管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
うっかり、そううっかりシルバーソウル(和訳)のアニメを見てしまったらばそうごさんの格好良さにいろいろ持っていかれてしまいそうです。

以下、語り始めたらなんかちょっとかなり妄想入ってしまったので、追記にて。 

more


――とりあえず、103話は反則だと思います!
なにあれ、あの震えが来るくらいの凄惨美は。
あの手のキャラクターは実は射程外だったんですけども、一気に波が来てしまいました。
この人本気で副長の座を狙ってますよね、ツンデレじゃなく本当にとーしろーさん邪魔だと思ってますよね。
あの人の隣に立つのは自分一人だけって、あの博愛主義の権化を相手になんと言う報われなさ。
でもきっと、そういう不器用なところをひっくるめて愛してしまっているので、自分だけのものになるような局長は欲しくないんだろうなと。
沖田→(命がけ独占愛)→近藤、が熱いですはい。
近藤さんは沖田のこと大事にしてるけれども、それは普く隊士達に向けられたそれと全く同じ性質のもので。
あとは、未だ抱え続けるノスタルジィかな。
理想を言うと無意識下には、もっと別の感情が潜んでいるといいと思うのですが、きっと局長気付かないでしょうね、一生。
気付いたところでどうしようもないし、そんなところで葛藤する局長を沖田も望んでないだろうし。
とんだ妄想を垂れ流してすいません。
原作ろくに読んだことないのに(苦笑)。

ちなみにドサクサで言わせてもらうと、土←山も好きです。
ここは、とーしろうとさがるじゃなくて、私が史実の副長と監察が好きというのが大きいんですが。
皆の行動原理が局長のためなのに対して、彼だけが副長のためなんですよね。
そこが愛しい。
実は山崎蒸留所の文字見るだけでときめけるくらい、大阪生まれの監察好きです。
仕事のときとか、対副長のときは標準語で、仲間内での会話は関西弁とかだと萌える!
…って脱線してますね。
山崎と沖田は報われない同士でなんとなく気が合ったりすればいいです。
山崎は諦念持ってるのに対して、沖田はくすぶり続ける熱を持て余してるといい。
そんなところでは対照的な二人。
…よく考えたらとても不毛な四角関係の出来上がりですね。

あとは頑張れ若造的な意味で銀まだとかおしてみたり。
万斉さんがとてつもなく好みでどうしようかと右往左往してみたり。

恐ろしく取り止めがないのでそろそろ自重します。
…最近の迷走ぶりを見るに、WJカテゴリつくっといて良かったとつくづく思います。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。