管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
……凄い、燃える。
なんか萌えじゃなくて本当に燃える。
カイジ格好いいよカイジ!
とりあえず、Eカード終了までおさえました。
でも、この後見るのが辛い。最後は切ないし、先生もおっちゃんもいないし。
そんな訳で、22話までで止まっております。

とりあえず、ざざっと感想。
妄想控えめのつもりですが、ネタばれ満載。 

more

じゃんけん編が流れ的に一番ハラハラドキドキしました。
獅子身中の虫。分かっているのに切れない。
で、もうこれで安心かと思ったところに、そー来るのって。
それにしても別室のウホッぶりは異常。
カイジと石田さん、初めての会話はお互い全裸でって、もう(笑)。
ラストの逆転劇と因果応報の辺りは、胸がスカッとしました。

鉄骨編はもう、石田さんしか見えない。
先生もいるんですが、やっぱり石田さん!
お人よしで情けないおじさんかと思いきや、最後の最後でやってくれました。
本編で、唯一涙腺崩壊したシーンは石田さんの最期でした。
この後のカイジの言葉に、またぐっと来る。
で、完全に悪役(というか最初っからそうなんだけど)の先生も、言ってる事は正論だったりする不条理な世界。
だからって、人間やっていいことと悪いことがありますよね。
一人降参を口にしなかった佐原は、ある意味漢だと思いました。
でもなんか、世間知らずの坊ちゃんっぽいイメージがあるんですよね、ごめん。

Eカードは、とりあえず先生。
やっぱり22話の印象が一番強かったです。
会長は無能扱いしてたけど、確かに突発的な事項に対する対処には弱いかもしれないけど、でも先生は肝の据わった優秀な人材ですよね。
カイジの、敵を信頼するとか、蛇でいてくれてありがとうの辺りは、戦いを通して何か通じるものがあったのかと思ったりしてしまいました。
優秀なのは認めてるんですもんね、カイジは。


……案の定、石田さんに夢中です。
やばいです。想像以上にツボに入りました。
敢えて伏せなかったので、色々垂れ流したい気持ちはぐっとこらえておきます。
自分の中では、先生と石田さんがダブルヒロインです。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。