管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
自分でもまとまっていないことをぐだぐだと書いていきます。
清々しいくらい傷医者方向に特化されております。
痛々しいことこの上ないのは自覚済なので、馬鹿なこと書いてるなぁと笑って見逃して頂ければと切に願います。
 

more

今後の展開については皆さんいろいろと予想されているので、あえてお馬鹿ぶりを露呈するだけの予想はしないことにして、とりあえず願望だけを書いていきますね。

本誌展開にさっぱりすっかり置いていかれているドクターについて。
彼の物語における役割ってもう終わってしまったのかどうなのかと考えて、一般的にはそうであっても何らおかしくないのかもしれないけれども、傷医者好きとしてはもう一押しほしいところだったりします。
一応、対嫉妬の禊の戦いでドクターのけじめはつけたかに見えるけれども、あれはドクター個人の決着のひとつであるけれども、イシュバールでの行為に対することどもについては、というかもっと掘り下げて傷の男に対しては?とか思ってしまいます。
そして、おそらく今ドクターの手には殲滅戦で自らがかの民を犠牲にして作った賢者の石がある。
石にされた魂もひとつの命というならば、彼らの望む戦いに投じてやるのだとしたら、スカーに対して何らかの働きかけがあってしかるべきという様な気がするのですが。
それが、今の今までまったく触れられさえしない、むしろ石の行方についてはあえて描写を避けている風に見えるのは、もしかするとこの先まだ登場の余地があるからじゃないかとか。
そうであってほしいと本能が主張しております。

前にも書いておりますが、ドクターからスカーに対するベクトルは割と明示されている―というか想像にかたくない気がするのですが、逆については現状のままだと非常にあいまいというか、そもそも向かう何かがあるのかどうかとか思ってしまうのですが。
同胞の説得に伴ったり、対嫉妬のときに声を掛けたりしているので、出会った時のように単に利用価値があるから傍に置いているのではないのは分かるのですが、それは他の仲間に対してでも同じことをしただろうし、傷医者好きとしてはもう一押し(略
うん、敵から仲間の一員に格上げされたのは破格の待遇だっていうのは分かる。わかるけどっ…。

何が言いたいかというと、今後の展開でドクターがスカーのところに駆けつけおおせて、彼を救ってほしいとかそんなことを願ってしまうのです。
そうやって始めて対等だよね…というか。
もう物語が終盤も終盤だし、周りの噂のとおりアニメと同時終了とすると残すところあと2話だとか、そんなタイトな状況で果たしてそこまで掘り下げられるのかどうかという諦観で一杯だったりもするのですが。

あと、スカーの名前について。何人かのキャラが本名を尋ねていますが、未だに判明してはいない。
この国を救うために禁じられた術を使った後でさえも、いまだ行き先のわからないという現状では、名乗ることはできそうにないだろうと。
このままだと本当に名無しで終わってしまいそうなので、やはり何かしらまだ彼の心を揺さぶるようなイベントが残っているのかなぁと。でも、もう敵対してるのお父様だけなんですよね…。
グレーゾーンで真理もいるけど、そして主人公のぶっ飛ばすリストにも名を連ねてるわけですが。
そういえば、ドクターはまだ一度も名を尋ねることをしていない。なんだか意外な気がしました。
そういう意味でも、この人に名前聞いてほしいなぁと、それで答えてほしいなぁと。
そのときがちゃんとこの二人が向かいあう瞬間じゃなかろうかと思ってる。
だもんで、本当の意味では傷医者って始まっていないんだよという、そんな勝手な理屈をこね回したりなんかしていたり。

まぁ、なんにせよ煩いことこの上ないですねー…orz。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。