管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
先日、2525でFAアイキャッチ集を見ていたのですが、何気にドクター多かったんだなぁと思いました。初登場話と地下での邂逅と石破壊の3枚なんですけど。数的には少なくみえますが、出番との比率で考えるとわりと健闘しているほうだと思う(ノックス先生が無かったのはちょっと意外だった)
それにしても3枚並べるとまるでドクター思い出のアルバムのようで。
こうやって見ると、スカーと出会って地下から脱出してから劇的に変わったんだなぁと思いました。…改めて、おめでとうドクターって気持ちになった。
あと、今更ながらに気づいたんですが、地下から逃げる時、侵入時と同様に立ちはだかるキメラ達を倒さなくちゃいけない訳で、そうなると実はあの場面、傷医者共闘とかもあったのかも知れないなぁと。ドクターは前線に立たせるわけにはいかないから、やはり後方支援で。
もしかしたら狭い通路で背中合わせとかもあったりしたのかなぁとか。そういえばあの時のドクターって、衣装的に転んだりしたら大変なことに…いえ、何でもないです。
潜入時はメイちゃんがいたから心強かっただろうけども、ドクターは非戦闘員ですしスカーは結構大変だったかもしれない。その前の弟くんとの会話で、一人ならなんとかなるけど、戦えない人連れて血路を開くのは困難だって言ってた気がするし…。
治療目的で声を掛けたのに、それどころじゃなくて、結局スカーを治療する描写は無かったけれども、殲滅戦の話をしている時に実はちゃんと治していたのかなぁ。
共闘にしても治療シーンにしても、こんな美味しい場面が描写されていないのは大変に惜しいと思いました。

危機的状況を共に乗り切るっていうのは物凄いつり橋効果発動されてる気がするんですよね。仇だとか言いつつなんだかんだですぐ打ち解けていたのは、そういう事情もあったのかもしれない。傷医者的にはあくまで第一印象としての効果だろうけど。
錯覚じゃなくて、ちゃんとした思慕は旅路の中で育んでくれればいい。

…もしかしたら帰りはあらかた見張りを倒してて、さくっと出られたのかもとか思ったけど気にしない方向で。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。