管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
そういえば対戦小説のサイト様は閉鎖されてしまっていたようで、ポルと平行世界の生存ルート花京院の共闘はもう見られなくなってました。
普段脈絡なく生存ルートで妄想をしているわけですが、そういうものに可能性を示してくれているようで、あの対戦小説を見たときには凄く救われた気持ちになったものですが。
本当にあの対戦は、自分にとっては文字通りドリームマッチでした。
でも、二度とお目にかかれないだろうことには変わりなく。
2525のジャンと典明のCMパロは発見できたのでプラスマイナスゼロということにしておきます。
うん、今日も元気だ花ポル萌え。

三部のラストで、気絶していて目を覚ましたらお花が居なくなったことを告げられるポルとか思うと切なくて堪らなくなってしまうわけです。
アヴさんやイギたんを目の前で失うのも、悲壮ではあるのだけれども、それでも見届けたという意味では僅かばかりでも慰めにはなるかもしれない。
でも、知らないうちに逝ってしまった相手には伝わるものも送る手立てもない訳で。
俄かには信じられなくって、ひょっこり何事もなかったかのように自分の前に姿を現すんじゃないだろうかと、そんなかなわぬ未来に縋ったりしていたんじゃないだろうかと。
だって、再会したばっかりなんですよ。それがその日のうちに帰らぬ人となってしまうなんて。
ポルじゃなくても遣る瀬無いです。
5部の豹変してしまった彼を見るに、かの戦いが彼の屈託のない笑顔を奪ってしまってのだと思わずには居られない。
12年後にお花のもとにやってきたポルの姿を見て、花京院には叱ってほしいと思います。
無茶ばっかりして、馬鹿って。それからお疲れ様良く頑張ったねって言って欲しい。
できるならば現世で幸せになって欲しいのだけど。
そしてポルはお花と一緒に日本で暮らせばいいと思います。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。