管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
辺境地のしかも過去記事に拍手を頂戴しておりました。
こんなにカオスなブログにありがとうございました!記事が記事だけに誤爆という可能性もなきにしもあらずなんですが、喜んだもの勝ちということで。
たとえ手が滑ったとかそんなんにしても、見ていただけるだけで光栄ですのでホントにありがたいです。
何か共感していただけるものがあればさらに願ったりかなったりというか、いやそんなたいそうな事書いてないわけですけども。
ちなみに私は、該当記事を読み返して自分のドリーマーっぷりに眩暈がしました。
とりあえず、本誌がどういう結末を用意してくれるのかじっと見守っていきたい所存です。たまに思い余って暴走してますが…。

あと、恥ずかしいついでに105話感想であえて触れなかったことどもについて、追記からざかざかっと垂れ流しておきます。
夢見すぎ度合いが半端ないので、まぁめちゃくちゃ穿ったらそういう見方もあるかなと流して頂ければ…。
 

more

スカーvs大総統で、大総統が神について言及し、スカーはそれに答えない場面がありましたが、かつての彼だったら反論してたかもしれないなぁと思って、無言を貫いたのは返すべき言葉を今は持っていないのかなと。
勿論大総統の言葉に賛同したわけではないけれども、拠り所としてきた「神」が実際に人々を救済してくれるわけではないということは思い知らされていると思うので。
だから絶望したとか、信仰を捨てるとかそういうのとは別問題ですが。
ふと、この場面で思い出したのが、マルコーさんが彼と邂逅したときに口にした神という言葉で。
象徴や拠り所としての遠い存在の「神」ではなく、傍で救いの手を差し伸べてくれる存在として人は神になりうるんだと。
そんなことを考えてて、それじゃあ今度はこの人の番ですよね、とか勝手に思っちゃったりしていたので。
結構あの場所にたどり着くのは困難な気がするんですけども、そう理性では分かてるつもりなんですけども、そうなればいいなぁとそう願ってやみません。
でもなぁ…大総統府から離れて移動してるようだったし、今から向かうにしても中央軍と人造人間を相手に華麗なる突入劇をやらかさないといけない気がするんですよね。
しかも、戦力になるのは実質ハインケルさんだけというのが厳しいなぁと。
そもそも地下に向かってたけど、入り口知ってる人があの面子に居たのかどうかとか。
考えても仕方がないことなんでしょうけれども。
両者を動かすきっかけになってのってウィンちゃんの存在だっていうのは分かる。よく分かっているのだけども…このふたりの関わりとかもうちょっと何かあるといいなぁと思っています。
いや、今までのでも十分出来すぎってくらいにできすぎなんですけどね…。つくづく贅沢になっちゃたなぁと。

とりあえず、そんな戯言でございました。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。