管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
3月がもう終わってしまう。色々と消化不良すぎな日々です。
そして、また何の脈絡もなく、ふと思った疑問などをつらつら書いてみました。
所々乱暴な物言いがあるかもしれませんが、とりあえず、悪意がある訳じゃないので…。でも気分を害した方が居られましたら申し訳ございません。

以下、根拠は全くない妄言。



まうろ先生って、治療に石使っていたのかな…と。
旧アニメではそういう場面がありましたが、原作ではどうだったんでしょうね。(旧アニメの場合、石の原料については触れて無かった気がするので、何となくよかれと思って開発したものが結果兵器利用されたような印象。原作の場合とは心情的に違うような…。)
個人的な感情から言わせて頂ければ、原作では使わないでいて欲しいんですが。
でも、この人の抱える相反する思いって殲滅戦だけじゃないと思うので、苦悩の元凶を人助けとして使うこともあるのかなと思ったりもした。
多分、石なしでも治療は可能だと思う。
ただ、原作で言及されていた耕運機?だったかに巻き込まれて云々を一瞬でキレイに治すことは、等価交換の範囲内なのだろうかと思ったり…。でも、傷の人のお兄さんが専門外にも関わらず、人体移植をやってのけているので、エキスパートなドクターが出来ないわけは無いのかな。
まぁ、あのお兄さんのスペックは異常に高いので、あそこを基準にしちゃいけない気もしつつ。
とりあえず、名医っていう設定を信じるならば、構築式の羅列のみで何とか出来るくらいであって欲しいなぁという希望です。
鰤さんの傷を石を使って一瞬で完治させたあの医者との差別化をはかる意味でも、違っていてくださるといいな…。

あとは、石の研究そのものがドクター個人の研究ではなくて、ホム側から何らかの助言なり示唆なりを受けたらしいというところも気になる。
お父様の石は膨大な数とはいえ消耗品だから、補給手段としてそれをなしえる人材に製法を伝えたとかなんでしょうか?(最終回近くで絶賛補給しようとされてましたが、あれは神様仕様ということで、通常は傲慢みたいにそのままでは外に出られないのかも。何か繋がってたし)
それにしたって、ドクター出奔後は残された研究員すら消費し、なんだかあれ自体がそれほど重要視されていないような気がしましたのこと。
ホムの持つ情報を咀嚼して人間の手の届く内容に変換したのがドクターで、ノウハウさえ分かれば、ある程度の知識を持ち倫理観を棄てられる者であれば、誰でも可能なものなのかな。
その辺りは想像することしか出来ないけれども。
…それにしても、いかにもメンタル弱そうな人材、しかも大事な人柱候補に任せる荒行なのかとは思いはする。下手したら使いものにならなくなるリスクもあるのに。実際、行方くらましちゃう訳だし。見つかったのは、僥幸というかドクターの不運というか。
結果的に、過去の罪を糾弾することが出来たのでホム側から見るとこれも結果オーライなのかもしれませんが、なんにせよ大雑把な計画という印象は拭えない。
そういえば、候補ってドクター以来四半世紀も新たな人材が見付からなかったって事なんでしょうか。なんか、切羽詰まるまで本腰入れて捜してない気がしてきた。
建国時期から鑑みるに、この国の錬金術の歴史は浅く、それ故にドクターが随一の術師と目されてここまできたというのも、あながち誇張では無いのかもしれませんが。
まぁ…ごちゃごちゃと何がいいたいかというと、とどのつまり、ドクターってやはり優秀なんだよと、そう言い聞かせてみたかったのでございました。
相変わらず破綻したことばっかり書いてる自信はありますが…。

というか、そのうち背後から黒い影に闇討ちされそうです。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。