管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
せっかく近くに出来たからってことで、生まれて初めてあうとれっともーるというところに行ってきました。
オープン当初は新聞の一面飾るくらいの混雑っぷりでしたが(しかも満員御礼というよりは交通混乱的な意味で)、どうやら休日でも昼からは比較的大丈夫という話を聞きつけて、乗り込んでみました。
結果。わーい、すんなり駐車できる!というくらいあっさりでした。
台風一過の影響もあったのかもしれませんが、それほどストレスもなく見て回れるくらい。
でも並んでる商品の良し悪しとか分かろうはずもないので、わーなんかいっぱいお店あるねー見たいなノリでぐるぐるしておりました。
とんだ冷やかし客です。
そうこうしてるうちに、陳列してる商品を眺めながら脳内では、えどやら嫉妬やらに連れまわされてお買い物してる教頭先生の図が浮かんだりして。
ちょっとお疲れ気味な先生と、先生に見立てて欲しくって張り切ってる子供たち(特に嫉妬)とかなんか可愛いなぁと。
傷の人がいたら、そんな先生を有無を言わさずベンチに引っ張っていって休めとか言うんだろうなぁ。
自分のせいで足止めしちゃうのが申し訳ない先生に、自分も人に酔ったからだとかいって。
で、まだ元気な二人にここで待ってるから気が済むまで見て回ってこいという。
嫉妬は抜け駆け禁止って暗に抗議するんだけども、えどがそんな彼をたしなめるように引っ張っていくと。
君はあれでいいのかと憤慨する嫉妬に、馬鹿あれ以上駄々こねたら、教頭先生に無理させちまうだろって感じで。
普段の様子からだと、熱しやすいえどに嫉妬が呆れつつ付き合ってるってイメージですが、教頭先生のことになると我を忘れちゃう嫉妬に対して、えどは良いストッパーになるんじゃなかろうかと思いました。
二人とも教頭先生は大好きな気持ちは同じなんだけれども、スタンスに違いがあるのは彼らに他に大切なものがあるか否かだと思う。
同じ気持ちだから嫉妬のことも分かるし、で、自分も以前嫉妬と同じようにもやもやとした思いを抱えていたから、余計に放っておけないというか何というか。
一見冷めたような態度が、何かをきっかけに一瞬で弾けちゃったりする、そんなイメージです、学園嫉妬。
きっかけはやっぱり教頭先生関係かと。
そんなことをぼんやりと考えておりました。

え、買い物?うん、また今度見てきます。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。