管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
2525見ながら必死に歌詞覚えようとしてました。
気を抜くと、うっかり口ずさんでるし。
歌詞の、「法王の結界」の後に「星屑十字軍」が来る所が神がかってると思います。
あと、組曲お花バージョン聞くと、この子の旅立ち前の生活が気になって仕方ないです。
承りやおじいちゃんは最近能力に目覚めた様だけど、お花は小さい時から教皇と一緒にいた様な気がする。
でも、気付いてくれる人がいなくて孤独な毎日を送っていたとか。
その大切なものを見、共有できる存在を、お花は探していたのかな…。
だとすると、彼の最後の数十日は悲劇だけでは無かったのかな?
少しでも救いがほしいので、そう思い込んでおきます。
でなきゃ、命かけたりしないよね。
仲間のため、と言いつつそれが自らの望んだことだから。
だから後悔は無いってことなのかな。
それでもぜんぜん納得できないですけども。

そういえば、ポルも戦車と馴染み深い感じだったし、二人はその辺りの孤独を共有してるといい。
基本能力者は自分の分身と仲良しですよね。
仲を深めたあとは、いちゃつくご主人のそばで何となく居づらい感じの法王と戦車だったりすると可愛いなぁ。
でも二人とも忠実なので主人のそばを離れられない、みたいな。
お花は基本ポルのこといじめてるみたいに見えるけど、甘いときはめちゃくちゃ優しかったりするといいなぁ。
ポルもお花にベタぼれなんで優しくされると、普段のこと忘れてもうめっろめろになってしまうといい。
そんなベタ甘な花ポルが見たいです。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。