管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
17話。
なんだかもう詰め込みすぎて何をどう突っ込めばいいのかと。
冒頭、議員宅に上がりこんでいるムショ帰りのお方に度肝抜かれました。
最初脳が拒絶してたので、これ警備の責任者?なんだかタモツさんに激似だよね!とか思っていました。
さらに蒲鉾だし、あとは親子水入らずで…なノリだし、本当にやりたい放題ですね。
そのうちジアースにも乗り込んでくるんじゃないだろうかと危惧していますが、そうなったらなったでコエムシvsタモツの仁義無き舌戦がみられて面白いかもしれないですね。
いつの間にかウシロを使い走りにしてるくらいなので、コエムシにも勝てそうな気がします。
どこまで底知れないんだろう、この人。

カンジと光枝の不器用な親子関係がなんだか好きです。
カンジは事あるごとに、母については研究のことしか頭にないって言及していますが、意外にそうでもなかったりするといいなぁ。
何故だか妙に光枝さんの肩持ちたくなってきて自分でも不思議です。
アンコ父やコモ父見て、男は形ばかり拘っていてだめね。とか思っているといい。
今まで子供を孤独にするだけだった己の研究が、我が子の命を救う唯一の力になる。
皮肉なものではあるけれども、誇りでもあり…って何でそんなに語っているのか、私。

往住明については、本当にもうしょうがないとしか思えません。
アンコ母は戻ってきた旦那に三行半でも叩きつければいいのに。
魔が差したとか言う割には、普段からの愛情も見えはしなかったのですが。
何で妻をあんな醒めた目で見るのかな、本当に。
アンコは父と母には幸せになってもらいたくて、父に母を守るよう頼んだんでしょうけれども、それで元の鞘に収まるのもなんだか気持ち悪いと思ってしまいます。
お母さんはやはり待ってるだけじゃだめなんだよ。
元に戻る前に一泡吹かせてほしいとかそんなことを考えてしまいました。

なんだか本編がおとなの要素満載だったのでつい感想もそっちばかりに。
今回主軸のはずのカンアン要素が霞んでいます。
いや、ある意味濃かったのかもしれないですけれども、じわじわ来るものがなくて唐突な印象を受けてしまいました。
フラグは十分にあったんですが、理由とか過程とかを掘り下げてもらえると、もっと感情移入できたような気がする。
ただ、ドラマじゃなくリアリティを追求するのならこちらのほうが正解なんですよね。
中学生の恋愛にそんな具体的な理由なんて、ましてや運命なんて殆どないはず。
なんとなくいいな、って思ってそこから始まる。
命が終わる瞬間に好きだった人はやっぱり運命の人なんですよね…。

最後に、コクピットでのやり取りから。
黒幕登場で、アニメ版は対主催ENDを示唆していると考えていいんでしょうか?
それにしても何故黒幕って長老とか権力者っぽいのばかりなんですかね。
意外性で若いお姉ちゃんとかでは駄目なんでしょうか?
いや、あそこでお姉ちゃんたちの映像出てきたら、…ちょっカンジ自重!ってなことになりますけど(笑)。
とりあえずコエムシの言葉を信じるなら、ラストはカンジになるみたいですが、戦うウシロも見たかったのでちょっと期待してみます。
たぶん乗る直前に契約解除とか出来そうですが。
あと気になったのが、カンジの見た映像の出所。
命尽きる前のパイロットは全員その映像を見せられて、たまたま今回アンコのすぐそばに居たカンジが傍受したのかと思ったのですが、コエムシの様子からしてそれはなさそうですね。
となると、あと事情を知っているのはマチだけということに。
これって、マチ造反フラグかなぁと考えてみる。
マチの協力を得て、ゲームを脱却し、主催と戦う。
あ、パロロワの読みすぎですか、そうですか。 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。