管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
某選手権は2年前のかの大会と面子ががらっと変わってて、時の流れを感じました。
にわかなんでその後については一切追っかけてなかったから仕方ないと思いつつも、ちょっと寂しかったです。
胃薬のお兄さんはお元気でいらっしゃるのだろうかとか、ふと気になったりして。
まぁ、久しぶりに覗いたら公式がブログ閉鎖とか軒並み秋風吹いてますね…。

それはさておき、某所のアンケートの選択肢、一つしかない所がなんともはや。
どれかひとつだなんて選べないです。
もうこうなったら、いい雰囲気のところを放置プレイで一人寝させて、寂しさに耐えかねて思い切って誘ってきたところを、一気にいちゃいちゃで、最後に添い寝のサービスつきでいいんじゃないでしょうか?
…すみません調子に乗りました。

以下は取るにたらない妄想とかそんな感じなのでスルー推奨です。 

more


どうにもこうにも、自分が書こうとすると傷の人が思いきりが足りなくってどうしようもないです。
9割方書いてる人がへたれなせいなんですが。
なんというか、勝手なイメージですが、あの人は喪う怖さを知ってしまっている分、踏み出すことに躊躇してしまうんじゃないかと思ってしまう。
いえ、具体的に何がっていうわけではないけど、やはりそういう部分に於いても色々。
普通にこの先も共に過ごすとすれば、見送るのは確実に自分の方っていうのがあるからね。
その事実を受け入れられないのではなく、そこはちゃんと分かっているだろうけれど、だからこそ大切にすべきなんじゃないかとか、自分の勝手で無理強いさせたら駄目なんじゃないかとか、ひとり懊悩していそう。
ドクターの方は、もう気持ちを自覚した時から揺るぎないと思う。望み望まれるような関係になることの方が、彼にとっては想定外の出来事だったんじゃないかとさえ。
ただ、感謝してもしきれないくらいかけがえの無い存在で、そして唯一にして最後のいとしい人で。自らが想いを寄せる、それ以上のことは過ぎた願いだと考えていたから、相手が同じ気持ちを抱いていてくれただけでもう十分だなんだろうなと。
だから、ドクターにとっては、贖罪でも献身でもなくて、自然に心が求める形がそれなんだってだけで。
ぶっちゃけ、スカーさん悩み損みたいなことになるんじゃないかと。
気持ちは通じ合ってるはずなのに、些細なところですれ違っちゃっているという二人も、なんかもどかしいけど可愛いなぁとか思って妄想してました。
あと、原作のスカーがあんなに破滅型だったのは守るものが何も無かったからなんじゃないかと。
大切なものが出来ると身動きできないタイプだと勝手に想像しています。
ドクターは割とその対極な感じで。大切なもののためならなんだってできると思う。
普段は穏やかで人の良い小市民(失礼)だけど、ここぞというときは肝が据わってたりしたら私が嬉しいです。
でも、その後反動でへたり込んでてもいい。むしろそんな希望です。

…まぁなんにせよ、当ブログでの傷の人が甲斐性なしなのは変わらない訳ですが。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。