管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
うわーうわーうわーーー!!
嫁、間に合ったよーーーー!!!!


…のっけからすいません。
とうとう休載前のラスト1話のハンタです。
バレにつき追記で。 

more

親友(と書いてマブダチと読む)の雪辱を晴らすため、単身敵に立ち向かうナックル。
あと10分逃げおおせれば相手の力を奪うことが出来る状況で、敢えて矢面に立つリスクを犯すのはその短時間でさえ親友シュートはもたない事を悟っていたからだった。
わざと敵を煽り、怒りで我を忘れたところに拳を叩きつける…が、相手はその策を見抜いていた。
戦況は一転。飛び込んだナックルに回避不能の鉄拳が襲い掛かる。

とりあえず、救出時突っ込みいれられるほどの力が残っていたはずなのに、あと10分も持たないってそんな現実突きつけられるとは思っても見なかったです。
ユピーの猛攻かいくぐった時点で重傷ながらも耐えたって思ったのに。
ノヴさんのマンションに移動することは出来ないかな…?
居なくなるの確定なんてあんまりです、シュート。
これからなのに。
マンションの人は救援に来てくれないでしょうか?
だれか早く助けて欲しい。
一方のナックル。
無茶しすぎで怖くて仕方がないです。
ここの師弟はそろってフラグ立ちすぎだと思います。
読み手の側からすれば、ユピーのフェイクもナックルの焦燥も手に取るように分かるから、読み進めるたびに状況がまっすぐナックルの最期に繋がって行くようで。
突如膨張を止めるユピー、無防備なナックル、そして繰り出される一瞬で勝負を決するほどの強大な力。
画面は白く、ナックルのモノローグだけが流れる。

…ああ、って思った。
何だか力が抜けるのが分かった。
折角頑張ったのに現実って残酷だなと。
で、次の瞬間冒頭の叫びです。
良かった、間に合ったよ。
メレ、ありがとう。
本当に感動しました。
それ位見開きのナルカミは神がかっていた。
そしてようやくの反撃、で休載なんですよね。
でも最後にメレたんが出てくれてしかもナックルと合流してくれたので、心置きなく待てます。
早く再開するといいんですが。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。