管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
追記から、4課日常という名の捏造。
ものすごくくだらないと言う自覚はあるので、そっとしていただければ幸いです。

 

more



「霊水精製のメカニズムを応用して、霊視で見える猫耳を開発してみたよ!
これで意中のあの子をこっそり萌えキャラに…な-んてどう?ナッちゃん」
「いらない。相手にバレたら意味ないでしょ」
「あー、うんそうね。僕もアイツの猫耳は見たくないかも。あ、司令はどうです?」
「ナツキくんに同じだ」
「マミちゃんだったら似合うと思うのになぁ」
「それどういう意味?」
「いえ、ナンデモゴザイマセン」
「とかいってマサキ、私たちを実験台にするつもりなんじゃない」
「滅相もない。僕はただ生活に潤いをと思っただけで」
「思いっきり不自然ね」
「ひどいなぁ。司令、何とか言って下さい」
「日頃の行いだな」
「司令まで~」
ガチャ
「クドウさん!」
「クドウ…」
「あ、ヤバ」
「?」
「そこ、逃げないの。これマサキが作ったんですけど知ってます?」
「ナッちゃん、ちょっと待っ」
「…マサキ、貴様それは処分しておけと言ったはずにゃ」
「「「!!!」」」
「えっ、まさかの使用済!?」
「そういう効果も有るのだな…」
「くっクドウさん、ギブギブ。首締まってる」
「早く元に戻すんにゃ!」
「なんか癒されるかも」
「うむ、進藤君が涅槃から帰還したら、ひとつ譲って貰うとしよう」
「私も」
「だ…、誰か助けて」


…あんまりにもあんまり過ぎて弁解すら思い浮かびませんがとりあえず。
猫耳の副作用でにゃんこ語になっちゃったって話、でした。
どうでもいい四課設定は以下の通り。グレー字は捏造です。(信じる人はいないだろうけれども、一応。)

トオル:一話限定主人公。亡くした恋人の仇を追う二挺拳銃使い。ちょっとせっかちらしい。
勘が鋭く、特に恋人の因縁に対しては敏感らしいが、それが感性故か電波なのかは誰にも分からない。物凄く天然かつゴーイングマイウェイ。

ナツキ:一話限定ヒロイン。バイクに跨がり除霊を行うクールな21歳。
本人はトオルに桃色片想いのつもりだが、周囲からするとかなりの過激派。こっちも多分にマイペース。

マサキ:柔和な顔して言うことは割と辛辣。チーム内では情報戦を担当するインテリ眼鏡。
猛烈アタックの末、リーダーとお付き合いする事になったが、そのやにさがった姿が実は結構うざい。

クドウ:仲間内からの信頼も篤いチームのリーダー。爆弾処理のエキスパート。かなり真面目な性格。
表向きは素っ気ないが、人目のないところでは結構寄りかかってくれるらしい。基本乙女思考。

マミ:司令車で通信を受け持つ。その愛らしい容貌と人当たりの良さから、4課におけるマスコット的存在。
職務柄、はからずも出歯亀してしまうこともしばしばだが、めげない頑張り屋さん。

キリヤ:4課を取り仕切る司令官。ニヒルかつ切れ者で、その作戦は奇抜で大胆。
遠縁のマミを娘のように可愛がっているが、時々その愛情があらぬ方向へ暴走する模様。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。