管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
相変わらず犬の子供たちに盛り上がっております。
というか忠義コンビが愛しすぎる。
いい具合に思考が蕩け始めてきました。
で、あんまりなのでもう一度アニメを見返してみましたらば少々気になることがあったので。
取るに足らないつぶやきですが、批判っぽく見えたらあれなので念のため追記に。 

more

アニメの新章と旧章では微妙にキャラクターの性格設定が違っているような気がするのですが。
何だか旧章登場組は、軒並み以前のほうが好みだったりします。
特にそーすけとげんぱちが惜しくて仕方ない。
旧章を見返していたらこの当時のそーすけに改めて萌えて萌えてしょうがなかったらしいです。
落ち武者に立ち向かっていってのされてるところも、女主人に足蹴にされてるところも、物の怪に逆さ吊りされてるところも、獄中で震えてるところも…ってあれ?(笑)
とにかくどのそーすけも全部大好きだ!
新章では出番も残念なら、ちびっ子にコラァ!とか凄むところも残念でなりません。
大人気なさ過ぎる。
いや、そういう子じゃなかったはずだよと。
新章ではどのキャラクターも判りやすく子供っぽくされているので、しのでさえもしんべに腕相撲勝負に敗れて村雨譲る羽目になったりしてますけれども。
げんぱちさんは折角面倒見のいい兄貴キャラだったのに、新章ではすっかり短気な熱血キャラになっていて、ツンデレどーせつにやたら突っかかっててこちらも残念でなりません。
どーせつの皮肉なんて笑って流しといてくれればいいのに。
どーせつも旧章でのみすてりあす(笑)な部分が一切無くなってましたしね。
そういえば、奴は物陰から見守るのがデフォだったことを思い出しました。
妹のストーカーと見せかけて、半分はそーすけのストーキングやってた旧章どーせつ。
ある意味美味しかったかもしれない…。

新章批判してるつもりじゃなくて、とりあえず惜しかったなぁという気持ちを述べてみたりしたのですが。
というのも妄想の基準を何処に持っていくかで何だかイメージが統一できなくて、よくよく考えてみたらば本家でも違っていたんだという。
とりあえず、旧章ベースで妄想しておこうと、そんな独り言でした。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。