管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
前回3巻まで読んでた天を、本日10巻まで読破。
麻雀対決に入ると考察シーン流し読みしちゃうので早いのなんのって。
相変わらずひろがいいカンジに格好良いと思いました。
すごく応援したくなるキャラです。
東西戦では、同年代の仲間ができてよかったですね。
健とのコンビはなかなかに微笑ましかったです。
ただ勝負の前のやり取りで、思いっきり健に死亡フラグが立ってたわけですが。
そして案の定脱落。
でも組長に本意気で迫られておまけに刺されたのに声上げない健タンに男気を感じた。
その割には萌キャラ呼ばわりですけど。
でも、健タンは可愛いと思いました。
あとは銀次さんが、格好良かった。魅せてくれましたね。
只、活躍=死亡フラグというのが切ない。
原田は普通に悪役に見えます。僧我のじっちゃんも。
それにしても、金光と鷲尾の存在感の薄さは異常。
金光は解説で目立つところもありましたが、鷲尾に至っては…。
トップ抜けの最後の一枠争いのロン牌すり替えでは、見事に引立て役になってくれましたけどね。
あそこのひろは光っていた。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。