管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ここのところ、週末ろくな目にあっていない気がしますが、殆んど自業自得なのでまぁ仕方ないのですが。心穏やかに休日を過ごしたいものです。もう、切実に。

そういえば、ちまちまと進めてる某三部ゲームは、やっと岩との追い掛けっこから生還することができました。
実はしばらくトラウマになってて、ゲーム起動すらしていなかったです。
何となく立ち上げてみて、相変わらずゲームオーバーったりしながらなんとか抜け出しました。そして、パーティーメンバーと合流。
…あ、やっぱり仲間はレベル上がって無いんですね。薄々そんな気がしてたけど。
でも、微妙に上がってはいるのかもしれない。お花が20mエメスプ覚えていたので。
主人公が、火力全然ないタイプを選んじゃったので、通常戦闘二人パーティーじゃ厳しいです。でもって、はやりお花がとても使い勝手が良い。贔屓目だけじゃなく。距離特性無視で全体にダメージって美味しいですね。命中精度も安定してるし。
そんなこんなで、本来上げておかないと苦労するであろう承りさんがさっぱりレベル上がっていないという。
だって、近距離以外の攻撃手段が殆んどなくて、主人公もフォローしょうがないっていうね。せめて、遠距離全体攻撃技ひとつは欲しかったです。
ちなみに、現在せっせと強化したお花が戦線離脱中。シナリオ知ってるから承知してたはずなんですが…つい、使い勝手が良くて。でも好感度はポルが一番高いらしい…何故。
そんなひたすらどうでもいい近況とか垂れ流してみました。

追記からは三部の腐った話題とかそんな感じです。
 

more

去年…いや一昨年だったかな、嬉しいことに花ぽ祭り会場がいくつかあって、それまではほぼ皆無だったので、物凄く楽しみだったのですが、今見に行ってみるち皆さん閉鎖されてしまったようで。
ぽの字は、昔より取り扱いされてるところが増えているようですが、何故かお花との組み合わせは全然見かけないですね。うん、茨道歩くのは慣れっこですが。
ぽの字が総愛されっていうよりは、お花が幸せであればいいと思ってるので(勿論、ポルの幸せも大前提ですが)、やはり花ぽが個人的にしっくりくるというか。
礼儀正しく、一歩引いたところから的確な助言をしたり、パーティーの最年少として常に優等生なお花ですが、その実サクランボに並々ならぬ情熱を注いだり、かなり突き抜けたゲーマーだったりする、格好よさとかけ離れた部分が好きなので、貞淑な妻ポジションというよりは、頑張る若人的なイメージだったりします。
一番好きなお花は、現状を理解しないポルに対して、「分からないやつだな!」って観覧車の壁を叩いてる場面です。
普段は物凄く冷静でしっかりした子なのに、何故かぽの前ではちゃんと年相応の態度を見せるところが堪らないというか。
何だかんだで、この危なっかしい仲間に心を開いているんだなぁと思ったりしました。
あのシーンだけ抜き出すとあんまりな態度なんだけども、他にも意気投合のピシガシグッグとかもありますしね。

最期へと向かうシーン、本当に気持ちが通いあう友人がいるのだろうか、の独白が物凄く心に突き刺さる思いでした。恩人とはいえ、彼自身には戦う直接の理由はなくて。それでも命を賭して対峙するのは、初めて出会ったかけがえのない仲間たちの為で。そこには利害も理屈も存在しなくて。
そのひたむきなまでの献身は、誰からも理解されることのなかったそれまでの人生の辛苦の裏返しでもあるようで。
それでも、早すぎると思いましたが。17なんですよね…。

なんとなく、暴走したぽるに承りさんを差し向けたのは、自分の運命を悟っていたからなのかなぁとか思ってしまう。たぶん、自分だったらイギたんやあぶさんと同じことをしていたかも知れない。だったら相手を傷つけないためにも傍に居ないほうがいいとか考えちゃったんじゃなかろうかと。
追う側ならば近接型の承りさんより遠距離特性あるお花ほうが有利だと思ったので、ちょっと穿って見てみましたのこと。
おじいちゃんは囮だから、選択としてはお花一択っぽい気がしたのだけど。うん、夢見るのはタダですから。

病院で目を覚ましたポルが、お花の事を聞かされた時のことを思うと遣る瀬無さでいっぱいになります。目の前で仲間を失う辛さもさることながら、自分の知らないところで居なくなってしまう、感情のやり場がなくなるというか、どう折り合いをつけていいのだか分からなくなりそうです。
やっと再会してこれからっていう翌朝に永遠のお別れだなんて、あんまりだ。

その死闘から12年の後、同じところへと旅立つ彼の姿に、お花はなんと言うのだろうかと思う。
当時のままの銀髪を逆立てた頭に、隻眼車椅子姿は多分に衝撃的だろうと。
きっと、「よく頑張ったね」と労うよりは「無茶ばっかりして」って怒るかもしれない。でも、きっと最後には辛い思いをさせたねって、そういって迎えてくれるんだと思う。
そんなところから始まる花ぽでもいいんじゃないかと…。

…盛大に夢見たのでちょっとすっきりしました。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。