管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
はがれん検定なるものがあったのでやってみました。
結果、50問中33問正解だそうで…。認定証ももらってしまいましたが、アイテムはハガレンジャー前売り券よりがんばれキメラーズとかのがいい…(変身つながりってことで)。
それはさておいて、パッと見、微妙な成績ですが、分かんないので適当に答えた割には意外と合ってたかなぁと。
正直、半分も自信もってわかるのなかったと思うので。あと大雑把過ぎて回答飛ばしてたり等々。
そんな感じですが、改めてわかったのは自分の記憶力が恐ろしく偏った方面に特化されていたことでした。
でも、さすがに軍部のほぼモブキャラな方々の名前とか覚えてないです。
気になる方は検定名にリンク張ってますのでどうぞです。

とりあえずの近況。
相変わらず、某ゲーム坊ちゃんが可愛くて仕様がない模様です。
行き先が黄泉比良坂ってことは、もしかするともしかするかも!などと考えたりもしないではないですが、どうなんだろうか。
ちゃんと出会って謝んなさいとは思いますけども…。うん、夢見すぎですね。
じいちゃんのファンだとか言うから、使えもしないおじいちゃんを付けてしまいましたのこと。もうどこまで引きずられてるんだって感じですけど。
それにしても、ダンジョン入ったら主人公が締めのセリフ言い始めて、これが最後なの?という疑念も無きにしも非ずですが、すっ飛ばしたクエストとかあるのでまだ終わらないと信じたい。2周目をする根性はないので出来れば初回でコンプリートしておきたいものです。

小話の方は、書きかけとかネタ出しで止まってるのばっかりがたまってゆくという現状。
そもそも纏まっていないものをどうにかしようとしても無理だということを思い知らされております。
どうにも出来ないものに限って流れがほいほい決まって行くのが皮肉なものですが。
でもあれは無理、絶対無理!と思う。つぶさに内容とか考えたくないです、それこそもう切実に。
そして、いつの間にか冬なんですね。
時が経つのは早いものです…orz。

スポンサーサイト
 

 

 

 

 
ぼちぼち進めております、主にゲームを…。シナリオ的には3分の2あたりかなぁと勝手に予想していますが、図鑑の埋まり具合が半分にも満たないのは、見逃してるところがあるからなのか、どんでん返しがあるからなのか、どうなんだろう。
とりあえず、裏ボスとか隠しダンジョンあるよ!というのは謳い文句ならしいですけど。
そういえば、前回書いてたスキル云々は装備画面で指定しとかないと使えない仕様でした。そんなのどこにも書いていない…というか、わりと当然の仕様だったりするでしょうか。
とりあえず、固有技とは別に自由に覚えられるスキルもあるってのはすごく良いんですけど。
基本的にスキル枠が少ないのがなんとも…。
あと、若干一名器用貧乏と化してる方が。お姉ちゃんとかお嬢ちゃんとかは割とうまくフォローできた気がするし、主人公は自前で何とかなるんだけど(むしろ付加するスキルがみおとりしちゃう)、あの坊ちゃんがね…どっちつかず感が物凄いですね!鍛えようと伸ばしてたスキルの上位技を別のキャラが覚えちゃったりとね、まぁその辺を持ち味として楽しむのもありかなぁと思い始めてきました。
あと、ボス戦で勝手に戦線離脱するのやめて欲しいですね。ぶっちゃけ経験値もらえないんで困ります。
…とかなんとか、自分しか分からないことを垂れ流してみる。
ネタバレとかあるので、追記にしましたが、ニーズ的に全く問題ないと思われます(笑)。 
【続きを読む】

 

 

 

 
なんかゲームがやりたくなったので、適当に見繕って落としてきたりしました。
いつもは一応評判とかの前情報を調べてから決めるのですが、今回はほんっとに行き当たりばったりで。
おかげでシステムとかさっぱりわからないままにやってます。…とりあえず、操作方法くらい読めという話ですが。
レベルアップしたら技みたいなの覚えるんですが、戦闘でそのコマンドがさっぱり出てこない。一体どうすれば…。
ダンジョン二つ目だっていうのに、今だにボス戦でもひたすら通常攻撃とアイテムで体力回復です。何やっているんだろうかと思う。
イベント中のテキストとか、キー配置をもうちょっとなんとかしてほしいと思うけど、所詮は携帯アプリですしね…。
すっごいグダグダ感もまぁ、ご愛嬌かなぁと。
そういえば、P罰がラスダン途中で行き詰ってたのを思い出しました。

…えーっと、ぐだぐだなのはこっちだよ!とか言うオチでいいですか? 
【続きを読む】

 

 

 

 
最終巻を手に入れました。
購入特典?なにそれ美味しいの状態です。そんな大型書店なんて、電車乗って県外に出ないと無いわ…orz。
まぁ、そんな田舎アピールはさておいて。
最終巻、書き下ろし部分にしみじみとした一方で、なんだか新たな可能性とか見出だしちゃったりしてました。
未読の方のネタバレ回避のため、以下は追記に…。

 
【続きを読む】

 

 

 

 
めっきり寒くなって来ましたね。

ばかねはとうとう今月で最終巻ですね。ホントのほんとに本編はこれで終わりってことで、あとのお楽しみは巻末4コマくらいかなと。夏公開予定の映画と。
そういえば、限定200名に複製原画と銀時計の販売があるみたいですね。
原画が凄くいいので、ちょっと迷ったりしてるんですが、どう考えても飾れそうにないので、だったら人数制限あるし我慢してようかと。
6万円もするし、衝動買いでなんとか出来るものでもないですし。
でも、イラスト凄く好きなんで、ちゃんと大きく描かれてるのを見たいんですけど。完結しちゃったし望み薄いかもですが、どこかに収録されないものかと思います。

以下は、掲載誌サイトにあった原画についてあれこれと言っているだけです。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
…ほんとに困りますね。
そういえばFA劇場版情報がちらほらと出ているようで…。ぱっと見た感じ、原作とは別物っぽいのかなぁと思います。兄弟の旅の途中ということなのかもしれないけれども、プロモーションの映像見てると同じ地平に置かれているという印象が持ちにくいというか、ちょっと世界観的にぶっ飛んでいらっしゃる方が約一名見受けられたような。
約束の日までの空白の数ヶ月とかだったら良かったのですが、そうすると兄弟が別行動になっちゃうから駄目ですもんね。そして、ここ以外にドクターが描かれる可能性は皆無なわけで。
とりあえず、遠巻きに様子を眺めつつ、というスタンスでいいのかなと。
できれば、皆さんの活躍を見られたらなぁとは思うんですが。折角魅力的なキャラクターがたくさんいる作品なのででないと勿体無い気がする。

ここのところ考えていたことといえば、ドクターが傷一行に同道していなかったら物語的にどうなるのかなぁということでした。
あえてフィルター発動せずにできるだけ客観的に考えた結果、世間に名の知れている錬金術師でかつ大人というのは、交渉ごとにおいて説得力あるので、もしかしたらばお尋ね者ばっかりの一行にはそういう意味でも必要な方だったのかなぁというあたりに落ち着きました。
それにしても、本人と分からないように人相変えられた割にはあちこちでバレまくっているのが今更ながらもちょっぴり微妙な気持ちになるのですが。
あれは、同行するにおいての良心の呵責を和らげる意味では功奏してたのかもしれないのでまぁ、ご本人的にもいいのかなと。
多分、時間をかければ徐々に治ってゆくものだと思うので。取り返しのつかないものではないんだと。

あと、やはりいしゅの人たちの協力をとりつける場面ではやはり彼の存在が必要なんだなと思いました。
錬金術のメカニズム解説役としてだけではなく、加害者側の心にもかの戦いがどれ程の傷跡を残してるか、そして彼らがその後の人生をどう選んでゆくのか。
耐えるという消極的な過去との決別ではなくて、罪は罪として認めた上での歩み寄りの可能性をもしかしたら、かの二人の存在が彼らに示していてくれたりしたらいいなぁと。
なんとなく上から政策を推し進めるよりも、そういう人たちがいてくれるほうが希望を見出せるんじゃないかと思う。
利害やら理屈やらを超えた相互理解って何ぞやという辺りの答えがあるんじゃないかなぁというか。

…あああ、やっぱり夢見すぎてますね。でも、あの二人がそんな感じでずっと一緒にいてくれるといいなと思います。
物理的な距離云々ではなくても、どっかで繋がってればいいと思う。
 

 

 

 

 
そういえば、11月11日はポッキーの日だったんですね。いつの間にそんな記念日になったのかとも思うのですが、最近のお菓子会社には色々と踊らされてる気がする。
そして、ポッキーネタを一年間ずっと放置していたことも思い出した。
…そういうことは思い出さなくて良いのに…orz。
はがねネタじゃないのですが。というか、このブログの傷医者需要には時々超絶茨CPだということを忘れてしまいそうになります。他が皆無だからとかは気づいていてもそっとしておく方向で。
まぁ、一歩外に出たらやっぱりどマイナーなんですが。それでも、昔に比べたらずっと満たされてると思います。他所様で萌えを共有出来るって幸せな事なんだなとしみじみ思います。

今月でコミックスも最終巻発売ってことで、めっきり寂しくなってしまいますが、それでもずっと大好きな作品です。
私が連載中から追っかけて、最終回まで見届ける作品ってほんとに少ないんで。いや、自慢にもならないんですけどね。
あと、大変どうでもいいことですが、アニメの4コマ劇場のドクターが大変に天然らしいという風の噂を耳にしてちょっと小躍りしてしまいました。自分の目で確かめていないんで、先走りすぎかもしれませんが、発言内容を鑑みるに、やっぱりあの人天然だったんだと思ってしまう。
好き勝手捏造してた手前、色々と申し訳ない気もしないでもなかったんですが、ちょっと安心しました。

 

 

 

 

 
前回と前々回の記事に拍手くださった方、ありがとうございます。
小話更新の度に反応を頂いて、有難いやら恐縮やら。やってる事が物凄くニッチかつ際物なので、そのワンクリックに大変勇気を頂いております。
そして、うっかり気になってしまった方には、かえってお手間を取らせてしまったみたいで申し訳ございませんでした。
ちなみに、お待ち頂かなくても例のものは実はずっと置いてあります。
ただ、飛ばされた場所が場所だし、書き方紛らわしいしで、余計な混乱を招いてしまったようで、すみません。
一応現在はごく近い層まで直リンしましたので、後一押ししていただければ大丈夫かと。
ホントにお遊びネタなので、こんなことの為にっていう脱力感がひどいことになること請け合いなんですが。

…それにしても、こっそりしたつもりが予想以上に見つかりまくってて吃驚しました。
 

 

 

 

 
我ながらタイトルひど過ぎる…。
土曜の昼に更新されてる2525の某あにめチャンネルを見るのが最近のたのしみのひとつな訳ですが、今回のは見事にやられたって感じでした。
いつも良くも悪くもフリーダムなんですが、ここまで許されるのかっていう。もはや作画崩壊どころか、なんか別の次元に行っちゃってる…!でもって、ラストは不覚にも感動してしまった。
こういう風にして頂けると、見ている方としてはほっとします。
とりあえず、すいーつ好きの妹は心底天使だと思う。結局そこか!って感じですが。だって可愛いんだもん!(←だもん自重)

あと、某所のはろうぃんイラストが素敵過ぎてぎゃーっと萌えたので、思わず辛抱たまらずにネタ書いてしまいましたが、二重にパラレルとか痛すぎるので、さすがにここに上げるのは思いとどまりました。
いい加減怒られても仕方ないレベルだと自覚してます。すみません。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
はろうぃんはものの見事に過ぎ去ってしまいましたが、何食わぬ顔して小話投下してみます。学園ネタです。

…そういえば、今年のはろうぃんは日曜日だったんですよね。嫉妬とえどはわざわざ仮装して教頭先生の家に乗り込んだのかなぁとか、傷の人もいるってことは既に一緒に住んでるのかとか考えて訳分からなくなってきたので、まぁとりあえずそういう態でっとことで。
時間軸に恐ろしく歪みが発生している気もしますが、「大丈夫だ、問題ない。」(←袋叩きフラグ)
 
【続きを読む】

 

 

 

 
なんとなくついてたテレビ見てたらちょっと、なにこれ萌える…!というものがあったので。
具体的には諸事情により明記いたしませんが、やりとりがいちいち萌える。
全然次元の違うものと自分比べて落ち込むんですよとか、感情表現が下手で、嬉しい時も喜んだり出来ないから自分が同調しやすいようにオーバーアクションしてるとか、ずっとポーカーフェイスやったらいいんですけど、落ち込んでるときはそうって分かる顔するんで、引きずられるこっちも大変だとか、なんだろうこれは…。
でもって、人気投票というかパートナーにするなら誰がいいという質問で、がっつりその相手を選んでたり。
何か端から見ててもよろりらくるわ。
けど、選ばれた側はほかの人選んでたという。
曰く、アイツに票が集まるのは予想できたから、負けた気がするので自分は入れないって。それって、本当は相方選びたかったってことじゃないですか。
周りからは、何それって感じで笑われていたけど、そういう心の機微も分からんではないので堪らなかったです。
…でも、多分相手は生半可な気持ちで手を差しのべてる訳じゃないと思う。

凄いなぁ、掛け合いの息の合いっぷりも流石なんですが、よくもまぁ、あんな言葉の応酬を即座にできるもんだなと感心したり。
とりあえず、痴話げんか乙って感じでした。
個人的には「心の扉ガタガタいうてて開いてまいそうで怖いんやろ!」の返しが聞きたかったです(笑)。

それにしても、もう11月ですか。いつの間にはろうぃん終わったんだろうか…orz

 

 

 
Copyright © 2010 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。