管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
そういえば、今日は七夕なんですね。七夕ネタは去年やったから今年はスルーするつもりだったのですが、唐突に思いついた会話文などを投下してみます。
相変わらずの謎設定な紅蓮医者です。大丈夫な方は追記からどうぞ。
 

more



「七夕飾り、ですか?」
「うん。小さい子供もいないからといったのだが、折角だからと言われてね。ほら、短冊もあるんだ」
「そうですか」
「よかったら君もどうかな?童心に返って願い事でも…」
「私は結構です。頂いた短冊は全てあなたがお使いになって下さい」
「いや、私ひとりでは手に余ってしまうからね」
「でしたら、あなたの願いが叶うようにと書いておきましょう」
「それはいけない!」
「はい?」
「あ…いや、こういうのは自分のことを祈るのが良いんじゃないかと思ってね」
「そのお気持ちだけ頂戴しておきますよ」
「………」
「どうかしましたか?」
「えっ、ああ…その、気休めでもなんでも、とりあえず書くだけ書いてみてはどうかなと」
「気休め、ですか…」
「他愛ないことでもなんでも、こうありたいとか」
「珍しく拘るのですね。ふぅむ、そうですね………」
「うん」
「………………いえ、矢張り結構です」
「そう、かい?」
「ええ、星に願うようなことなどありませんし、それに…。………」
「えっ?今なにか」
「…何でもありませんよ。そう、なにも」



分っかり難っ(笑)。あまい台詞だったら隠したりはしないので、多分きっとそういうのとは違うんだろうなぁということで。
叶えたいと思うドクターと、願うことをしない紅蓮でした。お粗末さまでした。

自分の中の紅蓮医者はどうやら全てさよならへの準備時間にあてられているような。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。