管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
君にふた心 我があらめやも

アカギの原作をちまちま読み進めているのですが、鷲巣様に寝返りを唆される安岡さんという展開に燃えた。
というか、東切りの大チョンボ以降、初めてのスポットライトじゃないですか?
連載で読んでると、相手の言葉に「なるほど…」とつぶやいているシーンで以下次号になるんですよね。
安岡さんで次号に引っ張るとかどれだけの注目度かと、リアルタイムで盛り上がれなかったことを少し後悔しました。
でも、いろいろと堪能できたので良いです。
とりあえず、安岡さん格好良かった可愛かった。
関が原云々で、戦局が見えていても裏切らなかった武将もいただろって「だろ」って。なんか可愛いです、言い方が。
鷲巣様とのやりとりもいちいち良かった。
「聞けっ」「バカヤローっ、ふざけるな!」「いいから聞けっ!」ってあたりがによによします。
安岡さんのカタカナのバカヤローが可愛いです。鷲巣様とはなんだか子供の喧嘩みたい。
鷲巣様が安岡さんを指してノーリスクで打ってるお前ってくだりでは、それは逆鱗じゃなかろうかとどきどきしました。
安岡さんは失ったからここに来たんだよって、こう…拳を握り締めて主張したい。
リスク以前に、もう既にかけがえのないものを理不尽に奪われているんだよと。
でも、鷲巣様はそんな背景なんて知る由もなくて。
だから、分け前の話を持ち出して寝返りを示唆するんだろうけれど、手を下した本人から投げかけられるその言葉の残酷さときたら。
それでもあくまで冷静に拒絶する安岡さんに、動揺全開の仰木さんと、対照的に会話そのものに一切頓着していないアカギ。
アカギにしてみれば信頼も何も、安岡が鷲巣のいうことを聞くわけがないのは自明の理であって、他の可能性を全く想定する必要もないんだろうけども。
一応、わずかながら平山と安岡さんがコンビ組んでる時代を見ているから。
そこに絆だとかそういったものは見えなくても(実際に存在していたのかも実はあやふやだと思ってる)、それでもあだ討ちの理由にはなるんだって言う、そんな己の哲学に基づく判断と言う具合で。
あれ、なに言ってるのか分からなくなってきた。
とりあえず、アカギさんはアカギさんなりにとっぽい刑事の行動を理解しているよということです。
でも、心を許してるわけじゃないけどね。

そんなことをまたぐだぐだと考えていたんですけれども。
ちなみに冒頭の句は実朝の句。なんとなく印象に残っていたので引用してみたのですが、案の定間違ってた。
この句の送り先がごとば上皇だというのをいまさら知って私に電流が走ったの置いておきます。
 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。