管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
3月も半ばだというの未だに雪降るとか…。啓蟄過ぎてから寒くなることが結構あるような気がするんですが、冬眠明けにこれではまた土に逆戻りではなかろうか。
久々のFAカテゴリで予想外にというか、何が起こったのかというくらい反応を頂けて吃驚しました。ものっそい突っ込みどころ満載の記事だというのに…本当に勿体なくも有り難い限りでございます。あの手の妄想は通常運転なんですけども。
先日ぐーぐる先生に傷医者探索してもらったら、ここが最初じゃなくて少し安堵しました。でもなんか悪目立ちしてる気がする…思い違いだといいのですが、多分気のせいじゃない。
ほんの一言だけでも言及あるとそれだけでテンション上がるくらいの沸点の低さを誇っているので、ブログでもさえずりでも良いからお好きな方は是非に!と思います。ぐーぐる先生の辿り着けるところでしたら地の果てまでも探しますから。まぁ、メリットなぞ私が喜ぶくらいしかないので非常に微妙なことこの上ないのですが。それより茨道すぎてすっごい抵抗あるっていうリスクの方が大きいですしね。

そういえば、某投票所の支援人さんと萌えポイントが被りすぎてて、全力で同意したい気持ちでした。投票の存在を締切直前に知ったばっかりだったので、固唾を飲んで見守るしかできなかったのですが、とりあえずドクターとミトンの組み合わせは鉄板だと主張したい。たとえ対嫉妬戦の術発動モーションの簡略化の為という製作上の都合であろうとも、とにもかくにも可愛いは正義!
(単なる憶測ですが、北国に発つ時は嫉妬と闘う決意まではしていなかったと思うので、単純にミトンはドクターの趣味もしくは、衣装を宛がった別の誰かの趣味という事になろうかと思うのですが、どっちにしろGJには違いないということで。)

あと、錬成陣の仕組みについては色々と分からないことが多いのですが、ドクターの錬成陣が簡易なのは優秀な証っていうのは以前どこかで見かけておおっ!となったりしたものですが。でもそれ言ったら兄弟や師匠の手パン錬成は?とか思っちゃう。あれは真理見た人だけが出来る特別なものなのか、それともそれが出来る力量のある者が真理に到達できるのか。
まぁ、大佐の例からすると前者なのかと思うし、そこに到達するには相当の理解が必要なのも分かるので恐らく大した違いは無いのかな。とりあえず、ドクターが人柱候補だったということは、条件さえ満たせばそういった芸当も可能ということで。
えーっと、あとは賢者の石の錬成陣はどうなんでしょうね?私の勘違いかも知れないですが、ドクター逐電後は部下たちがそれを引き継いだ気がするのですが、あの施設そのまま利用してたように思ってたんですが。
だとすると、熟練云々関係なしで陣さえあれば錬成可能という事にはならないか凄く心配してみたりする。
大佐の焔が師匠の暗号を解き明かして会得したということなら、部下が錬成出来るのも理屈が通る気がするし。ただ、その理論を組み立てるのはその道に精通していなければ無理とかかな。
…石破壊は、ある程度の力を持った術師なら習得可能なんですか?教えてドクター!
 

more

錬金術師の方は二つ名にちなんだ錬成陣を施した装飾を身に付ける、もしくは直接身体に刻んでいるわけですが、複雑な錬成はやはりちゃんとした陣が必要なのかなと思ったりする。
鰤さんの掌のあれは爆破用とすると、出所するときの記念品のぴよぴよ時計は、こっそりそれ用に錬成陣を仕込んでいたのかもとか思うとちょっとほっこりした気分になるのは私だけでしょうか。
傷の人の刺青は物質の形状変化のみの簡易陣だと思うよ…でなきゃチート過ぎる。
右手が粉砕で左手が成型。分子レベルの結合なんかは不可と。例えば水を蒸発出来ても酸素と水素に分けたりは出来ないみたいな。

というようなことを原作を読み返さずに書いてしまう外道っぷりでございました。我ながらいい加減すぎる…。
あ、投票は二次予選敗退でした。厳しいと思いつつも、支援作品もっと見たかったです。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。