管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
人様のゆしゅく拝見できて、かなり幸せな気分です。
史実ベースは初めてだったのですが、可愛気がないのもそれはそれで乙なものだなぁと思ってしまいました。
やたらドライだけども、でもってライバルというか過去の人とか、奥方とかいろいろあるんだけど…あれですね、年下の上司はちょっとずるいかも知れないですね。
そりゃあ、皮肉のひとつも言いたくなるし、当て付けしたくもなろうというものです。それでも、なんだかんだでべた惚れなんですね。うん、仕様がないな…。

未だにあの二人のことは大好きだけども、何分に引きずっている期間が長すぎて、当初の人物像とか関係性をそのまま引っ張ってこられる気がしないので、自分で妄想とかできない現状です。
お陰様でごく稀にこうやって人様の作品拝見できると凄く幸せだったりするけれども。
囀り見てるとわりと好きだって方はいらっしゃると思うのですが、何ゆえここまで無いのかと思います。
某ゲームに未だ取り上げられていないからなんでしょうか…。そして、今回も駄目らしい、と。
出典で性格が真逆になるっていうのなら、いっそくるくるみらくる変身キャラにしちゃえば良いじゃない!と…いえ、妄言です。
昨今のイケメソブームからすると断然史実ver.なんでしょうけども、マスコット的な創作版も大変に捨てがたいと思います。
あの性格で戦闘出来るのかという疑問は置いといて。だから、変しn…(自重)
それにしても、公式覗いて登場人物を見るにつけ、これはアジアなんだろうかという疑問が物凄く湧いてくるのですが。
そして、私はこのシリーズ一切やった事が無いわけですが。どんくさ過ぎてコマンド入力が出来ないので、この手のゲームは完全にお手上げという理由なんですけども。
それにしても、第一作が発表された時はなんと無謀な…と思ったものですが、ちゃんとシリーズとして定着してるんですもんね。いや、本当に凄いものです。乙女ゲーもここが最初だったのかな(やはりやったことないけど)。
とりあえずプレイしないにしても、ちょっとどんな風になるのか見てみたかったなと思うので寂しい限りです。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。