管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
10・11話見てきました。
出掛ける前だって言うのに涙腺崩壊、どうするんだこれ…。

ナカマ、けなげで可愛い。
結局お客さんを探してもらってどうしたかったのかなぁ。
最初、衣装のお金にするのかと思ったんだけど、断わっていたしね。
ちゃんとするの、休憩したかったのかな?
理解力なくてスミマセン。
でも、周りの大人が暖かくて救われた。
ナカマが可愛いっていわれるとこっちまで幸せになります。
て言うか、ほんとに可愛いんですけど。
ポニーテールって、髪下ろしたときとのギャップに萌える。
ってあれ、私ポニーテール萌だったのか!?
それはさておき。
この子がもの凄く愛されて育ったのが判るだけに、この後のことを考えるとやるせない。
何で、こういう子ばっかりがって…本当に理不尽ですよね。
あと、彼女がダイチのこと思い出してくれたのが嬉しかったです。
あんな風にはなかなか覚悟決められないよね。
それでも立ち向かうナカマは偉いと思います。
しかし、今回思いっきり時間足りない感が出ていたのですが。
いじめっ子とのエピソードが消化不良な感じで惜しいです。
もっと余韻が欲しかったというか、ラストの電話、ここで入れなくても良くなくない?(笑)

モジ編。孤児設定は反則だと思います。
ずっと3人一緒ではいられないって、そんなこと…。
自分の思いを自覚し、なおかつ二人の気持ちも悟っている――モジの立ち位置が切な過ぎました。
それでも表面的には穏やかに流れる季節。
そして転調。
友人の発病、ジアースとの出会い。
ナギが居なくなっても、彼女は立場が優位な僕を選ばない。
ここでぞくりと来ました。
ツバサの想いって慈愛でもあり、ある種の傲慢でもあるんじゃないかな。
その上で成り立つ恋情が果たして本物かどうかとか。
けれでもモジはそこまで理解した上で好きなんですよね。
なんだか三者三様のエゴのぶつかり合いがすごいと思いました。
最後に、このまま流れてゆけば幸せな二人を見送るはずだったモジが、ナギの中で生きる。
究極の終焉ですね。
これからは正真正銘、三人一緒の生活が始まるのかと思うと胸が一杯になりました。

だから何故ナカマ編を、もっと…(以下略) 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。