管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
3ヶ月ぶりの囀りが、アプリから勝手に呟かれたものとか、もう何なんだろうかと思う今日この頃。絶対私使い方間違ってる。もはや検索エンジンと化してます。
今、どこかでFAの再放送されているらしく、禊の戦いのときはTLで大変ドクター率が高くて嬉しかったです。最大の見せ場ですもんね。でもって、先日はよきさん大活躍、と。
よきさんは、あの傷一行の中で唯一臆面なくドクターを叱ってくれるっていうところが、個人的に重宝しております。
バカって言ってくれた時、訳もなく嬉しかった記憶がある。その後の救出劇も良かったですけど。
なんだかんだで、一行の中でも傷の人に次いで付き合い長いし、一番二人に接してきた人なので、そういう点でも美味しいポジションかなと思っています。当人は不本意以外の何物でもない訳ですが。
でも、あの経験があったからこそ、彼も救国の英雄の一人になった訳ですし、決して不幸なんではないかと。とんだ巻き込まれではあるけれども、結果オーライですよね。
あの一行も、お互いに影響しあいながら前に進むことを選んだ人たちなんだなぁと改めて思ったりしました。

以下、クロニクル雑感。
スポンサーサイト
 
【続きを読む】

 

 

 

 
くろにくる感想…と思ったけれど、色んなところで書かれているので、まぁとりあえず置いておいて。
というか朝が早いので無理でした。
とりあえず一言だけ。補足していただいてるところに、大変感謝したい思いでした。ちゃんとおとうさまにも救いがあったんですね。でも、一番会いたい人は其処にはいないんですけどね。

個人的に操作ミスった気が物凄くしているので、それについてはひたすらに平謝りするしかない気がします。お目汚しどころの話じゃないわ…orz。
 

 

 

 

 
ばらときしのくだりは傷医者に贈りたいと思う。

小話やら何やらに拍手頂戴しましてありがとうございました。
久しぶりの学園だというのにひどい迷走具合で申し訳なく。というか、舞台設定すら怪しい感じですが…orz。他にも書きかけのがいくつかありますので、そちらの方もなんとか出来ればいいなぁと、相変わらず希望だけはあります。

そういえば、今月発売のくろにくるは設定資料的なものがあるのかどうなのか気になる所です。
4コマ収録は謳われているけれども、傷一行あたりにスポットが当たるのかどうなのか。
DVD特典のが収録されていればとても有難いんですが、あれは本編と同じくらいにオープニングが良かったので、なんというか全部セットで見たいという思いもありつつ…。まぁ、そこは特典なんだし仕方ないなぁと思っておりますが。
しかしながら、ドクターの天然っぷりがこれでもかってぐらいに公式認定されていた、あの作品群は本当に貴重じゃないかと今更ながらに考えてみたり。同時に、ですよねーとか納得してしまったり。普段スポット当たることめったに無いですから、喜びもひとしおといいますか。まぁ、そこを補うという意味でも妄想逞しくなるわけですけども。
とりあえず、原作では明言されることのなかった裏設定的なものがあればいいなという期待を抱いてはおります。殊に人体練成についてとか、ドクターの研究の詳細とか、あと多分無いだろうけど傷の人の本名とか。
後日談は…うん、そこは夢見るだけに留めておきたいところです。逆に打ちひしがれても切ないので。
それにしても、あんまりにも脳内のキャラクター像が原作のそれとかけ離れているので、ちょっと現実をたたきつけられることへの不安が半端ないですよ…。
どうにも、印象に残ったシーンのみでイメージを固めてしまう傾向があるので、どうしてもそうなっちゃうというか。ドクターの話し方なんかは、対めいちゃんがデフォルト設定になってますが、大人にはあそこまで柔らかい言い方でもないと思うよ…と自覚しつつも、あのしゃべり方がすごく好きなので敢えて区別していないです。いや、単にそこは手落ちとも言いますけども。
まぁ、そんな繰言はどうでもいいんですが。
 

 

 

 

 
個人的には他所様のところのはがねパロの新設定とか、傷医者めくるめく思い出の詰まったパネル(それ結婚式とかに使う用だと思う)とか激しく気になる所ですが、ここはひとつものすごーく久々に学園ネタらしきものを投下してみます。メインの二人となると、かれこれ昨年末以来ということになるんでしょうか。妄想は色々していたので、あんまり懐かしいという気はしないんですが。
梅雨が明ける前に投下するのが目標だったけれど、ものの見事に明けてました。またそんななのか、私…orz

ということで、追記から天然教頭先生と強面の問題児再来です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
えーっと、テキストページ拡大するといちいちページトップまで戻る仕様、何とかならないんでしょうか?
以前はそんなことなかったのに。記事が長引くときは、思いっきり連打して使っていたので、今ものすごく使い勝手が悪いです。
元に戻るといいのですが…。

またしても、随分と更新に間が空いておりましたが、記事自体はちまちま書いておりましたので、一緒に上げておきました。
平日って、書いても見直したりしないんで、結局まとめ上げがデフォルトになりつつあります。
最早日記でもなんでもない気がするけれども、言わなきゃばれないと思うので無問題、と開き直ってみる。

相変わらず某社に入り浸ったりして、創作物を読み漁ったりしているんですが、本当に面白い作品が多くて、燃えたり萌えたり忙しいです。
中には久しく更新されていないものもあったりして、続き…とガックリすることもしばしば。

以下、某社作品の感想です。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
唐突ですが、以前にちらっと書いていた紫の紐は茄子でした。意外性とかそういうのはなく…。
台風一過。結局、最接近した時よりも前日の方が風雨も強かったです。
公共交通機関が止まるという絶望も味わいました。何とか復旧したので、幸いにも難民になることはなかったです。
…まぁ、歩いてなんとかなる距離ではあるのですが、道分からないとか数時間の苦行の問題さえクリアーすれば。

そして、拍手くださった方有難うございました。あんまり大したこと書いてないのですけども、何かしらの燃料になればこれ幸いです。
というか、最近週末に一気に記事上げてるので、どのタイミングのどの分だよって感じなんですが、どれがということではなく、こうして反応下さることに感謝ということで、気づいたらこうしてお礼申し上げているわけですが。もう自己満足といわれても仕方ないようなものなんですが、それでもそのワンクリックにとても救われております。重ね重ねありがとうございました。

そうこうしている内に世間ではさまーばけーしょんなるものに突入しているそうで、そんな気の利いたものには久しく縁がないので、少なくなった乗客を見ては、ああそんなだったなぁと思い出してみたりしました。
あと、今日は土用の丑の日でもあるんですね。
きっと教頭先生宅の食卓にはちゃんと鰻が並んでいる事と思います。でもって冬至のときと同じようなやりとりが繰り広げられるわけですね。精力付けて頑張ってくださいということで…まったくもってご馳走様でございます。
 

 

 

 

 
台風が近づいていますね。今日の夜から明日の朝にかけてが一番強いって聞いていたのに、早朝の荒れ模様ときたら。連休明けの出鼻を完全に挫かれました。
それ以前にも…いや、それはどうでもいいとして。

ふと思ったのが、ドクターってどの程度までなら人体錬成出来るのかな…でした。
石を所持した状態ならば、瀕死の重傷でさえ一瞬のうちに回復出来るんですよね。
だったら、その場に居合わせたのなら破損した身体を修復して魂を元に定着させることは可能なんだろうと思う。この辺は一種の蘇生術の範疇として。
では、時間をおいての蘇生はどうなんだろうかと。
無から有は作れないだろうので、取っ掛かりとなるものがない場合は、多分無理なんじゃないかと思います。
当人の肉体があればおのずと魂は引かれるらしいですけど、そうでないと定着させるのは難しいんじゃない…のかと考えたりもしたんですが、そういえば、弟君はもとより見張り兄弟や元肉屋さんの例もあるからなぁ…。あの場合、精神の扱いってどうなってるのかなと思うんですけど良く分からない。
精神がまだ肉体にある状態で、魂ごと別の媒体に移してるとかそういう感じなのでしょうか。
だとすると、とりあえず手近なものに魂を移しておいて、寄り代となる人体が練成できた暁に、さらにそちらに移動させるなんてことも、無理ではないのかもしれない。理屈の上だけでは。
むしろ、問題はいかに元と同じように身体を練成できるかというところなのかな。
たとえば髪の一筋でも残っていたら、そこから遺伝子情報を引っ張り出したりできるんだろうかとか、そんな分子レベルの理解はいくら専門分野であっても難しいんだろうかとかいろいろ考えてみたんですが門外漢も甚だしいので、どうにも解法が見当たらないという。とりあえず、構造や機能上は問題なく練成できたとしても、本人そのものの構築というのは別、という認識でいいんでしょうかね。
まぁ、別にその辺りを掘り下げて何かしようという野望もないのですが、つい気になったもので。
どちらにせよ、魂がどこかにいってしまっていては、手の施しようがないんじゃないかと思ってる。逆にその場に居合わせたのならば可能性はあるということかなとか。

はたしてドクターはスカーさんが居なくなったときに、人体の構築式を用いたりするんだろうかとそんな疑問が過ぎった訳でした。
ホント、どうするのだろうか…。
(個人的に、後追いだけは絶対にしてほしくない。今生で幸せにならなきゃダメだよ派です。)
 

 

 

 

 
なんかいろいろ試していたら、うっかりもうひとつFC2さんとこのIDとってしまってました。さしあたって使い道はないんですけども、まかり間違って別館的なものを作る日が来たらば、利用しようかという態で。
まぁ、ここ自体がオフに対する隠れ家的な場所なので、敢えて別宅を設ける必要もないというのが現状です。既に十分すぎるくらいの辺境なのに、更に下層って一体どこなのかって感じなので。もう、そこまで潜るんだったら、文字通りチラシの裏で事足りるんじゃないかと。

近況。
暇つぶしに突っ込みドリルなるものをやってみたのですが、設問以外のところに反応しては、ダメ出しを食らっておりました。…これゲームとしてもネタとしても面白味ないなぁとか、だったらするなとか色々あるんですが、取ったからにはエンディングもとい判定までは見ておこうと思ってちまちまやってます。
しかし、どう考えても実生活に何の役にも立ちません。
役に立たないといえば、またしても発作的に脳内で傷医者がいちゃいちゃしだしたのも、どうにかしてほしいと思いました。発散の術がないから、余計に悶々とします。ただでさえ暑いのに。
そんなもだもだした日々でございました。
ついでみたいな書き方になってしまって恐縮ですが、拍手ありがとうございました。少し前の小話にも押して頂いてたみたいで。
やたら積極的なドクターがデフォルトになりつつあるような危機感を孕みつつ、原作でも流されるだけの生き方は嫌だとか言われていたからとか言い訳してみる。まぁ、積極性の方向が思い切り間違っているわけですが。
 

 

 

 

 
毎年あの強い芳香に、初夏の到来を感じたりするんですが。今年はまったく気付かないままでした。
そうこうしてるうちに、晴天の中はるか遠方の山際にだけ積雲がもわっと固まっていたりして、いよいよ夏本番だなぁなどと思ったりしました。
もうすぐ個人的にアンニュイな記念日が来ますが、全力で目を背ける方向で。…否応なく思い知らされるんだろうけどもさ、突っ込まれるまではしらを切りとおしておきたい所存です。

さて、小話やら拍手ありがとうございました。色々と詰め込みたくて、結局支離滅裂になったような代物ですが、傷一行の素敵なバランス感覚とか皆様の微笑ましさとかに気づいてくださる方が増えればいいなと思っております。その意味ではぜんっぜん貢献できない感じの小話なんですが。それでも愛だけはあるつもりです。皆ひっくるめて愛でたい。
久しぶりにFAの43話とか見たら、ほんとにドクターいい仲間にめぐり合えて良かったねって全力で思いました。エンドカードの傷医者の関係が相変わらず物凄く好きです。あのシーンチョイスしてくださったスタッフの方に感謝。あんな感じの二人が理想だったりするけれども、どうにもおかしな方向にばっかり転がっちゃうので…と閑話休題。
あと、やっぱり傷の人の勝ったぞの台詞の溜めが個人的にはもうちょっと欲しかったってこれも、放送当初から言ってましたね。今回もやはり同じところで余韻が…と思ってしまった。ものっそい細かいところですけど、でも自分の中では割と大きなターニングポイントである模様です。
 

 

 

 

 
当日思い付いたという七夕小ネタをしれっと投下してみます。
あんまり傷医者じゃないです。ごめんなさい。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
そういえば、七夕だったんですね。
一応、時事ネタを思い付いたのですが、当日朝だったため、如何ともし難く。導入だけでタイムアップでした。
それ以前にまだ途中のあれこれどれそれとかどうするのかと、問い質したい気持ちで一杯なんですけども。
とりあえず、仕上げようという意思はあります…ので、何とかなれば良いなぁとそんな煮え切らない状況。

いつの間にやら劇場版の公開も始まっていたようで。11.5巻欲しいけど映画館に行くのも億劫な出不精です。オンもオフも引きこもりって救えないなと思いつつ。漫画部分は何処かに収録されることを祈ってます。

さて、年明けの暴挙が素敵な萌えになって返ってきておりました件ですが。
自分で投下しておきながら、これはひどい状態だったんですけど、ぷるぷるしてる耳を目にした瞬間、後悔がGJ自分!にすり変わりました。
単純に卯年だからっていう理由だけでああいう仕様だったわけですが、改めてあの小型草食動物耳の偉大さを知った気がします。ちょっともうすんごい可愛いんですけど。あんな感じで胸元とかに擦り寄られた日には、そりゃあ全力でもふもふするしかないかと。寂しいと死んでしまう生き物らしいので、飼い主さんは目一杯可愛がってあげないといけないと思います。勿論飼い主は、強面の小動物好きの人で。
個人的には、続き!つづき!とわっふるしたいところですが、フレームアウトしてる部分が多分にひっどいパスだと思うので自重します。こんなんでよろしければ煮たり焼いたりお好きにして頂いてまったく持って構わないというか、むしろ光栄ですというか。
どの道ネタとしては使い古されてるパターンですしね、しれっと上げてもらっても全然問題ないかとおmo…すみません、自分が見たいだけでした。もふもふ万歳。
 

 

 

 

 
そういえば、もう7月に入っているんですね。
今年も半分以上過ぎたってことか…。意味もなく焦燥感。

夏場の電力不足に対応するため、身近でも節電対策が取られております。
とりあえず、拘束時間が増えました。個人的にはパソコンが70分使えないのが辛いです。
とはいえこの辺りは、まだまだ恵まれているんだと思いますが。贅沢言ってると罰が当たっちゃいますね。

それはさておいて、近況など。
昨晩、久しぶりに悪夢見てもう一度寝るのが嫌になったので、思い腰を上げて小話の続きとか進めてみました。
未だ3分の1程度の進度です。しかも、すごく手直し難航しそうな気配。
半覚醒状態で言葉が並べられる訳もなく。そうでなくってもいっつも酷いのに。
まぁ、そんな感じで、亀の歩みですがちょこっと前進してるのかなという程度。

ちなみに、夢って狙って続き見られるようなものではないんでしょうけど、これは見たくないというのに限って、絶望的なオチとか付けて脳内に配信されるので果敢に寝る方向にもってゆく気がしなかったりします。
目をさました時間が早ければ翌日のために睡眠を選ぶこともありますが。まぁ、現実じゃないからいいっていえばそうなんだろうけども。
でも、出来れば知らずにいたいと思いますよ…。
 

 

 

 

 
あっついですね。暑いの苦手なので大変にへたっております。パソコンの熱で部屋が更にヒートアップ。扇風機の無力さを身をもって実感中。
…いや、きっともっと過酷な環境の方もいらっしゃるんだってことは分かってる。でも、言わずにはいられない。暑いです。

先日の取るに足りないような記事にも拍手を頂戴しまして有難うございます。…以前の記事を下げちゃったので改めてお礼申し上げます。
まぁ、なんでしょうか妄想するだけで終わるのでとても非生産的だなと思いつつ。別に萌えが無くなったとかそういうわけではないんですが、でも自分の文章読み返すのがものっそい苦痛で仕様が無いです…。

以下は非常に燃えたので、某社の感想をちょこちょこと。
 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2011 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。