管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
何とか懸案事項の一つを乗り切りました。客観的にみると何て事は無いことなのですが、個人的には大変に疲れました。抜け殻のごとく家路について、そのあとボスゲやっている辺りがどうしようもない感じですが。
色々と滞りまくっている諸々は、予定が立ち消えた来週末にでも…うん、多分。その辺に関してはもはや申し開きの仕様のないくらいにどうしようもないんですけども。

そして、ろくに更新していない間にも拍手ありがとうございました。没ネタ垂れ流すだけになってて申し訳ない限りです。でも、あんな感じのだったらそれこそ枚挙に暇がないというか、編集画面の下書き状態にすら至っていないのとかも色々あります。でも、どっかしらで…というか、あらゆる点でどうしようもなかった代物ですので、そうなって然るべきのような気がしております。
「…というネタがあったのさ」的なことでも書きとめておいたほうがいいのかなぁと思いつつも、もしかしたらどっかに転用できるかもとかいう貧乏性のため取り合えず脳内ストックしておりますが。で、そのうち忘れるというオチが簡単に予想できる…orz。

前回ちらっと洩らしておりました免許云々ですが、そもそも教頭先生もといドクターに運転手のイメージが全く無かったからというのがありました。一人暮らしのときならばいざ知らず、二人分の食材を、しかも食べ盛りの家族の分をと考えるとかなり大変だろうなと。一緒にいるときは手分けすればいいんでしょうけど。
とりあえず、そんなこんなで傷の人に白羽の矢が立ったわけですが、大変失礼ながらあの人も文明の利器を使いこなせるか怪しい気がします。閑話休題。
とりあえず、原作でも普通に車出てきますし、登場人物もごく自然に運転しているのに何故かドクターにはその描写が無かったのでそういう認識が自分の中で定着してしまったのだと思います。
田舎町で汽車に乗って往診するのだったら車があった方が何かと便利だと思うんですよね。あと、兄弟を駅まで追いかけるところも、車があったらあんなに息せき切らせてご老体が無理する必要もなかったのではと。
まぁ、駅で声を掛けられて自分のところに訪ねて来るのが分かって、ああして銃持って入口でスタンバイ出来るので、そんなに駅から遠くない所に居を構えているんだろうとも考えられますが。
兄弟+少佐は、町の人に場所を尋ねる分、遅れて到着するのは自明だろうし。
そんなことからして、ドクターの家は駅からおおよそ10分ないしは15分程度の辺りではないかと勝手に予想してました。これくらいの距離だったら正直徒歩と自動車とどっちに軍配上がるかは微妙な線かもしれない…当人の疲労を考慮しなければ。
もっというとドクターの天然を計算に入れるともうどう結論すればいいんだかってことにもなりかねない。
あれ、私何を言わんといていたのでしたっけ。
とりあえず、ドクターに運転任せたら危なっかしくてかなわないということで。助手席が定位置で良いんじゃないでしょうか。

余談ですが、どうにもパソコンのフリーズだかFC2さんのメンテにぶつかったのか理由は不明ですが、同じ内容の記事2回打つ羽目になりました。久しぶりに更新しようと思ったらこれだよ的な間の悪さです。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。