管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
2期アニメ化で見たかったところだったので、期待と不安でいっぱいだったのですが、見終わってとりあえず落ち着きました。
ちゃんとした感想にはなりそうにないので、追記に書きなぐっておきます。
例のごとく偏ってたり穿ってたりと酷い有様です。
 

more

だからアニメはなぜあんなにもヨキさんを萌えキャラに仕立て上げるのかと小一時間…っ!
いちいち可愛いので、もうなんか諦めました。うん、ヨキさん可愛いよヨキさん。
というか傷一行は合成獣さんともどもみんな可愛くてほのぼの家族で堪らないです。みんな幸せにならなきゃだめだって全力で思います。
本当にこの愛くるしい人たちどうにかして…。

さて、アニメは台詞回しとか親切ですよね。原作の台詞の行間にある諸々をあえて語らせてくれているというか。
普段はそれほど原作との違いとか意識してないんですが、どうもこの回は思い入れが並々ならぬようで、あ、ここも補足してるなっていうのに気づいたり。
マルコーさんの部下のくだりとか、ちょっと親切だなぁとおもいました。あのタイミングで告げられるのはかなり酷なんだろうけれども。
アニメの演出で気になったのが、石破壊の前にマルコーさんの腕に縋り付く子供姿をしたエンヴィーの一部。
あれはエドが擬似真理の扉を開けたときの魂たちと同じ気持ちということでいいのかな?
エドと違ってマルコーさんはその存在に気づいたのかどうかと危惧したりもしましたが。
あえてアニメであの場面を追加した意味はなんだろうかと。単に絵的な演出なんでしょか?
あの子供が望んで浄化されたのであれば良いのに思いました。
石破壊のマルコーさんは格好良かったです。錬成反応の光が極彩色だったのは意外でしたが。
ちょっとスカーの勝ったぞが爽やか過ぎた気がしないでもないんですが、もう少し溜めて言って欲しかったというか。

あの場面スカーのターニングポイントだと思っていたので同胞を死に追いやった仇として相見え、同胞を治す医者としての姿を目の当たりにして、なおかつ旅の途上で自らが犯した罪を赦すという少女に出会い、また民族の壁を乗り越えて力でなく理解で変えようとする同胞がいて、そんな様々な人の想いを受けて、それでも今も燻り続けるやるせない程の喪失感もあって。そんな葛藤の末の言葉であって欲しかったので。うん、まどろっこしいですね。

アニメはジェルソさんが物凄くドクターになついているのが微笑ましかったです。
何気に原作より仲良さげです。
小屋の中でも隣キープとか可愛いじゃないですか。
元の体に戻す云々の話がないのに何故あんなになついているのかと。もっとやって下さい。
ヨキさんが人質にとられたところの(あの動きはキタキタ踊りでもやらかすのじゃないかと思いましたが、掲載誌的に)ハッタリかましたマルコーさんがふらっと倒れ掛かるところがえらくドキドキしました。
すかさず支えるのもジェルソさんだった。
なんかアニメGJとか思いました。
夜の小屋の場面は、スカー独壇場で目から鱗でした。
今までで一番喋ってたんじゃなかろうかと。原作のいろんな場面詰め込んできたので、もしかしたらしばらく出番削られちゃうのかもしれない。
原作では気づいたら居なかったスカーとマルコーさんですが、ちゃんとここで別行動するってフォローも入ってましたね。
何か想像以上に態度が軟化されてて拍子抜けしました。私はこの人のコミュニケーション能力を見くびりすぎているのかも知れないです。でも不器用だろうがなんだろうが、ずっと背中で語る人であってほしいです。

予告編終わりの一枚絵が仲間と別れるところのスカーとマルコーさんだったんですが、ああいう感じが理想です。あの場面めちゃくちゃ好きです。アニメに感謝!
ごちゃごちゃ言いましたが、最後のあの場面に全部持っていかれました。やっぱりこの二人いいなぁとしみじみ思いました。真直ぐな岩をも通す一念と柔らかだけど芯の強い想いとそんな彼らのバランスが凄く好きです。


以下はどうしようもない小ネタが振って沸いたので書いてみました。
またしてものパラレルです。43話撮影終了後の態で。

---その1---
「マルコーさン、おつかれさまでしタ」
「ありがとう。これもメイちゃんや皆のお陰だよ」
「アイキャッチのところもすごク格好良かったでス」
「らしくないかと思っていたんだが、そういってもらえるとホッとするよ」
「そういえばあのポーズ、スカーさンのに似てますよネ。もしかしてアドバイスしてもらったんですカ?」
「いや、監督から格好いいポーズをって言われて、とっさに出てきたのがあれだったんだよ」
「ふーん、そうなんですカ」
「ん?なんだい」
「ごちそうさまでしタ」
「えっ、ちょっ、メイちゃん」


「……」
「あのー、旦那。扉の前で固まらんでくれます?楽屋に入れないんで。おーい、旦那ー?」


---その2---
「そういえば、錬成陣両手に書いてるんですかラ、両手を広げる感じでも良かったんじゃないですカ?」
「うん、でもそれだと被っちゃうから」
「ああ、あの紅の変態さンと同じですもんネ」
「うんそう、…って別に彼が変態だとか一緒にされたくないからとかそういう意味じゃ…!」
「…マルコーさン、それ全然フォローになってないでス」


各方面に土下座orz
思いつきで何でもやっちゃだめだという例でした。


 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。