管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
天候のせいもあるかもですがすっかり秋めいておりました。
台風一過。あまりにもずっと風がきつくて、一日雨戸閉めてたら昼夜の感覚が掴めなくて困りました。それでもちゃんとお腹は減るんですけどね。
そんなこんなで引きこもってボスゲとかやってました。今使ってるパソコンだと非常に動作が鈍いので、新しい方に落としたらば7は非対応でした。何だかんだでxpって頑張ってますよね。一つ前のマシンがmeだったのですが、ホント碌な目にあいませんでしたよ…今となっては懐かしい話です。

以下、某社の感想とか。
 

more

夢食べる子等の話。
むっしーが久々にがっつり出ていてテンションあがった。回想場面ってことは、またしても親友を失った直後あたりじゃなかろうか?大言吐いて立ち塞がる姿は小生意気を通り越して不遜でもあるけれども、でもって相手はどう見ても格上なんだけども、そんなの彼にとっては取るに足らないことなのかもしれないなぁと。
こんな時でさえ、哀しみに浸るんじゃなくて、相手を陥れる策を考えてしまえるところが何ともね。そういう姿を見て親友の妹でさえも、不信感を抱いてしまうわけなんだけども。
ここからどうやって、6部ラストの親友タッグに繋がるのやらと、わくわくしながら追いかけております。
敵も味方も煙に巻き、大人相手に駆け引きを繰る広げる少年が、無邪気に馬鹿やっていられるのが親友の前だけというのが、ものすごく堪らなかったりします。
信じてもらえなくて当たり前だなんて諦めないでほしいけれども、でも純粋な7歳児とか単純馬鹿な親友がいてくれるから大丈夫なんだろうなと思ってみたりして。
なんだかとっても右手がわきわきして、うっかりきしむし妄想を繰り広げそうになったので、自重します。
誰かあの子をちゃんと泣かせてあげてほしいなと思ってやみません。できれば親友の胸だといい…うん、戯言です。

妄想しょうねん、一年以上ぶりの復活来てた。前回止まっていたところが人生の春で、今回がそこに忍び寄る暗雲ということで。主人公にはちゃんと幸せになってほしいと思いつつも、序盤のあの出来事はそのままには出来ないだろう気はしておりましたが、よもやまさかここで来てしまうとは。後生ですから、友達はずっと友達のポジションでいて欲しいと切に願います。落とすときはどん底まで落として下さるので、その辺りが大変に不安ではありますが。

などと、好き勝手なことを呟いてみた次第です。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。