管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
しまった、先週何も手をつけてなかった。
供給あるって本当に素晴らしいですね。色々妄想が駆け巡って頭がぱーんってなってました。白昼堂々思考があちら側にいっちゃって、さすがにそいつはまずかろうというか、うっかり公共交通機関でドクターかわゆすとかほざきそうになったあたりで重症だと気づきました。でも楽しい。
先日のあれで一応紅蓮医者熱も落ち着くかなぁと思ったんですけどなんかまだずるずる引きずってるみたいなので、むしろ悪化の一途をたどっている気がするので生暖かく見守っていただければ幸いです。
この間から言ってる原作ベースの話はちょっと気に入らないのでとりあえず保留してます。どうしようもなかったらばっさりざっくり削って上げるしかないかなぁと…。でも折角書いたので使えるところはそのままにしたいという貧乏性も発揮しつつ。
でも、たぶん次にあげるとしたらまたパラレルになりそうです。前述の通り何も手をつけてませんが。
大丈夫、GWはまだまだ前半さ!とか何か不吉なフラグを立ててみたり。

二人で旅行したりしないかなぁ。温泉地とか提案して、ドクターにすっごく意外そうな目で見られる紅蓮とか。
あの人と癒しスポットって絶対似合わないと思う。
「……私とて羽を伸ばしたいと思うことくらいありますよ」

あ、そういう話じゃないんですけど。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
熱狂からクールダウンしてようやく自分内諮問機関が機能しましたが、結論は「そこまでキャラ違うんだったら紅蓮じゃなくてもいいんじゃない?」でした。御もっとも過ぎてぐうの音も出ませんでした。でもあれは自分だけ楽しかったらいいや的なものだったので反省はしても後悔はしないでおこうと思います。…まぁ、やっちまった感は半端無いですが。思い出してうわあああー!ってどこかへ逃走したくなるレベル。らぶいちゃの供給が少ない理由がちょっとわかった気がします。諸刃過ぎる…orz
あと、思い返しただけでこれ前にやったネタだって思い出すものが有りすぎて、しかもそれを作業中に一切思い至らないトリ頭っぷりにがっかりしました。
でも、紅蓮さんの幸せをひたすら追及する(それに付随するドクターの幸せも言わずもがな)ことだけは及第点なので、後悔はっ…多分しないんじゃないかと思う。うん、すっごく逃げ散りたいですけど…。

非常に不親切な案内にも関わらず該当記事に辿り着いて下さった方がいらして、頭の下がる思いです。無駄にお手数をおかけした結果があれで申し訳ございません。というか、需要あることに吃驚しました。怖いもの見たさだろうと思いますが、そんなチャレンジャーの方が地雷を踏まないことを祈るばかりです。お目汚し失礼いたしました。

さて、辛気臭い内容はさておきまして。いつも拍手やコメントを有難うございます。本当に勿体無い限りです。追記から返信をさせて頂きました。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
囀り界隈でお見かけした獣化先生に迸りそうになりました。
騎将さんの守護獣とか格好良すぎる。でも、普段とっても文化系だしもうお若くないので、無理はしないでっていうか。
先生は猫科なイメージだったんですが爬虫類系も似合いすぎてて、騎将さんがわんこなのは脳内で既に固定済なので、暑い日なんかには先生にくっついてるとひんやりして気持ちいいだとか言ってナチュラルにいちゃべたする主従はいませんか!?とか思わず周りを見回してしまいました。Ksjタンもどうだって誘われて、遠慮しますと答えながら、内心どう考えても離れてる方が涼しいとか思っているといいなぁとか、相変らず妄想が酷い有様でございます。
あとは、獣化して理性飛ばした先生が…!辺りで思わず身を乗り出さんばかりにテンション上がったんですが、そうですか、騎将さんはフェアリーでしたか。個人的にはお構いなしにホイホイと(以下略
それにしてもちょっと最近の流れは美味しいなぁとかこっそりによによする日々です。我ながらどうかと思う。
一応囀りアカウントはあるにはあるものの、まちぼうけとかで暇で仕様がないときに暇だと書き込むための場所なので、気の利いた萌え話とか一切ございません…などとどうでもいい情報を流しつつ。1年半近くなるのに150行くか行かないとか、下手したらブログの方が更新してるんじゃないかと思う。そもそもメモするのだったらこっちの方が使い勝手がいいとか、前提からして間違えてます。
 

 

 

 

 
ということで、察してやってください。
今回はひたすら自分得な紅蓮医者パラレルでございます。
原作ベース小話の息抜きで取り掛かったはずが、何故かこっちの方が先に出来上がっちゃったという。どうしてこうなったのか小一時間問い詰めたい気分です。やの字苦手なくせに、ノリノリで書いてた自分が怖い…orz
えーっと、パスワードですか?…うん、さがさないでください
 

 

 

 

 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
 

 

 

 

 
おや、これは…どうも自分の文書処理能力の遅さを甘く見すぎていたようです。まだ導入部分とかしか行ってなくて絶望しました。まずい、セルフダメ出しが入る前に何とかしなければ…。やはり勢いって大切ですね。それのみって言うのが非常にしょっぱいですが。だって、計画性無いから強引に押し切るしか出来ないんだもん!←だもん自重

ちょっと他所様で見かけた紅蓮観がどストライク過ぎてよろよろしました。この罪作りな王子様どうにかして下さい。やばい格好いいこれは惚れt(以下略)。ぶれない所が潔くもあり、もどかしくもあり。優先順位の一番には絶対に置けないのが切ないです。想っていない訳じゃないのだろうけれども。どこまでも二アリーイコールに持っていけたら或いは…とかそんな夢を引き摺りつつ、普通にベタ惚れでもいいじゃない!と拳を振り上げたいところです。
あああ、つくづく己の表現力の無さが泣ける。モニターの前で小躍りしたい気分だったのに…orz

以下、まごう事なき自分用メモ。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
…らしいですが、延期続きで伸びに伸びた首が戻らず、すっかり発売日を失念しておりました。
ちょこっとどんなものかと調べてみたのですが、弱小勢力は物凄く厳しそうですね。自軍ができることは他勢力もできるってことは人手が多いほうが打つ手が一杯あるということで、そうすると騎将さん目当ての人はそれだけで不利というか、いかに有能な先生といえども一人じゃどうにもならないですしね、とかなんとか。初心者にはやはりハードル高い気がしました。いったい私のどれほどの野望があったのか今となっては判然としませんが、ともかくそんな感じで見送り中。
前作みたいに隠しパラメーターで相性とか親愛設定があって、共同作業したら上がるとか、はたまたさらには結婚義兄弟とかできたら状況は一転しますが、そもそもそういう作品じゃないっていう。うっかり前作のは改造ツールで性別いじってどうにかならんかなとか思ってたりしたのは秘密です。
公式の名鑑が発売後も更新されてるみたいなので、もうちょっと騎将さん登場に望みをつないでみることにします。頼むからネタ系にするのだけは勘弁願いたいです。南蛮の人たちのヒャッハーぶりがすさまじくて、元々の顔芸枠の方々がかすんでます。あんな表情で「了解した!」とかボイスつきで言われるのはいやだ。腹筋崩壊する自信がある。あと、軍師任命できないの辛いですね。手の空いてる高知力の人が勝手に助言するなんて理不尽すぎます。
総合するとゲームはたぶんしないだろうなぁと思います…。
 

 

 

 

 
空前の紅蓮医者フィーバーにいろんな意味で眩暈がしてくる今日この頃。一番の問題は紅蓮の人がちゃんと恋できるのかどうかという、そこ外しちゃいかんだろうというどうしようもない部分です。あの人、自分大好きだからなぁ…。ドクターサイドについて何の疑問も抱かない辺りは、たぶん私がかわいそうな病気に罹っているせいだと思います。ドクターの修飾部分を取っ払って最後に残るものはとか考えて行き着いたところに自分でもドン引きしました。ごめんなさい、ほんっとうにごめんなさい。

こんな場末のブログを見て下さったり、拍手やコメントを残してくださる方にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。自分がチキンなのでひたすらこっそり通いつめることしかできないもので、反応くださる方ってどんだけ心が広いんだろうかと思います。そして、ROMの方も気にとめていただけて、勿体なくも大変に光栄に思っております。本当にありがとうございます。
以下はコメントの返信になります。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
囀りで騎将さんbot見付けたけど、残念ながら非公開でした。調整中なのかな…いつか公開してくださるといいなぁ。どんな騎将さんでももぐもぐ頂く気満載です。でも、先生のはフォローしてなかったり。軒並み格闘ゲームベースだし。あれがどうなのだとかは申しませんが、きっと自分が見たい先生とは異なるのだと思う。

話は変わりますが、鋼で会話ネタを書くときいつも困ることのひとつがドクターの口調です。(まぁそれを言ったら他も大概なんですけど。)ちゃんとこうだ!っていうのが未だに掴めなくて、イメージ先行で対めいちゃん仕様がデフォルトになってしまいます。こういう困った人のためにもドクターbotもあればいいなって思います。うっかりご飯作りすぎちゃってご近所にお裾分けしたり、それが評判で奥様方にレシピ教えてあげてるドクターとか居ませんか。個人的には夜のドクターでも歓g…失敬、妄言です。
前回のネタは珍しく書く前に原作を読み返してみたのですが、殲滅戦での石を渡すシーンの上官の台詞とか、幕舎から出てきた時のふらつき具合とかいらぬ妄想を掻き立てられますね!
…いい加減自重します。

最近、好きだった書き手さんが閉鎖されちゃったり絶賛ストーキング中の囀りアカウントが鍵付になっちゃったりと、捨てる神様の多さにかなり淋しかったりしたのですが、拾う神様もちゃんといてくれたので良かった…。相変わらずのチキン気質を発揮してストーカー行為を恣にしておりますが。いや本当にまさか、この時期にって感じで吃驚しました。伝わらないけれど凄くありがとうって言いたい。私ももうちょっと頑張ってみようと思いました。思うだけで行動が全然伴ってないですが。
 

 

 

 

 
ちょこちょこ金鰤さんネタ書いてたら、うっかり紅蓮ルートが発生しちゃって自分でも何があった!?的な気分です。
間男設定じゃない紅蓮さんは、死別エンドしか想像できないという報われてんだかどうなんだかさっぱりな按配となっております。でもって傷心の未亡人ドクターは最終的に傷の人に持って行かれるんですね、分かります。そのうち私は闇で木端微塵に爆破されるんじゃないかと思う。

さて、不意にのっくす先生とドクターってどんな感じかなぁとか思ったので、追記に会話文を投下してみました。原作時間軸ではありえないので平行世界的な何か。ちなみに掛け算じゃなく、友人関係としてでございます。注釈付けなくても誰も期待しないだろうけれども、念のため。
何となくのっくす氏のイメージがよきさんから貧乏くじを引いた感じなので、いつものノリとあまり変わらない気もしつつ。というか、私はよきさんをなんだと思っているのでしょうね。
A.貴重なツッコミ要員。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
某主従は主に動画とかリプレイとかで摂取してるのですが、先日とある動画で騎将さんが逝ってしまわれました。
なんか、もう残される先生が哀しくて切なくて、回想シーンで涙腺崩壊しそうになりました。
騎将さんのね、本当に何気ない一言がどれだけ先生を支えてるんだと思うともう堪らなくって。些細な一言を先生がずっと覚えていることに胸熱。なのに先に逝っちゃうとかずるいですよね。騎将さん自身も不本意だったと思うけれども、それでも…。
史実で、遠く離れたところで勝手に居なくなっちゃう騎将さんも相当なんですが、目の前で後事託されるのも辛いですね。それでも見届けられるだけ良かったと思うべきなのか。
先生が君主ってちょっとイメージにないんですが、あくまで優秀な補佐官って感じですし。でも多分泉君居ないと思うから先生が継ぐのかなぁ…。

騎将さんの一言といえば、長安期の「君胡不去?」があったからこそあの主従があったんだと思うくらい自分の中では重要なポイントだったりするのですが、騎将さんはあの言葉もたぶん何の含みもなく、ただ先生の身を案じて言っただけなんだろうなぁと。だからこそ先生は脱出後、最終的には騎将さんの元へ身を寄せたのだと思います。疑心暗鬼の世の中でそういう直球台詞ほど胸に刺さるものはないだろうので。
この二人は、史実でも仮想でもどう頑張っても先生が置いていかれるイメージがあります。
…寿命的な意味で。
 

 

 

 

 
12の体験版をね、とりあえずセオリー的なものを検索してね、再び挑戦してみたんですけどね…。―――在野4人だけってどういうことなの!?
秘策発動で全国に求人しても無駄だったんですね。物凄い徒労感です。あわよくば騎将さんも…とか考えてたんですが、そうそう上手くはいかないものですね。

以下、ざざーっと体験版をやってみた感想とか。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
12の体験版が来てました。そういえば発売まであと1週間なんですね。相変わらず騎将さんが名鑑に出なくて、不在を確認するために公式チェックしてる気がしてきました。
アートブックが出るそうなのでそちらに或いは…と思わないでもないけど、100の枠に入って居なさそうな予感がする。というか、そこまでして確認することなのかとか我に返ると力の抜ける思いです。
とりあえず、どんな感じなのかなぁと体験版をやってみたのですが、何やっていいのか分からずに固まってました。肉屋勢力しか選択できないのですが、配下が豪華すぎて眺めているだけで統一気分を味わえます。奸雄とか仁君とか名族とか相国とか堅パパとか(あと偽帝も)。
実際は、模擬戦闘で部隊を一歩たりとも動かせないまま終わったりして、本当にもうどうしようもない感が窺えようかと思われます。一応解説あるけど、もっと初歩的で基本的なあれこれがさっぱりなんです!と言いたい。
とりあえず、起動してみて分かったことは、どうやっても無理だという事実でした。――でも年代的には涼州に先生が在野でいらっしゃりそうなんですよね…。うわぁ。

半年振りの小話に拍手やコメントを有難うございました。色々と煮詰まりすぎて酷いことこの上なかったので、なんだか物凄く恐縮してます。本当にお目汚し過ぎてすみません。
もっと幸せでいちゃらぶな感じのが出来たらいいなぁと。可愛気は求めても無理だろうので、せめてもうちょっとぐだぐだしない爽やかなやつをね…うん、単に自分がいちゃらぶに飢えてるだけなんですけどね。
ちなみに、小話後半の取って付けたようなもやもやは直前にこれエンドレスで聞いてたからかも知れません。引きずられすぎ…orz

辛気臭い話題の後で申し訳ございませんが、追記にて返信させて頂きました。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
もう4月とか。でも、あんまり暖かくならないですね。
そういえば、とあるサイト様でFAの英語版との台詞比較をされておられましたが、対嫉妬後の傷の人のドクターへ掛けた言葉が二人称じゃなく一人称複数形なことに目から鱗。禊の戦いとか私の我侭というくだりから、ドクターの戦いみたいなイメージが出来ていたのでここに来ての新たな発見でした。名実ともに仲間だって認めてくれているんですね。大変に感慨深いです。

そして、拍手押してくださいました方、有難うございます。更には没話にコメントまで頂戴しまして。勿体無いお言葉の数々、本当に嬉しかったです。萌えて頂けたのでしたらばあの小話も書いた甲斐があったと、救われた思いです。
私も紅蓮とドクター絡ませるのが好きなのでそう言っていただけると幸いです。とか言いつつ小話内で紅蓮さんはめっきり活躍していないというか、既に年単位で出番がないというか…。一応脳内ではちょこちょこ登場されているのですが、この御仁が出てくると色々と公序良俗的に問題がありそうな。うん、濡れ衣ですけど。
原作でもちゃんと会話して欲しかった二人ですので、ついパラレル設定とかで一緒に出してしまうという裏話もありつつ、原作でも鷹の目さんにしたみたいにドクターと問答しているのが見たかったなぁと。嫉妬のそれは悪意込みだけど、紅蓮さんの場合はむしろ興味本位な気がして、それに対してドクターはどう返すのかなぁって思ったりします。
と、長々とどうでもいいことを垂れ流してしまいました。
以下はふと思いついた小話を投下してみます。
紅蓮とドクターが一緒なので、必然的にパラレルです。(どうでもいいけど、この二人で飲食させるの好きだな、私…何というワンパターンorz)
 
【続きを読む】

 

 
Copyright © 2012 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。