管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ぬこぬこネタや、傷医者小話にご反応頂きまして有難うございました。
傷医者は、なんか本当に久しぶりだなぁという気分で書いてましたが、なんか煮え切らない感じで申し訳なく。傷の人とドクターが二人でいる小話書いたの半年振りどころの話じゃかなったりする気がします。私が忘れているんでなければ、去年の10月以来、かな…。うわぁ。
あと、物凄く原作終了後が舞台のような雰囲気ですが、敢えてそうとも言い切れないようなスタンスでおります。何か違和感がありましたら、きっと多分そのせいなのじゃないかなぁと。まぁ自分にしかわからない程度のものなのかもしれませんが。
別に、だからといって内容にはまったくもって関わりのないことですのでどうぞスルー願います。

追記からは頂いたコメントの返信になります。
 

more

>kiro様
こんにちは。温かいお言葉の数々、本当にありがとうございます。
コメントが大変詩的で情景の表現が美しくて、拝読しておりますと拙作がなんだか実に高尚なもののように錯覚しそうになります(笑)。書いた本人以上に物語を掘り下げて頂き、色々とご高察頂きまして感謝の言葉もございません。私の拙い文章でこんな風に、考えて頂けるだなんて勿体ないことと恐縮しつつも、とても嬉しかったです。迷走しつつも創作していて良かったなぁと、心から思いました。有難うございました。
傷医者の関係は、紅蓮医者との対比的な感じで書いている部分がありまして、後者のはっきり言葉で明示された愛情表現に対して前者は、それ以外で伝わる部分がないものかと模索していたりします。完全に一致させることは出来なくても、それでも伝わる部分があればいいなぁと。そんなに言うほど大層なものでもないのですけれども。あと大変に余談ですが、ドクターが傷の人をつよく想いうが故の危うさなどを、ほんの微量込めてみたりみなかったり。
小道具になってるミントは、あーなにか気分転換によさげなものないかなーとググっていた時に見付けたものでして、最初からこれありきで書いていた訳じゃないのですが、むしろ書いたあとにキャンディとかだったら、一つしかなかった→口づてにおすそ分け的ないちゃいちゃも可能だったかもしれないなどと、あんまりにも何もなく終わっちゃったのでそんな風に思わないでもなかったのですが、お茶にしておいて良かったなぁと実に現金なことを思いました。いろいろ台無しで申し訳ございません…orz。
彼らの未来がこの先どうなるかは分かりませんが、どんな結果であれ受け止めて精一杯生きていってくれるのではないかと思います。
この度は、心温まるコメントをいただき、本当に有り難うございました。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。