促すテロップが延々流れ続けてたりします。
もう、そこまで来ちゃったら、さすがに見てる方も切迫してくるというか。
そんなわけで、なんとなく電気屋さんに足を運んでみて、気付いたら何故か今流行りの3D対応機種とか契約してる罠(私が選んだわけじゃないんですけど)。
ついでに未だに使い続けてたビデオデッキも変えたりとか、三輪車がいきなり電車になったみたいな進化です。
ついでに、今度こそ訳分からないのですが、ついでにノートパソコンも手に入れたり。…本当に何やってるんでしょうね。
あえていうなら、頑張った(というかそうせざるを得ない所に追い込まれた)自分へのご褒美的な。すいーつと高機能情報機器一緒にするなとかいろいろと突っ込みたい気持ちは山々ですが、まぁ清清しいほどに行き当たりばったりです、はい。
あーでも、新しいパソコンはさくさく動きますね。
文字変換で一頻り待たされることも無いんで、大変にありがたいです。

…ちなみに、パソコンも3D対応だったとかいうオチ。
たぶん使わないと思うんですけどね。

あと、案の定デジタル化の工事は予定が詰まっているので、実際に地デ鹿ジ化の仲間入りを果たすのはひと月以上先になりそうです。
 

 

 

 

 
今月も半ばにさしかかって…。そういえば月末にははろうぃんが控えているんでしたね。
特に何かする予定はないのですが、はがねの学園ネタだったら、子供たちあたりが張り切ってそうだと思いました。特に嫉妬。えどももれなく付いてくる方向で。
でもって、気合入れて仮装して教頭先生の所に行って、あの常套文句を言うわけなんだけど、あっさりとキャンディーとか貰っちゃったりして、ものっそいがっかりしてればいいと思う。
あわよくばスキンシップ、という淡い夢が砕かれちゃったみたいな。
悔しいので傍観していた傷の人に八つ当たりして、ノリが悪いだの何だのといちゃもんつけて先生も前に引き据えて、また例の言葉を言わせるんだけど、「ごめん、もうあめ玉切らしてしまってね」とかさらっと返されればいい。
さて、困ったなとかなんとか苦笑してる(でも、全然困った様子じゃない)教頭先生の横で嫉妬とえどが「あいつは仮装してないからノーカン!」とか必死で叫んでるとか。
傷の人はそういう行事というかイベント的なことはあんまり考えていなさそうというか、そもそもはろうぃん知ってるんだろうかと心配になってきたり。
まぁ、あれだ。ルール説明も含めてお楽しみは課外授業でってことで。

…とりあえず、そんな残念なことを考えておりました。

 

 

 

 

 
タイトルの事態もどうかと思うのですが、更に萌えの持続期間が週単位通り越して日替りなのが恐ろしいです。妄想が習慣になっているにしても、これはひどい。
今回は、たまたま流れ着いたブログでものすごく面白いと書かれていた漫画があって、なんとなく紹介されてたページで冒頭を立ち読みしたらば続きが気になって仕方なくなったので、電子書籍で大人買いして読みふけっていました。
巻数自体はそんなにないんだけども、物凄い長編を読んだような気分でした。
単に読む速度が遅いっていうのもあるけれども。前半のぶらり二人旅とコンビ戦の展開が好きだっただけに、後半で師弟対決が実は大変に寂しかったりしましたが。
でもいがみ合って道を別った訳ではなく、認めているが故のっていうのが、伝わってきて切なかったです。
確かにお勧めされるだけあって良くできた作品だったと思います。
ただ、ラストはすっごくもやもやしちゃいましたが。あの子がいなくなる必要性が分からないというか、唐突というか。…まぁ、事情は分からないでもないけれども、そこまでしなくてもいい気がしたのと、すぐ忘れてしまうと言い切ってしまった主人公の言葉にもにょっとしました。
だったら最初から使わないで欲しかったかもしれないなぁ。
とか何とかぐたぐた言ってますがキャラクターが秀逸で、脇を固める方々も主役張れそうな人だったり…と思ったら、本当に主役張っていらっしゃったという。
萌という点ではこちらの別作品の方がありました。
というか、鰐さんと干支さんにときめきが止まらなかったです。何故だか一緒のコマにいるだけでによによしてしまって困りました。夫婦に見えるよ…。作品といいCPといい、ものすっごいニッチですが。多分世界で一人とかいうレベル。
前述の作品の関係を経て、ここまできたと思うと堪らないです。(実際はキャラが同じというだけで世界は繋がっていないらしいですが)。
あともう一作品、そのふたりが共演しているものがあるらしいのですが、どうにも手に入りそうにないのが残念です。

 

 

 

 

 
うっかり、某社の作品見てたら夜も更けて…。
一次創作って殆ど興味無かったのに、ここのお陰で楽しみが凄く増えてます。本当に皆さん、上手いなぁとしみじみ。
で、今日も今日とて手当たり次第に読みあさっておりましたよと。

以下、感想。 
【続きを読む】

 

 

 

 
投稿したと思ったら、本文が消えていたという不思議。
紛らわしいものを上げてしまって済みません。前回のは本当にタネも仕掛けもないタイトルだけの記事でした…。

それにしても、もう10月なんですね。金木犀も咲いてますよ。
近況というか…萌えをたくさん頂いたので、いちゃらぶでも書こうとしたら、何か違う方向に転がってしまって頭を抱えております。
それ、いちゃいちゃと違う、え(強制終了)。

気分転換に2525見に行ったら、何故か子敬タンに萌えて帰って来るし色々とカオス過ぎる日常です。
創作版の彼は散々な言われ様ですが、あの時点では全て思惑通りなので、そういう意味では有能だったんでは無いかと思う。
主すら承諾していないことを独断でやってのけるのは、実は創作のほうでも一緒だったり。うだつの上がらないわりには、ある意味大胆不敵だったりするのかなぁと。
というか、創作版のあの人が可愛くて仕方ないんですが。
数年ぶりに萌え復活してました。ゲーム方面で不遇なのは、多分キャラが真逆なので作りづらいのかなと思ってみる。
 

 

 
Copyright © 2010 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。