管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
最後まで貫き通したら、それはまぎれもない真実だと思う。

それはさておき。
映画効果かぴくしぶで石田さんを見掛けるようになりました。
キャストが凄くぴったりで、カイジとの蜜月期間も長かったらしくて、と俄に映画観たい…という気持ちになってきましたが、まだ公開してるんでしょうか?
船井タンがイケメン眼鏡になってたりとか利根川先生が若返っているとかあまつさえ遠藤さんが女性化しているという改変は、はたして吉と出るのか凶と出るのか。
とりあえず石田さん見たさに映画関連の動画を漁っていたのですが、全然紹介されてなかった。あの人、ヒロインじゃなかったんですか!?
そして、クイズコーナーの投げやり感がすごかった。
あれに律儀に付き合って下さる神=作者は立派です。普通に断っても誰にも責められないと思います。

アニメの鉄骨渡りを見直してきました。
石田さんの最期の所は何度見ても泣ける。
あの最後のカイジへの言葉と石田さんが落ちたあとのカイジのモノローグが相聞歌みたいでした。
自分の命の失われ行くその間際でさえもひたすらにカイジを想っている石田さん。
自分は助からなくてもそれでもカイジの為に声ひとつあげない所に石田さんの想いの強さを見た。
そこまでの信頼ってなかなか無いですよね。
それまでは何となく絶望的な状況から目を背けたくて、それで他人をヒーローに見立てることで何とか正気を保とうとしているのかなとも思ったのですが、全然違った。
自分の存在、そのすべてをも超越した全幅の信頼がそこにはあって。
そんな風に誰かを想えるのって凄いなぁと思いました。
そういえば、現在連載中の新章でも回想に登場したそうで、ちゃんとカイジの心の中に居てくれているんだなと、救われた気がしました。

 

 

 
Copyright © 2017 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。