管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
12の体験版が来てました。そういえば発売まであと1週間なんですね。相変わらず騎将さんが名鑑に出なくて、不在を確認するために公式チェックしてる気がしてきました。
アートブックが出るそうなのでそちらに或いは…と思わないでもないけど、100の枠に入って居なさそうな予感がする。というか、そこまでして確認することなのかとか我に返ると力の抜ける思いです。
とりあえず、どんな感じなのかなぁと体験版をやってみたのですが、何やっていいのか分からずに固まってました。肉屋勢力しか選択できないのですが、配下が豪華すぎて眺めているだけで統一気分を味わえます。奸雄とか仁君とか名族とか相国とか堅パパとか(あと偽帝も)。
実際は、模擬戦闘で部隊を一歩たりとも動かせないまま終わったりして、本当にもうどうしようもない感が窺えようかと思われます。一応解説あるけど、もっと初歩的で基本的なあれこれがさっぱりなんです!と言いたい。
とりあえず、起動してみて分かったことは、どうやっても無理だという事実でした。――でも年代的には涼州に先生が在野でいらっしゃりそうなんですよね…。うわぁ。

半年振りの小話に拍手やコメントを有難うございました。色々と煮詰まりすぎて酷いことこの上なかったので、なんだか物凄く恐縮してます。本当にお目汚し過ぎてすみません。
もっと幸せでいちゃらぶな感じのが出来たらいいなぁと。可愛気は求めても無理だろうので、せめてもうちょっとぐだぐだしない爽やかなやつをね…うん、単に自分がいちゃらぶに飢えてるだけなんですけどね。
ちなみに、小話後半の取って付けたようなもやもやは直前にこれエンドレスで聞いてたからかも知れません。引きずられすぎ…orz

辛気臭い話題の後で申し訳ございませんが、追記にて返信させて頂きました。
 

more

>スカマル同志様
コメント有難うございます。
紅蓮さんの考察には全力で同意しました。ドクターのことよく覚えていて下さったのは、彼にとって興味深い存在の一人だったのではないかなと思います。紅蓮さんにしてみたら、ドクターの功績は誇って然るべきとか思っていそうな。賢者の石大好きだし、それを作ったドクターに少なからず敬意を抱いていたのだろうなぁと夢見ています。
小話にも有り難いご感想を頂戴しまして。紅蓮の人の担当が、全くその通り過ぎます!いろいろとかき回されて、それでもドクターが彼を遠ざけないのは、その言が内面を的確に言い当てているからで、自身ですらも持て余した想いをちゃんと認めていてくれるからかなぁとか考えたりしました。やり口はいろいろと問題ありそうですが。
傷の人が割って入ったのはお察しのとおりドクターの危機を救うためなのですが、実はそれ以前に紅蓮の人の手回しで足止め食らってたりしています。すっかりその辺りの台詞を入れるのを失念しておりました。申し訳ございません。傷の人が登場時から殺気立っていたのはそのせいなんです。
紅蓮の人が退散した後は多分きっとまったりいちゃいちゃしてくれるものと信じております。甘い卵焼きというのがとっても可愛くて、想像してにやにやが止まりません。その後、メインディッシュ(笑)まで頂いたかどうかはご想像にお任せしたいと思います。
この度は拙い小話に、勿体無いお言葉を頂きましてありがとうございました。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。