管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
うっかりすっかり、一日中fkmt世界にたゆたっておりました。
先日読んだばっかりの天がメインですが、クロサワが妙に気になって仕方ないです。
よ、読みたいなぁ…。
そういえば以前親交のあった人がクロサワ読んでたんですよね。
そのときは福本のふの字も知らなかったのであっさり流していたんだけど、実に惜しいことをしました。
どうも、ほかの福本作品も読んでいたような雰囲気(麻雀熱く語ったりしてた)だったので、いろいろ語れたかもしれないのに。
と言うか、そんなところで惜しむのも人としてどうなのかと思いますが。

「天」は、ひろゆきのキャラクターがものすごく好感度高いのです。
主役級を好きになることってほとんど無いんだけどな。
ちょっと小生意気なところも、真面目すぎるところも、
上手く立ちまわっているようですごく不器用なところも、
素直に他人を認められるところも、大好きです。
頭は切れるくせに、イカサマをすることに少しも思い至らないまっすぐで素直なよい子です。
それでいて、ただの優等生でもなくて893相手に物怖じしなかったり、大の大人を出し抜いてみるしたたかさがあったり。
他の人物にもいえることですけれども、テンプレートに填まらないキャラ作りが好感持てるのかなぁと思います。
漫画のキャラクターを作るのではなく、人間を描こうとしているのかなぁとか。
通夜編なんて人生論そのものですよね。
それでいて描写がリアルだし。
最初に説得に行った金光さんの感情の動きが実に上手く表現されていたと思います。
というか、あの人と同じように自分もぐぐっと来てしまって、
同じタイミングでボロボロと…。
ひろを諭すシーンでは思いっきり身に詰まされてしまうし。
本当に逃げない漫画描くひとだなぁ、と。
今まで漫画でそう思った作品は、あとはjojoぐらいです。
まぁ、うっかり萌もあるんですけれども、作品としても本当に魅力的だと思います。

…そんな感じで熱く語ってみました(笑)。 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。