管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
…ということで殲滅戦回の感想ですが、アニメ的にネタバレなのと、内容にものすごく偏りがあるので何となく追記にしてしまいました。
別にたいしたことは書いてないのですが、書いてる人の残念感がものすごく伝わってくるので多少の覚悟が必要かと思います。
 

more

とりあえず展開が早い。
原作を知っている側からするとすごく駆け足な印象がありました。
その中でも、しっかりコマンチおじいちゃんの出番があることに吃驚したり。
それにしても惜しむらくは、ノックスさんとマルコーさんの会話が丸々削除された点。
ノックスさんの回想が無かったことになってるなんて。
士官学校親友'sの会話もまとめすぎて、違和感覚えてしまいました。
個人的に良かったのはキンブリーさんのブレのないキャラクターと、大総統の安定感かなぁと。
それにしても、まさか今回でドクター脱走まで入っているとは思わなくて。油断のならないCパート。
原作と違ってマルコーさん死亡と思わせているので、次回の生存場面の描写については少し別の描写が入るのかと期待してみます。
そういえば、アニメのドクターは監禁時に殲滅戦のことを思い出して泣いていたそうですね。嫉妬、なんという衝撃発言。
公式がそんな乙女仕様にしてどうするのかと、もう。
「服を脱げ」あたりの一連のシーンがないことには割りと最初から期待していなかったのでいいんですが、ノックスさん全削除が辛かったなぁと思う30話でした。あと、キンブリーさんの「よろしくドクター」も。
「背徳の錬金術師」の扉のマルコーさんが、個人的にベストショットだと思ってたので、アニメで再現されてなかったのが地味に残念でした。
というか、ドクター言い過ぎで、なんだかとても可哀相な感想になってますね。すみません。

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。