管理画面
日々の萌えと燃えを吐き出す文字どおり世迷言ブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ずいぶんと押し詰まってまいりまして、そろそろ年を越す準備なども考えなければならないと思うだけで相変わらずぐだぐだとしてその日暮らし。
そんな鬱窟としたところに大変に嬉しい出来事が舞い込んでまいりまして。お礼には直接御伺いさせて頂きますが、取り急ぎこの感激を書き留めておきたくて。
こんなブログの為にわざわざ貴重なお時間を割いてお祝い頂けるだなんてもう、お心遣いだけで天にも昇る思いです。
誰も指摘ないだろうので自分でネタにしてるだけなので、基本的にスルーしていただいて問題ないというか、本当にいい加減なブログなんですけども、でも本当に嬉しかったです。
ひたすらに誰得感満載で突っ走っているだけのところですが、こういうことがあると続けていて良かったなぁとしみじみ思います。
とりあえずあれだ、年賀状とか大掃除とかをなんとかしろという話ですね…。
 

 

 

 

 
何時の間にやら12月に…。一年が早すぎてドン引きです。
それにしても、ずいぶんと寒くなって来ました。夜は布団にくるまって暖を取ってるのですが、ぬくぬくしてくると気が付けば夢の中です。
これからクリスマスとかお正月とかイベント事が目白押しですけども、今のところなにも思い付く事もなく…。ただ寒いからって、何の気なしに(あと、ちょことの茶目っ気で)傷の人の背中にしがみついてみたりして、そしたら急に意識しちゃってなんか離れるタイミングを見失っちゃうドクターとか妄想してしまいました。
何故だか自分が想像すると、ドクターからのアプローチ率がやたら高い気がする…。割と流されやすいけど基本的には奥ゆかしい人だっていうのに。
それってとどのつまりは、傷の人がへたr…いえ、何でもありません。
とりあえず、寒さにかこつけてナチュラルにいちゃついてればいいと思います。

他所様の作品を拝見していると、自分も傷医者書いてみたいなぁと思えてきましたが、咄嗟に上げられそうなネタががなくってもどかしい限りです。下調べから脱線して日が暮れるとかちょっと酷いなぁと思いました。
別に大それたこと考えてるわけでもなんでもないのですが、何故かドクターが自分の中で薀蓄キャラみたいな位置づけになってるので、いちいち発言の裏取らなきゃならないのが困る。頭の良い御仁なのであんまりいい加減な知識を披露させるのは申し訳ないですし。でも、書いてる人の脳が大変に残念なので理解しきれずに放置とかあるある過ぎて…orz

そういえば、うっかり監禁時のドクターの生活に思いを馳せてみたりなんかしたのですが、まさか着た切りスズメってわけではないですよね?お風呂は人目のつかない時間を狙って嫉妬が軍の浴場に連れて行ってたりしたんだろうと想像してみたりしたのですが。もしかしたらドクター入浴中にせっせとお洗濯してたんだろうかとか考えると、うっかり嫉妬健気だなぁとか思ってしまいました。別に誰かにやらせればいい話なんだけど、多分そこは自分でやるんだと思う。食事も何だかんだで律義に毎回運んでたようですし。
でもって、さすがに下着は軍支給品を調達してたと思いたい。いや、実際はどうなんだか知りませんが。
入浴後は、服が乾いてないからって、嫉妬チョイスの服なぞを着せられたりとか…何か物凄く嫉妬役得な気がしてきた。
傷の人との邂逅シーンでちゃんと自前の衣装だったのは僥幸だったという他ありません。

以上、心行くまで戯言でございました…すみません。
 

 

 

 

 
何気なく覗いたら自☆爆、してしまったっぽいです。うん、おめでとう自分!…orz
綺麗にそろった数字見てこんなに残念な気持ちになろうとは。
基本的に同一IPで1日1カウントなので、もしかすると他にもキリ番だったよって方も場合によってはいらっしゃるのかもしれないと自分に言い聞かせてみる。もしいらしたらそっと教えて頂けると私が安心します。この際いい加減何か書けという叱咤でも構いません。いっそ、カウントなぞどうでもいいからあれ更新しろでも…。
あれ?これ何の罰ゲームでしたっけ(笑)。
とりあえず非常に虚しさの漂う出来事でございました。

何だかんだと景気の悪い話ばかりしてますが、ブログやり始めてもうすぐ5年。一人で回し続けても到底この数には及ばないわけで、訪れてくださった皆様方には感謝の思いでいっぱいです。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
相変らずぐだぐだな調子で続けていくと思いますが、見てくださった方の暇つぶしにでもなればこれ幸いにございます。

全く、なんで自分で踏んじゃうかな、私。
 

 

 

 

 
寒いと思ったら、もう11月も中盤に差し掛かっていますね。月日の経つの早すぎます。
このままずるずると年越しまでいきそうとかそんな感じがして仕方ない。

最近は、花ぽ祭り会場を発見して萌え補給したりしておりました。
何年かに一度は、こうして何処かで祭りが始まってそのうち終わっちゃうんですよね。今回はずっと続くといいな。
何年も放置してる花ぽ季節ネタがあったので、ちょっと手を付け始めたものの、あんまりにも開きすぎたブランクのせいで、当時の自分が意図したことすら思い出せない始末です。
本当にもう時間がないっていうのに、行き詰まっております。

花ぽについては、萌えを語ると、何年か前からループすること必至なので割愛しますが、とりあえず、お花が幸せであればいいなというのは今もずっと持ち続けている願いであります。
ぽるは優等生(であるべきと思っている)お花の、唯一素でいられる相手だったらいいなと夢見ています。

…それにしても、前回の記事からすっかり間があいてしまってますね。引きが引きだけに何か餓死しちゃったみたいになってて笑えない。
傷医者についても、何とかしたいあれこれはまだまだございますので、と一応。
拍手もありがとう御座いました。またしてもこんなぐだぐだな内容に…と恐縮しきりですが。皆さんもっと傷医者かけばいいのに!とか無茶ぶりをしつつ。
まずは、絶賛迷走中の花ぽを何とかしたい所存です。
誰得とかこの際考えない方向で。

ということを数日前まで考えていたのですが、週末にまた別の波に掻っ攫われてしまいまして、もう自分でも訳が分からなくなってまいりました。
特に今流行っているものとかでもないので(というか、今何がトレンドなのかもよくわからない)、とりあえず2525やら囀りやら某所のログやらで食い繋いだりしてました。
何だろう、このどうにかしたいのにどうにもならない感は…。うっかりお題ったー使ったら笑えないくらいそのまんまな結果が出て、しかもラストがハッピーエンドくさくて、目から鱗どころか驚天動地的衝撃を受けました。
でも、未だに踏ん切り付かないのは多分それまでの関係が大好きすぎるからなんだろうなぁと思ったりして。
いや、そんなに悩むことでもないんですけどね。妄想ぐらい好きにすればいいじゃないってことで。…でもなぁ。じたばた悩んでる花屋にとてつもなく萌えるので、なんかそのまんまでいい気もする。
それよりも、なによりも問題は、私が原作未読だという実に根本的な駄目っぷりだと思いました。またそんなオチなのか、私…orz
 

 

 

 

 
またしても27階でアウト。後からああそういえばあれを使っておけばよかったんだとか思い出したりして、無念なことこの上ないです。初めて迷宮で合成できたのに…。まぁ、育てていたアイテム盗まれてたの忘れて階段下りた時に終わったと思ったので、持ちこたえた方なのかもしれない。ラリホーが実に便利だったのだと認識いたしました。だから防御修正ケチらずにホワルバ使っておけばよかったんだ…orz。
ちょっと心が折れかかってきたので、ここで小休止してます。

それにしても、他人様の作品を拝見すると、本当に癒されますね。やはりスカマル好きだなぁとしみじみ思いました。
自分が妄想する分には、既にネタが割れてるというか、所詮私が考えることなんて使い古された定番的なあれこれなので、こう…別の目線から見た二人というのは新鮮な魅力があって、ああ本当に良いなぁって思います。
私もそういう物を提供出来れば良いんですがね。最近ますます残念ぶりに磨きがかかってどうにも困ったものです。
久しく原作を見ていないのですが、二人旅中とか一体どういったやり取りがあったんだろうかと、にわかに気になったりするのですが。
仇にも等しい存在から一緒に並んでお茶するまでになったいきさつを詳細に!と思わないでもないですが、きっと描かれていないからこそ想像の余地があって良いんでしょうね。でも、見たかったです。
傷の人の決意の後押しは、ドクターの禊の闘いであるのはタイミングからして自然な展開と見ていいんじゃないかと考えておりますが、ドクターの彼の地に暮らしてっていうのは、もしかしたらこの二人旅を経て具体的になったのかもしれない。だとすると、そこでドクターが見たこと聞いたこと感じたことを知りたいなぁと凄く思う。
そういえば、完全版は8巻でとうとうスカーさんが表紙に来ましたね。
収録回がどこなのかはよく分かりませんが、少なくとも地下での邂逅シーンには早いと思う。ってことは傷医者表裏そろい踏みは可能性低そうですね。
あのシーンの前だと何でこの人が?ってなっちゃうし、そもそも未読の人には盛大なネタバレだっていう。でも公式傷医者の最後のチャンスなので書店に並ぶまで固唾を飲んで見守っておきます。ラス姉の時に怠惰がいたので、もしかしたらとか何とか。
でも、まぁ多分裏表紙はよきさんだよね…くらいの諦観がさっきから過ぎってますけど。
トリ頭なので、発売日忘れるというのが、一番あるあるなオチだと思います。
 

 

 

 

 
…ので、せっせとテンプレ弄っていたら、恐ろしく時間がたっておりました。
作業中、お越しになられた方がいらっしゃいましたらば、お目汚し失礼いたしました。
とりあえず、表示は消えたので良かったです。まぁ、その間カレンダーやらカテゴリやらの表示がえらいことになったりしましたが、要は結果オーライです。
最初、テンプレ変えても以前のに戻してもエラーになるので絶望してたんですけど、要するにプラグインに原因があったんですね(その前にテンプレにもコピペしたときに要らない文字が入ってたりしたわけなんですが)。
色々と弄っていたら、調整できないと諦めていたところも位置合わせたりできましたし、これで枕を高くして眠れるというものです。
でも、結構以前のに比べて画像沢山使われているみたいなので、もうちょっと表示がシンプルな方がいいかなぁとかもだもだし始めてきたので、気分転換にボスゲとかやりました。
結構毎回安定した装備になるんだけど、未だにクリアできずって感じでズルズル来てます。レアアイテム来た!と思って装備したら呪われてるとか、どんな嫌がらせかと。結局その回は、操作ミスで退却するつもりが別の方に歩いちゃってゲームオーバーでした。当然アイテムは没収です。
何時になったら解放されるんだろうか、このボスは。

そして、久々に投下した小話に拍手を頂きありがとうございました。どれだけ空いてるのかと思ったらば実に3ヶ月ぶりとか…我ながら吃驚です。一応、没になってるの入れたら1ヶ月に1本くらいの割合ではあった…んですけども、出来てないものは仕様がないですね。あと、何が恐ろしいかと言えば、前に上げたのから今回のもの、そして没のすべてが寝床の中の話という点でございました。くれぐれも、制限かかるようなあれこれだとか、きゅーんとくるようならぶいちゃだとかそういうのとは全く無縁の残念なことどもですので、期待も心配も不要にございます。余程書いてる人が布団が恋しかったんだろうなぁという事で。

そういえば、某所で書かれておりましたドクター考察が、薄々そんな気がしていたところを見事に突いて下さっていて全力で同意したい勢いでした。あの人の優しさって物凄く広く遍く平等的なんですよね。そうであるべきだからという理屈の上に成り立った行為であって、そこにどれほど当人の思い入れってあったのかな、という事はちらっと頭をよぎったりしていました。
良かった…うかつにドクターって実は友達居ないんじゃないの?とかあまつさえ素人d(自重)とか書かなくてよかった。危うく貴重なドクター好きな方々から見放されるところでした。というか、多分それ以前にドン引きされていると思います。すみません色々と。
個人的には弄ってネタにするのは愛のある証拠なんですけども…。でも、実はよきさんが本命とかそんなわけでは断じてないです。本当です。
 

 

 

 

 
重い腰を上げてテンプレを変更しました。
以前のは、配布元のサイト様からして無くなってしまっていたのでこれはもう復活はないのだろうなと思って。
パッと見どこをカスタマイズしてるんだかさっぱり分からない感じですが、自分しか分からないようなレベルでちょこちょこ弄っております。
で、それをするのにいちいちあちこち調べまわったり、適当にタグコピペしたりとか余人の想像を越える試行錯誤がございます。でも、その割には見た目に何がどう変わってるんだかさっぱりだという。
あとは、以前のテンプレに比べて表示が遅いような気がするのが難点と言えばそうなんですが、これでも最初よりはましになっております。
あんまりにも耐えがたくなったら、広告入るけど高速表示機能を投入しようか検討中。出来ればこのままの素っ気ない感じで行きたいですけど。
そういえば、携帯の方は変えていないので、モバイル版をご覧の方はこの記事意味不明なんですよね…。はたしてモバイルから見てくださる方がいらっしゃるのかは不明ですが。

まだ新しいテンプレに慣れないので、自分の家なのになんだか居心地が悪いという妙な気分です。
 

 

 

 

 
風邪引いたようです。
大抵体調壊すの週末なので、周囲からは健康優良体みたいに見られるのが不本意極まりない。折角の休みに寝込むのだけは絶対に嫌なんですが…。
でも、ふらふらしながら出掛けなきゃいけないことを考えるとまだマシなのかも知れませんが。
平日に休息という選択肢は、無い…!
どうせ布団もかぶらずに転た寝し続けた不摂生が原因ですしね。ああ、まさに身から出た錆。

静養という意味で一日布団の中で過ごしてたら、本当にやることなくってネタだけが浮かんでは消えを繰り返しておりました。
とっかかろうというバイタリティーは今は無いので。ブランク開きすぎて、しかも軒並み完成まで持ってゆけないので、なんだか最近新しいのを書き出すのも躊躇してしまう。
さくっと出来るといいんですけどね…なかなか難しいものです。

気になることといえば、ブログの画像がここのところ表示されないのが気がかりです。
もう何年も使ってるので、もしかして配布終了してしまったのかなと。以前携帯のテンプレも画像表示されて無かったけれどしばらくたったら直っていたので、もう少し様子見てみます。
これシンプルで遊び要素もあって気に入っているので、出来れば変えたくないんですが。
というか、変えても以前と同じように設定できないという問題が待っております故。
 

 

 

 

 
階段を降りたり降りなかったりな日々です。
最新バージョンを入手したので、様子見にやって見たら全アイテム持ち込んだまま死んでしまったので、すっかり手ぶら状態です。
でも、失うものも無いから気楽でいいかなと思って再チャレンジしております。
そんな感じで、ちょこちょこやってはホテルに強制送還されているのですが、案外引きが良いときに失敗するのは、どうもタコ殴りにあった時、考えるのを止めてしまうからだと気付きました。
手持ちのアイテムで危機回避できるのに、何故か真っ向勝負挑んで負けるのが非常に多い。多分ものすごくテンパっているんでしょうね。
あと1回攻撃が当たれば何とかなるって時に空振りする率は異様に高いと思う。

あと、小話の方も、また進め始めています。1日二行位は…。
色々とうーんと唸る所はあるけれども、とりあえずは完走したいなぁという希望。
あくまで希望としか言えないあたりが非常にしょっぱいですが。
 

 

 

 

 
…けども、3年前から殆ど変わってないですね。
今回、ふと気になって探してみたけど、見つからなかった。俄なので退かれたのかどうかも分からないんですが、ホントどうされたんでしょうね。
個人的には後輩がちゃんと居てくれたことが大変に嬉しかったです。正直こちらの方が心配だったから。故障とかいろいろ。
2年ほど前の若手のお世話役云々に大変萌えたりしました。チーム解散になっても相変わらずそういう役どころなんだなぁと。
胃薬手離せるようになるのは、まだ先みたいな。

さてさて、繰言は置いておきまして、見返したはろうぃん小ネタの酷さにちょっと衝撃受けたりしましたが、いやはや全く、衝動で投下するのは良くないですね。薄々気付いていましたが、予想以上でした…orz。
そんな記事にも関わらず拍手を頂戴しまして、有難うございました。何かしら萌えでもなんでも拾って頂けましたのなら、書いた甲斐があったというものです。
大袈裟にあーだこーだと言える様な代物でも無いのですが、正直そのひと押しにホッとしました。
かなりのまったりペースと成り果てておりますが、また何かしら思い付きましたら投下したい気持ちはございますので、思い出した時にでも覗いて頂けましたら幸いです。
 

 

 

 

 
えっ、もう金木犀咲いてる。異様に早い気がするんですが、そうでもないのかな。何せもう10月に入りますもんね。
全くもう月日の経つのは…(以下略

どうでも良いことですが、囀りの匿名性が排除された部分を非常に居心地悪く感じてしまいますよ。
情報が氾濫してるからその中に紛れちゃうだけだし、気にするのも馬鹿馬鹿しい話だと思うのですが、なんか落ち着かない。botしかフォローしていないのは残念な子ですか、そうですか…orz。
そういえば、前回火狐云々とか書いていたんですが、IEだと、文字入力部分拡張しても最上部まで飛ばされたりしないんですね。やはりブラウザのせいだったのかと思いました。
フォントもこっちの方が見やすいですね。

以下は全く関係ないことですが、ちょっと思ったこととか。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
久しぶりに覗いたら手ぶろのトップ画面が様変りしていて、一瞬どこに飛ばされたんだとか思ってしまった。
あそこも登録だけしといて一切更新していないことを思い出しました。
手軽に書けるかと思いきや、文字すら絶望的だったという事実を叩き付けられただけだったという。
そんな、記事の一つも上げていない、素っ気ない通り越して無味乾燥なところに、迷い人がたどり着かれたらしく、どうやって此処に!?と本気で疑問です。
どこにもリンクなぞ張っていないのに、一体何処から来られるのだろうかと。

あと近況としましては、前にも書いたかもですが、パソコンのフリーズ度合いが本当にひどいです。
まず、ブログ更新しようと文字打ち込んでたらフリーズ、しばらく待って動き出したから保存しようとするとまた止まるって感じで。
他に何か立ち上げてるってわけでもないんですが、思い当たる節というかもしかしてバージョンアップしてる火狐が悪いのかどうなのか。相変らず動画再生するともれなくストップするし。
でも、まだ壊れたって訳ではないのでずるずると使い続けています。
一応、使って無いソフトとか消したんですけど、あんまり変わらない模様。デスクトップに放置してる要るのだか要らないのだか分からないアイコン類に手を付けるべきなのかも知れないけれど、本当に何物か分からないので下手に消せないというジレンマ。もうどうやったらいいのだかお手上げ状態です。
乗り換えたらいいってだけなんでしょうけど、あっちほとんど買ってきたままで置いてるから非常に使い勝手が悪いという。
うん、自業自得ですね。

…等々残念な近況報告の後で恐縮ですが、拍手ありがとうございました。
最近ホントに残念なネタしかなくて記事にするのも気が引ける状態でして、非常にお読み苦しくて申し訳ない限りです。
原作終わっちゃって久しいし、なんかこう新しい動きとかあればいいのですが、多分それほど画期的なものはこの先望めそうにないんだろうなぁとぼんやり思ってみたり。
ちなみに、先日消えてしまった小話はとりあえず何とか最後まで書いてはおります。
ただあんまりにも自分でもどうなのかと思うので、なんとなく上げないでいる状態です。…だからってそれ以上どうこうできる名案もないんですが。まぁひとまず様子見てみます。
あ、今ものすごい放置フラグが立った気がする。
 

 

 

 

 
なんとまた無為な3日間を…orz
恐ろしい程に作業進まないというか、編集画面開くのすらものっそい抵抗が。間あけると本当に駄目ですね。いやインターバル無くても駄目なんですが。
いっそ、一瞬だけ上げてた小話をしれっと上げようかとも思ったんですが、まだ手直ししてないので思いとどまりました。何のために一旦下げたんだっていう。

とりあえず、他のものからちまちまと手を付け始めたものの、保存する前にパソコンがフリーズするという惨事に見舞われたりしました。
書き足したの大半消えてしまった…orz。
ネタにするにしても、笑えないわっていう。

…と、まぁそんな感じです。
泣き面に蜂ってこういう事なんだなぁとしみじみ思いました。
 

 

 

 

 
何とか懸案事項の一つを乗り切りました。客観的にみると何て事は無いことなのですが、個人的には大変に疲れました。抜け殻のごとく家路について、そのあとボスゲやっている辺りがどうしようもない感じですが。
色々と滞りまくっている諸々は、予定が立ち消えた来週末にでも…うん、多分。その辺に関してはもはや申し開きの仕様のないくらいにどうしようもないんですけども。

そして、ろくに更新していない間にも拍手ありがとうございました。没ネタ垂れ流すだけになってて申し訳ない限りです。でも、あんな感じのだったらそれこそ枚挙に暇がないというか、編集画面の下書き状態にすら至っていないのとかも色々あります。でも、どっかしらで…というか、あらゆる点でどうしようもなかった代物ですので、そうなって然るべきのような気がしております。
「…というネタがあったのさ」的なことでも書きとめておいたほうがいいのかなぁと思いつつも、もしかしたらどっかに転用できるかもとかいう貧乏性のため取り合えず脳内ストックしておりますが。で、そのうち忘れるというオチが簡単に予想できる…orz。

前回ちらっと洩らしておりました免許云々ですが、そもそも教頭先生もといドクターに運転手のイメージが全く無かったからというのがありました。一人暮らしのときならばいざ知らず、二人分の食材を、しかも食べ盛りの家族の分をと考えるとかなり大変だろうなと。一緒にいるときは手分けすればいいんでしょうけど。
とりあえず、そんなこんなで傷の人に白羽の矢が立ったわけですが、大変失礼ながらあの人も文明の利器を使いこなせるか怪しい気がします。閑話休題。
とりあえず、原作でも普通に車出てきますし、登場人物もごく自然に運転しているのに何故かドクターにはその描写が無かったのでそういう認識が自分の中で定着してしまったのだと思います。
田舎町で汽車に乗って往診するのだったら車があった方が何かと便利だと思うんですよね。あと、兄弟を駅まで追いかけるところも、車があったらあんなに息せき切らせてご老体が無理する必要もなかったのではと。
まぁ、駅で声を掛けられて自分のところに訪ねて来るのが分かって、ああして銃持って入口でスタンバイ出来るので、そんなに駅から遠くない所に居を構えているんだろうとも考えられますが。
兄弟+少佐は、町の人に場所を尋ねる分、遅れて到着するのは自明だろうし。
そんなことからして、ドクターの家は駅からおおよそ10分ないしは15分程度の辺りではないかと勝手に予想してました。これくらいの距離だったら正直徒歩と自動車とどっちに軍配上がるかは微妙な線かもしれない…当人の疲労を考慮しなければ。
もっというとドクターの天然を計算に入れるともうどう結論すればいいんだかってことにもなりかねない。
あれ、私何を言わんといていたのでしたっけ。
とりあえず、ドクターに運転任せたら危なっかしくてかなわないということで。助手席が定位置で良いんじゃないでしょうか。

余談ですが、どうにもパソコンのフリーズだかFC2さんのメンテにぶつかったのか理由は不明ですが、同じ内容の記事2回打つ羽目になりました。久しぶりに更新しようと思ったらこれだよ的な間の悪さです。
 

 

 

 

 
あぜ道にザリガニの死骸が等間隔で並んでいるのを最近よく目にするんですが、今朝それをカラスがくわえているのを目撃しました。
もしかして、彼等の仕業なんだろうかと思ったけど、ご丁寧に軒並み腹部を離しちゃってるというのはどういうことなんだろうかと。…別に取り立てて何かあるって訳じゃないけど、ちょっと気味が悪いなぁと。
そういえば、ザリガニって探さなくなって久しいけれども、案外まだ身近に生息しているんだなぁと思ったり。

そんなとりとめもない事どもを垂れ流しつつ。
またしても、小話の更新が開いてしまったため、さっぱり方向性を見失っている近況。
普通にブログ更新するのも骨が折れるという体たらくです。
傷医者はわりと脳内でいちゃこらしてますが、どう出力すれば良いのかと途方に暮れる。
やはり人様の作品見ているほうが楽しいし萌えます。でもって、傷医者好きで良かったなぁとしみじみしてしまいました。
いろんなもの乗り越えて、ちゃんと彼らが向き合ってる姿を見るとものすごく安堵する。

そういえば、もう秋なんですよね。ここのところやけに空気まで夏のそれとは格段に変わって、吃驚です。夏の到来も早ければ終わるのも早いのかと。でも、また暑くなりそうという噂もあるようですが。
一年前はたしか傷の人が車購入する話を考えておりました。敬老の日も近いので、それに合わせて教頭先生に初ドライブのプレゼントとか。勿論、当人に敬老なんて意図はなくて、あくまで最初に乗せたい人みたいな意味合いで。何故書かなかったかというと、傷の人いつの間に免許取ったんだ…というか、百歩譲って夏休みとかの集中講座とかにしたとしても、費用はどうするんだとかいろいろと自分突っ込みが入ったからでした。
割と詳細を考える段階で、ネタにダメ出しすることがあります。あとは、労力に見合わないくらいの残念ぶりだったとか。
でも、確信犯で投下したりとか上げてから気付いても放置してるものとかあるので、そのあたりの線引きは非常にいい加減です。そもそも審査機関イコール私なので、どう転んでも残念なんだなぁということで。
そんな自分が一番の残念賞な訳ですが。
 

 

 

 

 
ふと思い立って、メールのバックアップを取ろうとヘルプを読んでみました。
プロバイダメールは何かと小回りが利かないので、ここのところフリメばっかり使っていたんですが、どうにも一括バックアップは有料サービスならしく。
でも、別のアドレスに受信トレイごと持って行けるらしいので、それでいこうとばかりに作業を始めて、はたと気づく。そういえばプロバイダ変えてから何年もなるのにOutlookのセッティングすらしていなかった…。
仕方がないので、フリメのサーバを設定して、いよいよ転送開始しましたらば、元の受信トレイに一切メールが残っていない。
コピーじゃなくて根こそぎ移動してしまったという状況。
もう、一瞬心臓飛び跳ねました。ちなみに私はOutlookのインターフェイスがなぜか全然馴染めなくって、久しぶりに見るとやっぱりすごく苦手で、もうなんかがっかりです。
やむなく、折角移したのをまたもとのアドレスにせっせと転送するという徒労を味わいました。でも、結果的にバックアップとったのと同じことになるので良しとします。恐ろしいほどに手間かかりましたけど。
受信日も送信元も同じになっちゃうから、いちいちメンテしないといけないし。フリメは物凄くお手軽だけど、もう一歩ってところの突っ込んだ機能がないのが痛いなぁと思った次第です。
もっと使いやすいメールソフトは無いものかな…まぁ、そんなに駆使するわけじゃないので、現状で問題ないかなぁとかなんとか。
ちなみに、改めてヘルプ読んでみたらば、大きく赤字で「転送後のメールは受信トレイに残りません」って書いてありました。気付いてたらこんな苦労もしなくてよかったんですよね。
とんだ失敗談でございました。

先日辛気臭いこと書いてましたが、萌えの方も沢山頂戴できてわーい!ってなってたところを、完全に出鼻くじかれた感があって残念ぶりがひとしおではありますが、そこはまぁおいおい消化してゆく所存です。
 

 

 

 

 
…と、物凄く自分に問い質したい気持ちで一杯ですが、とりあえず。
ツクツクボウシが鳴き出して、とうとう夏休みも終盤ですね。そろそろ、残りの宿題を思い起こしては文字通りorzってなる時期です。
お盆明けたあたりで、未だ自由研究とか読書感想文とか手付かずで、さっさとすればいいのにいつもギリギリまで悶々としていたものです。なんといいますか、未だにちっとも成長していないのがしょっぱいなぁと思いました。

吃驚するほどブログのネタにするようなこともなく、日々過ごしておりました。ひたすらに与えられる情報のみを享受する毎日で、だからといって萌え的には充実してるわけでもないという近況でございます。まぁ燃えの方は補給できたので鬱屈していたわけではないんですけど。文字を追っかけるのは嫌いではないので、何かよくわからない記事とか読み漁ってたりして。
どれだけ脈絡無いかというと、熱血パイロット云々から熊に壊滅させられた村までいつの間にか話が飛んでるくらいです。でもって件の村の克明な記録を読んでしまって、その日はちょっと寝つきが悪くなりました…orz
これ程不毛という言葉の当てはまる生活もないんじゃないかと思いました。
あと、とんでもなく小学生のなつやすみ日記的な内容も如何なものかと思いました。
 

 

 

 

 
さて、俄かの応援フィーバーもようやく終焉を迎えました。
うっかり、リアルタイムで奇跡を見せ付けられた日には、それはもう全力疾走するしかないかと思いまして…。
あんまりにもきっらきらしてたもので、本当に稀なこと何ですが腐ったフィルターを全解除してここ数日過ごしておりました。
なんというか、いい夢見させてもらったなぁというか。
なんか本当にここで終わっちゃうのが勿体ないくらいにいいチームだなぁと、贔屓目抜きにも思いました。飛びぬけた何かがある訳じゃないけれど、それぞれが自分の役目をきっちりこなしているのがすごく分かって、見ていて物凄くすがすがしかった。しかし、監督はお茶目でしたね。でも、噂によると3戦でベンチの子もみんな起用したって聞いて、じゃあ仕様がないなぁって。
また、来年もこの場所に来てほしいチームです。
未だにあのスローテンポのエンターテイナーが耳から離れない。なんだか無性にありがとうって言いたい気分でした。

さて、というわけで夏休みも終わりましたので、通常営業に戻ろうかと思います。
久しぶりにブログ開いてあまりの更新のなさに、これ程なのかと愕然としましたが。お盆くらいは更新をとかのたまっていたような気がしますが、明後日の方向を見やりつつやり過ごしておこうかと。言わなきゃばれない事を掘り起こすのが、当ブログクオリティでございます。
 

 

 

 

 
他所様のブログを拝見していて、同じこと考えている方がいるのだと、驚きと同時にしみじみとしてしまった。
萌えの価値観的には大手を振って歩けない気がしていたんですが。そっか…ちょっと安心した。
そんな訳で、性懲りもなく残念な小話の錬成作業に入ろうとしたのですけれども、うっかりこうしえんとか見ちゃったら、かぶり付きで応援してしまったの事。
格上相手によくやってくれたと思いました。…いや、その辺りの情報も後で知ったんですが、でも20年ぶりの校歌が聞けて感無量でした。休日でもグラウンドで練習してるの見かけていたので、なんか母校よりも思い入れがある…とかいいつつ、始まるまでは然程気にも留めていなかったんですが。
とりあえず、全力でおめでとうと言いたい気分です。
あと、相手チームに只者とは思えないキレのあるリアクションをされる人がいて、釘付けになってしまいました。ものすごくムードメーカーでした。一死満塁代打であの動きは、本当に良い意味で凄いと思います。
 

 

 

 

 
そういえば、今年はあまり蝉の声を聞かないと思っていたのですが、県外に出たら思いっきり鳴いておりました。地元だけなんだろうか、居ないのは。とか言いつつ最近はようやくクマゼミあたりが鳴きだしました。
ないと物足りない気がするけれど、あったらあったでやたらと暑苦しくなる。現金なものです。

先週はなんだかランチ有りつけない率がとうとう10割になってしまって結構笑えなかったのですが、まぁ夏バテする事もなく過ごしております。あと一週間がんばればお盆休みだと自分に暗示をかけてる最中です。
そういえば、今年の夏みけも素通りしてしまいそうな気配がぷんぷんしております。なんだかオフラインにあまり希望するものが見つけられなかったりするのかも知れない。最近のトレンド的なものも分からなくなって久しいといいますか。でも、よく考えたらいつもそういうのとは真逆をひた走っていたのだと思い出した。
とりあえず、そんな感じです。
どの道大それたレジャー計画もないので、せめてブログだけはちゃんと更新出来たらいいなという希望的観測。問題はひきこもりが板についてしまってネタがないという点かと…書いててものすごい空しさが押し寄せてきた。

くろにくる雑感に拍手ありがとうございました。かの書籍は資料的価値は勿論のこと、公式天然ドクター万歳といった要素が大変に有難かったです。DVD4コマといえば、オープニングの「ガンバレ4コマ劇場」も秀逸でしたが。あの人、絶対に言いそうだ。
傷医者については未だに妄想逞しいので、多分また何かしらここで書き散らしたりすることと思います。
飽き性の自分がこれだけひとつのCPに留まっているとか、本当に吃驚です。でも、まだまだ付け入るところがあると思ってしまうのは、きっと、彼らの抱えているものが一筋縄では行かないっていうのもまた、理由だったりするのだろうなぁと。あと、人様の作品や語りなんかに触発されてっていうのと。なんだか、そういう意味では恐ろしくマイナーながらも、物凄く恵まれているなぁと思ったりしました。
こっそりと萌えを頂いている方々や見て下さっている方々には、本当に日々感謝しております。というか、勝手に便乗とか好き放題やらして済みませんといいますか。辺鄙なところだしまあいっかで片付けてしまっている現状です。

以下、私信くさい内容なので反転仕様です。
えーっと、賭けの類はどちらかというと眼鏡の人のが強いような気がします。眼鏡=インテリという、ものっそい浅い理由ですけど。でもって、あの場合は、満場一致で手を出すところまでだったので、成立はしなかったかと。
すみません調子に乗り過ぎました。また、ストーキングモードに戻りますゆえ平にご容赦のほどを。
 

 

 

 

 
くろにくる感想…と思ったけれど、色んなところで書かれているので、まぁとりあえず置いておいて。
というか朝が早いので無理でした。
とりあえず一言だけ。補足していただいてるところに、大変感謝したい思いでした。ちゃんとおとうさまにも救いがあったんですね。でも、一番会いたい人は其処にはいないんですけどね。

個人的に操作ミスった気が物凄くしているので、それについてはひたすらに平謝りするしかない気がします。お目汚しどころの話じゃないわ…orz。
 

 

 

 

 
ばらときしのくだりは傷医者に贈りたいと思う。

小話やら何やらに拍手頂戴しましてありがとうございました。
久しぶりの学園だというのにひどい迷走具合で申し訳なく。というか、舞台設定すら怪しい感じですが…orz。他にも書きかけのがいくつかありますので、そちらの方もなんとか出来ればいいなぁと、相変わらず希望だけはあります。

そういえば、今月発売のくろにくるは設定資料的なものがあるのかどうなのか気になる所です。
4コマ収録は謳われているけれども、傷一行あたりにスポットが当たるのかどうなのか。
DVD特典のが収録されていればとても有難いんですが、あれは本編と同じくらいにオープニングが良かったので、なんというか全部セットで見たいという思いもありつつ…。まぁ、そこは特典なんだし仕方ないなぁと思っておりますが。
しかしながら、ドクターの天然っぷりがこれでもかってぐらいに公式認定されていた、あの作品群は本当に貴重じゃないかと今更ながらに考えてみたり。同時に、ですよねーとか納得してしまったり。普段スポット当たることめったに無いですから、喜びもひとしおといいますか。まぁ、そこを補うという意味でも妄想逞しくなるわけですけども。
とりあえず、原作では明言されることのなかった裏設定的なものがあればいいなという期待を抱いてはおります。殊に人体練成についてとか、ドクターの研究の詳細とか、あと多分無いだろうけど傷の人の本名とか。
後日談は…うん、そこは夢見るだけに留めておきたいところです。逆に打ちひしがれても切ないので。
それにしても、あんまりにも脳内のキャラクター像が原作のそれとかけ離れているので、ちょっと現実をたたきつけられることへの不安が半端ないですよ…。
どうにも、印象に残ったシーンのみでイメージを固めてしまう傾向があるので、どうしてもそうなっちゃうというか。ドクターの話し方なんかは、対めいちゃんがデフォルト設定になってますが、大人にはあそこまで柔らかい言い方でもないと思うよ…と自覚しつつも、あのしゃべり方がすごく好きなので敢えて区別していないです。いや、単にそこは手落ちとも言いますけども。
まぁ、そんな繰言はどうでもいいんですが。
 

 

 

 

 
唐突ですが、以前にちらっと書いていた紫の紐は茄子でした。意外性とかそういうのはなく…。
台風一過。結局、最接近した時よりも前日の方が風雨も強かったです。
公共交通機関が止まるという絶望も味わいました。何とか復旧したので、幸いにも難民になることはなかったです。
…まぁ、歩いてなんとかなる距離ではあるのですが、道分からないとか数時間の苦行の問題さえクリアーすれば。

そして、拍手くださった方有難うございました。あんまり大したこと書いてないのですけども、何かしらの燃料になればこれ幸いです。
というか、最近週末に一気に記事上げてるので、どのタイミングのどの分だよって感じなんですが、どれがということではなく、こうして反応下さることに感謝ということで、気づいたらこうしてお礼申し上げているわけですが。もう自己満足といわれても仕方ないようなものなんですが、それでもそのワンクリックにとても救われております。重ね重ねありがとうございました。

そうこうしている内に世間ではさまーばけーしょんなるものに突入しているそうで、そんな気の利いたものには久しく縁がないので、少なくなった乗客を見ては、ああそんなだったなぁと思い出してみたりしました。
あと、今日は土用の丑の日でもあるんですね。
きっと教頭先生宅の食卓にはちゃんと鰻が並んでいる事と思います。でもって冬至のときと同じようなやりとりが繰り広げられるわけですね。精力付けて頑張ってくださいということで…まったくもってご馳走様でございます。
 

 

 

 

 
なんかいろいろ試していたら、うっかりもうひとつFC2さんとこのIDとってしまってました。さしあたって使い道はないんですけども、まかり間違って別館的なものを作る日が来たらば、利用しようかという態で。
まぁ、ここ自体がオフに対する隠れ家的な場所なので、敢えて別宅を設ける必要もないというのが現状です。既に十分すぎるくらいの辺境なのに、更に下層って一体どこなのかって感じなので。もう、そこまで潜るんだったら、文字通りチラシの裏で事足りるんじゃないかと。

近況。
暇つぶしに突っ込みドリルなるものをやってみたのですが、設問以外のところに反応しては、ダメ出しを食らっておりました。…これゲームとしてもネタとしても面白味ないなぁとか、だったらするなとか色々あるんですが、取ったからにはエンディングもとい判定までは見ておこうと思ってちまちまやってます。
しかし、どう考えても実生活に何の役にも立ちません。
役に立たないといえば、またしても発作的に脳内で傷医者がいちゃいちゃしだしたのも、どうにかしてほしいと思いました。発散の術がないから、余計に悶々とします。ただでさえ暑いのに。
そんなもだもだした日々でございました。
ついでみたいな書き方になってしまって恐縮ですが、拍手ありがとうございました。少し前の小話にも押して頂いてたみたいで。
やたら積極的なドクターがデフォルトになりつつあるような危機感を孕みつつ、原作でも流されるだけの生き方は嫌だとか言われていたからとか言い訳してみる。まぁ、積極性の方向が思い切り間違っているわけですが。
 

 

 

 

 
毎年あの強い芳香に、初夏の到来を感じたりするんですが。今年はまったく気付かないままでした。
そうこうしてるうちに、晴天の中はるか遠方の山際にだけ積雲がもわっと固まっていたりして、いよいよ夏本番だなぁなどと思ったりしました。
もうすぐ個人的にアンニュイな記念日が来ますが、全力で目を背ける方向で。…否応なく思い知らされるんだろうけどもさ、突っ込まれるまではしらを切りとおしておきたい所存です。

さて、小話やら拍手ありがとうございました。色々と詰め込みたくて、結局支離滅裂になったような代物ですが、傷一行の素敵なバランス感覚とか皆様の微笑ましさとかに気づいてくださる方が増えればいいなと思っております。その意味ではぜんっぜん貢献できない感じの小話なんですが。それでも愛だけはあるつもりです。皆ひっくるめて愛でたい。
久しぶりにFAの43話とか見たら、ほんとにドクターいい仲間にめぐり合えて良かったねって全力で思いました。エンドカードの傷医者の関係が相変わらず物凄く好きです。あのシーンチョイスしてくださったスタッフの方に感謝。あんな感じの二人が理想だったりするけれども、どうにもおかしな方向にばっかり転がっちゃうので…と閑話休題。
あと、やっぱり傷の人の勝ったぞの台詞の溜めが個人的にはもうちょっと欲しかったってこれも、放送当初から言ってましたね。今回もやはり同じところで余韻が…と思ってしまった。ものっそい細かいところですけど、でも自分の中では割と大きなターニングポイントである模様です。
 

 

 

 

 
そういえば、七夕だったんですね。
一応、時事ネタを思い付いたのですが、当日朝だったため、如何ともし難く。導入だけでタイムアップでした。
それ以前にまだ途中のあれこれどれそれとかどうするのかと、問い質したい気持ちで一杯なんですけども。
とりあえず、仕上げようという意思はあります…ので、何とかなれば良いなぁとそんな煮え切らない状況。

いつの間にやら劇場版の公開も始まっていたようで。11.5巻欲しいけど映画館に行くのも億劫な出不精です。オンもオフも引きこもりって救えないなと思いつつ。漫画部分は何処かに収録されることを祈ってます。

さて、年明けの暴挙が素敵な萌えになって返ってきておりました件ですが。
自分で投下しておきながら、これはひどい状態だったんですけど、ぷるぷるしてる耳を目にした瞬間、後悔がGJ自分!にすり変わりました。
単純に卯年だからっていう理由だけでああいう仕様だったわけですが、改めてあの小型草食動物耳の偉大さを知った気がします。ちょっともうすんごい可愛いんですけど。あんな感じで胸元とかに擦り寄られた日には、そりゃあ全力でもふもふするしかないかと。寂しいと死んでしまう生き物らしいので、飼い主さんは目一杯可愛がってあげないといけないと思います。勿論飼い主は、強面の小動物好きの人で。
個人的には、続き!つづき!とわっふるしたいところですが、フレームアウトしてる部分が多分にひっどいパスだと思うので自重します。こんなんでよろしければ煮たり焼いたりお好きにして頂いてまったく持って構わないというか、むしろ光栄ですというか。
どの道ネタとしては使い古されてるパターンですしね、しれっと上げてもらっても全然問題ないかとおmo…すみません、自分が見たいだけでした。もふもふ万歳。
 

 

 

 

 
そういえば、もう7月に入っているんですね。
今年も半分以上過ぎたってことか…。意味もなく焦燥感。

夏場の電力不足に対応するため、身近でも節電対策が取られております。
とりあえず、拘束時間が増えました。個人的にはパソコンが70分使えないのが辛いです。
とはいえこの辺りは、まだまだ恵まれているんだと思いますが。贅沢言ってると罰が当たっちゃいますね。

それはさておいて、近況など。
昨晩、久しぶりに悪夢見てもう一度寝るのが嫌になったので、思い腰を上げて小話の続きとか進めてみました。
未だ3分の1程度の進度です。しかも、すごく手直し難航しそうな気配。
半覚醒状態で言葉が並べられる訳もなく。そうでなくってもいっつも酷いのに。
まぁ、そんな感じで、亀の歩みですがちょこっと前進してるのかなという程度。

ちなみに、夢って狙って続き見られるようなものではないんでしょうけど、これは見たくないというのに限って、絶望的なオチとか付けて脳内に配信されるので果敢に寝る方向にもってゆく気がしなかったりします。
目をさました時間が早ければ翌日のために睡眠を選ぶこともありますが。まぁ、現実じゃないからいいっていえばそうなんだろうけども。
でも、出来れば知らずにいたいと思いますよ…。
 

 

 

 

 
広く知れ渡るんじゃなくて、文字通りかっ飛ばすと言う意味で。

ちょっと、某ネタの卒業後の展開を拝見して、脳内に駆け巡ったあれこれ。
あくまで勝手なイメージですが、あんまりにもあんまりにもどうかしてたので、お笑い種にでもしておいて下さい。

それにしても、他所様のドクターって健気だったり愛らしかったりするのに、どうしてこうなった…って感じです。
うちのドクターは可愛気成分が足りなさ過ぎると思いました。
 
【続きを読む】

 

 

 

 
早いものでもう夏至ですね。そういえば、夏至ってなんか特別メニューってあるんでしょうか?冬至はカボチャ、水無月は6月末だった気がするんですが、夏至は思いつかなかったです。
鋼のメディア展開については、とりあえず資料的な意味で7月発売予定の年代記は購入しておいた方がいいのかなぁとぼんやり思いつつ。でも映画はスルーの方向で。

そういえば、取るに足りない記事にまで拍手下さったり、ありがとうございました。
原作について疑問点やらぐだぐだって書いた記事は、もうちょっと加筆してこっそり置くつもりですが、あくまで個人的なメモなので本当にひっそりささやかに。
季節が一周回ると、一年前に考えてた話のネタとか思い出したりします。主に季節ものとか、あと丁度最終回直後っていうのもあったので、かの地のネタとか。
今でさえ収拾ついていないのに、どうしろというのかと。
でも、案外覚えているものなんですね。逆に、忘れてしまったものは無かったことになってるから、単純にそう思ってしまうだけなのかもしれないけれど。
とりあえず、妄想をすかっとまとめ上げる能力が欲しいものです。あと、それを的確に表現出来る能力とかも。
まぁ、所詮取るに足りないことどもなので、それこそもうこの程度が分相応なんだろうなと自己解決。無い物ねだりしても仕方ないし、諦めの良さにだけは定評がありますので。…決して美点ではないけども。
手の届かないものに折り合いつける意味では便利ですけどね。でも、やはり良いものではないですね、うん。
 

 

 

 

 
気になることを調べるために原作を主にドクター関連について読み返して、なにやらごちゃごちゃ書いていたんですが、確認のため再度見返したら、それでも間違ってて、物凄い徒労感を味わいました。
でも、本当にあの辺良く分からない…というか分かっていないと言おうか。
こんなことなら、さっさと別の作業しておけば良かったと思った。

ところで、今ひとつ疑問に思ったんですが、傷の人の再構築の陣って、誰が彫ったんでしょうか。もしかして、ドクターなのかな…?一応医師免許無いと施術できなかった気がするけど、中尉の例もあるしあの世界ではそういう規制的なものはないのかも知れないけど。
でも、たまたま難を逃れていたイシュの人に技術を持った人がいたというよりは割りと自然な流れではあるかもしれないなぁと。
だから何と言われればそれまでですが、うっかり場面とか想像すると割と破壊力あるかもしれませ…ん。
 

 

 
Copyright © 2018 よまいごと, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。